2006/7/6

W杯、準決勝・ジダンとフィーゴ…ライバルの存在に思う事  サッカー&ワールドカップ・ドイツ大会

試合終了の瞬間、ジダンは、かすかに微笑んだ。チームメイトがジダンを取り囲んで祝福の輪が出来た。スタンドのファンからは、フランス国歌「ラ・マルセイエーズ」が流れ「シズー」(ジダンの愛称)コールが起きた。そして流れて来た「オーシャンゼリゼ」の曲を聞きながら、ジダンは、元レアルの盟友でありライバルでもあった、ポルトガルチームのフィーゴの元へ向った。フィーゴとは、互いにキャプテンとして、試合開始前にも健闘を誓い合った。傍に行くと、フィーゴがジダンを抱き寄せ、何かを囁いている様子だった。ジダンはフイーゴの背中をポンポンと叩き、ユニフォームを交換すると、そのままフィーゴのユニフォームを着て、観客席の方角に向って歩き出した…それは正に威風堂々とした姿だった。
クリックすると元のサイズで表示します フィーゴのユニフォーム姿のジダンとドメスク監督。

準決勝のフランス対ホルトガル戦は、両雄譲らず0対0のまま、前半33分、フランスのFW、アンリが、自陣のペナルティエリアで、ポルトガルDFのカルバーリョに足をかけられて倒され、PKを得た。そして、ペナルティスポットに向ったのはジダン…。ポルトガルのGK、リカルドは準々決勝のイングランド戦で、大会新記録となるPKのセーブを3本成功させていた。それでも臆せずジダンは短い2歩の助走を取り、シュートを放った。リカルドも反応したが、ボールはゴール左へと突き刺さった。結果この得点が決勝点となった。ジダンにとってA代表107試合目のこの得点は、記念すべき30得点目になった。既にイエローカードを1枚持っているジダンは、もう1枚出されると次の試合に出られなくなる。しかし、そんな恐れなど微塵も感じさせず、攻撃だけでなく、守備に於いても体を張ってゴール前を守り抜いた。
互いに讃えあう、ジダンとフィーゴ。 クリックすると元のサイズで表示します 

振り返ると昨年初秋、代表引退をしていたジダンは、ビエラとマケレレから、復帰を要請され、DFのティラムと共に、「レ・ブルー」(フランス代表の愛称)のユニフォームに袖を通した。自分達を慕ってくれるチームメイトの気持と、フランスのW杯出場も危ぶまれるピンチに、復帰を決意したのだ。2人はこの大会を最後に現役引退を決意しているが、一試合一試合重ねて行くうちに、成長していくチームにあって、結局最後の試合までピッチに立つ事が可能となった。昨秋、ジダンが代表復帰すれば自分が控えになる可能性が高くとも、自分よりチームの事を優先し、ジダンに復帰を依頼した、ビエラとマケレレの心根も讃えたい。そしてこのポルトガル戦、MOM(マンオブザマッチ)に選ばれたのは、ジダンと共に復帰したティラムだった。特に後半、ポルトガルの猛攻を防ぎきった功績が評価されたのだ。ティラムは今大会中、W杯最多出場を更新し続けている。
クリックすると元のサイズで表示します ジダン不在中キャプテンを務めたビエラと、感涙にむせぶティラム。

ティラムは、チームの決勝進出決定と、自身がMOMに選ばれた喜びを「代表へ復帰して良かった。34才の私が、W杯を見てその美しさに感動している10才の子供のような気持になっている。決勝戦は今大会が始まる前からの目標だった。」とインタビューで語っていた。更に「決勝の舞台には、夢がある。だから逃したくなかった。もし逃していたら悪夢になっていた」とも語った。8年前の優勝に貢献した、試合運びのコンダクター、ジダン。そして、守備の番人、ティラム…。2人は既に4年前の屈辱を晴らし、決勝戦へと駒を進めた。そして2人の有終の美は、決勝戦の地、ベルリンで、その集大成として飾る事となった。

