2006/4/12

淡水魚と海水魚が同居出来る水槽(ナノバブル)  日記(今日思うこと)

友達からメールが届いた。「1年前は、万博会場にいて暑かったね」今日の名古屋は、嵐のような天気だった。平野部に咲いた満開の桜が散ってしまう…と懸念していた。そうか1年前は、満開の桜をリニモの車窓から眺めながら、私は万博会場へと向っていたのだ。普段から人混みは得意ではないが、私にはどうしても自分の目で見てみたい物があり、並ぶのを覚悟して出かけて行ったのだ。平日だった為、入場ゲートはそんなに混んではいなかったが、入場すると人気のパビリオンには長蛇の列が出来ていた。私は真っ先に目的のパビリオンへと向った。それは長久手日本館…私が観たかったのは新聞紙上で紹介されていた「ナノバブルの水槽」だった。長久手日本館の1番の売り物は、ゾーン2にある、世界初の360度全天球型映像システム「地球の部屋」。それは美しい地球を心の中に刻み込む事をコンセプトに造られた映像空間だった。多くの人がこの「地球の部屋」を目的として、2時間以上並んでいた。
愛地球博会場を走るリニモ。 クリックすると元のサイズで表示します

その「地球の部屋」を出て、ゾーン3に入ると、「自然と生命」「人と技術」「技術と自然」の繋がりをテーマに、森林のような空間になっていた。その一角に私が見たかった水槽はあった。その水槽の中には、当たり前のように鯛(たい)と鯉(こい)が同居していた。順路に添って進む人達は余り気にも留めず通り過ぎて行った。水質は海水の3分の1の塩分濃度と書かれていた。しかし何故海水魚と淡水魚が一緒に泳いでいられるのか…。その話はそこから9年前に遡る。

宮城県のとある町で生活排水などによる地下水汚染で、水族館の魚が大量に死ぬ事態が起きた。当時排水浄化処理会社の社長をしていた千葉氏は、浄化力のあるオゾンを”封入”した微細な泡「マイクロバブル」の発生装置を水中で作動させると、いつものように汚染は消えて行った。その日は「いつもより効果が速い」と思いつつ、ふと水族館の水槽を見て目を見張ったそうだ。瀕死だった魚が元気になって泳ぎ始めるという現象が起きたのだ。「この水の影響か?」千葉氏の半信半疑の気持が、確信に変わったのは、その海水魚の水槽に金魚を入れた時だった。酸素を泡に”封入”した水の中で金魚はすいすい泳いだという。
クリックすると元のサイズで表示します 長久手日本館内の水槽(鯛と鯉がいる)

何が起きているのか?千葉氏は、5人の学者に浄化データを見せたが、常識では有得ないと誰も信じてくれなかった。その泡に拘り続けた千葉氏の会社は業績が上がらず倒産した。それでも千葉氏は諦め切れず、ベンチャー企業「REO研究所」で研究を続けたが、やはり理由は見つからなかった。「もうやめよう」と思った矢先の2003年3月、産業技術研究所(茨城県つくば市)の主任研究員、高橋氏と出会った。高橋氏は、自身の研究でマイクロバブルより小さなナノバブルを僅かだが確認していた。直径200分の1ミリ以下のマイクロバブルがサッカーのグランド大なら、ナノバブルはボール大。直径1万分の1ミリ以下という桁違いの小さな泡を「世界で初めて発見した」と思っていた。しかし、千葉氏の水を分析すると、理論付けはされていないが、既に実用化されていたのだ。高橋氏は感嘆した。

