2006/7/25

タイガー・ウッズ…天国の父に捧げる全英オープン連覇  全英オープン・ゴルフ他

全英オープン、4日間のツアーの終焉、18ホール目のカップにボールが沈んだ瞬間、タイガー・ウッズは、雄叫びを上げ、両手を天に向って突き上げた。その後だった、ウッズと共にツアーを周ってきたキャディのスティーブと抱き合った時、スティーブが耳元で「5月に亡くなったお父さんへ捧げる勝利だ」と囁いた。タイガーは、スティーブにしがみつくと、肩を震わせて号泣した。タイガーの目から、大粒の涙が溢れていた。そして、グリーン脇で見守っていた夫人のエリンさんの傍に行くと、その肩に顔をうずめて泣きじゃくった。タイガーが大会最終日には、必ず着用するという赤いシャツも涙で濡れていた。
クリックすると元のサイズで表示します 大粒の涙を流したタイガー・ウッズ。

今大会、タイガーは、初日は、ボギーからスタートしたものの、2日目はタイガー自身が目を見開く程の快進撃だった。イギリスのリバプールと言えば、ビートルズの出身地…。タイガーのその姿は、正に「Get Back」の曲そのものだった。パー72のコースをイーグル2つを含んだ、65のスコアで周り、トーナメント・リーダーに躍り出た。3日目は、スコアを若干落としたが、1位をキープ。そして最終日の4日目は1つのイーグル、4つのバーディを取り、スコア67。合計18アンダーで優勝した。メジャー新記録となる20アンダーこそ逃したが、その内容は解説の青木功氏も唸らせる程の圧勝だった。タイガー・ウッズ本来のショットが帰って来た。それは父の死の悲しみを乗越え、更に強くなったタイガーの姿だった。

タイガーウッズは、1975年12月、アメリカのカリフォルニア州で生まれた。父・アール氏は、黒人で、グリーンベレー(米軍特殊部隊)の元軍人。母、クルティダさんはタイ人で、その運動神経の良さは、父親譲りと言われ、黒人のバネと黄色人種の柔軟性を兼ね備えたプレーヤーとも言われている。天性の素質+努力…。タイガーがゴルフというスポーツに関ったのは、何と9ヶ月からだったそうだ。父・アール氏が短いパターとボールを与え、タイガーはいつもそのパターを担いでいたという。父の指導の下、二人三脚で1991年、16才で全米ジュニア・アマチュア選手権優勝を果たすと、以降3連覇を達成した。更にジュニアからランクを上げて、1994年から1996年にかけ、全米アマチュア選手権に3連覇を達成した。この三連覇は“タイガーズ・トリプル”と語り継がれている。

1994年 スタンフォード大学に入学するも、1996年、2年で中退して、プロに転向。プロ転向後僅か2ヶ月で、いきなり2勝を挙げ、世界ランキング33位に躍進した。そして、1997年4月13日、史上最年少の21歳3ヶ月でマスターズ・トーナメント初優勝。6月には、初の世界ランキング1位に輝いた。この時、黒人ゴルファーとして、初めてマスターズに出場した、チャリー・エルダー氏が、タイガーの初優勝の最終ラウンドに立ち会った逸話は有名である。当時、特に老舗のゴルフ場では、黒人が入場すら出来ないという人種差別意識がまだ残って居り、タイガーの活躍と躍進は、そんな差別意識を実力で持って一蹴した。数々の最年少記録を塗り替え、大躍進して来たタイガーだったが、その傍には常に父・アール氏の存在があった。
アール氏著「トレーニング・ア・タイガー」クリックすると元のサイズで表示します

しかし、アール氏は、前立腺癌に侵されていた。末期症状と告げられたタイガーは、恐らく父に見せる事が出来る最後のメジャーツアー、4月に開催されたマスターズで、1位を逃し3位となってしまった。悔いを残したまま、その後は父の看病の為にツアーから離れ、初めてクラブを握らない日を続けたが、その甲斐もなく、5月3日、父・アール氏は他界した。深い悲しみの中、復帰戦となった6月の全米オープンの予選では、ミスショットが目立ち、88位とプロデビューして初めて、予選落ちしてしまった。タイガーは立ち直れるのか?各メディアはこぞってタイガーの復活には、時間がかかるのでは?と報道した。だが、タイガーは強くなって帰って来た。

