2006/7/11

その時、ジダンに何が起きたのか?…その退場劇に思う事  サッカー&ワールドカップ・ドイツ大会

ジダンに何が起きたのか?試合終了後、今までのどの試合とも雰囲気が違っていた。それは決勝戦だからという特別な雰囲気とも、かけ離れていた気がした。双方の選手同士の讃えあいも無く、フランスの選手達には、敗者の重みだけが重く圧し掛かっていたように見えた。敗者と言っても決勝戦…まぎれも無い準優勝国なのだ。しかし、どの選手にも笑顔が無かった。そして表彰式のフランスチームの中にジダンの姿は無かった。更にジダンと共に代表復帰したマケレレは銀メダルを授与後、すぐ外してしまった。私は、今大会、日本の上川主審を追いかけながら、試合を観てきたせいか、選手達の動きは勿論だが、どうしても審判の一挙一動にも目が行ってしまっていた。決勝戦の審判は、アルゼンチンのエリゾント主審…開幕試合も担当したベテランだった。
クリックすると元のサイズで表示します 退場処分となり会場を去るジダン。

この試合、ファールも多かったが、何よりボールと離れた所での選手達の小競り合いが多かった。しかしその為にホイッスルが吹かれる事は少なかった気がした。実際に後半 34分、ジダンはヘディング時にイタリアのカンナバロと交錯し、肩を痛め、一旦ピッチから出た場面もあったが、そのクロスプレーにはノーホイッスルだった。ジダンは痛めた肩の痛みを堪えながら、ピッチに戻りプレーを続けていた。そして延長戦に入って4分、パスから攻め入ったフランスのマルーダが、ペナルティエリア手前で倒された。VTRで観ると明らかにガットゥゾの肘が顔に当たっている。しかし、ずっと起き上がらなかったのは、ガットゥゾの方で、やはりファールは取られなかった。もし主審からは見えなかったにしても、副審には見えていたはずだと思ってしまった。更に延長前半14分、ジダンの強烈なヘディングシュートはイタリアGKブフォンの片手による好セーブで得点にはならなかった。今振り返ると、ジダンの中に溜まったフラストレーションは、既にこの時点で限界だったのでは?と思われる。
カンナバロと交錯し肩を痛めたジダン。クリックすると元のサイズで表示します

そして延長戦の後半2分過ぎ、足の筋肉に異常を来たしていたアンリの退場直後、その事件は起きた。私はエリゾント主審に誤審があったとは思わない。ただ、何故選手からの訴えの前に審判が伝えなかったのか?疑問が残った。それに全体に渡って3位決定戦の時の上川主審とは違い、エリゾント主審の表情は強面で固いままだった。上川主審は、イエローカードを出した選手の抗議にも、時には毅然とした表情で、時には笑顔でさとすように、フェイスコントロールをしながら身振り手振りを使い、選手達を落ち着かせていた。アドバンテージを取った時も、大きく両手で示して「アドバンテージを取っているよ」と選手達にPRしていた。サッカーの試合は勿論戦いであるが、喧嘩ではない…あくまでもフェアプレーであるべき…当り前の事であるが、大切な事を選手達に改めて認識させていたように思った。仮説に過ぎないが、もしこの試合を上川主審が担当していたら…私は、選手間の小競り合いも少なく、ジダンの退場劇は無かったかもしれない…と、つい思ってしまった。

ジェディーヌ・ジダンはアルジェリア移民の二世としてマルセイユに生まれた。ジダン独自のドリブルは、既に幼少期から身につけており、マルセイユルーレットと呼ばれていた。左足、右足に関係なく繰り出す巧みなマルセイユルーレットの最中に、相手選手の股抜きや、ヒールパス等を仕掛けてくる為、相手選手には脅威そのものだという。またフランス政府はアルジェリア等の国からの移民問題を抱えており、同じ境遇を克服したジダンならでは…と引退後の政治活動にも期待を寄せていた。1998年のフランス大会優勝の立役者となったジダンは、過去にも熱くなって退場処分を受けた事も何度かあるが、サッカー協会会長就任とか、果てはフランス大統領就任とまで噂される程の人気ぶりだ。決勝前のシャンゼリゼ通りをTVで観たが「シズー、シズー」と大歓声だった。フランスの英雄として尊敬され、世界中のサッカーをしている若者や子供達の目標でもあり、憧れの的なのだ。フランス国内のスポーツ誌・レキップは、社説の中で、「(フランスの)敗戦はそれほど受け入れ難い事ではない。むしろ困難なのは、世界中の何千万人もの子供達に、(ジダンが)どうしてあんな頭突きをしたのか説明する事だ」。と書いている。
クリックすると元のサイズで表示します ベルリンの空を見上げるジダン。