ナノバブルを巡って異なる背景の2人の研究者が出会った。2人は異なる経緯で、ナノバブルの不思議を探求していたのだ。ナノバブルは顕微鏡でも泡を確認することは出来ず、一見普通の水だが、半年後も6割強が水中に残るという。マイクロバブルが刺激で潰される瞬間に生じた高温、高圧がナノバブルを作り、泡の長期持続時間を長くするらしい。ナノバブルの数多の力が明らかになった。例えばマイクロバブルでは入れない牡蠣の体内に浸水し、食中毒を起すノロウィルスの活動を完全に止める事が出来た。そして2004年、国際ナノテクノロジー展の生命工学部門賞を受賞。その後8つの大学などが応用の研究を進めている。更にホルマリンなどの薬品を使わない魚の養殖や癌、アルツファイマー病の治療の可能性を指摘する学者も現れた。用途は広がっているが、以前謎も多いままで水槽での海水魚と淡水魚の同居、あの水族館の魚のように生命を回復させる力のメカニズムは、まだ学者達でも解明しきっていないそうだ。

しかし論理が解明されて居らずとも、私の目の前には、同じ水槽内で鯉も鯛も金魚も平目も平然と泳いでいた。通りがかった団体の中の男性の1人が、「何だありゃ?鯉と鯛か?」と大声をあげた。私は少し嬉しかった。すると他の男性が答えた「あれは、鯛に似た鮒だ、何かの力で鮒が大きくなったのだろう」と。その言葉には妙に説得力があり、その団体の人達は納得して通り過ぎて行った。水槽の横の説明はあまりに小さく、人混みでは読み難かった。私は呼び止めて説明したかったが、とてもその人達を納得させられる説明は出来そうもなかったので諦めた。千葉氏が、こだわり続けた「はてな」。科学とは、当り前と思っている中に「はてな」を見つけそれを解明して行くことではないかと思った。

帰りのリニモの中で、再び桜を眺めながら、ソメイヨシノの歴史を思い出していた。ソメイヨシノは、江戸後期に「大島桜」と「江戸彼岸」の交配で誕生した人工種である。生育が早く何より特徴的なのは葉が出るより花が咲き揃う事だ。しかも咲いている期間が短く、一斉に咲き一斉に散る。その姿を人生の散り際を重ねあわせるのも人気の秘密だ。今では日本列島の桜の8割を占めるという…この革命の花…ソメイヨシノでさえ、その交配の理論は明かされていない。それ以前は山の桜で花見を愉しんだ日本文化も、ここ100年の歴史で桜と言えばソメイヨシノが当り前のようになった。当り前でなかった時代もあった事を忘れないでいたい。
7



2008/11/19  13:03

投稿者:増田二三生

宇宙時代に健康技術が宇宙への発展を促すかもしれない ナノバブル装置を改造してナノバブルの加湿器を開発すると常時ナノバブルの効果を受けることができる しかも建物全体が効果が行き渡る ビル オフィス 商店 工場 ホテル 住宅 車 電車 飛行機 学校 病院などなど非常に幅広い利用が可能になるかもしれない 宇宙ステーションにナノバブル加湿器で最高宇宙開発になるかもしれない

2006/4/18  22:11

投稿者:ほたる

ご来訪、及びコメントをありがとうございました。

貴重な、情報をありがとうございました。
水は、買う時代なんて、淋しいです。
安全で美味しいお水が、飲めるようになるといいですね。


☆あや様へ

2006/4/16  9:46

投稿者:あや

『財界展望』が水道水の中にはノロウイルスがいることを、連載してたけど
やっぱ、本当のようだ。
http://www.zaiten.co.jp/mag/0605/index.html

3月3日 にNHKが午後7時のニュースで「全国で初めて東京都が水道水のノロウイルス調査を行うことを報道。

翌日、朝日新聞も下記のように報道した。
水道水のノロウイルス調査へ 東京都が来年度から
 冬の「おなかのかぜ」の主犯格とされるノロウイルス。水道水に含まれていないかの実態調査に東京都水道局が来年度から乗り出す。ウイルス対象の上水道の調査は、全国的にも珍しい。
 大腸菌や重金属の監視をしている水質センター(東京都文京区)が、川から取った水や、浄水場での各処理段階での水について、ウイルスの有無や濃度を調べる。検査技術習得などを経て、年内には数カ所の浄水場で検査を始める予定だ。

