2006/6/29

W杯、8強出揃う…トッティやジダンの活躍に思うこと  サッカー&ワールドカップ・ドイツ大会

ワールドカップも大詰め…『ドイツ、アルゼンチン、イタリア、ウクライナ、イングランド、ポルトガル、ブラジル 、フランス 』と、8強が出揃った。見渡せば、過去のW杯で優勝した国の全7ヶ国中、ウクライナを除いた6ヶ国がその名を連ねていた。今大会で国家独立後、初出場で8強入りをしたウクライナ以外は、各組シードされた国が順当に勝ち上がった。伝統とは由々しきものだと痛感した。初出場のウクライナは、90分+30分の死闘の上、PK戦でスイスに勝った。一次リーグから、全ての試合を無失点に防いで来たスイスも、PK戦になった時、チームの若さが露出したのか、3人蹴っても、誰一人としてゴールネットを揺らす事が出来ず、敗退してしまった。
クリックすると元のサイズで表示します ロスタイムにPKを決め、このゴールを
「10ヶ月の我が子に捧げる」と指しゃぶりをして見せたトッティ。


反対に、8強に残ったW杯優勝経験を持つ伝統のある国々では、ベテランの域に達した選手の活躍も光った。中でも私の印象に残っている選手は、0対0のまま、あわや延長戦かと誰もが思った後半ロスタイム、PKを見事に決めたイタリアのトッティ…。酷暑の為体調を崩しながらも、絶妙なフリーキックを決めたベッカム…。華麗なドリブルが復活したポルトガルのフィーゴ…。そして駄目押しのゴールを、自らの足で叩き出したフランスのジダンだった。更にトッティとジダンはお互い、前回大会では苦い体験を持っていた。そして、トッティは今年2月に右足首を骨折し、今もまだボルトが8本入ったまま、5月になって、ようやくピッチに立てるようになったばかりだという。

また、ジダンは、前回大会の直前、韓国との親善試合で怪我をしてしまい、殆どの試合に出ることが出来なかった。その悔しさを胸に抱えたまま、体力の限界を感じ、2004年にはフランス代表から退く決意をした。しかし今大会への予選となった各試合で、アンリ、トレセゲ、ビエラのスター選手らが上手く機能せず、苦戦が続き、ジダンが呼び戻された。母国の為に代表入りするも、ジダンは今大会終了後の引退を表明している。そんなジダンだが、決勝Tの対スペインの試合では、1998年フランス大会での活躍を彷彿させるような動きだった。失礼ながら、ジダンの勇姿を観られるのは最後かもしれない?と思っていた私の推測を打ち砕くように、ゴールアシストをし、更に相手をかわす見事な足技から、シュートを繰り出し得点した。チームメイトもジダンの花道を飾る如く、一致団結していた。ベテランを守り立てるチームワーク…。このような光景を見せてくれるW杯には、やはり、心動かされるものがある。準々決勝は、6月30日から…。好カードが続き、そこにまた新しいドラマが待っていると思うと、既に今から、ときめいてしまう。
ゴールを決め祝福されるジダン。 クリックすると元のサイズで表示します

一方、今大会では、試合後、監督のインタビューを聞いたり、記事として読んだりしていると、(当たり前だが)負けた国に限って審判への苦情が目立った気がした。最近ではポルトガル対オランダ戦で、16枚のイエローカード、4枚のレッドカードが乱れ飛び、オランダの監督は「1分間事に試合の流れが止められ、ペースを乱された」と、主審のロシア・イワノフ氏を批判した。更にこれを受けて、FIFAのブラッター会長が、迂闊にも「審判にイエローカード」発言をし、その後の審判ぶりに影響が懸念された。中日スポーツコラムにも、書かれていたが、私も審判を非難するより、まずは選手にフェアプレーを、呼びかけるべきだと思った。