この衝撃的な事件?は、多くの人を悲しませたが、誰よりジダン本人が一番悔やんでいると推察する。決勝戦をTV等で観戦した人は、60億以上と言われている。その決勝の舞台で、有終の美を飾れるはずだった寸前、自らの愚行で、スーパースターとしての現役生活の最後に、汚点を残してしまった。ジダンに何がそうさせたのか?私達はあれこれ想像を巡らせてしまうが、真実はジダン本人のみぞ知る。しかし、何があろうと、プレーヤーとして、決してしてはならない行動だった。ジダンは投票によって今大会のMVPにも選ばれている。その栄誉と「頭突き王」の汚名…。ジダンはこの両極をどう捉え、これからどう行動するのだろうか?名声のある人は、その名声によって滅びるとも言われるが、ジダンには、自分の起した事が如何に多くの人に影響力があるのか?現実から目を反らさず反省し、乗越えて欲しいと思う。樋口廣太郎氏の言葉…「逆境こそチャンス!」。ジダンにもこの言葉を届けたい。ジダンにいつか真の笑顔が帰る日を信じて……。
0



2006/7/14  11:32

投稿者:ほたる

しのいちさん、仰る通りだと同意致しました。

>W杯終了後、
時間が経てば経つにつれて
イタリアの優勝よりジダンの頭突きが
メディアにも取り上げられてますね。

歴史に残される事って、どんな事でも悪い事の方が目だってしまうですよね。
目立たなくても、小さな宝石のようなファインプレーや、良いシーンが沢山あった事…
観ていた私達は、覚えていたいと思います。

>マテラッツィも相当差別的なことを
言ったとか言わなかったとか・・・。

はい。既に、水掛論になっていますね。このままでは、平行線で、
民族間や国の間の「しこり」となってしまいそうです。

>なんにせよ、この問題がドイツW杯の一番の印象となったら
悲しいことだなあ。

はい。あのピッチは、参加した多くの国と地域で予選があって、
そこでプレーして来た選手、関係者の努力が集結した場所ですものね。
やはり、地域を代表して出て来るチームだけあって、
振り返ると、それぞれ素晴らしいプレーを見せてくれました。
W杯の試合を振り返ると、感動が一杯ありました。
…にも関らず、この事だけが話題になっていますね。
本当に、悲しいことですね。

でも、メディアは、あくまでも売れる記事を書きますが、
私達のような者は、ブログや掲示板を通して、
印象に残った事でとか、思った事、書きたい事を書いているので、
小さな小さな力でも、書き残して置くという意味が、ある気がします。
選手達のさわやかな笑顔や、プレーでの悔しい涙も、覚えていたいですよね。

☆しのいちさんへ

2006/7/14  2:38

投稿者:ほたる

>ワールドカップが終わって昼夜逆転した生活を戻し中♪

私は、情けない事に自己管理が出来ませんでした。
今日は、昼間寝ていて、この時間にお返事していますが、
明後日も仕事が、早朝からなので、変な時差は、まだ続きそうです。
でも、本当に、しっかりしないと。。食べ物、飲み物にも気をつけます。
ベビドルさんも、私を反面教師に?なさって、ご自愛下さいね。

☆ベビドルさんへ No2

2006/7/14  2:36

投稿者:ほたる

ベビドルさん、トラックバック及びコメントをありがとうございました。

>録画のために試合を再度観たんですが、ほたるさんが仰るとおりに
主審のレフェリングにもやや問題があったのでは?と思えますね。

はい。初めのPKが、微妙な判定だったので、
その後少し、帳尻を合わせようとしたのか?、甘かった気がしました。

>選手同士でいざこざが起こる前に的確な判断と判定で選手の
フラストレーションを収め、円滑な試合運びをする。上川主審の
レフェリングはまさにそんな感じでした。

確かに決勝戦とは、ムードも違うのでしょうが、
上川さんは、フェイスコントロールが上手く、選手達を落ち着かせていましたよね。
ポルトガルは、前の試合でカードを量産?していましたし、
ドイツは開催国の意地もあるでしょうし、一寸、心配でしたが、
引き締った試合でしたよね。贔屓目もあるかもしれないですが、
きっと、サッカー界でも、評価が高いと思っています。

>ジダンの退場、彼の最後の試合で起こったアクシデントは
残念でなりませんが、逆境を乗り越え、彼が自分の力で
自分が起こした問題を解決してくれる事を望みます。

はい。悲しいです。
ジダン選手にとって、これからどうするか…が大事ですよね。
私は、彼自身の心の中のシコリを解かす為にも、
いつか、お互いが、憎みあうのでなく、謝りあえるようになって欲しいです。
憎むエネルギーって、物凄く体力・気力を消耗するはずです。
スポーツを通じて仲良くするのって、まだまだ難しいのでしょうかね。
私は、あの事件の後、両チームのキーパーが、
PK前に抱き合って讃えあっている姿を観て、少し救われた気がしました。