海に面したロイヤル・リバプールのコースは、芝の手入れを怠らないイギリスにして、連日の好天と高温で乾燥し固くなっていた。特に4日目はリンクス特有の風も強く、条件が厳しくなり、上位陣はスコアを崩した。そんな中、タイガーは冷静だった。硬いフェアウェイを計算して、2日目以降はドライバーを封印、タイガーのトレードマーク・寅の頭のキャップは、ドライバーに被せられたまま、アイアンとスプーンを使い分け、バンカーを避け手堅くグリーンをとらえる作戦にした。父・アール氏が生きていたら、そう勧めてくれると、タイガーは思ったそうだ。そして最終日の最終の18番ホール。セカンドショットを打ち終えた地点から、勝利を確信して歩いているタイガーの表情には、感極まったものを感じた。テレビ越しに観ているだけで、私も涙が溢れた。後にタイガーは、この時の事をこう語った。「父は、最後のパットを決める、このウィニングパットをもう観てくれる事はないんだと、実感していた。今日は自分の為にベストを尽くそうと思ったが、やはりこの勝利は父に捧げたいと思った」と…。

優勝を決めたタイガーの脳裏には、天国へと旅立った父・アールさんとの思い出が走馬灯のように浮かんでいたに違いない。タイガーの涙は、異例の暑さの為、枯れた芝が多かったロイヤル・リバプールゴルフ場をも、潤すような感動的な涙だった。ゴルフの指針だった父を失ったという逆境を乗越えたタイガー・ウッズ、天国の父親に見守られながら、次に目指すのは、帝王、ジャック・ニコラウスの持つ、プロメジャー通算18勝だ。後7勝…今年30才を迎えたばかりのタイガーにとって、充分な射程距離の範囲である。
0



2006/7/30  16:42

投稿者:ほたる


>ついでに、アール・ウッズさんについて。

またまた、貴重な御情報をありがとうございます。

>アールさんは13歳の時に両親を亡くし、ご苦労されたと思いますが、その後カンサス州立大学に進み、大学では奨学金を得た初の黒人野球選手でキャッチャーとして活躍。

すごいっ。黒人選手初の奨学金…なんてかなりなものですね。

>卒業後は陸軍に入隊します。ここでも、相当優秀だったそうで、ヴェトナムに派兵された頃の階級は中佐、しかもエリート集団のグリーンベレーの指揮官でした。

指揮官をなさってたのですか!
…知力も精神力も体力も整った本当に優秀な方だったのですね。

>ヴェトナムには2度派兵され、大佐に昇進していますから軍人としてのキャリアはトップクラスです。

タイガーの偉大さの裏には、こんなお父様の輝かしい歴史があったのですね。

>この時の友人であった南ヴェトナム軍のフォン・グエン大佐が戦闘中に行方不明となります。そして、この友人を偲んで、除隊後に誕生した我が子のニックネームを友人のニックネームであった「タイガー」とします。

はい。これは、本か何かで読んで存じていました。

>これがアールさんの略歴ですが、アメリカのメディアではグリーンベレーの指揮官時代に学んだ心理学がタイガーのメンタル面での強さのバックグラウンドだとも報じていました。

ゴルフは長丁場ですものね。精神的な強さも教え込まれたとは、
遺伝子+教育の厳しさもあったのですね。
ご自分がご苦労されていると、あながち、子供さんには甘くなると聞きますが、
アールさんは、タイガーの精神力も鍛え上げられたのですね。

