2006/3/29

イチロー選手も出場・「選抜高校野球大会」第1回は名古屋開催…  日記(今日思うこと)

第78回選抜高校野球大会は、今日28日から2回戦に入り、ベスト8入りをかけての試合が始まったが、今日の第3試合の岐阜・城北対智弁和歌山の試合開始直前に、雷を伴った激しい雨が降り、第3試合は明日29日に順延となった。グランドの土へ叩き付けるように雨が降る様を観ていて、WBCのぺトコパークのような大きなシートがあればいいなと思いつつ、いつかこの甲子園もドームになるのだろうか?とも、想像してしまった。春の大会は、春休みが短いゆえ、雨天が続くと運営にも大きく響く…ドーム式の全天候型球場なら、そういう心配もないな、とふと考えてもみたが、高校球児にとって、「甲子園」という球場そのものが、憧れの地となって居り、伝統を守る為にも変更するのは、いささか無理な現実だと思った。
80年を越す伝統ある甲子園球場クリックすると元のサイズで表示します 

実は、あまり知られていないが、この春の選抜高校野球大会の第1回大会は名古屋で開催されているという史実がある。春の選抜高校野球の前身、全国選抜中等学校野球大会は、1924年(大正13年)名古屋市八事(やごと)の国鉄・山本球場で「過去1年間の試合で最強チームと認められた」…早稲田実業・横浜商業・愛知一中・立命館中・市岡中・和歌山中・高松商業・松山商業8校が出場して開催された。その栄えある第1回優勝校は、松山商業だった。そして、同じ年、落成したばかりの現・甲子園に第2回大会から移されたのである。それは、春の大会より以前に夏の大会が大正4年から、大阪の豊中球場で始まっており、その後西宮の球場に移されていた為、阪神甲子園球場が完成した事によって、春・夏共に統一されたと思われる。選抜という意味で、今も選択方法は変わらず、夏の各県によるトーナメント方式とは異なっている。現在の32校に統一されたのは、昭和58年の第55回大会からだそうだ。

この春の選抜には、WBCで日本代表チームを率いた王監督も、1957年、29回大会に早稲田実業時代に投手として出場して居り、優勝投手となっている。同じくイチロー選手も投手として1991年、63回大会に出場しているが、残念ながら準優勝校の松商学園に1回戦で敗れた。王監督は勿論だが、イチロー選手の強肩ぶりは並外れていて、恐らく今でも投手を勤められる程のコントロールを持っているらしい。実際にオリックス時代のオールスター戦(1996年)で9回に、仰木監督が当時、巨人の松井秀喜選手がバッターボックスに入った所でピッチャーとして起用したが、セ・リーグ側の野村監督は、代打として投手の高津投手を送った。結果は高津投手のショートゴロだったが、イチロー選手の投球は、146キロを記録したそうだ。この起用は後に物議を呼んだが、オールスターという大会をファンにとっての最大のエンターテイメントと考え、高校野球では在りがちな起用をして、ファンを喜ばせようとした仰木監督と、栄誉ある舞台に、打者をピッチャーとして送り込むのは、対戦する打者にとって最大の侮辱と捉えた野村監督の考え方の違いによるものだった。

クリックすると元のサイズで表示します 28日は休息日だが、オープン戦大活躍のイチロー選手

さて、選抜高校野球大会も、天気が回復すれば、明日と明後日でベスト8が出揃う。高校生達も、連日良い戦いぶりをして居り、大会前の駒大苫小牧高校の辞退という残念なニュースなどを吹き飛ばす勢いだ。開幕したパ・リーグも良い試合が続いているようだ。そして31日にはセ・リーグも開幕する。池井優氏著の『白球太平洋を渡る』によると、1931年(昭和6年)に日米野球親善試合が日本で初めて行われた。その時、太平洋を越えてやって来た大リーグ選抜チームが、全日本チームに17戦全勝した。その帰国前の記者会見で、大リーグ選抜の打の主軸だったゲーリッグ選手は、「凡打だと笑いながら一塁に走ってくる選手がいた。私はぶん殴ってやりたかった。私は日本に大和魂があると聞いて、これを学ぼうと思って楽しみにやって来た。だが、残念ながら大和魂はどこにもなかった」と語ったそうだ。

私はWBCの戦いぶりは勿論だが、選抜高校野球大会然り、パ・リーグの試合など、「これが大和魂と言える」…日本野球界の成長ぶりを、その時来日した今は亡きゲーリック選手達に観て欲しいと思った。そして我々ファンも、世界一を獲得した日本野球のファンとして、誇りを持って応援するべきだと、自分にも言い聞かせた。