>しかし、マテラッツィも相当ひどい事言ったような気がします。
ネットやメディアで色々憶測が飛んでいますが
やっぱり民族への差別や彼の母親への侮辱なんでしょうか。
そうだとしたらかなり品が無いし、問題大ですね。

言葉の暴力も、心の傷は見えないだけに、恐いですよね。
吐いた唾は、呑み込めないと言いますし、
言った言わないで水掛け論になりますが、言われた方は忘れられないです。
サッカー選手にとって、ワールドカップのピッチは聖地そのもの。。
それが汚された気がして、残念でならないです。

☆ベビドルさんへ No1

2006/7/14  2:14

投稿者:ほたる

>話は変わるけどほたるさんってジダンさんと同じ誕生日なんだ!「マエストロ・ほたる」って呼ぼうかしら?

そうなんです。一緒なんですよ。でもマエストロは、相応しくないですよ〜。
日本の中村俊輔君と、アルゼンチンのメッシ君は、24日で1日違いなのです。
…となると、蟹座の人って、サッカーが上手くなれるのかしら?ね。

>私の誕生日はフランスの革命記念日だからフランスではみんなでお祝いしてくれます。スゴイでしょ。

まぁ、それは、多くの人が祝ってくれますね。
ジャンヌダルクもびっくり!ですよ。
やはり、スピンさんも只者ではないですね。

うちのスタッフに、クリスマス生まれの子が居るのですが、
子供の頃、クリスマスプレゼントと、
誕生日プレゼントを一緒にされてしまった…と、怒っていました。
彼女に比べると、この時期って丁度1年の半分で、楽しみな頃には良い時期ですね。


☆スピンさんへ No3

2006/7/14  2:13

投稿者:ほたる

>マテラッツィさん、インテルではPKやFKが上手で「マトリックス」って呼ばれて人気があるけどかなりの問題児。

マトリックス…ですか?!
電話をかけると、自分が転送されちゃいますね。
ドラエモンの何処でもドアみたいで、いいなぁ。
あっ、これ、映画の話でした。失敬、失敬。。

>2年くらい前には、自分は怪我で試合に出てないのにピッチの外から相手のDFにヤジを飛ばし続けて、最後には怒った相手のDFを殴って2ヶ月の出場停止。これも全国生中継中の出来事でニュースでもやったから、こちらでは今度も「またか」って…

このニュース、此方の新聞でも、改めて書かれていました。
暴力も、言葉の暴力も、あってはならない事ですよね。。

>ジダンさんもセリエAで同じような事があったけど、ユヴェントス在籍中の'98ワールドカップでフランスを優勝に導いた人。

確かに、偉業を残した人ですよね。

>山に例えると「モンブラン」かな?モンブランってフランスの山って思うかもしれないけど、フランスとイタリア国境の山でイタリア名は「モンテ・ビアンコ :Monte Bianco」。それぞれの国からでは形は違って見えるけど、どちらの国にとっても最高峰はモンブランです。今度、イタリア側の刺激で雪崩を起こしちゃったけど…

そうなんですよね。記者会見の模様もニュースで観ましたが、
謝罪するなら、暴力を振るった事は、後悔して欲しい。。
私達には理解し兼ねる、あと10分が、我慢できなかった…
辛い思いもあったのでしょうけど。。

>フランスの“ l'institut CSA ”がジダンの行為は悪かったと言うことを前提に調査したら「ジダンを許す」って言う人が61%、そしてシラク大統領の「困難な時期だが、国民の愛情と尊敬を捧げる。君はマエストロ、天才だ」ってスピーチ、フランス側から見たモンブランも変わらないのかも知れませんね。

そうですか。。
だけど、戦争も、こういう小さな争いから始まるのですよね。
とっても、難しい問題ですね。



☆スピンさんへ No2

2006/7/14  2:11

投稿者:ほたる

スピンさん、お誕生日おめでとう!…イタリアはまだ、日付が変わっていないかしら?