以下「会長こそイエローです。」中日スポーツ記事より引用。
『…前略。問題は責任のある立場人物が、配慮を欠く発言で現場の混乱を招く事だ。確かにイワノフ主審は激戦のあまり、途中から試合の制御を欠いた場面はあったが、あくまで基準に従った忠実な判定を下していた。…中略…。今大会の審判団は、周到な準備を重ね、過去の大会を上回るレベルで判定を下していると見られる。世間の反響に迎合するような不用意な判定で、批判ばかり浴びては、審判の立つ瀬が無くなってしまう』ケルン・時事通信。

さて、審判としてW杯に出場している上川氏と広嶋氏らは、一次リーグで、2試合を担当した以降は、控え審判となっていた。FIFAは、28日、この先笛を吹く可能性の無い、帰国審判を発表する。今後の日本サッカー界の為に、例え控えであってもドイツに残り、審判の立場として、生で試合を観て来て欲しいと願っている。

◎箸休め
W杯を観ている私の影響か、しっかりサッカー通になったつもりの父は、28日の夜、BSで放映された、『フーリガンを防げ!ドイツミュンヘン』という番組を観ていた。そして一言。「ヨーロッパのサッカー場では、フリーターが発炎筒を炊いたりして暴れるらしいなぁ。警備も大変やなぁ」と言った。私は「フリーターじゃなくて、フーリガンって言うんだよ」と言ったが、番組の中で「フーリガンの根底には、失業問題や人種差別などがある」と報道していた為、「失業問題」だけが更にインプットされたようで「サッカーが好きやったら、フリーター問題も知っとかななぁ」と、説教気味に駄目押しされた。もう1度訂正したが、最後まで父は、私が間違えている…と思ったままだった。流石の私も諦めたが、毎日のように、本宅にいる犬の散歩に行ってご近所さんと、サッカー談義をしていると聞き、明日の話題が心配になった。誰か父の間違いを正してくれる人は、いないだろうか…。


★上川氏らは、審判団23チーム中の12チームに選ばれ、控え審判として残る事になった。名誉な事と讃えたい。(6/29)
0



2006/7/1  12:17

投稿者:ほたる

>あと、ヨーロッパのサッカーでちょっとイヤなのは人種差別的な事件が多いこと。

そうですね。フランスのアンリ選手の記事も読みました。
こういう事が絡んで、フーリガンが暴れるのですね。

>今度のワールドカップでは"Say no to racism"って反人種差別をスローガンにしてるけど、人種差別的な事件はイタリアだけじゃなくてスペイン・フランス・オランダとか色々な国で起きてて、TVで観てるとビックリしますよ。

長い民族争いの歴史や差別の歴史を紐解いて見ると、
島国日本では考えられない事ばかりですね。

>セリエAの試合でサポーターがアフリカ系の選手に差別的な横断幕を掲げた時、主審のコッリーナさんは横断幕が撤去されるまで試合を中断したんだって。素敵ですよねコッリーナさん。

はい。各チームのキャプテンが試合前に、人種差別撲滅運動の声明を
読んでいるようですが、なかなか根底からは除けないですね。
そういう時、毅然と対応出来る審判員は、素晴らしいと思います。

>そう言えば、イタリアのサッカー界の場外乱闘のとばっちりで引退してたのにコッリーナさんはUEFAの審判委員会に入るかもですって。

へえーっ。そうなんですね。コリーナさんの復帰は嬉しいのですが、
コリーナさんの体力が心配です。今大会は優良審判が多いと言われて
いますが、それでもFIFAのお偉いさんの一言で、判定に迷いが出る方も
あったみたい。。自分の目に自信を持って毅然としていて欲しいですね。

>これからイタリアvsウクライナを観にお友達の家に行ってきま〜す。そこの家、おばあちゃんが眠れないから中庭に特設会場を作ったんですよ。

うわーーっ、これもまた、すごーーい。写真なんかあったら観てみたいです。

>スクリーンが大きくて映画なんか観ても良さそうだけどサッカー専用だって。

ほほう、本当にサッカーファン(狂・失礼)のお友達なのですね。

>じゃあ、ほたるさん またね Ciao ciao♪

はーい。また、お待ちしています。次は7/5日のドルムントで…ですね。
私はまた、眠られない夜が増えそうです。またね〜♪


☆スピンさんへ No2

2006/7/1  12:16

投稿者:ほたる

スピンさん、イタリアチーム、4強入りおめでとうございます。
私は、ハーフタイムで、陥落して寝てしまいましたが、
お友達のお家では、さぞや賑やかだったのでしょうね。