◎箸休め
「私が選抜高校野球の第1回開催は名古屋だよ」と口頭で誰に言っても、なかなか信じてもらえない。甲子園というイメージで焼きついているからか…と思っていたが、実は私が悪戯心で、よく妙な事を言ったりするので信用がないのでは?と今更ながら気がついた。しかし、もうすぐ4月1日、この日だけは、大手を振って悪戯できる日だと楽しみにしているが、何事も程々にしないと、自分に帰ってくるとも…これもまた言い聞かせている今日この頃である。

0



2006/3/31  17:04

投稿者:ほたる

たけさん、暫く来て貰えないのかな?淋しいです。

>第一回目は名古屋だったんですかぁ〜。
それは初耳でした。なんか新しい発見!

そうなのです。。今は跡地だけですけどね。。

>イチロー相変わらずUSでも頑張ってますよ!
世界一になってよりパワーがついたような。

心の中に日の丸を意識してるって昨日、報道ステーションで言ってました。

>チームは最下位でしたが、今年も個人記録に挑戦してほしいですね!

今年は、城島君もいるし、チームも最下位脱出して欲しいですね。

>ごめんなさい、高校野球は全然疎くて。(涙)

いえいえ。ご出身の県代表はもう残ってないかしら?
私は、岐阜が残ったので、まだまだ熱いです。。

たけさん、お体にお気をつけて、また来て下さいね。

☆たけさんへ

2006/3/30  23:21

投稿者:たけ

第一回目は名古屋だったんですかぁ〜。
それは初耳でした。なんか新しい発見!

イチロー相変わらずUSでも頑張ってますよ!
世界一になってよりパワーがついたような。
チームは最下位でしたが、今年も個人記録に挑戦してほしいですね!

ごめんなさい、高校野球は全然疎くて。(涙)

http://blog.goo.ne.jp/panko_boston/e/68a7084b311617aced78896dea008bc2

2006/3/30  4:18

投稿者:ほたる

スピンさん、いつも楽しいお話、ありがとう。今度「スピンさんのイタリア秘話…とかって特集?させて下さい。
ホント、スピンさんのコメントを読ませて頂けるの…楽しみです。

>もう甲子園の季節なんですね。イタリアでも来月からジュニア野球の"CAMPIONATO"が始まるんですって。

ほうっ。。イタリアにも、そういう大会があるのですね。。
MIKE PIAZZAの後輩たちが生まれるのですね。あっ彼はペンシルバニア出身でしたね。
確か、お祖父さんがイタリア移民で国籍が残ってたとか…でした。
WBCは、オリンピックのように厳しくなく、両親の国籍まで範囲が広げて出場できました。
なかなか、ルーツを大事に出来て良い事でしたね。。

>今日は「ミラノの美容院」の話を少し。

もうっっ。スピンさん、笑いが止まらなかったです。
美容師として、オネエ言葉の美容師さんの誉め方を見習いたいのですが、
慣れていない者が誉めると、不自然そのもの。。気持悪いと言われそうです。はは。

>美容院に行って、ファッション誌の写真なんかを見せて「これに」とか言っても出来上がりが「なんか違う」のは良くある事。これは、美容師さんが悪いのか、素材(自分)が悪いのか”永遠の謎”とされています。

。。。。。ごもっとも。。。。。

>そこでスピンが見たものは…それは言えません。
ただ、彼女のためにパスタを茹でている間、スピンの頭の中で懐かしい日本のアニメソングがリフレインしていました。
♪ピ〜ヒャラ、ピ〜ヒャラ、タッタタラタ〜♪

もう、駄目〜〜、お腹痛いですよ。。

>”帰る友 そっと手渡す 赤帽子”スピン心の詩

まるこ、駄目だよ。。。私は台詞まで出できてしまいました。

高校野球が終わったら、真面目にスピンさんの文章を記事にさせて下さい。
通な?人はコメント欄も読んで下さっていますが、是非、皆さんを笑わせたいので…
いえ、本当に良い文章なので、日の目を?見せたくて…お願いします。
私の今年度の目標『エレガント』とは、かけ離れますが、この際、皆様の為に、
エレガント路線から離脱致します。おほほほほ。

