2006/6/30

東西の力を集結し、32年ぶりの主催国優勝へ…W杯・ドイツチーム  サッカー&ワールドカップ・ドイツ大会

1974年W杯、西ドイツ大会は…開催国、西ドイツの優勝も語り継がれているが、当時「鉄のカーテン」で、断絶していた冷戦下の東西ドイツが対決をした、最初で最後の大会としても記録に残っている。それは、民主化の波が押し寄せ、「ベルリンの壁」が崩壊する15年前の事であった。その年が明けたばかりの1月5日、ワールドカップの組み分け抽選者に選ばれた、ベルリンの聖歌隊に所属していた11才の少年、デトレフ・ランゲ君がひいたボールは、運命の対決を演出した。当時41ヶ国で実況放送され、約8億人が見守る中、一次リーグ1組に、東西ドイツが組み込まれると、会場にはどよめきの後、歓声が巻き起こり、世界中には衝撃が走った。
クリックすると元のサイズで表示します 32年前優勝の西ドイツ・ベッケンバウアー

そして迎えた6月22日、ハンブルグのフォルクスパルク・スタジアムは、6万人の大観衆を集め、東西ドイツの戦いとなった。サポーターの殆どが西ドイツ側で、誰もが2年前欧州チャンピオンに君臨した、西ドイツの勝利を疑わなかった。当時東ドイツのエースだった、ユルゲン・シュパルバッサーは、当時を振り返ってこう語っている。「社会主義対資本主義という政治的な構図を背景に騒がれていたし、僕達も負けるわけには行かなかった」。スコアは0対0のまま、前半を終え、観客からは西ドイツに対するブーイングが大きくなりだした。そして後半開始8分後、東ドイツGKから送られたボールでのカウンターアタックから、シュパルバッサーがシュートを決めた。シュパルバッサーはピッチの上で、でんぐり返しをして喜んだという。

しかし、東側の駆けつけた2500人の観客は、喜びを分かち合う程のサッカーファンではなかった。シュパルバッサーの回想によると、東ドイツは、ドイツ社会主義統一党の仕切りで、西ドイツに亡命する事のない模範的な市民のみを送り込み、普段はサッカーとは何の関係もない人達だったという。結果スコアは、1対0のまま、東ドイツが歴史的勝利を挙げた。シュパルバッサーがロッカールームに引き上げる途中の通路で、西ドイツのパウウル・バドナーが待っていて、ユニフォーム交換を申し出た。続いて他の選手達も東ドイツのロッカーにやって来て、脱いだばかりのユニフォームが積まれた洗濯籠を指差し、交換を提案した。同じドイツ人として、政治的背景を乗越えた、スポーツ選手ならではの友好の儀式だった。
キャプテン・バラックとチームメイト。クリックすると元のサイズで表示します

この試合を契機に、西ドイツは、キャプテンのベッケンバウアーを事実上の監督とし、戦略を練り直して決勝トーナメントで勝ち進み、遂に7月7日、オランダとの決勝で勝利し、W杯の頂点に立った。ベッケンバウアーはカイザー(皇帝)と呼ばれ、その後のサッカー界に選手として、監督として様々な形で君臨し続ける事になる。尚、このW杯で、西ドイツが敗戦を記したのは唯一、東ドイツだけだった。ベッケンバウアーとシュパルバッサーは、今も交友関係を続け、今大会、大会組織委員長として活躍が光るベッケンバウアーから、開幕戦のドイツ対エクアドルのチケットが届いたそうだ。

当時から選手達に壁はなかった、しかし、東西ドイツ統一後、現在も東側の貧窮は続いている現状は否めない。BSの特集でも観たが、東側でプレーする選手達は、プロとは名ばかりでギャラも安く、雪が降っても除雪設備が無い為、自ら雪かきをしてグランドを整備しなければならない。そんな恵まれない環境下でも、東ドイツ式英才教育を受けた選手が育ち活躍している。今大会、ドイツのキャプテン、ミヒャエル・バラックもその1人だ。シュパルバッサーは、バラックら東側出身の選手の活躍に自信を深め、来春自らが学んだ東ドイツ式のカリキュラムを土台に、6才から14才までのサッカーの英才教育をする『ユルゲン・シュパルバッサー・スポーツ学校』をベルリンで開校し、若年層の育成に力を注いで行くという。

