2006/7/16

お見舞いに頂いた「京の吹き寄せ」と、お返しに使いたい「方寸」  日記(今日思うこと)

水曜日の夜、仕事の後、動けなくなって救急車を呼んでしまったので、近所の方やお客様の知られる事となり、お見舞いまで頂いてしまった。私は、どちらかと言うと洋菓子より、和菓子が好きだが、そんな私の事をご存知のある方が選んで下さったのは、京都・長岡京 小倉山荘の「京の吹き寄せ」だった。「京の吹き寄せ」は、天智天皇から、順徳院に至るまでの約500数10年間の歌人、100人を選び集められた和歌集・「小倉百人一首」の心象世界を、米菓子や豆菓子を集めて表現されているらしい。その「吹き寄せ」という名前と、お菓子自体の彩りの良さに暫し、見とれてしまった。藤原定家が一首、一首、厳選して選歌した百人一首のように、そのお菓子一つ一つから、製造者の慈しみが感じられて、心が「ぽっ」と明るくなった。体調の方は、まだ全快とは言えないが、お陰様で、休憩させて貰いながら、何とか仕事も出来ている。(ご心配を、おかけしました。)
クリックすると元のサイズで表示します 京の吹き寄せのお菓子達。
器は、瀬戸・赤織部。右は歌が書かれた包装紙。


夏の夜は まだ宵ながら あけぬるを 雲のいづこに 月やどるらむ
                             -清原深養父-(清少納言の曽祖父)


父が『快気祝いで、お返しをしないといかんな。気持を貰ったんだで(だから)、気持で返さんと…』と、珍しく?神妙な顔で言った。何にしよう…と考えた結果、私は、小布施・竹風堂の「方寸」にしようと思った。「方寸」とは、文字通り、一寸(約3cm3mm)四方の事で、ささやかなことの謙譲語を意味する。「方寸」は、徳川の三果(紀州みかん・甲州ぶどう・小布施の栗)の1つ、栗を使ったお菓子で有名な竹風堂にして、実は赤えんどう豆を主体にし「栗の風味を彷彿させ得て妙」(方寸・冊子より)の如く、栗落雁に似せた独創の干菓子である。一枚僅か8グラムの中から、無添加無着色の自然な香ばしさを味わえ、高雅なお茶席にあっても、臆する事ない存在を見せている。私は、頑張った自分へのご褒美にと、仕事の後に、方寸一つ、煎茶一杯を頂く習慣がある。ささやかな感謝の気持でお返しするのには、ぴったりの品ではないか…と思った。
竹風堂・赤えんどう落雁「方寸」 クリックすると元のサイズで表示します

今日は、地元の花火大会だった。バーベキューパーティにも誘って頂いたりしたが、まだ、明日1日仕事があるので、大事を取って大人しく家にいた。TVを点けるとJリーグのオールスター戦を放映していた。一部観ていたが、やはりお祭りムードが高かったように思えた。その試合を、近く日本チーム監督に就任するというオシム監督が、特別席で観戦していた。試合後、報道人の向けたマイクに向かい「何も言う事はない」と答えたオシム監督…。 明日以降、そのオシム監督についても書いてみたいと思っている。
0



2006/7/21  2:35

投稿者:ほたる

>お見舞いって言えば、日本ではフルーツバスケットを持っていったりするけど、イタリアだとどうかなぁ? お見舞いの果物と言えばこれ、メロンは€0.7で100円くらい。

うわぁ、お安いのですねぇ。果物好きの私には羨ましい限りです。

>スピン御用達の八百屋のおじさんがノッテる時は2個€1とかね。車じゃないと持って帰れないような重いスイカも同じくらいで、サクランボは1Kgで€2。お見舞いでもらっても有難味がないでしょう? 

本当に、お値打ちなのですね。お味も美味しいのかしら?

>ここの所、ミラノもすご〜く暑くて食欲が無いけど、「主食:メロン」で耐えています。そしたら、スパイラルが「カブトムシみたい」って・・・例えが悪すぎますよね?

