2006/7/5

W杯、準決勝…イタリア対ドイツ戦(親友中田選手に贈るゴール他)  サッカー&ワールドカップ・ドイツ大会

ドイツにとって魔の時間が、延長戦の終了間際にやって来た。後少し、後僅かの時間、守りきれば、PK戦に持ち込める。PK戦になったらドイツが有利だろう…。日本時間の5日未明、固唾を飲んでTV観戦をしていた私も、PK戦になるだろうと思っていた。ところがイタリアの思わぬラッキーボーイが、まず延長後半14分、1本目のシュートを決めた。ファビオ・グロッソ…イタリアの28才のディフェンダーだった。この選手は、決勝T、1回戦のオーストラリア戦で、トッティが決めたPKを得た選手だった。このPK判定には疑惑があった。スローVTRで観ると、オーストラリアのDFは、グロッソに触れていないようにも見え、グロッソのシュミレーションではないか?とドイツメディアは、「寄生虫」呼ばわりしていた。しかしそのバッシングを一蹴するかように、グロッソは、試合開始後119分、コーナーキックを浮けたピルロからのパスをドイツのGK、レーマンが止められないのは「もう、ここしかない!」という位置に打ち込んだ。
クリックすると元のサイズで表示します 決定打となったグロッソのシュート。

グロッソは、今大会、190cmという身長を生かした守備力を買われ、リッピ監督はデイフェンダー・左サイドバックとして起用した。所属していたクラブ、パレルモのポジションではMFだった。イタリア代表の中盤にはトッティやピルロを始めとするスター選手が揃い、出番がなかなかまわって来ない故の起用だった。日刊ゲンダイによると、イタリアの現地サッカー記者は、グロッソの事をこう語ったという。「とにかく、よく走るスタミナ満点の選手。若干、スピードには欠けるが、疲れから後半になると足が止まる選手が多い中、先発しても衰えが無い。監督の信頼も厚く、精神的なタフさがある」。来季からセリエAのビッククラブ、インテルへ、DFとしては破格のオファーでの移籍が決まっているそうだ。リッピ監督に見出されて、イタリアの頑強なDF『カテナチオ』(閂…かんぬき)に起用されたグロッソは、そのリッピ監督の目の前で、恩返しを果たした。
喜ぶグロッソ(中央)とデルピエロ(右) クリックすると元のサイズで表示します

また、121分、試合終了直前のロスタイムに追加点を入れた、デルピエロは、先日の引退表明で日本サッカー界を揺らした中田選手の、元同僚であり、親友でもあるそうだ。プロレス好きで親日家のデルピエロは、頻回に中田選手と食事会をしたほどの仲らしい。デルピエロ所属のユベントスは、同日、セリエAで発覚した不正疑惑に関連し、イタリアサッカー協会の規律委員会が、ユベントスの三部リーグへの降格を申請したばかりだ。監督のリアルマドリー移籍にも伴って、有力選手のユベントス離脱が噂されている。そんな中、デルピエロ自身は、「ユベントス残留」を表明しているという。イタリア代表としては、トッティらの台頭により控えに甘んじる事が多く、この日も途中出場で少ないチャンスを生かした。様々な思いを込めたこのゴールは、ドイツを去った親友・中田選手に届け…とばかりに放ったシュートだったに違いない。

一方、2大会連続の決勝進出を逃したドイツだったが、地元開催の責任を充分に果たすべく、今大会を盛り上げてくれていると思う。この試合も前後半、延長戦に渡って、バラックを中心に中盤を支配し、イタリアの多彩な攻撃の目を摘んで来た。大会前、不安視された若いDF陣も落ち着いたボール処理でゴール前を守った。そして何と言っても、守護神・レーマンの活躍が光った。試合中、決定的なイタリアのチャンスに、NHKのBS解説者が「また、レーマン、またレーマンに阻まれました」と何度も叫ぶシーンがあった。レーマンのプレーには、欧州チャンピオンズリーグで、所属チーム、アナーセルを準優勝へと導き、あのカーンを押しのけてレギュラーになった自信が漲っていた。今でも目を閉じるとレーマンの好守の数々は、その一つ一つのシーンが浮かぶ程に、目に焼きついている。
クリックすると元のサイズで表示します 奮闘空しく破れ、項垂れるレーマン。

