2006/6/21

ブラジル対オーストラリア戦を観て…日本チームに託す事  サッカー&ワールドカップ・ドイツ大会

日本対クロアチア戦の1時間後にキックオフとなったブラジル対オーストラリア戦、続けて観戦すると意気込んでいたが、日本の応援でどっと疲れが出たのか、そのまま熟睡してしまった。VTRは予約してあったので、翌日結果を知ってからゆっくりと観戦した。結果は2対0でブラジルの勝利、ブラジルは決勝トーナメント進出を決定していた。私はブラジルチームが余裕で試合を進めていたと想像した。ところが…である。蓋を開けてみたらクロアチア戦に続いて、オーストラリアにも苦戦しているではないか?!前回大会の得点王、怪物ロナウドが、怪我による練習不足から、その強さとスピード、巧みさも既に失っている気がした。
クリックすると元のサイズで表示します 後半4分、先制点を入れたアドリアーノ。
(16日に、長男が誕生したばかりだそうだ)。


そもそも、ブラジルチームは、大会直前の強化試合として、今月4日に組んだニュージーランド戦の1戦のみで、パレイラ監督も「実践が少なく難しい面もある」と語っていた。ブラジルチームは、欧州トップクラスのクラブの主力で活躍している選手達揃いで、シーズンをフルに戦った主力選手の体調を考慮し、疲労回復に重点を置いた為、直前の試合を組まなかったという。W杯の予選リーグを強化合宿代わりにし、チームの連係を計り調子を上げて行く計画のようにも思われた。この調子では日本も勝てる…と思いつつも、こんなものではない!と思い直しながら、その圧倒的な強さと技術、層の厚さ、積み重ねた歴史を考えると、目が眩む程になってしまう。
得点に喜ぶブラジル選手達  クリックすると元のサイズで表示します

最早、怪物でなくなったロナウドをFWに据えたブラジルを観て、今大会で新旧のスターが、入れ替わる時が来ているのかもしれないと思った。そう考えると、1996年以降、メンバーに大幅な入れ替わりのないフランスは、世代のメンバーを凌駕する選手がでてきていないのが、気がかりだ。そういう観点から見てみてもブラジルは、既に若手が台頭し活躍し始めている。新旧の入れ替わり…ブラジルの強さは、その辺りに秘められている気がした。カルテット・マジコ(またはクアドロ・マジコ)と呼ばれた魔法使いの名前でさえ、2005年のコンフェデ杯では、ロナウド不在の穴を見事に埋めたロビーニョ(22才)を加えた、カカー(24才)、アドリアーノ(24才)、ロナウジーニョ(26才)と1980年代生まれの4人で占めた。まだまだ世界に君臨するとは言われながらも、1970年代生まれのロナウド(29才)、ロベルト・カルロス(33才)らから、自然に引継ぎが行われつつあるのだ。

現実に、対オーストラリア戦で入れた2点目は、控えとして途中出場した、フレッジ(22才)からパスを受けたロビーニョ(22才)がシュートし、ポールに跳ね返されたボールを再び押し込んだのもフレッジだった。このフレッジは、リカルド・オルベイラの負傷を受けて、急遽召集された選手である。フレッジの活躍は、ブラジルの選手層の厚さを物語る。その要因として、サッカーが国技とも言われるブラジルのお国柄もあるだろう。また、クロアチア戦で華麗なミドルシュートを決め、オーストラリア戦でも活躍著しいカカー選手は、前回の大会では、セレソン(ブラジル代表)として参加するも、一次リーグのコスタリカ戦で、たった18分間の出場だった。ベンチで試合を見続けたカカー選手は、その悔しさを胸にACミランへ移ってから、トレーナーが止める程に練習に打ち込んだという。
クリックすると元のサイズで表示します 2点目を入れ、存在をPRしたフレッジ。

その努力がACミランで開花し、W杯のピッチで大輪に開きつつある。カカー選手の甘いマスクとは裏腹の攻撃的なプレースタイルは、きっと決勝トーナメントでも注目の的となるであろう。ロビーニョ然りである。オーストラリア戦の後半27分、ロナウドに代わってピッチに入ってからは、自由自在に走り回り、ロナウジーニョのマークについた、相手選手を引き離した。ロビーニョが入ったブラジルは、その豊富な運動量に誘われて、まるで水を得た魚のように元気になった。実際、国民全てが監督というブラジル国内では、ロナウドよりロビーニョを先発に…という世論も多くなっているようだ。カカーとロビーニョ、この2人が、フットボールジャグラー…ロナウジーニョの周りを走り回る時、そこに死角は無い気がする。しかし、サッカーの試合に不可能はない。日本もオーストラリアの、ブラジルを苦しめた組織的プレーを見習いながら、チャンスは少なくても、それを生かして得点に結びつけて欲しい。ブラジルの底力を感じながら、そんな事を思った。