 ノロウイルスは、下痢や嘔吐(おうと)などを伴う感染性胃腸炎を起こす。加熱が不十分な食品などが原因と考えられているが、人の腸内で増え、便などを介して海へ流れ、カキなど貝類に蓄積されることもわかっており、川から浄水場にまぎれ込む可能性が否定できない。

2006/4/14  10:17

投稿者:ほたる

ととさん、不思議ですよね。。

>私もむかーし、同じような水槽の写真を見たことがあるような気がします。

鮭やハゼ科の魚、鮎や鰻のように、体内の塩分が変わらないように、浸透圧の調整が出来る魚がいるようです。エラにその働きがあるようで、そういう魚を「広塩性」のある魚と言うそうです。鯛でも黒鯛は、広塩性があるそうですよ。

>実際、博多の中洲にある川なんて、かなり海に近く、淡水とも海水ともいえるんじゃないかなと思ってました。

どこからが、海水なのか、微妙ですよね。そういう所に繁殖し易い「しじみ」などの貝もいるようです。

>川を覗き込むとボラがたくさん泳いでます。

何か、目に浮かびます。。

>なので、ボラって、淡水でも海水でも生きていけるのかもしれません。

貴重な情報をありがとう。ボラは恐らく、広塩性があるのでしょうね。
基本的に、他の魚は、普段暮らしている水質が極端に違ってしまうと、浸透圧調整が出来なくなり死んでしまうそうです。
長久手日本館にあった水槽では、真鯛や平目の海水魚、金魚や鯉の淡水魚、
双方共、「広塩性」はない魚ですから、やはり水に秘密があるようです。
それにしても、適応している魚って、凄いですねぇー。温暖化が進んで、ウォーターワールドになったら、適応力がある生物だけが生きて行けるのでしょうね。
私?…ととさんや、私は、「良い人」なので?『ノアの箱舟』を待ちましょう。ははは。

☆ととさんへ

2006/4/13  17:07

投稿者:とと

ほたるさん、

私もむかーし、同じような水槽の写真を見たことがあるような気がします。
実際、博多の中洲にある川なんて、かなり海に近く、淡水とも海水ともいえるんじゃないかなと思ってました。
川を覗き込むとボラがたくさん泳いでます。
なので、ボラって、淡水でも海水でも生きていけるのかもしれません。

2006/4/13  12:11

投稿者:ほたる

コロコロさん、ボストンでは「こんばんは」かな?

>いきなり科学物の特集なんで、びっくりしました。

話が飛んで失礼しました。1年前万博に行ったなぁ…と思い出して書いてみました。

>科学者に必要なものを再認識させていただいた気がします。

コロコロさんは、科学者ですものね。。改めて尊敬!(今まで敬意が無かったような…失敬)

>当たり前に思われているところに、どれだけの『はてな』を見いだせるか、ということ。本当に大事なことだと思います。

そうなのですよね。物が1つあっても何故この色は?とか形は?とか、まずその理由を辿ってみると、色々な発見があったりします。
私の場合「はてな」のまま、終わっちゃう事も多いですし、
どーでもいい事に「はてな」を感じてしまい、くだらない事にこだわってしまうようですが。

>通説に流されず、自分の目でみて考えることが、その前提なのでしょうね。

そうですね。科学の世界では、意外なところで大発見があったりするのですよね。

>新しいものを見ているのに、既存の考えで無理矢理、解釈しちゃうと、『あれは、鯛に似た鮒だ』となって、新しいこととは気づかずに、見逃してしまうのですね。

あー、あれは参りました。本当に説得力もあって…。
未知が多いのですから、コンパニオンの人達も説明し難かったのでしょうが、
せめて、海水魚と淡水魚が同居できている事くらい、伝えてほしかったです。