>もうすぐイタリアVSウクライナが始まります。みんな「明日は土曜日だから、いっぱい楽しみましょう」とか言ってるけど、この人達は平日の昼間の試合でも変わらなく楽しんでます。

あはは。確かに。。もう皆さん仕事にならないですね。

>「仕事はいつでも出来るけど、ワールドカップは4年に1回」だって。セリエAの試合が週末だけで平日にやらないのが分かるでしょ?

そうなんですか!?週末にしか試合が無いって存じませんでした。

>サポーターの事をイタリア語では「ティフォーゾ:tifoso」って言って、意味は「チフス患者」。普通のサポーターのレベルでも、立派な病気です。

ぶっ。、。、思わず吹いてしまいました。すごっ「チフス患者」って。。

>これが「フーリガン」レベルになると「ウルトラ:ultra'」って言って、破壊力はウルトラマンレベル、でも口の悪さでは無口なウルトラマンは負けちゃいます。

こわっ。。ウルトラマンは3分しか持たないけど、
フーリガンはパワーも全開のまま、ずっと続きそうですしね。

>だから、イタリアでサッカーを観たかったらゴール裏のシートは危ないですよ。強烈な「チフス患者」達に取り囲まれちゃいますから。

そうなんだ。イングランドとドイツのフーリガンは、TVの特集で観ましたが、
イタリアでも、凄いのですね。
観戦する時は、シートの位置に気をつけないと。。恐い、恐い。。。


☆スピンさんへ No1

2006/7/1  2:22

投稿者:スピン

Ciao! ほたるさん

もうすぐイタリアVSウクライナが始まります。みんな「明日は土曜日だから、いっぱい楽しみましょう」とか言ってるけど、この人達は平日の昼間の試合でも変わらなく楽しんでます。「仕事はいつでも出来るけど、ワールドカップは4年に1回」だって。セリエAの試合が週末だけで平日にやらないのが分かるでしょ?

サポーターの事をイタリア語では「ティフォーゾ:tifoso」って言って、意味は「チフス患者」。普通のサポーターのレベルでも、立派な病気です。これが「フーリガン」レベルになると「ウルトラ:ultra'」って言って、破壊力はウルトラマンレベル、でも口の悪さでは無口なウルトラマンは負けちゃいます。だから、イタリアでサッカーを観たかったらゴール裏のシートは危ないですよ。強烈な「チフス患者」達に取り囲まれちゃいますから。

あと、ヨーロッパのサッカーでちょっとイヤなのは人種差別的な事件が多いこと。今度のワールドカップでは"Say no to racism"って反人種差別をスローガンにしてるけど、人種差別的な事件はイタリアだけじゃなくてスペイン・フランス・オランダとか色々な国で起きてて、TVで観てるとビックリしますよ。
セリエAの試合でサポーターがアフリカ系の選手に差別的な横断幕を掲げた時、主審のコッリーナさんは横断幕が撤去されるまで試合を中断したんだって。素敵ですよねコッリーナさん。そう言えば、イタリアのサッカー界の場外乱闘のとばっちりで引退してたのにコッリーナさんはUEFAの審判委員会に入るかもですって。

これからイタリアvsウクライナを観にお友達の家に行ってきま〜す。そこの家、おばあちゃんが眠れないから中庭に特設会場を作ったんですよ。スクリーンが大きくて映画なんか観ても良さそうだけどサッカー専用だって。

じゃあ、ほたるさん またね Ciao ciao♪

2006/6/30  18:12

投稿者:ほたる

こんばんは。でしょうか?いよいよドイツ対アルゼンチンですねぇ。

>だんぜんドイツの応援だなあ。

昨夜、KEYさんに読んで頂こうと、ドイツについて書くつもりでいたのですが、
途中で、睡魔に負けてしまいました。
UPが、遅くなりましたが読んで下さると嬉しいです。