今大会のドイツは試合をする毎に、チームとして、まとまって来たように思った。前評判はけっして高くなく、その内部事情は、複雑だった。この試合先発した2トップのポドルスキとクローゼは、共にポーランド出身。オドルコンらアフリカ出身の選手もいる。主将のバラックは、旧東ドイツ出身で、『多国籍軍』とも報じられ、主力となる旧西ドイツ選手らとの溝が埋まっていないとされていた。しかしドイツは、東西の力を結集して開催された今大会の成功を物語るような活躍だった。試合後、ピッチに倒れこむ選手達一人一人に声をかけて励ます、クリンスマン監督の姿が印象的だった。クリンスマン監督は、インタビューでこう答えた。「…前略。大会を通じて、情熱的で攻撃的なプレーを続けたチームを、誇りに思っている」。是非3位決定戦でも、進化し続けるドイツチームの姿を観たいと思っている。
1人1人の選手に声をかけるクリスマン監督クリックすると元のサイズで表示します

◎追記
この試合、第4、第5審判として登場した、日本の上川氏と広嶋氏の姿がTVの画像の中に映し出された。主審として笛は吹けなかったものの、とても名誉な事と感動した。日本のメディアでは、予め彼らの情報について、皆無だったのは残念だが、この経験を日本サッカー界に反映して欲しい…と願っている。
0



2006/7/7  20:04

投稿者:ほたる


>イタリアがドイツに勝ったとき「ブルーノ、やったぞ」って叫んでる人がたくさん居ました。これは、イタリアの南チロルに住んでたブルーノ君が家出して、ドイツ国内で射殺されちゃったから。

ほうっ。水面下?でそんなお話があったのですね。

>でも、このブルーノ君はかなりの不良少年。行く先々で悪さをしてたの。それで、アメリカから捜査の専門家を呼んだりしても、なかなか捕まらなかったけど、6月の中旬に交通事故に遭って怪我をしたブルーノ君。ついに6月26日に射殺されちゃったの。

えーーっ、怪我してた人を射殺したの?それは射殺の刑だったのかしら?

>可哀想〜 イタリアでは「何も殺すことはないのに」って大ブーイング。

確かに。捕まったのだから、殺さなくても。。。

>それでドイツに勝ったとき「ブルーノ、やったぞ」って、まるで敵討ちしたみたい。

こんなお話…スピンさんが書いてくれないと、日本じゃ誰も知らないと思いますよ。

>でもねぇ…ブルーノ君のフルネームは「オルソ・ブルーノ:Orso Bruno(茶色熊)」、ブルーノ君は森の熊さんだったの。
ドイツの人も検察に「ブルーノを撃った犯人を出せ」って、すごい騒ぎみたい。

えっ?じゃあ、警官とかが射殺したんじゃないのかしら?
ドイツも銃って結構一般人が持っているものなの?(すみません。無知で)

>と言うのも、ドイツ辺りで熊さんが出たのは170年ぶりなんですって。この大騒ぎに恐縮したドイツの人「今度、小熊がドイツに来たら大切にします」だって。

そんな事言われても、茶化されているだけの気がして、
イタリア側は、怒るでしょう。。どんな事も目には目を…では、エンドレスだよね。
誰かが止める勇気を持たないと。。うーーん。北の国の人達に聞こえないかなぁ。。

>そうそう、上川審判3位決定戦の主審やるんでしょ?すごいわぁ

はーーい。ありがとう。丁度ブログ書き終えてUPした所にコメント…嬉しかったです。

スピンさん、、、とってもとっても、ありがとうっ♪
上川さんについて…というか、今大会の審判について、書こうと準備してたので、
今日UPしました。また、読んで頂けて感想を書いて下さったら嬉しいわ〜。


☆スピンさんへ No2

2006/7/7  20:02

投稿者:ほたる

スピンさん、嬉しいで〜す♪上川さんが、主審を務められるなんて!
スピンさんが、何処かで主審が出来るといいね…と書いてくれた時、
決勝Tになってから、控え審判ばかりだったので、殆ど諦めてましたよ。

>フランス勝ちましたね。ファイナルの応援、困ります。

はい。感動的な試合が続きますね〜。

>おばあちゃんを立てればイタリアの友だちが立たず、イタリアの友だちを立てれば、おばあちゃんがションボリ。これは「どっちも頑張れ」しかないですね。

ふふっ。ホントですねぇ。私も双方頑張って欲しいです。
カンナバロさんの地味ながら身を呈した守備も光ってて、良いですし。
ジダンさんの有終の美を飾ってあげて欲しいし。。複雑です。。

>今日、街を歩いてたら「ドイツ人観光客はピッツァ無料」って店がありました。

えーーっ。イタリアでドイツの人がピザ、無料なんて、凄い発想ですね。

>これは「フリンクスが欠場になったのはイタリアのせい」ってドイツでピッツァのボイコットやったから、そのお返しなんだって。

あらら、ちょっぴり嫌味のお返しなのね〜。
でもね、FIFAの会長さん、失言が多すぎたり、FIFA側が後で審議したり、
変だよね〜。せっかく大変な思いをして審判になった人達を信じないと。。