☆スピンさんへ

2006/3/30  3:58

投稿者:ほたる

>ほたるさん、なかなか投稿できなくてすいません。

お忙しいようですね。ご無理なさらないで下さいね。

>最初は名古屋だったんですか?意外ですね。

そうなのです。なかなか信じてもらえないです。

>松山商、早稲田実、横浜商などは、でできたら、オールドファン必見ですね。

よく見ると、今でも強い県ばかりですね。伝統になっているのですね。

>高校野球の原点は、元気がよく、基本に忠実、そして点差、アウトにもかかわらず、全力プレーだと思います。ナイスゲームを期待したいです。

良い試合が続いています。明日もどんなドラマがあるか楽しみです。


☆tanipenさんへ

2006/3/30  3:55

投稿者:ほたる

はじめまして。ご来訪、及びコメントをありがとうございました。

>rikuさんrikkoさんの「スポーツマニアックス」からやってきました。

rikuさんrikkoさんの所は、写真が沢山あって、超人気ブログですよね。紹介して頂き、光栄です。

>実に読み応えのある文章力に読み入ってしまいました。

ありがとうございます。もう少し簡潔の纏めたいのですが…長くてごめんなさい。

>甲子園のドーム化・・・
日本の球場は利便性・集客力を追いかけ、ドーム化・人工芝化する球場ばかりです。

そうですね。雨が降ってふと思ったのですが、何か違う気がしますよね。

>でも天然芝と黒土のオープンな球場でやるのが本来の野球だと思います。

本来の野球の姿ですね。
黒い土も選手達のユニフォームが汚れますが、懸命にプレイしている証拠となり、勲章のようですよね。
甲子園もフェンウェイパークのように老朽化しても、壊さずそのままであって欲しいですね。

>マリンスタジアムのように、天然芝化を目指している球場(実際は塩風の影響で難しい)もあるし芝を見直されてる部分もあるんです。

そうなんですか。。存知ませんでした。ありがとうございます。

>大和魂・・・
先日のWBCや高校野球では今でもありますよね。
「一球入魂」高校野球は見ていて清々しいです。

はい。毎日、良い試合が続いていますね。胸が熱くなるシーンが沢山あります。

>プロの方はファーストに全力疾走しない選手もまだまだ多いです。ベテランに。

そうですか。。。確かに、そういえば。。。

>ベテランが率先して見せて欲しいのにね。日本球界の年俸が上がりすぎたせいなのかな。。。

一歩幾らとか、一球幾らとか、一振り幾らとか、計算されてしまうと、つまらないものがありますが、
多くの年俸を得ているからこそ、真剣な姿で試合に臨んで欲しいですね。

ブログ拝見しました。また、伺わせて頂きます。今後共宜しくお願い致します。

☆こひ〜さんへ

2006/3/30  3:41

投稿者:ほたる

じんのじんさんのブログの絵、素晴らしいです。感動しました。

>いつもながらの骨太の記事、楽しませていただいています。

ホント、長くてすみません。いつも書きたいことがてんこ盛りになって、
じんのじんさんの才能を少しでも、分けて頂きたいです。

>選抜野球今大会ボクの注目は、石垣島・八重山商工ですね。今日二回戦を戦いますが、お相手は優勝候補の横浜高校、島っ子たちにいい試合をして欲しいものです。

惜しかったですね。もう少しで追いつく所まで頑張ったのですが。。

>一回戦で17奪三振、とプロスカウト達をうならせた大嶺裕太投手のピッチングも楽しみです。

今回の試合は、温存したのでしょうか?最初から観ていなかったのですが、
金城投手が投げてて、早い回での失点もあって、びっくりしました。

>ちなみのボクも島っ子、淡路島の生まれです。

淡路島の上空を飛行機が飛び交う絵も、拝見しました。全てが語れる絵って凄い!です。

>トラックバックさせていただきました。

ありがとうございます。今後共宜しくお願い致します。

☆じんのじんさんへ

2006/3/30  3:31

投稿者:ほたる

>おはようございます。

朝、お早いのですね。私は最近、朝はぎりぎりに起きて、
夕寝してブログ書く…という、不規則な生活です。少し改めないと。。

>名古屋とは知りませんでした、勉強になりました。

はい。そうなんです。球場は無くなりましたが碑が建てられています。

>今でこそすれっからしのレッドソックス・ファンですが、かつてはリトル・リーグでプレーしていた私は純情な野球少年で、叔父・叔母が神戸に住んでいたおかげで小学校時代の毎春・夏に甲子園に連れて行ってもらう幸運に恵まれました。

