2006/7/21

オシム監督就任に寄せて…イビチャ・オシム氏と故郷、サラエボ  サッカー&ワールドカップ・ドイツ大会

学生時代、世界史・地理で習ったユーゴスラビアは、「7つの隣国。6つの共和国(スロベニア、クロアチア、ボスニア・ヘルツェゴビナ、セルビア、モンテネグロ、マケドニア)。5つの民族(セルビア人、クロアチア人、スロベニア人、モンテネグロ人、マケドニア人)。4つの言語(スロベニア語、セルビア語、クロアチア語、アルバニア語)。3つの宗教(カトリック、セルビア正教、イスラム教)。2つの文字(ラテン文字、キリル文字)により構成される1つの国」と表現され、多民族国家として混沌とした政治背景があり、掴み所が無かった。1984年にサラエボで冬季オリンピックが開催され、その地名は記憶に刻み込まれたが、1992年に内戦が勃発、4年間続いた戦火の中心となったサラエボでは、多くの犠牲者を出した。その有様は「50万人の市民が世界から切り取られ、肉親を失わない者は誰1人としていなかった」と語り継がれている。ヨーロッパという地域で、第二次大戦後最悪の被害(死者20万)を出す内戦を、平和を謳う世界や隣国が何故止められなかったのか?私には計り知れないが、その悲しい物語はイギリス人記者の実録を元に、1997年映画化された『ウェルカム・トゥ・サラエボ』でも、伺い知る事が出来た。奇しくもサラエボオリンピックのメインスタジアムは、内戦で破壊され、現在は、亡くなった人々の墓地になっているという。
クリックすると元のサイズで表示します 実録の映画化「ウェルカム・トゥ・サラエボ」

イビチャ・オシム(本名、イワン・オシム)氏は、1941年、オリエントとヨーロッパ文明の交わる美しい町、サラエボ(トルコ語で「宮殿のある平地」の意)で生まれた。サッカー選手としては、FWとしてプレーし、1960年、サラエボのゼレズニチャル・サラエボでプロデビュー。1964年の東京オリンピックには、旧ユーゴスラビア、サッカーチームの代表として来日した。1970年から、フランスのストラスブールに籍を移しプレーした後、1978年に引退。1986年にユーゴ代表監督に就任し、1990年のW杯では、ベスト8へと導いた。しかし、1991年、日ソ冷戦後の東欧諸国で民主化運動が進む中、ユーゴスラビア内のスロベニアとクロアチアで独立を宣言、当時のユーゴ政府は、その報復措置として1992年4月6日、サラエボを侵略した。この内戦が、オシム氏の祖国を離れた監督人生の発端となった。
旧ユーゴスラビアの地図クリックすると元のサイズで表示します 

オシム氏は、内戦勃発当時仕事の為、セルビアに出むいて居り、次男と共に戦火を免れる事が出来たが、サラエボに残った夫人と長女は、脱出することが出来なくなってしまった。悲しみにくれるオシム氏は、ユーゴ軍のサラエボ侵攻に対し、抗議する意味を込め、欧州選手権開催直前の5月、「サラエボの為に唯一私に出来る事」という言葉を残して代表監督を辞任した。監督不在のまま、W杯ベスト8のメンバーであり、日本でもプレーした経験のあるストイコビッチら代表選手達は、開催国スウェーデンへと向かったが、国連からユーゴへの制裁の命を受けたFIFAとUEFAは、代表選手の大会参加を認めず、選手達は、到着したばかりの空港で入国を許される事無く、強制帰国させられてしまった。正にスポーツ選手が、戦争や政治に巻き込まれ、国と共に代表チームも解体してしまったという悲しい出来事だった。皮肉な事に、その年の欧州選手権は、ユーゴの代わりに出場したデンマークが制覇している。

オシム氏は、戦火のサラエボに夫人と長女を残したまま、1992年から1993年 ギリシャのパナシナイコスの指揮を取った。更に1993年から2002年 オーストリアのシュトゥルム・グラーツという小さなクラブチームの監督を務め、チームをUEFAチャンピオンズリーグに3度出場させた。夫人と長女には、グラーツに就いてから1年後、ようやく再会を果たせたが、オシム氏は、当時の事を「とてつもなく多くの事が起き、それをサッカーを通じて忘れる事が出来た」と振り返っている。「サッカーだけが、安らぎの場所だった」とも語るオシム氏の事を、欧州のジャーナリスト達は、ただの監督ではなく、『サッカーの哲学者』と評価しているそうだ。日本でも、そのサッカー哲学の評価は高く、実際に2003年 ジェフユナイテッド市原(現・千葉)監督に就任後. チームを2005年 Jリーグ、ヤマザキナビスコカップ初優勝に導き選手からも厚い人望が寄せられている。
クリックすると元のサイズで表示します 既に代表人選に入っているオシム監督。