また、前記した2人と共に、8年前の優勝を経験しているGKのバルテスもここに来て、神がかりな守備を披露した。後半33分、FKを得たC・ロナウドは、不規則な回転をかけてゴール前に飛ばした。そのボールはゴール前で急降下する魔球のようだった。咄嗟にバルテスは、バレーボールのようなレシーブ体勢ではじき、つめていたフィーゴの強襲もバーの上に逃れた。蹴ったC・ロナウドも、ヘディングで反応したフィーゴも見事だったが、バルテスのセーブにも魅了された。しかし、このバルテスも代表入りはしていたものの、昨年2月の親善試合でモロッコの審判に唾を吐き、6ヵ月の出場停止処分になって居り、その間代わりにゴール前を守ったクペが、W杯予選4試合を1失点で切り抜け、国内の評価を高めてしまった。
試合終了後、歓喜のバルテスクリックすると元のサイズで表示します

その後はドイツの「レーマンとカーン」のように正GK争いを繰り広げて来たのだ。フランス国内のサッカー誌のアンケートで、支持率はクペが上回り、正GKにドメスク監督の指名後は、ミスをする度に酷評を受けて来た。だが、逆風を受ける事で強くなったバルテスは、経験に打ち出された落ち着いたセービングで、世界の頂点へ後1試合までと迫った。バルテスはクペから「一緒に頑張ってW杯で勝とう」と励まされて今大会に臨んだ。カーンの激励を受けたレーマンにも思ったが、互いに切磋琢磨して競い合ったライバルの励ましの言葉こそが、ファインプレーへと結びつく原動力になるのかもしれない。(photo by AP)

日刊スポーツの記事によると、上川氏広嶋氏共に3位決定戦の審判に決定したそうだ!
嬉しいです。審判については、また後日書きたいです。
0



2006/7/7  20:38

投稿者:ほたる

じんさん、お祈りの短冊を書こう…と思っていましたが、
願いが叶って嬉しいです。

>上川氏広嶋氏共に3位決定戦の審判に決定、
よかったですね。

はい。ありがとうございます。
上川さんの努力と苦労を見たり調べたりして来た私は、
決勝Tで主審を務めて欲しい…それだけが、願いでした。

>星に願いを、今日は七夕様、ほたるさんの望みが叶いましたね。

もう、お金持ちになりたいとか、のんびり旅行に行きたいとか、
贅沢は言いません。(笑)頑張ってまた1年間働こうっと。。

>ほたるさんの両氏への熱い想いに、拍手です。

熱すぎて火傷しそう…でしたね。
ずっと控え審判ばかりで、諦めかけていましたが、
でも最後の最後で、願いが叶って嬉しいです。

>あ〜、でも絵に描くのが難しい。

すみませ〜ん。もう誕生日には蛍の「え」を頂きましたし、
これ以上、お気になさらないで下さいね。お願いします。。


☆じんさんへ

2006/7/7  20:31

投稿者:ほたる

JUNさん、W杯が1年間くらいやってて欲しいって思われてますよね。
いよいよ決勝ですが、もう終わりって思うと、淋しいですね〜。

>この試合、展開がとても早く、密度が濃くて最後まで迫力のある攻防
で、楽しませていただきました。

確か、渡米直後のWさんと一緒に大きな画面でご覧になったのですね。
あれ?それは、イタリア戦でしたっけ?間違っていたらごめんなさい。。

>でも、ずっと目が離せずにいたためか、終わってから、どーっと疲れました。

目に浮かびます。私も、緊迫した時々とか息を止めてたりします。
ふうーっ、って酸素が欲しくなりますよね。

>ボールさばき、組織的な攻守、フィジカルの強さ、攻守の緩急、どれ
をとっても凄いなーと思いました。

ご自分もサッカーをなさっていたので、技術的な事はよくお解りですね〜。
私も、ブログを書きながら観ているので、大分勉強になりました。
もう少し若かったら、女子サッカーなんかしたくなったりして。。

>これだけの名選手たちが4年に1回のチャンスに、死に物狂いでプレーする姿を堪能できるというのは、幸せです。

ジダンさんもきっとフィーゴさんも、今大会で最後ですよね。
淋しい限りですね。今大会若手の台頭に期待していましたが、
結構、ベテラン選手が活躍しましたね。後ディフェンス陣…。
泣いても笑っても後2試合…しっかりと見届けたいです。

