2006/7/7

上川徹主審、決勝Tで笛…9日・ドイツ対ポルトガル3位決定戦  サッカー&ワールドカップ・ドイツ大会

国際サッカー連盟(FIFA)は6日、W杯ドイツ大会の3位決定戦のドイツ−ポルトガルの審判員を発表し、日本人審判員の上川徹氏が主審を、広嶋禎数氏が副審を担当する事にが決まった。上川氏は、日本人初の決勝トーナメントのレフリーとして、現地時間の8日、シュツットガルトのピッチに立つ。上川氏はW杯開催前から、決勝Tで笛を吹くのが夢だと熱く語っていた。先月28日、決勝Tで担当する可能性の無い帰国審判も発表になり、残った上川氏らは、自信を持って毎日の発表を待っていたが、回ってくるのは第4・第5審判だけだった。上川氏は、インタビューで「わくわくしながら待っている。いつでも準備してはいる」と話していたが、控え審判ばかりで、この先、出番はないかとも思っていた。思えば準決勝のイタリア対ドイツ戦での第4・第5審判の割り当ては、目の前の試合で敗れたチームが3位決定戦へと回るゆえ、そのチームを観察出来る絶好の機会だ…。あれはこの発表への序章だったのかもしれない。
クリックすると元のサイズで表示します イングランド対トリニダード・トバコ戦
開始前の上川氏と広嶋氏。


さて今大会の審判団は、ここまで62試合を消化して来たが、前回大会に比べるとレベルの向上が明確に伺えるようだ。細やかなミスはあったにしても、オフサイドやゴールシーンをめぐって物議を呼ぶ判定は少なかった。これには、FIFAが今大会から導入したレフリープロジェクトが功をなしていると思われる。当ブログ内で「もう1つのW杯…」として上川氏の記事でも書いたが、従来の選抜起用システムを大きく変更し、大会の1年半前から、研修と選考試験を行い、各種の大会で追跡調査も重ねた上で、各大陸から選抜された主審23名、副審46名の精鋭を採用した。日韓大会までは、200に近い加盟国から、広く主審と副審を招集し、一次リーグでは試合を均等に振り分けた為、力量の差が出来、判定にもばらつきが出た。日韓大会では36人いた主審も今大会では最終テストに合格した23人のみに絞り、少数精鋭とした。

また、同一国か、同大陸出身の主審1人と副審2人が1つのチームを編成したのも今大会初の試みだった。上川氏は、日本の広嶋氏と韓国の金氏と組み、予選リーグ2試合を担当した。複数の知らない審判と組むことによる気疲れや不安感が無くなり、意志の疎通が円滑になっていたという。上川氏は「お互いが補え合える」と言い、広嶋氏は「言葉も通じるし、普段から一緒にやっているので、あうんの呼吸が作れている」と話している。この主審と副審の会話にも、初の試みとして小型マイクとイヤホンを導入され、試合中の情報交換が可能となった。実際に上川氏らが担当したイングランド対トリニダード・トバコ戦で、FKの位置取りの確認をしている上川氏の背後でちょっとした選手間の小競り合いが起きた際、広嶋氏が無線を通して連絡、選手のヒートアップを未然に防いだ。
毅然とランパードにカードを切る上川氏クリックすると元のサイズで表示します

更に勝っているチームの露骨な時間稼ぎは、相手チームの苛立ちを煽り、一触即発の危険性が伴うとし、この遅延行為には厳重な処分が徹底された。この事によって怪我人が減少しただけでなく、試合のスピードアップにも繋がった。副審の広嶋氏の談話によると、サッカーで最も論争が起きるオフサイドの判定も、誤審が明らかに減ったという。年々向上して来た選手達の技術とスピードアップに伴って、オフサイドラインの突破も巧妙化して来た。審判(副審)の重圧も増してはいるが、審判の力量が上がって来ているのも事実だそうだ。