そんなオシム氏が、いよいよ日本代表監督に就任する日が訪れる。2006年、ワールドカップ・ドイツ大会は、旧・東西ドイツが力を合わせ、大盛況の中、無事に幕を降ろした。多くの感動とドラマを生んだ大会だったが、日本代表チームにとっては、世界との差を見せつけられた苦い大会となった。また、決勝戦では、世界中のサッカーを愛する人々が、後味の悪い思いをした。現地時間の20日、その当事者である2人の選手に、FIFAは処分を下した。その処分が軽いか重いか?は、既にメディアで論点となっているが、むしろ本人達の心には、償えば済むという問題よりも、重い影が落ちている気がしている。戦争の苦しみ、人と人が争う事の醜さを身を持って知っているオシム氏は、きっとその重みを一番知っている監督だと思った。因みにオシム氏は、12年間の選手生活中、イエローカード制が導入された1970年から引退までの8年間、イエローカードの提示は一度もされなかった選手であった。逆境を糧にサッカー哲学を大成させて来たオシム氏…既に19日には、Jリーグ、大宮対磐田戦を選び視察したという。両チームの中でW杯の代表は、川口選手と福西選手のみ…。新しい代表選手の発掘にも期待したい。
0



2006/7/23  2:34

投稿者:ほたる

Horiyaさん、ようこそ!お元気そうで何よりです。

>ほたるさん、コメント、久しぶりです。Wカップの記事、楽しみに読ませてもらってました。

ありがとうございます。サッカーを本格的になさっていた方に読んで頂けて嬉しいです。

>体/大丈夫ですか?

お騒がせ致しました。殆どというか70%くらい快復しています。

>ほたるさんが、ずっと応援してきてた上川審判たちもサッカー協会からも表彰されて良かったです。新聞やテレビでも、もう少し大々的に報道して欲しかったですね。

仰るとおりです。決勝の審判より評価が高かった…という事は、
世界一の審判ですよね。もっと国も認めて表彰して欲しいです。

>オシム監督の背景が、大変わかりやすくて助かりました。

少しは、お役に立てて嬉しいです。

>正直、日本代表の四年後は暗いかなと思ってましたが、一筋の光明が見えて来ました。

そうですね。「止まっている車だから、皆で押さなければ…」と現実から
目を背けては、居られないので、安心ですね。

>ほたるさん、お元気で。今後も内容が濃くて、ためになる記事、期待してます。

ありがとう。でも今夜は、花火の話題など、書いちゃいました。
地味過ぎると思いましたが、書きたかったので。。
もし、いらしたら、自分本位の記事ですから、斜め読みして下さいね。

不安定な気候が続きます。Horiyaさんも、ご自愛下さいね。

☆Horiya@横浜さんへ

2006/7/23  2:25

投稿者:ほたる

みきさん、大変、ご心配をおかけして、ごめんなさいでした。

>あーよかった、ほたるさん元気になったんですね。

お陰様で。。1週間かかりましたけど、何とか持ち直しました。

>ユーゴの内紛、昨日のことのような気がするけどもうそんなに経つんですね。

はい。だけど戦火の後も暮らしていた人達にとっては、長く感じたでしょうね。

>私の周りにいる東欧出身の人たちは、かなり癖の強い人が多いのですが、

そうですか。。確かに、他民族の環境で育つと、強くなりそうですね。

>オシム監督はイエローカードを取られたことが一度もないとか、思慮深そうな感じがして期待できそうですね。

はい。オシム語録を読みますと、
現実を誤魔化さずに見つめている方のようで、期待しています。


☆みきさんへ

2006/7/23  2:21

投稿者:ほたる

>ワールドカップ直前にモンテネグロが独立宣言したから、予選リーグの時のセルビア・モンテネグロは別の国同士。負けちゃったけど頑張ってましたよね。

そう、頑張っていましたね〜。アルゼンチンには力の差を見せ付けられてしまいましたが、
コートジボワールやオランダには善戦しましたね。

>「モンテネグロ:Montenegro」はイタリア語で「黒い山」って意味。

なるほど、そうですか、negro→が黒いという意味なのですね。

>独立しても人口60万人の小さな国、独立国としてやって行けるの?って話題になってるけど、頑張って欲しいなサッカーも。

はい。大国に負けないよう、頑張って欲しいですね。
もうこの後の欧州の大会では、モンテネグロだけで出るのですよね。
(当り前よね〜)応援したいです。。

>イタリアは優勝したけどカルチョ・スキャンダル+カルチョ・メルカート(選手の移籍市場)でゴタゴタ・ゴタゴタ。毎年8月の最終週末から始まるセリエAの新シーズンも今年は遅れそうだって。