>手を抜いているように見えても要所をしっかり取り仕切っていたジダンや、チャンスにことごとく登場していたフィーゴ、

ジダンさんは、ボディバランスが素晴らしいですね。
フイーゴさんのシュートは「惜しい!」と叫んだシーンが何度かありました。

>ともに年齢的にスタミナが心配された中、存在感のあるプレーを見せ
てくれて満足です。

もう1試合ずつ、観られるのもベスト4ならでは…幸せですね。
日曜日のお出かけ予定は、どうなさるのかしら?←意地悪です。

>3位決定戦で笛を吹く上川さん、凄いですね。プレーを味わう以外に、上川さんの試合裁きを見れるなんて最高ですね。

はいっ!本当に嬉しいです。明日は、仕事が(夜もありますが)
終わったら、即眠って、早朝起きて、絶対生放送で観ます。
でも、もしかしたら、わくわくして、興奮して眠られないかもしれないです。

困りもの。。


☆JUNさんへ

2006/7/7  20:15

投稿者:ほたる

みきさん、とりあえず、テポドン…今は止まってます。
今度は、異議を唱えた日本に対して怒って居られます。
相手にしないのが一番なのだけど、そういう訳にはいかないのですかね。

>一度引退していたジダンがここまで活躍するとは驚きでした。

はい。試合を重ねるごとに、活躍が光りましたね〜。
普段は、別々のチームでプレイしている選手達だから、
ジダン選手の、リーダーシップが、素晴らしいのだと思います。

>だけど、ユニフォーム交換はちょっと汗臭そうで苦手です(笑)。

交換後は、後でお洗濯するのでしょうね。
ジダン選手は、フィーゴ選手への敬意を表して、躊躇わず着ましたが、
ちょっと絞ってから着てもいいのでは?と下世話な事を思っちゃいました。


☆みきさんへ

2006/7/7  20:10

投稿者:ほたる

楽貧まこさん、こんにちは。3位決定戦、観られたら観て下さいね〜。

>あー、私、このユニフォーム交換すごく好きなんです。取り換えっこしても着たくはないでしょうが、、、(笑)

いい光景ですよね。だも確かに、汗でぐっしょり…着たくはないですね。

>女性にはできない光景ですよね。って当たり前ですね。はい。

あははっ、やっちゃったら恐いよね〜。
でも日本チームの選手達みたいに、
アンダーシャツを着ていたら、可能かも?
でも、外国選手は素肌に着ている人が多いですよね。

☆楽貧まこさんへ

2006/7/7  14:33

投稿者:じんです

上川氏広嶋氏共に3位決定戦の審判に決定、
よかったですね。

星に願いを、今日は七夕様、ほたるさんの望みが叶いましたね。
ほたるさんの両氏への熱い想いに、拍手です。

あ〜、でも絵に描くのが難しい。






2006/7/7  12:19

投稿者:JUN

この試合、展開がとても早く、密度が濃くて最後まで迫力のある攻防
で、楽しませていただきました。でも、ずっと目が離せずにいたため
か、終わってから、どーっと疲れました。

ボールさばき、組織的な攻守、フィジカルの強さ、攻守の緩急、どれ
をとっても凄いなーと思いました。これだけの名選手たちが4年に1
回のチャンスに、死に物狂いでプレーする姿を堪能できるというの
は、幸せです。手を抜いているように見えても要所をしっかり取り仕
切っていたジダンや、チャンスにことごとく登場していたフィーゴ、
ともに年齢的にスタミナが心配された中、存在感のあるプレーを見せ
てくれて満足です。3位決定戦で笛を吹く上川さん、凄いですね。プ
レーを味わう以外に、上川さんの試合裁きを見れるなんて最高です
ね。

2006/7/7  10:37

投稿者:みき

一度引退していたジダンがここまで活躍するとは驚きでした。
だけど、ユニフォーム交換はちょっと汗臭そうで苦手です(笑)。

http://diary.jp.aol.com/aujzpye6s4d2/

2006/7/7  9:32

投稿者:楽貧まこ

あー、私、このユニフォーム交換すごく好きなんです。取り換えっこしても着たくはないでしょうが、、、(笑)

女性にはできない光景ですよね。って当たり前ですね。はい。

http://rakubin.exblog.jp/


※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