中日新聞の小杉記者は、優れた主審には「嗅覚も優れている」と書いている。優れたストライカーもボールが何処に出てくるか?を嗅ぎ分ける嗅覚があるというが、優れた主審も、選手がわざと倒れこんで相手の反則に見せかけるシュミレーションを見分け、これに伴う小競り合いを防いでいるというのだ。勿論ボールに近い位置でプレーを判定するには、次はどの選手にバスされるか?というような試合の流れを読む必要があるのだ。決勝Tの審判として残った12名の主審と、24名の副審達は、フランクフルトの郊外で、試合で想定されるシーンを再現して対処法を磨くテクニカルトレーニングを繰り返しているという。上川氏も広嶋氏も43才。45才定年制の審判では、最後のW杯となる。2人がジャッジするW杯最後の試合が、開催国ドイツとポルトガル戦だという事にも、大きな意味と敬意を感じる。
クリックすると元のサイズで表示します フランクフルト郊外で、トレーニングを積む上川氏。

ドイツ対ポルトガル戦。ポルトガル絡みでは、対オランダ戦で16枚のイエローと4枚のレッドカードが出された試合もあり、激しい試合になると予想される。また、イングランドのルーニーが一発退場になった件で、C・ロナウドが、ルーニーを挑発、退場後は「してやったり」とばかりにウィンクをした映像が流された為、フランス戦でも、C・ロナウドには大ブーイングが起きていた。上川チームが担当する3位決定戦では、地元ドイツ相手…。ブーイングは更に拍車がかかるだろう。異様な雰囲気の中のジャッジは、けっして容易ではない。しかしどんな罵声や中傷の声にも打ち消される事の無い、大きく響き渡る笛の音と、凛とした態度での試合コントロールを期待したい。この3位決定戦は「日本にとってW杯は終わった」というイメージを吹き飛ばすような、上川氏らの活躍ぶりが楽しみである。上川氏の吹くホイッスルが日本サッカー界の未来へと届くように…。

↓「主審を務める上川徹氏…もう1つのW杯の戦い」↓
↓他、上川氏関係の記事(トラックバックの記事へ)↓
0



2006/7/8  22:55

投稿者:ほたる

スピンさん、こんにちは〜。いつも詳しくて貴重な情報をありがとう♪

>今日、知合いのイタリアの新聞社の人に聞いたら、BEST4が決まった時に「上川が主審をやる可能性は50%以上だった」って言ってました。

ほうっ!凄い!
イギリスのサッカー誌でベストレフリィに選ばれてるってお話は
ニュースで聞いていましたが、ずっと控え審判だったので、難しいかな
って思ってました。

>お話の内容をなるべく正確に書くと、こんな感じです。

翻訳して下さってありがとう。

>『BEST4に残ったのはヨーロッパチームだけだから、12組の審判のうち、UEFAの審判6組は外されて残りの審判は6組。この内、アフリカ審判のレベルはちょっと低いから外されて、残りの審判5組に対して残りは4試合。

なるほど。。去年のコリーナさんは、
欧州チームがいても特別だったのですね。

>FIFAの評価が高い中米と南米の審判3組が残り4試合のうち3試合の主審をやるのは決まっていた。だから、残り1試合の主審をやるのはアジア(日本)かオセアニア(オーストラリア) でも、アセッサーの評価が高いのは日本の上川組だから、上川が主審を務める可能性は50%以上だった』

そっか、そういえば、決勝は確か開幕試合もジャッジした
アルゼンチンの主審の方?ですよね。

>ん〜、分かったかしら?説明が下手でゴメンなさい。要するに「選ばれて当然だ」ってことでした。

ありがとう。私の頭でも…よく解りましたよ。

>さっきスパイラルと話をしてたら「良い審判ってどんな人?」って話になって、『審判はゲームを変えることなく、全ての人が納得できるようなゲームにすることが必要。でも、もっと必要なのは、優れた選手たちを危険なプレーから守る事』ってスパイラル。

こんなに短い言葉で、纏められるって凄いっ!