そうなんだ。。なかなか重く後を引いているのですね。
新シーズンからはクリーンな試合をして欲しいですね。

>なのに、EURO2008予選が始まって、フランスとは同じ組。そして、9月6日にいきなりのイタリアVSフランス… 

おおっ、W杯決勝戦の再現か!?ですね。良い試合をして欲しいですね。

>今度はフランス応援しよ〜っと♪

複雑に揺れる乙女心ですねぇ。

>ほたるさん、まだ無理しちゃダメよぉ! じゃあね、Ciao♪

はい。いつもありがとう。スパイラルさんも、もう帰国なさったかな。。
お2人とも、お元気で居て下さいますように。。


☆スピンさんへ No2

2006/7/23  2:20

投稿者:ほたる

スピンさん、お帰りなさい…かな。どんな週末をお過ごしですか?

>ふ〜ん…今度の監督はオシムさんって言うんだ。サラエボはボスニア
・ヘルツェゴビナの首都でモスクが有ったりして、トルコっぽい所みたいだけど「オシム」って名前もちょっとトルコ風ですよね。

そうなのですか!?。トルコに多い名前なのかしら?
私の友達で、トルコ語を習ってて、末はトルコに住む…と豪語している子がいます。
聞いてみようかなぁ。
でも、「一緒にトルコに住もう」と連絡する度に誘われるのはたまらんです。。

>バルカン半島は世界史で「ヨーロッパの火薬庫」なんて習ったけど、今もそう… 

そう言いますよね〜。あまり嬉しい比喩ではないですよね。

>ここはイタリアとはアドリア海をはさんで向こう岸でしょう。

そうなんです。地図を見ると、海を隔てただけの距離。。
イタリア在住の、スピンさんはきっと詳しいだろうなって思いました。

>ミラノに来た頃はコソヴォ紛争の真っ最中。

うわっっ。怖かったね〜〜。

>NATO軍が空爆した帰りの飛行機が爆弾をアドリア海に捨ててるとか大騒ぎしてました。爆弾を街に落とすより海に捨てた方がよっぽどマシだって思ってたけど。

そうですよね。結局NATO軍が出て、沈静化したのでしたっけね。。

>今、コソヴォは国連が管理してるけど、早く平和になるといいですね。

はい。不安定な時世で育つ子供達は、可哀相ですよね。


☆スピンさんへ No1

2006/7/22  17:43

投稿者:Horiya@Yokohama

ほたるさん、コメント、久しぶりです。Wカップの記事、
楽しみに読ませてもらってました。体/大丈夫ですか?
ほたるさんが、ずっと応援してきてた上川審判たちも
サッカー協会からも表彰されて良かったです。新聞や
テレビでも、もう少し大々的に報道して欲しかったですね。
オシム監督の背景が、大変わかりやすくて助かりました。
正直、日本代表の四年後は暗いかなと思ってましたが、
一筋の光明が見えて来ました。ほたるさん、お元気で。
今後も内容が濃くて、ためになる記事、期待してます。

2006/7/22  12:21

投稿者:みき

あーよかった、ほたるさん元気になったんですね。ユーゴの内紛、昨日のことのような気がするけどもうそんなに経つんですね。私の周りにいる東欧出身の人たちは、かなり癖の強い人が多いのですが、オシム監督はイエローカードを取られたことが一度もないとか、思慮深そうな感じがして期待できそうですね。

http://diary.jp.aol.com/aujzpye6s4d2/

2006/7/22  3:43

投稿者:スピン

ただいま〜♪

ふ〜ん…今度の監督はオシムさんって言うんだ。サラエボはボスニア
・ヘルツェゴビナの首都でモスクが有ったりして、トルコっぽい所みたいだけど「オシム」って名前もちょっとトルコ風ですよね。

バルカン半島は世界史で「ヨーロッパの火薬庫」なんて習ったけど、今もそう… ここはイタリアとはアドリア海をはさんで向こう岸でしょう。ミラノに来た頃はコソヴォ紛争の真っ最中。NATO軍が空爆した帰りの飛行機が爆弾をアドリア海に捨ててるとか大騒ぎしてました。爆弾を街に落とすより海に捨てた方がよっぽどマシだって思ってたけど。今、コソヴォは国連が管理してるけど、早く平和になるといいですね。