>フランクフルトの同僚にメールしたら「もしドイツが勝ったら交通がマヒするので早めに帰って家で観る」といっていました。どっちにしろ仕事にならないそうです。

そうですよね。強豪揃いですが、決勝でブラジルと当たって欲しいです。

>しかしフリーターというお父さん、いいですねえ。
でもご本人は何がおかしいのか自覚がなかったりして(笑

はい。今日もスタッフの子に、
「サッカーのフリーターは、政治問題も絡んでやっかいだなぁ」
と、語ってました。そのスタッフはサッカー音痴で、???のまま、
私に聞いて来たので「フーリガンと間違ってるのだよ」と答えたら、
「フーリガンって何ですか?スローガンと近い意味ですか?」ですと。。
もうっっ、レッドカードで「帰宅命令」出そうかと、思っちゃいましたよ(笑)
きっと、犬の散歩ルートでも、こんな会話が飛び交っているのでしょう。
泥棒事件の後も、天然発言していました。また、書きますね。ははは。

☆KEYさんへ

2006/6/30  0:14

投稿者:KEY

ほたるさんこんばんは

だんぜんドイツの応援だなあ。
フランクフルトの同僚にメールしたら「もしドイツが勝ったら交通がマヒするので早めに帰って家で観る」といっていました。どっちにしろ仕事にならないそうです。

しかしフリーターというお父さん、いいですねえ。
でもご本人は何がおかしいのか自覚がなかったりして(笑)

http://blogs.yahoo.co.jp/hiroshikey66

2006/6/29  17:33

投稿者:ほたる

ご来訪、及び先の記事へのトラバをありがとうございました。

>ブログへのコメント、ありがとうございました。

いえ、此方こそ、ありがとうございました。トラバのお礼に伺ったのです。
Yass様のブログは、内容も楽しかったですが、
大勢の方がコメントなさってて、賑やかで楽しそうでした。

>ついに8強が出揃いましたが、色々思うところも多くて整理がつきません(汗

そうですね。しかしウクライナ以外は、伝統の国が残りましたね。

>ジダンはホント、良かったですね。正直、今回のスペインとフランスを見てたら、
フランスの歩が悪いんじゃ?って思ってましたが、とんでもなかったですね。

はい。ジダンのFK等も、冴えていて良かったですが、
チームワークの勝利という感じでしたね。

>最後になるであろう大会でこの結果。スーパースターですね。

いつだったか、頭から流血して試合に出ていた姿を思い出しました。
ジダンさんは、血に弱いらしいのですが、
自分では、見えなかったから良かったとか。。
やはり、スターは何をやっても、非凡さが光りますね。

>まだまだこの先、ドンデン返しが起こりそうな予感・・・。
楽しみでありマス(笑)。

怪我人が増えないよう、祈っています。

>]とりあえずボクは、余裕タップリなドイツと、やや不安の残るアルゼンチン戦かな。

ドイツはホームの利がありますね。私はブラジルかなって思います。
カカーやロビーニョの怪我が、気になりますが、
得点記録を伸ばす、ロナウドにパスを出し続けている
ロナウジーニョが、凄いって思ってます。


☆yass様へ

2006/6/29  3:22

投稿者:yass

ブログへのコメント、ありがとうございました。
ついに8強が出揃いましたが、色々思うところも多くて整理がつきません(汗
ジダンはホント、良かったですね。正直、今回のスペインとフランスを見てたら、
フランスの歩が悪いんじゃ?って思ってましたが、とんでもなかったですね。
最後になるであろう大会でこの結果。スーパースターですね。
まだまだこの先、ドンデン返しが起こりそうな予感・・・。
楽しみでありマス(笑)。
とりあえずボクは、余裕タップリなドイツと、やや不安の残るアルゼンチン戦かな。

http://stylishjam.jpn.org/


※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