「東側出身のキャプテンだからこそ、意味がある」…。ベッケンバウアーは、そのプレーの類似性から、「小皇帝」とも呼ばれるバラックに、大いに期待を寄せているそうだ。前回大会の決勝戦では、バラックの出場停止もあり、ブラジルに敗れた。だが、今大会は地元の利も生かして、充分優勝を狙える位置に来た。まずはアルゼンチン戦。厳しい内容にはなるだろうが、東西の力を集結したドイツチームに死角はあるのだろうか。バラックをキャプテンとするドイツチームは、東西出身の2人の先輩に見守られ、32年ぶりの優勝へ…ドイツ全国民共通の夢…頂点へと、今駆け上がろうとしている。
クリックすると元のサイズで表示します 2002年決勝後、カーンのこの姿が目に焼きついた。

◎追記
ドイツと言えば、GKのオリバー・カーンと印象付けられた前回大会…。今季カーンは、正キーパーの座をレーマンに明け渡している。正GKで無ければ代表を降りるのでは?と懸念されていたが、28日に開催されたドイツサッカー協会の記者会見の様子が報道され、そんな杞憂を一蹴した。カーンは、自らの口で、正GKレーマンを賛辞し、インテリジェンスに溢れた質疑応答をした。そして、裏方でもチームに貢献できる喜びを述べチームワークに徹する内容だった。その姿は、これまで強烈な自己主張を繰り返し物議を呼んできたカーンとは別人だったという。自身が負けた相手を讃える潔さ…。ドイツ国内ではカーンに対する敬意も広がりを見せているそうだ。マイナス経験を心の余裕に成長させたカーンの姿から、私達も学ぶものが多い気がした。

◎参考
サッカーキングNo32/朝日新聞社・中日新聞6月30日紙面より
0



2006/7/4  16:47

投稿者:ほたる

KEYさん、お返事が遅くなってすみません。

>きのうはドイツ戦後の3時間睡眠ののちに草野球をし(ランニングホームランを打ってヘトヘト)、

おおっーっ、ランニングHRとは、凄いですね〜。

>それから山中湖までゆき、さらに東京に戻ってから友人と夕食をしてフラフラでした。

かなり、ハードスケジュールだったと存じますが。。

>やっとぐっすり寝られた〜

あはは。お付き合いも大変ですね。でも熟睡されて良かったです。

>東ドイツの話、とても興味深かったです。

ありがとうございます。ドイツにお詳しいKEYさんに、そう言って頂いて光栄です。

>東ドイツといえばDDRといいますが、今でも旧西側の人々は、負の遺産が足をひっぱっている、というような言い方えおしますので、バラックの「キャプテン発言」はそのような背景があったからでしょう。

なるほど。。そうなのですね。

>私が住んでいたころにはよく見かけた東ドイツ製の自動車、トラヴァントは今ではほとんど見かけなくなったようですが、東へのマイナス感情はいまでも市民の間に残っている気配を感じます。

そのトラヴァントの性能は良かったのですか?

>数年前公開された「グッバイ・レーニン」もそんなバックグラウンドがあったのではないかと思います。
この映画ご覧になりました?すばらしいコメディ&ヒューマン・ドラマです。

かしこまりました。W杯が終わって落ち着きましたら、観させて頂きます。

>ところでベッケンバウアーってなんで「カイザー」っていうかご存知ですか?

かつてのハプスブルク帝国の国歌「神よ、皇帝フランツを守り給え」から…だとお聞きしていますが。。。

>ちなみにオーストリアのアルペンダウンヒルレーサーだった、フランツ・クラマーも、その常勝振りから「カイザー」と呼ばれたそうです。
(わたしはこれをつい最近知りました・・・)

あっていましたか?違っていたら是非、御教え下さいね。


☆KEYさんへ

2006/7/2  7:23

投稿者:KEY

ほたるさん、おはようございます。

きのうはドイツ戦後の3時間睡眠ののちに草野球をし(ランニングホームランを打ってヘトヘト)、それから山中湖までゆき、さらに東京に戻ってから友人と夕食をしてフラフラでした。

やっとぐっすり寝られた〜

東ドイツの話、とても興味深かったです。

東ドイツといえばDDRといいますが、今でも旧西側の人々は、負の遺産が足をひっぱっている、というような言い方えおしますので、バラックの「キャプテン発言」はそのような背景があったからでしょう。

私が住んでいたころにはよく見かけた東ドイツ製の自動車、トラヴァントは今ではほとんど見かけなくなったようですが、東へのマイナス感情はいまでも市民の間に残っている気配を感じます。

数年前公開された「グッバイ・レーニン」もそんなバックグラウンドがあったのではないかと思います。

この映画ご覧になりました?すばらしいコメディ&ヒューマン・ドラマです。


ところでベッケンバウアーってなんで「カイザー」っていうかご存知ですか?ちなみにオーストリアのアルペンダウンヒルレーサーだった、フランツ・クラマーも、その常勝振りから「カイザー」と呼ばれたそうです。