>PGAではアールさんが亡くなった時に公式声明をリリースしていましたが、選手以外の人の死亡では異例です。

そうだったのですか。。確かに親さんの事を流すって異例中の異例ですね。

>アールさんの著作も今度読んでみたいと思いました。

はい。是非、お読み下さい。私も知人から借りました。

>PS:スピンとは無事和解。中味は「敗訴」ですが…

ほっ、良かったです。でも敗訴…でしたか。。
いらぬお世話なのですけど、私は、
和解金代わり?のお土産が、一体何なのか?とても気になっています。


☆スパイラルさんへ No3

2006/7/30  16:39

投稿者:ほたる

>それから、ほたるさんの記事にビートルズの"Get Back"が出てきて少し驚きました。と言うのは、ロイヤル・リバプールで全英オープンが開催されるのは実に37年ぶり。そして、"Get Back"のシングルが発売されたのが、前回ロイヤル・リバプールで全英オープンが開催された1969年なんです。

へぇーー?それは、偶然ですよ〜。
ただ「タイガーが復活して帰って来た」と思っただけで、全く存じませんでした。
ビートルズは、前の勤め先で、名古屋市内のライブハウス「Ya!Ya!Ya!」という所で、
カヴーバンドとして、ベースを弾いて歌っていた方の奥様が客様だったのです。
それで、そこへよく行っていたので、曲はわりと知っています。
とってもお上手らしく、その方達のバンドはポールも認めていたらしいです。
こちらに来た当時、銀行の次長さんもお連れしたのですが、
目を瞑ってうっとりとご自分の世界に入って聴かれてました。
ビートルズの曲は、CDも持っていますよ

>ちなみにB面は"Don't Let Me Down"(失望させないで) 今回の全英を振り返るとこれもまた意味深ですね。

そうだったのですか?
レコードのA面、B面って、懐かしいですね。
今ではCDやDVDに慣れてしまいましたが、
始めはCDも裏向けてかけてみたりしましたよね。

あれっ?されません?でした?私だけかしら?

☆スパイラルさんへ No2

2006/7/30  16:34

投稿者:ほたる

>それから、ほたるさんの記事にビートルズの"Get Back"が出てきて少し驚きました。と言うのは、ロイヤル・リバプールで全英オープンが開催されるのは実に37年ぶり。そして、"Get Back"のシングルが発売されたのが、前回ロイヤル・リバプールで全英オープンが開催された1969年なんです。

へぇーー?それは、偶然ですよ〜。
ただ「タイガーが復活して帰って来た」と思っただけで、全く存じませんでした。
ビートルズは、前の勤め先で、名古屋市内のライブハウス「Ya!Ya!Ya!」という所で、
カヴーバンドとして、ベースを弾いて歌っていた方の奥様が客様だったのです。
それで、そこへよく行っていたので、曲はわりと知っています。
とってもお上手らしく、その方達のバンドはポールも認めていたらしいです。
こちらに来た当時、銀行の次長さんもお連れしたのですが、
目を瞑ってうっとりとご自分の世界に入って聴かれてました。
ビートルズの曲は、CDも持っていますよ

>ちなみにB面は"Don't Let Me Down"(失望させないで) 今回の全英を振り返るとこれもまた意味深ですね。

そうだったのですか?
レコードのA面、B面って、懐かしいですね。
今ではCDやDVDに慣れてしまいましたが、
始めはCDも裏向けてかけてみたりしましたよね。

あれっ?されません?でした?私だけかしら?

☆スパイラルさんへ No2

2006/7/30  16:32

投稿者:ほたる

スパイラルさん、ご帰国されてその後、お疲れではないですか?