いいですねー。そういう環境、羨ましいです。

>東海大相模の試合を観にいって、原辰徳がキャーキャーいわれていたのを憶えています。

原監督…そんなに人気があったのですね。。まあ、今でも、俳優並のマスクですけど。。

西宮球場にも連れて行ってもらい、山田久志の先発試合なども観ました。

>・・・すみません、こちらのノスタルジアをつらつら書いてしまいましたが、つい思い出してしまいました・・・

いえいえ、また、遠慮なく書いてください。aolは、1000文字までOKですよ。(笑)

☆KEYさんへ

2006/3/29  17:53

投稿者:スピン

Ciao!ほたるさん

もう甲子園の季節なんですね。イタリアでも来月からジュニア野球の"CAMPIONATO"が始まるんですって。

今日は「ミラノの美容院」の話を少し。
美容院に行って、ファッション誌の写真なんかを見せて「これに」とか言っても出来上がりが「なんか違う」のは良くある事。これは、美容師さんが悪いのか、素材(自分)が悪いのか”永遠の謎”とされています。

ところが、ミラノの男性美容師さんにやってもらうと、そんな心配はありません。一流店の男性美容師はモデルみたいだし、オーダーの時なんかひざまずいて聴いてくれるから気分はお姫様。しかも彼らの49%?はおネエ言葉を自在に使いこなして、やたらフレンドリー。

無事にカットも終わって…え?気に食わない?
ご心配なく、ここからが彼らの腕の見せ所です。 大体、彼らは客の感想を聴くなんてヤボな事はしなくて、ひたすら褒めちぎってくれます。「なんて美しい」に始まって、多分「こんなに褒められるのは生まれて初めて」ってくらいに…
すると、マインドコントロールが効いてきて「気に食わない」→「ちょっと良いかも」→「素敵」となって… ほ〜ら、お店を出る時は♪ルンルン気分♪

先日もこんな事がありました。 留学が終わり、帰国前にミラノの高級美容院に行ってみたいと思ったスピンのお友達。どちらかと言うと日本的な丸顔の可愛い顔をしています。そして予約当日、ヘアスタイルの具体的イメージを持っていなかった友達も悪かったと思います。モデルみたいな美容師さんが写真を見せて「あなたを見てインスピレーションが沸いてきた。Sayoko Yamaguchiみたいなのはどうでしょうか?」と言ったそうです。 「あの世界的トップモデルの山口小夜子さんみたいになれる」と思ったお友達を誰も責めることは出来ません。 カットが終わり、「東洋の神秘」とか褒められたかどうかは知らないけど、「ルンルン気分」×120%(当人比)でお店を後にした彼女。その足で帰国のお別れとミラノ・ヘアをスピンに見せたくて、家に来てくれました。

そこでスピンが見たものは…それは言えません。
ただ、彼女のためにパスタを茹でている間、スピンの頭の中で懐かしい日本のアニメソングがリフレインしていました。
♪ピ〜ヒャラ、ピ〜ヒャラ、タッタタラタ〜♪

”帰る友 そっと手渡す 赤帽子”スピン心の詩

2006/3/29  10:29

投稿者:tanipen

ほたるさん、なかなか投稿できなくてすいません。
古い記事ですいません。TBさせていただきました。
最初は名古屋だったんですか?意外ですね。
 松山商、早稲田実、横浜商などは、でできたら、オールドファン必見ですね。
昔のチームはユニフォームがシンプルでいいですね。

 高校野球の原点は、元気がよく、基本に忠実、そして点差、アウトにもかかわらず、全力プレーだと思います。
 ナイスゲームを期待したいです。
 
 

http://plaza.rakuten.co.jp/tanipen/

2006/3/29  10:24

投稿者:こひ〜

はじめまして。rikuさんrikkoさんの「スポーツマニアックス」からやってきました。
実に読み応えのある文章力に読み入ってしまいました。

甲子園のドーム化・・・
日本の球場は利便性・集客力を追いかけ、ドーム化・人工芝化する球場ばかりです。
でも天然芝と黒土のオープンな球場でやるのが本来の野球だと思います。
高校野球のためにも、甲子園のドーム化は反対ですね。
マリンスタジアムのように、天然芝化を目指している球場(実際は塩風の影響で難しい)もあるし芝を見直されてる部分もあるんです。そのお手本として甲子園は今のスタイルを貫いてもらいたいですね。

大和魂・・・
先日のWBCや高校野球では今でもありますよね。
「一球入魂」高校野球は見ていて清々しいです。
プロの方はファーストに全力疾走しない選手もまだまだ多いです。ベテランに。
ベテランが率先して見せて欲しいのにね。日本球界の年俸が上がりすぎたせいなのかな。。。

http://blog.livedoor.jp/kohhy_pajero/


※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