>近所のマリアおばあちゃんが倒れてるのを発見しちゃって、救急車呼んだり病院で付き添ってたりしてたの。

うわっ。スピンさん。マリアおばあちゃんの命の恩人ですね。

>そしたらAED(除細動機)を使うことになってドッキドキ。おばあちゃんの手を握ってたら「感電するから離れて」って怒られたりしてね。

日本も駅とかで、見かけますが、いざという時、冷静に使えるか難しいですね。
私も、前回は逃してしまったのですが、まず普通救命の講習を受けようと思っています。

>危うくスピンの心臓も止まるところでした。おばあちゃんも元気になって一安心です。

良かったですね〜。でも、実にヤバイ状態だったのですよね。
何はともあれ、ご無事で何より。。

>今度のワールドカップの事を友だちのパパが「ドイツ国旗みたいだ」って言ってました。ドイツ国旗は上から黒・赤・黄でしょう。赤と黄色はレッドカードとイエローカード、そして、それに乗っかるのが黒でジダンさんとマテラッツィさんの事。

上手い!座布団10枚進呈!!
確かに、最高数のカードも、舞った大会だったようですね。
だけど、感動する良い試合も沢山あって、感動しましたよね〜。


☆スピンさんへ No1

2006/7/12  23:29

投稿者:しのいち

W杯終了後、
時間が経てば経つにつれて
イタリアの優勝よりジダンの頭突きが
メディアにも取り上げられてますね。
マテラッツィも相当差別的なことを
言ったとか言わなかったとか・・・。
なんにせよ、この問題がドイツW杯の一番の印象となったら
悲しいことだなあ。

http://diary.jp.aol.com/x8tsmn9g85/

2006/7/12  21:25

投稿者:ベビドル

あ、このブログ記事をトラックバックさせてください。
ほたるさんがトラバしてくれた記事から相互トラバします。

2006/7/12  21:23

投稿者:ベビドル

録画のために試合を再度観たんですが、ほたるさんが仰るとおりに
主審のレフェリングにもやや問題があったのでは?と思えますね。
選手同士でいざこざが起こる前に的確な判断と判定で選手の
フラストレーションを収め、円滑な試合運びをする。上川主審の
レフェリングはまさにそんな感じでした。

ジダンの退場、彼の最後の試合で起こったアクシデントは
残念でなりませんが、逆境を乗り越え、彼が自分の力で
自分が起こした問題を解決してくれる事を望みます。
しかし、マテラッツィも相当ひどい事言ったような気がします。
ネットやメディアで色々憶測が飛んでいますが
やっぱり民族への差別や彼の母親への侮辱なんでしょうか。
そうだとしたらかなり品が無いし、問題大ですね。

ワールドカップが終わって昼夜逆転した生活を戻し中♪

http://diary.jp.aol.com/m2tfuru/

2006/7/12  18:57

投稿者:スピン

ほたるさん、メールありがとう♪今、帰って来ました。

近所のマリアおばあちゃんが倒れてるのを発見しちゃって、救急車呼んだり病院で付き添ってたりしてたの。そしたらAED(除細動機)を使うことになってドッキドキ。おばあちゃんの手を握ってたら「感電するから離れて」って怒られたりしてね。危うくスピンの心臓も止まるところでした。おばあちゃんも元気になって一安心です。

今度のワールドカップの事を友だちのパパが「ドイツ国旗みたいだ」って言ってました。ドイツ国旗は上から黒・赤・黄でしょう。赤と黄色はレッドカードとイエローカード、そして、それに乗っかるのが黒でジダンさんとマテラッツィさんの事。
マテラッツィさん、インテルではPKやFKが上手で「マトリックス」って呼ばれて人気があるけどかなりの問題児。2年くらい前には、自分は怪我で試合に出てないのにピッチの外から相手のDFにヤジを飛ばし続けて、最後には怒った相手のDFを殴って2ヶ月の出場停止。これも全国生中継中の出来事でニュースでもやったから、こちらでは今度も「またか」って…

ジダンさんもセリエAで同じような事があったけど、ユヴェントス在籍中の'98ワールドカップでフランスを優勝に導いた人。山に例えると「モンブラン」かな?モンブランってフランスの山って思うかもしれないけど、フランスとイタリア国境の山でイタリア名は「モンテ・ビアンコ :Monte Bianco」。それぞれの国からでは形は違って見えるけど、どちらの国にとっても最高峰はモンブランです。今度、イタリア側の刺激で雪崩を起こしちゃったけど…
フランスの“ l'institut CSA ”がジダンの行為は悪かったと言うことを前提に調査したら「ジダンを許す」って言う人が61%、そしてシラク大統領の「困難な時期だが、国民の愛情と尊敬を捧げる。君はマエストロ、天才だ」ってスピーチ、フランス側から見たモンブランも変わらないのかも知れませんね。

話は変わるけどほたるさんってジダンさんと同じ誕生日なんだ!「マエストロ・ほたる」って呼ぼうかしら?私の誕生日はフランスの革命記念日だからフランスではみんなでお祝いしてくれます。スゴイでしょ。

じゃあ、またね。Ciao ciao♪



※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