>とても良い記事ですね。さすがです。

とんでもないっ!でもスパイラルさんに誉めて頂いて、素直に喜んでいます。

>タイガー・ウッズはこれで2年連続3度目の"Claret Jug"獲得ですね。昨年のセント・アンドリュースでの優勝もジャック・ニクラウスのメジャー引退と重なって印象的でしたが、

はい。セントアンドリュース…ゴルフ場が好きなのですよ。
昨年も、眠い目を擦りながら、TVで観ていました。

>今回のロイヤル・リバプール(Hoylake)での優勝も素晴らしかったですね。

素晴らしかったです。神がかりなところを感じました。

>一頃の圧倒的なゴルフと違い、ティーショットでアイアンを手にするタイガーにむしろ強さを感じました。

そうなんです。
正にオールドマンパー…ゴルフ場と自然との勝負…人は敵ではない…という感じでしたね。

>ディスタンスよりコントロールを選択したのかと思いましたが、試合後のインタビューでは「1・3Wで普通は380ヤード、しかしホイレークのフェアウェイは固く、ボールが落ちてから距離が出すぎる」との事。やはり、モノが違いますね。

凄い計算力ですよね。
2日目なんて、もうカップの中に磁石でもあるかのように、
ボールが吸い込まれて行きました。

それにしても、スパイラルさん…ワシントンでご覧になっていたのですか?
あんまりお詳しいので、また、たまげたのですが。。


☆スパイラルさんへ No1

2006/7/28  3:01

投稿者:スパイラル

とても良い記事ですね。さすがです。

タイガー・ウッズはこれで2年連続3度目の"Claret Jug"獲得ですね。昨年のセント・アンドリュースでの優勝もジャック・ニクラウスのメジャー引退と重なって印象的でしたが、今回のロイヤル・リバプール(Hoylake)での優勝も素晴らしかったですね。一頃の圧倒的なゴルフと違い、ティーショットでアイアンを手にするタイガーにむしろ強さを感じました。ディスタンスよりコントロールを選択したのかと思いましたが、試合後のインタビューでは「1・3Wで普通は380ヤード、しかしホイレークのフェアウェイは固く、ボールが落ちてから距離が出すぎる」との事。やはり、モノが違いますね。

それから、ほたるさんの記事にビートルズの"Get Back"が出てきて少し驚きました。と言うのは、ロイヤル・リバプールで全英オープンが開催されるのは実に37年ぶり。そして、"Get Back"のシングルが発売されたのが、前回ロイヤル・リバプールで全英オープンが開催された1969年なんです。ちなみにB面は"Don't Let Me Down"(失望させないで) 今回の全英を振り返るとこれもまた意味深ですね。

ついでに、アール・ウッズさんについて。アールさんは13歳の時に両親を亡くし、ご苦労されたと思いますが、その後カンサス州立大学に進み、大学では奨学金を得た初の黒人野球選手でキャッチャーとして活躍。卒業後は陸軍に入隊します。ここでも、相当優秀だったそうで、ヴェトナムに派兵された頃の階級は中佐、しかもエリート集団のグリーンベレーの指揮官でした。ヴェトナムには2度派兵され、大佐に昇進していますから軍人としてのキャリアはトップクラスです。この時の友人であった南ヴェトナム軍のフォン・グエン大佐が戦闘中に行方不明となります。そして、この友人を偲んで、除隊後に誕生した我が子のニックネームを友人のニックネームであった「タイガー」とします。
これがアールさんの略歴ですが、アメリカのメディアではグリーンベレーの指揮官時代に学んだ心理学がタイガーのメンタル面での強さのバックグラウンドだとも報じていました。PGAではアールさんが亡くなった時に公式声明をリリースしていましたが、選手以外の人の死亡では異例です。アールさんの著作も今度読んでみたいと思いました。

PS:スピンとは無事和解。中味は「敗訴」ですが…

2006/7/27  17:13

投稿者:ほたる

>とはいえ美しく豪快なスイングは誰にも真似できないもの。
あんなスイングをしてみたいなあ、といつも思い続けています。

体が柔らかいですよね〜。筋肉のバネも凄そうですし。。

>(同じことしたら体中の筋肉や靭帯がぶち切れるでしょう(笑))

いきなり真似したら危険ですよね。腰とかも、ぎくっっ…となりそうです。

今後もまだまだ、タイガーの時代が続くのでしょうね。
人間的に成長したタイガーの活躍ぶりが、楽しみです。。



☆KEYさんへ No2

2006/7/27  17:12

投稿者:ほたる

KEYさん、こんばんは、でしたね〜。朝かと思って山張ってしまいました(笑)