カブト虫君でも、なかなか日本ではメロンには有り付けないですよ〜。
私も子供の頃は、せいぜい瓜がご馳走で、網目のついたメロンなんて、夢の夢でした。あっ、でも、膝の手術をした時は、メロンを沢山頂いて幸せでした。
そうそう、私がまだ松葉杖でしか動けない時、父が頂いたメロンを切ってくれて…。部屋にナイフはあったのだけど、まな板がないので、何処で切ったの?と尋ねたら、何と部屋に着いてた、ユニットバスの便座の上だったの。そのメロン、看護師さん達にも持っていったけど、今だ内緒の話です。

>また、関係のない事かいちゃったけど最後に一句

いやいや、楽しませて頂きました。

>“夏の夜は まだ宵ながら 羽の音 部屋のいづこに 蚊の宿るらむ”
『お部屋の中に蚊が一匹、プ〜ンって羽音が気になって、気になって』

イタリアにも蚊がいるのですね。(当たり前ですね)私の部屋は3Fですが、滅多に蚊も上がって来ないです。最近では、虫も着かないって?ん?あまり嬉しくないですよ〜。自爆。。

>じゃあね、お体、大切にね? ちゃお♪

ありがとうございます。また、楽しいお話、お待ちしています。

☆スピンさんへ No2

2006/7/21  2:34

投稿者:ほたる

スピンさん、色々と励ましたり、笑わせて下さって?ありがとう。

>ほたるさん、お元気?

大分、良くなりました。眠る事だけが幸せだった情けのない1週間でした。

>和菓子かぁ。和菓子って素敵ですよね。

はい。私は、元々洋菓子より好きです。特に干菓子が好きですよ。

>こちらの友だちに「日本のお菓子ってどんなの?」って聞かれたから、綺麗な和菓子を食べさせてあげたくて、ネットで調べて京都の和菓子屋さんに電話した事があるの。

おおっー。それは素晴らしいアイデァと思いましたが。。

>そうしたら「はい、“どこでも”送れますよ。まず、ご住所を都道府県から」って言うから「ミラノ県」「はい宮城県。続けてどうぞ」「いえ、イタリアのミラノなんですけど…」って言ったら「イタズラ電話はやめとくれやすっ!ガチャン」だって。京都の人はコワイです。

ふふっ。そりゃ、怒らはりますえ(京都弁のつもり)
私もインフルエンザで深夜に病院にかかった時、ちゃんと診て貰えなくて、ボストンの知人の医師が電話してくれたのだけど、誰からも信じてもらえず、悪戯と間違われそうだった事があります。まさか、国際電話…なんて思わないですよね。

>この話、実家に帰った時に話したら、両親&妹は「バッカじゃないの」ってバカにするんだけど、祖母だけは「パリのお菓子屋もダメだったわ」って…こう言うのを隔世遺伝って言うのかしら?

その通り!何て素敵なお祖母ちゃまとお孫さんだこと!
しんどい時の、お2人のエピソードには、癒されます。。


☆スピンさんへ No1

2006/7/17  2:07

投稿者:スピン

ほたるさん、お元気?

和菓子かぁ。和菓子って素敵ですよね。こちらの友だちに「日本のお菓子ってどんなの?」って聞かれたから、綺麗な和菓子を食べさせてあげたくて、ネットで調べて京都の和菓子屋さんに電話した事があるの。そうしたら「はい、“どこでも”送れますよ。まず、ご住所を都道府県から」って言うから「ミラノ県」「はい宮城県。続けてどうぞ」「いえ、イタリアのミラノなんですけど…」って言ったら「イタズラ電話はやめとくれやすっ!ガチャン」だって。京都の人はコワイです。
この話、実家に帰った時に話したら、両親&妹は「バッカじゃないの」ってバカにするんだけど、祖母だけは「パリのお菓子屋もダメだったわ」って…こう言うのを隔世遺伝って言うのかしら?

お見舞いって言えば、日本ではフルーツバスケットを持っていったりするけど、イタリアだとどうかなぁ? お見舞いの果物と言えばこれ、メロンは€0.7で100円くらい。スピン御用達の八百屋のおじさんがノッテる時は2個€1とかね。車じゃないと持って帰れないような重いスイカも同じくらいで、サクランボは1Kgで€2。お見舞いでもらっても有難味がないでしょう? 
ここの所、ミラノもすご〜く暑くて食欲が無いけど、「主食:メロン」で耐えています。そしたら、スパイラルが「カブトムシみたい」って・・・例えが悪すぎますよね?

また、関係のない事かいちゃったけど最後に一句

“夏の夜は まだ宵ながら 羽の音 部屋のいづこに 蚊の宿るらむ”

『お部屋の中に蚊が一匹、プ〜ンって羽音が気になって、気になって』

じゃあね、お体、大切にね? ちゃお♪


※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