>ルッコラ(緑)・モッツァレラ(白)・トマト(赤)のイタリアンカラーになってて、ちょっと美味しそう。だからドイツ人観光客に大人気…でもなさそうです。

おーーっ。美味しそう。モッツァレラ好きですよん。
日本人も、無料にしてくれないかなぁ。
(出来れば、名古屋のイタリア村あたりで…)


☆スピンさんへ No1

2006/7/7  19:41

投稿者:ほたる

KEYさん、こんばんはでしょうか?コラムのご紹介、ありがとうございました。

>ドイツ戦のことを思い出すとまだ悔しいです。

そうですねぇ。私もイングランド戦を思い出すと。。くくっ。。です。

>3位決定戦も見届けなきゃ。

明後日の未明ですね。また、早寝して(ううっ夜まで仕事で出来るかな?)
是非、生で観戦したいと思います。
思わず、ブログの記事にもしてしまいましたが、
上川さんが、主審を務められるので、審判にも注目です。
KEYさんも、凛として良いジャッジが出来るように、願ってあげて下さい。

>しかしグロッソのゴールには本当にがっくりきました。
名前の通り、本当に「大きな」一撃でしたね。

ああ、グロッソ…って大きい…という意味なのですね?
終了間際で、ホント、衝撃でしたねぇ。
GK、レーマンも反応していたのですが、指先をかすったそうです。
レーマンはきっとその感触が忘れられないでしょうね。
ドイツファンに人達も、あのシーンは、忘れられないですよね。

>ヤフーのニュースには「デルピエーロが決めた!イタリア決勝へ」と見出しにありましたが、私はなにいってんだ違うだろ!と思いました。

いいシュートでしたが、駄目押し…という感じでしたね。

>ところで秀逸なサッカー・コラムのリンクを二つばかりご紹介します。

ありがとうございます。

>情報通のほたるさんのことですから、すでにご覧になっているかもしれませんが、念のため。かなりいい記事だと思います。

私は、ヤフーのコラムとかは、殆ど読んでいなかったです。
友達から抜粋して送ってもらった記事のみ、読んでいました。
なかなか面白いですね。
ICE列車の中の会話は、有りそうで、落ちも面白かったです。
重なりますが、ありがとうございました。


☆KEYさんへ

2006/7/7  19:40

投稿者:ほたる

こひ〜さん、御仕事お疲れ様です。今日、またHRバーを買って来ましたよ〜。

>延長後半14分・・・
ドイツにとっては魔の時間でしたね。

当り前の事ですが、一瞬たりとも気が抜けないですね。
「うわっ」と思わず、声を出してしまっていました。

>でも、デルピエロのふわりと浮かせたシュートは、ゴールに吸い込まれるようで綺麗でした。

終了間際でしたね。イタリアのボールを奪ってのカウンターから。。
こういう点の取り方を、日本も見習ってほしいですね。


☆こひ〜さんへ

2006/7/7  2:54

投稿者:スピン

Ciao!ほたるさん

フランス勝ちましたね。ファイナルの応援、困ります。おばあちゃんを立てればイタリアの友だちが立たず、イタリアの友だちを立てれば、おばあちゃんがションボリ。これは「どっちも頑張れ」しかないですね。

今日、街を歩いてたら「ドイツ人観光客はピッツァ無料」って店がありました。これは「フリンクスが欠場になったのはイタリアのせい」ってドイツでピッツァのボイコットやったから、そのお返しなんだって。ルッコラ(緑)・モッツァレラ(白)・トマト(赤)のイタリアンカラーになってて、ちょっと美味しそう。だからドイツ人観光客に大人気…でもなさそうです。

イタリアがドイツに勝ったとき「ブルーノ、やったぞ」って叫んでる人がたくさん居ました。これは、イタリアの南チロルに住んでたブルーノ君が家出して、ドイツ国内で射殺されちゃったから。ブルーノ君のママのコメントは発表されてないけど、多分「うちの子は何にも悪いことしてないのに…」って感じかな?
でも、このブルーノ君はかなりの不良少年。行く先々で悪さをしてたの。それで、アメリカから捜査の専門家を呼んだりしても、なかなか捕まらなかったけど、6月の中旬に交通事故に遭って怪我をしたブルーノ君。ついに6月26日に射殺されちゃったの。可哀想〜 イタリアでは「何も殺すことはないのに」って大ブーイング。それでドイツに勝ったとき「ブルーノ、やったぞ」って、まるで敵討ちしたみたい。でもねぇ…ブルーノ君のフルネームは「オルソ・ブルーノ:Orso Bruno(茶色熊)」、ブルーノ君は森の熊さんだったの。
ドイツの人も検察に「ブルーノを撃った犯人を出せ」って、すごい騒ぎみたい。と言うのも、ドイツ辺りで熊さんが出たのは170年ぶりなんですって。この大騒ぎに恐縮したドイツの人「今度、小熊がドイツに来たら大切にします」だって。
♪ある〜日、森の中 熊さんに出会った♪と言うことでまたね、ちゃお♪

そうそう、上川審判3位決定戦の主審やるんでしょ?すごいわぁ



2006/7/6  23:48

投稿者:KEY

ほたるさんこんばんは!

