2005/10/6

防御率 4.74  Boston Red Sox・MLB

現地時間の夜7時、日本時間の朝8時レッドソックスVSホワイトソックスの
ADSL 第2戦が、始まった。TV放映は無いので、ネットをつけて見守った。
先発投手、ウェルズは、流石プレイオフ投球の経験があるだけあって、
落ち着いた投球のようだった。デーモンにヒット、ラミレスにも打点が出て、
先取点を取った。このまま行けるかも?と期待し私は、仕事に入った。暫くして
手が空いた為、ネットをチェックしてみた。すると、ボストンからインスタント
メッセージが入っていた。二塁手グラファニーノのトンネル。エラーが有り
Wプレーが取れなかったそうである。私は急いでPCを見た。バッター井口
ネットのゲームデイは、少し間が空いてホームランと表示された。逆転の
スリーランホームランだった。因みにインスタントメッセージの主・特派員さんは、
その後電話で話したが、意気消沈。息も絶え絶え、飲ませる薬も無い?状態だった。

クリックすると元のサイズで表示します

その後、レッドソックスには得点が入らず、1点差で負けてしまった。
まるで、夢を見ているような放心状態になった。でも気持ちを取り直して、
仕事に戻り、夜になってTV放映される試合をしっかり観ようと心に決めた。

昨年のアリーグ優勝決定戦の第4戦。9回ツーアウト、ロバーツの盗塁で
始まったレッドソックスの逆転劇。彼は第5戦でも代走で出て盗塁を決め
打線にカツを入れホームベースを踏んでいる。バットを1度も振らずに
ヒーローとなったのだ
。あの盗塁に始まった3連敗からの4連勝は、奇跡
とも言われた。1つの盗塁で試合の流れが変ってしまう。今日は反対に1つのエラーが
勝敗を分けた。ウェルズは、試合後の会見で、井口にホームランを打たれた
あの回の事を「甘いカーブを投げた俺が悪い」とグラファニーノを庇ったと
いう。TVを観ていたら、グラファニーノが顔が蒼白で強張っていたのが、私にも
分かった。Wプレーを取ろうと焦ったのだそうだが、彼の野球人生の中で、忘れ難い
悔いの残るプレーになってしまうだろうか。失敗するから人間、だけどプロには
許されない。グラファニーノが気の毒にも思えた。9回表グラファニーノ
は汚名挽回のようにツーベースを打った。1打同点のチャンスになった。
しかし、結局、打線が繋がらず、残塁のまま、空しく終わってしまった。

ボストンの新聞メトロの記事情報をメールで送って下さった方がいる。
その方のお話は、いつも理路整然として判り易い上に、小粋な味付けが効いて
いて、とても面白い。私はボストンに行く度に、お話を聞けるのを楽しみにして
いるのである。またその方(Yさん)も、大のレッドソックスファンである。
忙しい方なのだが、メールにてレッドソックスの分析や解説?をして下さる為、
拝読するのも、成る程と頷きながら熱中してしまう。そのYさんからの情報によると、
今年のレッドソックス防御率4.74というのは、プレーオフに進出した
チームの中で、2000年のヤンキースをのぞけば、最も悪い数字
なのだそうだ。正に数字は正直であった。Yさんも書かれていたのだが、
ピッチャー陣が5点は、取られてしまうのだから、6点以上取らないと、
勝つことができない計算なのだ。今日の試合はその典型であった。

移動日を1日挟んで、レッドソックスの本拠地フェンウェイに帰ってくる。
レッドソックスが勝つ為には、やはり打つしかないのだ。神頼みだけ
では勝てない。実力が無いと奇跡も起きない。レッドソックスの強力打線
が奮起して、火を噴き、しぶとい野球をしてくれる事を心から願っている。


0



2005/10/7  7:39

投稿者:特派員(ボストン)さん

red soxは早くも窮地に追い込まれてしまった。
いつも、こういうところから這い上がってくるところに魅力を感じて
いるので明日の試合に期待したい。今回は、明らかに勝てると思われ
たゲームを痛いミスで落とした。名手グラファニーノの信じがたいエ
ラーの直後、井口の3ランが飛び出す。そして、そのまま決め手のな
いまま終わってしまった。昨年のALCSで3連敗で追い込まれた状況
に似ているが、今年は投手力が、昨年に比べて落ちてしまっている。
とまあ、解説者的にコメントすれば、マイナス面ばかりなのだが、い
つものラテン系の明るさに期待したい。選手たちの笑顔を今季も、で
きるだけ長く見たいと思っている。荒っぽい試合ばかりしていた昨年
のred soxは、yannkeesとの競り合いをしながらまとまり、ソツがな
い試合をするようになっていった。奇跡の8連勝は、ただの奇跡でな
く、激戦で練られた経験とまとまり、若手の成長があったように思
う。昨年のred soxが見せてくれた、火薬が爆発するような迫力とチー
ムのまとまりはteam chemistryと表現されていた。今後の試合で、い
ろいろなことがうまく噛み合い、今年のred soxも、最後に生まれ変
わってくれないものか、と願っている。


※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