ワールドカップ直前にモンテネグロが独立宣言したから、予選リーグの時のセルビア・モンテネグロは別の国同士。負けちゃったけど頑張ってましたよね。「モンテネグロ:Montenegro」はイタリア語で「黒い山」って意味。独立しても人口60万人の小さな国、独立国としてやって行けるの?って話題になってるけど、頑張って欲しいなサッカーも。

イタリアは優勝したけどカルチョ・スキャンダル+カルチョ・メルカート(選手の移籍市場)でゴタゴタ・ゴタゴタ。毎年8月の最終週末から始まるセリエAの新シーズンも今年は遅れそうだって。
なのに、EURO2008予選が始まって、フランスとは同じ組。そして、9月6日にいきなりのイタリアVSフランス… 今度はフランス応援しよ〜っと♪

ほたるさん、まだ無理しちゃダメよぉ! じゃあね、Ciao♪

2006/7/22  1:30

投稿者:ほたる

こひ〜さん、記事に取上げて下さり、トラバして下さって、ありがとうございました。

>どんな人にも歴史がありますね。

はい。ルーツを知ると、その人の、人となりを垣間見れる気がしますね。

>もうオシム監督で決まっているような雰囲気でしたが、正式に決定は今日だったのですね。

そうですね。日本サッカー協会は、W杯・ドイツ大会の反省をする事も無く、
ファンの目をオシム監督就任に、向けさせようと、早い時期に騒ぎ出していましたよね。

>で、早速8月9日に国立競技場で行われるトリニダード・トバゴ代表との国際親善試合もありますよね。

そうなんです。楽しみにしているのですが、監督はもっと先を見て人選する気がしますね。

>オシム監督は日本人にあったサッカーをやってくれるのか?
どういう人選を行うのか?
どういう戦略、フォーメーションをとるのか?
初戦のメンバーは?

仰るとおり、興味津々です。以下、オシム語録だそうです。
友達が送ってくれました。ご参考までに、読んで見て下さい。
http://www.nikkansports.com/soccer/japan/f-sc-tp2-20060721-63924.html

>色々と気になってきました!

コーチに反町氏(U-21代表監督兼任)も入れられたようですし、楽しみですね。

>イエローカードの少ない、クリーンで正々堂々としたチームを作ってもらいたいです。

はい。反則をしないでボールを奪える技術を選手達にも、磨いて欲しいです。
今夜、私はBSのW杯特集を録画して観たのですが、決勝Tに進んだチームは、やはり強かったです。
人に強いというか、ボールに対する執念が違うというか、
日本選手には無かったものばかり…でした。
サッカーのオールスター戦も観ましたが、ファンも、もう少し冷静に観て欲しいと感じました。
オシム監督が、逆境時の、ハングリー精神も教え込んでくれると嬉しいです。


☆こひ〜さんへ

2006/7/22  1:14

投稿者:ほたる

Osamuさん、ご来訪、及びコメントをありがとうございました。

>初めてコメントします。神戸のOsamuです。よろしく!

此方こそ、どうぞ宜しくお願い致します。

>すごい知識ですね。

そう言って頂いて光栄です。でも、旧ユーゴスラビアという国については、
内戦とか、負のイメージが強く、どうしても目を背けてしまっていて、
あまりよく解っていなかったのです。
本当は、負の歴史にこそ、しっかり目を見開いて見なくてはけないのですよね。
オシム監督就任のお陰で、勉強する事が出来、改めて平和の大切さを身に沁みました。

>昔ユーゴスラビアと言っていた時、チトー大統領という人がいて、うまく民族間を調整していたそうです。

はい。ユーゴと言えば、チトー…というくらいカリスマ性があった大統領ですよね。
ナチス・ドイツの支配下のユーゴ時代に、抵抗運動の指導者となった事で著名ですね。
彼の死後、ユーゴは分裂へと向って行ったようです。
あまりに超人的なカリスマ性ゆえに、後継者になる人は、現れなかったのでしょうね。

☆Osamuさん、一瞬、Oshimuさんか!?と、びっくりしてしまいました。
また、お越し下さい。お待ちしています。


☆Osamuさんへ

2006/7/21  17:25

投稿者:こひ〜

どんな人にも歴史がありますね。
もうオシム監督で決まっているような雰囲気でしたが、正式に決定は今日だったのですね。
で、早速8月9日に国立競技場で行われるトリニダード・トバゴ代表との国際親善試合もありますよね。
オシム監督は日本人にあったサッカーをやってくれるのか?
どういう人選を行うのか?
どういう戦略、フォーメーションをとるのか?
初戦のメンバーは?
色々と気になってきました!
イエローカードの少ない、クリーンで正々堂々としたチームを作ってもらいたいです。


http://blog.livedoor.jp/kohhy_pajero/


※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