ドイツ戦のことを思い出すとまだ悔しいです。
3位決定戦も見届けなきゃ。

しかしグロッソのゴールには本当にがっくりきました。
名前の通り、本当に「大きな」一撃でしたね。

ヤフーのニュースには「デルピエーロが決めた!イタリア決勝へ」と見出しにありましたが、私はなにいってんだ違うだろ!と思いました。

ところで秀逸なサッカー・コラムのリンクを二つばかりご紹介します。

情報通のほたるさんのことですから、すでにご覧になっているかもしれませんが、念のため。かなりいい記事だと思います。

ドイツvsイタリア戦のコラム。By 中田徹氏
http://sportsnavi.yahoo.co.jp/soccer/wcup/06germany/column/200607/at00009802.html

ドイツの列車ICE(イーツェーエー)車内でのイングランド・ファンの会話 by ジェレミー・ウォーカー氏
(彼の記事はすばらしいの一言です)
http://wc2006.yahoo.co.jp/voice/column/jeremy/at00009801.html

ではまた〜





http://blogs.yahoo.co.jp/hiroshikey66

2006/7/6  23:14

投稿者:こひ〜

延長後半14分・・・
ドイツにとっては魔の時間でしたね。

でも、デルピエロのふわりと浮かせたシュートは、ゴールに吸い込まれるようで綺麗でした。

http://blog.livedoor.jp/kohhy_pajero/

2006/7/6  15:27

投稿者:ほたる

まこさん、こんにちは。コメント欄、開けられたのですね。
スパムは落ち着いたでしょうか?
また、ゆっくり伺わせて頂きま〜〜す。

>中田選手の公式サイトに書かれた自身の独白を読みました。さすが中田選手だと思いました。

そうですね。欧州で買手がない…という厳しい見方もあるようですが、
自分の考え方を持ち、サッカーへの想いをプレイヤーとしてでなく、
新たな道で表現して行ってくれそうで、今後の活躍ぶりが楽しみです。


>ジーコ監督の次の監督、日本のサッカーにかなり辛口のコメントを寄こしていますね。

はい。オシムさんですね。彼は確かボスニア生まれで、
厳しい状況下で、監督として成果を上げて来た方ですね。


>「日本はサッカーに強い国ではないのだ。どうも日本人は自分の国が強いと誤解している」。

私も同感です。
今大会へ参加した選手達は、確かに良い選手が揃っていましたが、
けっして強くは無い。その上、戦術がなくては勝てないと感じました。

>かなり反発があったでしょうね。でも事実だと思いました。

仰るとおりです。準決勝の試合ぶりを観ても、スピードも力も技も違います。
○ーコ監督は、目標は4強…って仰ったけど、何を根拠に…と思いますよね。

>若手の起用が裏目に出たと書いてある記事も読みましたが、

体格差があったとか、色々言い訳が書かれていますね。
それに、若手と言っても22才以下の代表はいないですし。。
まずは、自国のメディアが、敗因を検証する事を促さないと、
日本サッカー界の未来は、明るくないと思います。
私は、サッカー協会の幹部総入れ替えくらいして欲しい気持です。


>これに反発することなく発奮材料として頑張ってほしいものだと思います。

はい。Jリーグが出来て、まだ10余年なのですから、
もう1度、謙虚になって、立て直して欲しいです。
このような意味でも、辛口のコメントを言われた
オシム監督就任は、有り難いニュースだと思います。

☆楽貧まこさんへ

2006/7/6  8:55

投稿者:楽貧まこ

中田選手の公式サイトに書かれた自身の独白を読みました。さすが中田選手だと思いました。

ジーコ監督の次の監督、日本のサッカーにかなり辛口のコメントを寄こしていますね。「日本はサッカーに強い国ではないのだ。どうも日本人は自分の国が強いと誤解している」。かなり反発があったでしょうね。でも事実だと思いました。若手の起用が裏目に出たと書いてある記事も読みましたが、これに反発することなく発奮材料として頑張ってほしいものだと思います。

http://rakubin.exblog.jp/


※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