◎箸休め
友達と次の日本戦について話していると、ブラジルは決勝トーナメント進出を決めたのだから、主力選手を休ませてくれないだろうか?とか、ジーコはブラジルのサッカーの神様だから、手加減してくれないだろうか?とか、藁をも掴む逃げの発想になったりする。いやとんでもない、ブラジルは、まだ無失点だ、プライドにかけて失点は防ぐだろう。サッカーの神様が監督の日本相手だからこそ、敬意を持って、全力で当たってくる気もする。全力のブラジルから得点を奪ってこそ、日本はその力を世界に知らしめる事が出来るのだ。…等と言い聞かせつつ、何故か武者震いをしている私であった。
0



2006/6/22  1:57

投稿者:ほたる

こひ〜さん、いよいよですねぇ。

>おっしゃるとおり!
ブラジルは本気でくるでしょう!

うわわっっ。こひ〜さんのお墨付きを貰ってしまいました。
実は、本気にならないでね…と願う私もいたりします。

>ただすでに累積イエローを持っているカカ選手は出てこないかもね。

今大会は、一次リーグのイエローカードは、決勝Tにも、持ち越すのですか?!
それは、選手達も、スタッフもやりくりが?大変ですね。。

>全力のブラジル相手にサッカーが出来るのか・・・

はい。自分達のサッカーをさせて貰えるか?ですね。

>今までの2戦のように押されて下がっていくサッカーはやめて欲しいですね。

そうですね。攻撃は最大の防御…ですよね。
次の試合は、攻撃的に行って欲しいです。
…防戦一方になりませんように。。もう何にでも祈っちゃいます。

☆こひ〜さんへ

2006/6/22  1:51

投稿者:ほたる

>いよいよ、あさってですね。。今から、とても緊張してソワソワしています。

落ち着きませんね。お店でも、用事もないのに話だけにいらっしゃる方も
おいでになりますよ。皆さん、色々資料とか、持って来てくださるので、
お陰で、待合室には、サッカー誌が貯まっています。

>今回の予選突破は自力だけではどうしようもならなくなってしまいましたが、神様を信じてサプライズに期待したいと思います。

前回大会にクロアチアの合宿地となった新潟の十日町では、
やっと晴れて、クロアチアを応援出来るそうです。
TVの取材に応じて、放映された途端、役所に苦情殺到したとか。。

何も憎まなくても…と思いました。中越地震の時にも、クロアチアからは、
援助があったそうで、そういう繋がりが出来るのもワールドカップですよね。
サッカーではあまり使用しないのですが、ラグビーには「ノーサイド」という言葉をよく使って、試合後はお互いを讃えあう習慣があります。
そうそう、サッカーではユニフォーム交換して讃え合いますよね。
試合を離れれば、人と人。
スポーツは戦争している訳じゃないんだから、、、と、思います。
此方の勝手ですが、クロアチアにも、頑張って貰わないと。。。

>PS、ほたるさん、相変わらずいそがしいようですのでサッカー観戦もいいですが、身体を壊さないようにしてくださいよ^^なんか風邪、はやってるようなので。

ありがとうございます。
ホント、私は無謀者なので、皆様に、ご心配をおかけしています。
仕事も4月以降、忙しくなっているにも関らず、寝不足気味…。
それも、年を考えずに。。一番恐いのはW杯終了後…です。
五月病みたいにならないかしら?オリンピックの後は、いい具合に、
WBCが開催されまして、助かりましたので。。
でも、W杯が終わっても、MLBとか、陸上とかありますものね。。
全く、忙しい上に、自ら忙しくしてしまい、困ったものです。。はは。
rikuさんもrikkoさんも、どうぞお元気で。また、貴ブログに伺わせて頂きます。


☆rikkoさんへ No3

2006/6/22  1:50

投稿者:ほたる

>rikkoもほたるさんと同じでブラジルは余裕で試合運びすると思っていたんです。2点ぐらいは取って欲しいと他力本願ですが、日本チームに可能性を少しでも多く残すためにーー;

はい。勝手なもので、オーストラリア相手には大量点を期待しましたよね。(汗)

>ところが、この試合も手に汗握ることになろうとは・・・途中、大丈夫だろうか?と心配になりました。

オーストラリアにも、何度かチャンスがありましたものね。

>噂されている通りロナウドはぜっ不調でしたね。観ていてもゴールを揺らす期待感、また存在感は0に等しいように感じてしまいました。

どんなスポーツにも言えますが、練習不足って堪えるのですよね。

>私も、世代交代の時期に来ているような印象をうけました。ただ、ホントほたるさんの言うとおりブラジルというチームは次のスターがちゃんと育ってますよね。誰かが不調でも代わりがきちんと仕事しています。