(わたしはこれをつい最近知りました・・・)



http://blogs.yahoo.co.jp/hiroshikey66

2006/7/1  11:52

投稿者:ほたる

ぼくあずささん、おめでとうございます。

>長女はカーン選手のフアン。

そうでしたか。レーマンを励まし送り出すシーンには感動しました。

>サムライブルーの敗退後はドイッチュエルフを家族全員で応援。本家フリューレン村も予想外なドイツの快進撃に大騒ぎ。

それはそれは、良かったです。次はイタリアとですね。

>ドイッチュランド・ドイッチュランド・ゲファーレン・・・。 

ドイツ語は解らなくて。。すみません。。

☆ぼくあずささんへ

2006/7/1  11:49

投稿者:ほたる

KEYさん、蒸し暑い中、お疲れ様でした。

>ほたるさん、こんばんは!

早速のコメントをありがとうございました。

>ドイツの勝利、見届けました。
心臓に悪かった〜。

はい。特に延長戦は、固唾を飲んで観ていました。
PK戦も凄かった。

>ワールドカップの試合のなかでもっともドキドキ、日本戦のどれよりも興奮したのは、わたしゃほんとに日本人か、という感じですが・・・

ふふふ。確かに。。でも、決勝Tの戦いぶりを観ていると、
やはり、日本の弱さを思い知りました。何処の国も強い!ですね。

>本文の感想、また書かせていただきます。

ありがとうございます。お待ちしていますが、ご無理はなさいませんように。

>明日は朝から草野球の試合。
体調が早くも不安視されます。

大丈夫でしたか?睡眠不足でお疲れですよね。
今夜はゆっくりとお休みになって下さいね。

>※今日のレッドソックスの試合もすばらしい試合でした。

私も、お店と部屋を行き来しながら、観ていました。
ビデオにも撮りましたが、ホント、素晴らしかったですね。

>代休で家にいたのでテレビ観戦していました。

それは、ゆっくりご覧になれて良かったですね。

>Cocoがすばらしかった!

バントヒットといい、盗塁といい、そしてスーパーキャッチといい、
殊勲賞でしたね。あの守備はとても人間技とは思えなかったです。
でも、人間に例えるなら、優秀なゴールキーパー?っぽかったです。
やはり遺伝的に見ても、素晴らしい身体能力があるのですね。

>今シーズンのベストゲームのひとつになってもおかしくないような試合でしたね。

そうですね。オーティスが巨体を揺らして走ったのも素晴らしかったし、
駄目押しのホームランも打ってくれました。このような試合を観られて、
感謝したいと思います。レギュラーシーズンの録画は観たら消すのですが、
この試合は残しておきたいと思っています。

☆KEYさんへ

2006/7/1  11:37

投稿者:ほたる

こひ〜さん、ご覧になってましたか?凄い試合でしたね。

>ドイツは今日?明日?のアルゼンチン戦に勝てば行っちゃうかも?
勢いがありますしね〜

地元の利というのは、強いですね。アルゼンチンもボールを支配して
いただけに、残念でした。

>若かりしベッケンバウアー氏の右隣にカーン選手が!?

あはは。ちょっと、細身のカーン選手ですね。
私は、カーン選手とバラック選手も似ている気がします。
ドイツ人って似ている人が多いのかも?ですね。


☆こひ〜さんへ

2006/7/1  4:04

投稿者:ぼくあずさ

長女はカーン選手のフアン。サムライブルーの敗退後はドイッチュエルフを家族全員で応援。本家フリューレン村も予想外なドイツの快進撃に大騒ぎ。ドイッチュランド・ドイッチュランド・ゲファーレン・・・。 

http://flueren.blog.ocn.ne.jp/dorf_flueren/

2006/7/1  2:46

投稿者:KEY

ほたるさん、こんばんは!

ドイツの勝利、見届けました。
心臓に悪かった〜。

ワールドカップの試合のなかでもっともドキドキ、日本戦のどれよりも興奮したのは、わたしゃほんとに日本人か、という感じですが・・・

本文の感想、また書かせていただきます。

明日は朝から草野球の試合。
体調が早くも不安視されます。

ではまた!



※今日のレッドソックスの試合もすばらしい試合でした。代休で家にいたのでテレビ観戦していました。Cocoがすばらしかった!今シーズンのベストゲームのひとつになってもおかしくないような試合でしたね。

http://blogs.yahoo.co.jp/hiroshikey66

2006/6/30  19:52

投稿者:こひ〜

ドイツは今日?明日?のアルゼンチン戦に勝てば行っちゃうかも?
勢いがありますしね〜

若かりしベッケンバウアー氏の右隣にカーン選手が!?

http://blog.livedoor.jp/kohhy_pajero/


※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