>「たまには良いこと言うじゃない」って言ったら…
『…と、コッリーナさんが話してた』だって。

…落ちがあったのですね。でも、コリーナさんの言葉を覚えて居られる
だけでも、凄いですよ。やっぱ、スパイラルさんは只者ではない!です。

>あとは『審判も人間だから多少の誤審は有るけど、一番いけないのは誤審を別の意図的な誤審によって両チームのバランスを取ろうとすること』なんて言ってました。

なるほど。。心情は解りますが、誤審に誤審を重ねてしまいますものね。


☆スピンさんへ No1

2006/7/8  22:33

投稿者:ほたる

しのいちさん、御仕事、お疲れ様でした。

>上川主審、ジャッジが好評でしたからね。

はい。特にポーランド対エクアドル戦は、
無線機が壊れていたにも関らず、冷静なジャッジで好評だったようです。
イングランド戦では、ホイッスルと同じような笛を吹いているサポーター
がいて、ベッカムから「もう少し大きく吹いて欲しい」と要請があったとか。。
今度の試合は、開催国という事で、大歓声でしょうから、
きっとその辺りも気を配られると思います。

>でも3位決定戦での起用には驚きとうれしいですね。

はい。一旦控えに回ってしまっていたので、ちょっと心配でした。

>ちなみにドイツはカーンがゴールを守るらしいですよ。

レーマンも同意した上で…だそうですね。彼の勇姿が観られて楽しみです。
ドイツを応援する方達からしたら、
カーンがあまり写らない試合運びが、出来たら良いのでしょうけど。。

>明日仕事だけど、見なきゃなあ。

ある意味、記念すべき試合です。是非、ご覧になって下さいね。。

☆しのいちさんへ

2006/7/8  22:25

投稿者:ほたる

ぼくあずささん、おはようございます。また、ドイツの応援に力が入りますね。

>日本人審判員がドイツ対ポルトガルの三位決定戦を担当、フリューレン村民は一安心。

そうですね。的確なジャッジをしてくれると思います。

>後はゲルマン魂を発揮して快勝するのみ。

ポルトガルのフェリペ監督の戦術もなかなかで、手強そうですね。
何でも、「兵法」が愛読書とかです。
クリンスマン監督との対決も楽しみです。

>試合後の貴女の名解説を楽しみにしております。

ありがとうございます。上川さんを中心に観てしまいそうですが、
ここまで来たら、試合巧者ばかり、しっかり楽しみながら観戦したです。
名解説が、迷う方になるかもしれないですが、懲りずに読んで下さいませ。

☆ぼくあずささんへ

2006/7/8  22:15

投稿者:ほたる

KEYさん、上川さんの事、覚えて下さってありがとう。
今頃は、もう早朝の観戦に備えて、お休みになっているかな?

>今週もお疲れ様でした。

ありがとうございます。私の方はお休みまで後1日、頑張ります。

>日曜日の早朝はドイツ戦見ますので、上川さんのことも覚えてきます。

ドイツ、勝てると良いですね。バラックの調子はどうなんでしょう?

>ところでサッカーが佳境で野球どころではないかもしれないですが、明日8日の夜、NHKBSでドミニカの野球に関する番組を放送します。

教えて下さって、ありがとうございます。
私もドミニカの選手達は好きなので、録画させて頂きます。

>あ、そうそう、明日は白靴下と赤靴下の対戦もNHKで放送しますね。「スポーツテレビ観戦週末」になりそうだ・・・

ふふっ。今日は勝ってくれましたね。
明日も勝って、何とか中地区上位チームの勝率を下げて欲しいです。

私も、頂いたコメントのお返事を書いたら、早めに休みます。
また、お待ちしてま〜す。。

KEY?さんですよね。。

2006/7/8  22:09

投稿者:こひ〜

上川さんと広嶋さんで決まったのですね!
第4・5の審判に選ばれるのも凄いことなんでしょうけど、やっぱ主審・副審として走り回っている姿を見れなくてちょっと寂しかったです。
しかも3位決定戦で、でしょ!?
すげぇよ!
日本サッカーより先に、とんでもないレベルに達したということですよね〜

http://blog.livedoor.jp/kohhy_pajero/

2006/7/8  20:58

投稿者:ベビドル

こんばんは、はじめまして。
コメントありがとうございます♪
ドイツ対ポルトガル戦、試合内容も楽しみなこと
ながら、上川主審のレフェリングも楽しみです。
よく考えてみれば試合中走りっぱなしですから
主審も相当体力がいりますよね!
上川さんすごいなぁ。

http://diary.jp.aol.com/m2tfuru/

2006/7/8  14:50

投稿者:じんのじん

決勝トーナメントで笛を吹くことになった上川主審、そして広嶋副審、ぼくら日本人の、そして日本スポーツ界の誇りですね。
もう一人のサムライ達、上川、広嶋両氏に羨望の気持ちを込めて、拍手を贈ります。