そうなんです。次世代というより、現世代というか、続いているのですよね。

>そういう意味ではフランス同様、日本も次の世代が育っていない様な・・・・だから尚のこと今回はどうしてもベスト4くらいまでは進んで欲しい。。。と願ってやみません。

はい。ゴールデンエイジと呼ばれた世代の後が、育っていないですよね。
4年後も、今のメンバーに頑張って貰うのは、年齢的に厳しい気がしますね。


☆rikkoさんへ No2

2006/6/22  1:44

投稿者:ほたる

rikkoさん、こんにちは。いつもありがとうございます。

>ほたるさん、お久しぶりです。

此方こそ、御無沙汰しています。

>最近は、素通りが多かったのですがW杯関連の記事はずーっと読ませてもらってました。^^

どうも、ありがとうございます。

>にわかファンなのでサッカーはあまり詳しくないんですがw杯だけは、日本戦以外の試合も結構みてます。

アンセムの音楽で、選手達が登場して来るだけで感動しますよね。
私も、今、アンゴラVSイランの試合を観ていましたが、
悲喜こもごもで、心が動きます。
選手達が皆、精一杯プレーしてくれているからですよね。

>先日のクロアチア戦は本当に悔しかった。日本が勝ったら次のブラジル対オーストラリアは見ないつもりだったんですけど、引き分けに終わった為、観るハメに・・・・当たり前のように次の日の仕事は徹夜明けでつらかった〜

まあ、一睡もなさらなかったのですか。。それは、辛かったですね。

>ところで、ほたるさんはサッカーに詳しいんですね。

いやはや、観るだけで、大会事のルールとかそんなには詳しくないですよ。
(ラグビーや野球は、結構知ってましたが、フィギュアスケート何かも、
ブログを書きながら、また、コメント欄で教えて頂きながら勉強しました。)

>ほたるさんの記事を読ませてもらって随分・・・外国選手の名前を覚えちゃいました。他国の試合を見るときはとても参考になってます。感謝♪

それはお役に立てて嬉しいです。でもちょっと偏っていますよね。
本当は、もっと他の国の選手についても、書きたいのですが、
試合を観なきゃいけないし、仕事も勿論ありますし、
時間がいくらあっても足りないです。トホホです。

☆rikkoさんへ No1

2006/6/21  23:53

投稿者:こひ〜

おっしゃるとおり!
ブラジルは本気でくるでしょう!
ただすでに累積イエローを持っているカカ選手は出てこないかもね。
全力のブラジル相手にサッカーが出来るのか・・・
今までの2戦のように押されて下がっていくサッカーはやめて欲しいですね。

http://blog.livedoor.jp/kohhy_pajero/

2006/6/21  12:21

投稿者:rikko

ほたるさん、お久しぶりです。

最近は、素通りが多かったのですがW杯関連の記事はずーっと読ませてもらってました。^^

にわかファンなのでサッカーはあまり詳しくないんですがw杯だけは、日本戦以外の試合も結構みてます。

先日のクロアチア戦は本当に悔しかった。日本が勝ったら次のブラジル対オーストラリアは見ないつもりだったんですけど、引き分けに終わった為、観るハメに・・・・当たり前のように次の日の仕事は徹夜明けでつらかった〜

ところで、ほたるさんはサッカーに詳しいんですね。
ほたるさんの記事を読ませてもらって随分・・・外国選手の名前を覚えちゃいました。他国の試合を見るときはとても参考になってます。感謝♪

rikkoもほたるさんと同じでブラジルは余裕で試合運びすると思っていたんです。2点ぐらいは取って欲しいと他力本願ですが、日本チームに可能性を少しでも多く残すためにーー;
ところが、この試合も手に汗握ることになろうとは・・・途中、大丈夫だろうか?と心配になりました。
噂されている通りロナウドはぜっ不調でしたね。観ていてもゴールを揺らす期待感、また存在感は0に等しいように感じてしまいました。
私も、世代交代の時期に来ているような印象をうけました。ただ、ホントほたるさんの言うとおりブラジルというチームは次のスターがちゃんと育ってますよね。誰かが不調でも代わりがきちんと仕事しています。
そういう意味ではフランス同様、日本も次の世代が育っていない様な・・・・だから尚のこと今回はどうしてもベスト4くらいまでは進んで欲しい。。。と願ってやみません。
いよいよ、あさってですね。。今から、とても緊張してソワソワしています。今回の予選突破は自力だけではどうしようもならなくなってしまいましたが、神様を信じてサプライズに期待したいと思います。

PS、ほたるさん、相変わらずいそがしいようですのでサッカー観戦もいいですが、身体を壊さないようにしてくださいよ^^なんか風邪、はやってるようなので。





※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