>うーん、奥深いわ。

はい。万博会場には、ナノバブルを使用して、胡蝶蘭も栽培され花を咲かせていました。
本来、木等にパラサイトして咲く胡蝶蘭は水分が多いと、根が腐ってしまうのですが、
ずっと根をナノバブルの水の中につけたまま、元気に生育してしていました。
これもまた、不思議で、考え始めると眠られなくなりそうでしたよ。

☆コロコロさんへ

2006/4/13  11:59

投稿者:ほたる

こひ〜さん、コメントありがとうございます。

>なんか聞いた事あったんだけど、ナノバブルって言うのですね。

はい。億分の一という気が遠くなるような数字の泡です。

>いきなり放りこんでも大丈夫なのかな?

文中にも書きましたが、千葉さんは、海水の中にいきなり金魚を入れて、
この水に、何か奇跡的な事が起きていると確信されたそうです。

>基本的に魚って適応力が強いから、淡水の魚ならちょっとづつ塩水にしていったら、最後は海水でも大丈夫と聞いたことがあります。すべての魚ではないと思いますけど。

そうですか。確かに鰻なんかも、海水と淡水の混じった所とか、双方で生息したりしますよね。

>昔、水族館に雷魚を寄付した時、営業時間が終わってから水族館の裏を見せてもらって、色々な説明を聞いた時にそんな話も聞いた記憶が・・・

こひ〜さんのその時の詳しいお話を、是非お聞きしたいです。


☆こひ〜さんへ

2006/4/13  11:53

投稿者:ほたる

こんにちは。いつもありがとうございます。

>『ナノバブル』初めて知りました。

私も、ナノテクノロジーという言葉は、最近よく目にしていましたが、
この「ナノバブル」が新聞の万博の紹介コーナーに載った時、
カルチャーショックを受けました。どうしても確かめたくて行って来たのです。

> プロジェクトX、のような展開で興味深く読ませていただきました。

恐縮です。。

>人の行く 裏に道あり 花の山

素敵な句ですね。じんのじんさん作でしょうか?

>ボクの友人達にもいます、常人が考えもおよばないようなことに情熱を注いでいる男達が。でも、例外なく貧乏だなー。

ふふ。私の知り合いにも、居ますよ。ホント、そういう方ってお金の為に…
ではないので、純粋な気持なのですが、お金とは縁が薄い?気がします。
彼達にも、今日の記事読ませます。

>『私の現在が成功というなら、私の過去はみんな失敗が土台づくりをしていることにある。仕事は全部失敗の連続である』(本田宗一郎)

素晴らしい言葉をありがとうございました。
私は、本田氏のスーパーカブ開発の話にも、興味があります。
また、つたないなりに、書きたいとも思っています。

☆じんのじんさんへ

2006/4/13  8:19

投稿者:コロコロ

ほたるさん、こんにちわ。
いきなり科学物の特集なんで、びっくりしました。科学者に必要なも
のを再認識させていただいた気がします。当たり前に思われていると
ころに、どれだけの『はてな』を見いだせるか、ということ。本当に
大事なことだと思います。通説に流されず、自分の目でみて考えるこ
とが、その前提なのでしょうね。新しいものを見ているのに、既存の
考えで無理矢理、解釈しちゃうと、『あれは、鯛に似た鮒だ』となっ
て、新しいこととは気づかずに、見逃してしまうのですね。うーん、
奥深いわ。

2006/4/12  23:26

投稿者:こひ〜

なんか聞いた事あったんだけど、ナノバブルって言うのですね。いきなり放りこんでも大丈夫なのかな?

基本的に魚って適応力が強いから、淡水の魚ならちょっとづつ塩水にしていったら、最後は海水でも大丈夫と聞いたことがあります。すべての魚ではないと思いますけど。
昔、水族館に雷魚を寄付した時、営業時間が終わってから水族館の裏を見せてもらって、色々な説明を聞いた時にそんな話も聞いた記憶が・・・

http://blog.livedoor.jp/kohhy_pajero/


※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