白熱した戦いになりそうな明日の3位決定戦、上川、広嶋両氏にとっても最終試合、世界が唸る好ジャッジを期待したいものです。

これでいいのか、どうか、上川さんたちを「え」にしてみました。
遅くなりましたが、トラックバックもさせていただきました。

審判たちのW杯をレポートしてきたほたるさん、
お疲れ様でした。
ほたるさんの記事にも、ボクから拍手を贈ります。


http://jinnojin.jugem.jp/

2006/7/8  13:07

投稿者:みき

主審と副審がコンタクトを取れる仕組みは画期的ですね。サッカーといえば乱闘が付き物って感じですが、無駄な争いが減りそうですね。
サッカーの審判ってスタミナが要ると思うんですが、40代で活躍しているというのはすごいことだと思います。

http://diary.jp.aol.com/aujzpye6s4d2/227.html

2006/7/8  12:39

投稿者:ピュアラ

ありりっ? 見逃しちゃったよぉ・・・ってしくしくしてたんだけど
もしかしてまだ?今日の夜中(ってか早朝)のことだったの?
いまいち日程がわかりにくいぞ(^_^;)

サッカーの審判って、選手と同じ様にトレーニングつまないといけないよね。
走りっぱなしで スタミナいりそう!
普通の42歳おやぢ(きゃー 失言)には 到底出来ないワザかも。
今日の夜中、忘れないように また私の所に警告に?来てちょ(ぷぷ)


http://plaza.rakuten.co.jp/traviata/

2006/7/8  3:11

投稿者:スピン

Ciao!ほたるさん

今日、知合いのイタリアの新聞社の人に聞いたら、BEST4が決まった時に「上川が主審をやる可能性は50%以上だった」って言ってました。お話の内容をなるべく正確に書くと、こんな感じです。

『BEST4に残ったのはヨーロッパチームだけだから、12組の審判のうち、UEFAの審判6組は外されて残りの審判は6組。この内、アフリカ審判のレベルはちょっと低いから外されて、残りの審判5組に対して残りは4試合。
FIFAの評価が高い中米と南米の審判3組が残り4試合のうち3試合の主審をやるのは決まっていた。だから、残り1試合の主審をやるのはアジア(日本)かオセアニア(オーストラリア) でも、アセッサーの評価が高いのは日本の上川組だから、上川が主審を務める可能性は50%以上だった』
ん〜、分かったかしら?説明が下手でゴメンなさい。要するに「選ばれて当然だ」ってことでした。

さっきスパイラルと話をしてたら「良い審判ってどんな人?」って話になって、『審判はゲームを変えることなく、全ての人が納得できるようなゲームにすることが必要。でも、もっと必要なのは、優れた選手たちを危険なプレーから守る事』ってスパイラル。「たまには良いこと言うじゃない」って言ったら…
『…と、コッリーナさんが話してた』だって。
あとは『審判も人間だから多少の誤審は有るけど、一番いけないのは誤審を別の意図的な誤審によって両チームのバランスを取ろうとすること』なんて言ってました。そうそう、スパイラルが「ほたるさんに宜しく」だそうです。

それから、フランスの新聞「ル・フィガロ:LE FIGARO」が“SAYONARA Hidetoshi”って日本語のタイトルで中田選手の引退を結構長い記事にしてました。「ル・モンド」とか「ル・フィガロ」はフランスの代表的な高級紙だから中田さんってすごいですよね。

フランスのジダンだけじゃなくて、イタリアのトッティもイタリアの代表から引退するみたいです。イタリア代表の愛称は「アズーリ:Azzurri」でフランス代表のは「レ・ブルー:Les Bleus」、どちらも意味は「青」だからややこしいです。アズーリはライトブルーみたいな色だけどそれにしてもねぇ。決勝戦では日本語で「青勝て、青勝て。どっちも頑張れ」って応援します。

じゃあ、またね Ciao ciao♪



※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