>"The Open"の会場は、この時期とは思えないほど枯れ芝に覆われていてびっくりしました。

試合開始直前まで、猛暑だったようですね。私も信じられない光景でした。

>jタイガー・ウッズは一時期のセンセーショナルな勢いは
影を潜めて、「打倒タイガー」の旗手は誰か、なんていう
話も陳腐になってきたほどですが、コンスタントにここ数年
上位に出てくる選手は他にはいないですね。

そうですねー。でも今大会、3日目までは結構僅差でしたね。
正直言って、ちょっと、心配しました。

>ずっと以前ですが、クローズアップ現代で国谷さんが
インタビューしていたとき、こんな質問が出ました。
「タイ人のお母さんを持ち、アフリカ系アメリカ人の
お父さんを持つあなたは、ご自身を人種的にはどのように
とらえていますか?」

何とも、失礼な事を聞いたように思いますが、
でも、避けて通れない問題なのですよね。。

>タイガーの答えは忘れられないものでした。
"I am a human."

人間である…という事ですか。。素晴らしい答えですね。
幕末の坂本龍馬が、「地球人」と言っていた言葉を思い出しました。
当時、藩が一国のような感覚の時代ですから、
日本人という概念を超えて、地球人という発想は斬新に感じました。

>一時期私もミーハーなタイガー・ファンで、ゴルフウェアや
シューズなどもナイキのタイガーのもので固めていましたが、
最近はあまりに多くの人が使っているので、オリジナリティが
出せないのでやめましたが・・・

私なんて、タイガー使用ではないのですが、
ナイキのマークには憧れて、白地のTシャツに筆でぴゅっと、
ナイキマークを書いちゃおうって思いましたよ。
知り合いの小父様達は、タイガーの赤いウェアを真似てました。
スコアは………赤いウエアの如く………炎上したらしいです。。


☆KEYさんへ No1

2006/7/26  22:46

投稿者:KEY

ほたるんさんこんばんは



"The Open"の会場は、この時期とは思えないほど枯れ芝に覆われていてびっくりしました。
タイガー・ウッズは一時期のセンセーショナルな勢いは
影を潜めて、「打倒タイガー」の旗手は誰か、なんていう
話も陳腐になってきたほどですが、コンスタントにここ数年
上位に出てくる選手は他にはいないですね。

ずっと以前ですが、クローズアップ現代で国谷さんが
インタビューしていたとき、こんな質問が出ました。

「タイ人のお母さんを持ち、アフリカ系アメリカ人の
お父さんを持つあなたは、ご自身を人種的にはどのように
とらえていますか?」

タイガーの答えは忘れられないものでした。

"I am a human."


一時期私もミーハーなタイガー・ファンで、ゴルフウェアや
シューズなどもナイキのタイガーのもので固めていましたが、
最近はあまりに多くの人が使っているので、オリジナリティが
出せないのでやめましたが・・・

とはいえ美しく豪快なスイングは誰にも真似できないもの。
あんなスイングをしてみたいなあ、といつも思い続けています。

(同じことしたら体中の筋肉や靭帯がぶち切れるでしょう(笑))


http://blogs.yahoo.co.jp/hiroshikey66

2006/7/26  15:48

投稿者:ほたる

こひ〜さん、日焼けの痛みは治まりましたか?

>ゴルフに関してはコメントするほど詳しくないです。

なさったことが無いのですか?ああ、こひ〜さんは、個人でプレーするより、
大勢で…チームでするスポーツがお好きだって仰ってましたね。

>でもタイガーは凄いね!

はい。凄いとしか言えないですね。

>それだけは分かる! それだけしか分からん。。。

ふふっ。いや、素晴らしく正直なコメントを、ありがとうございました。

今日も、日焼け日和ですね。また、太陽の下で昼食なさったのでしょうか?
火傷状態にならないように、少しずつ焼いていって下さいね。


☆こひ〜さんへ

2006/7/26  15:43

投稿者:ほたる

>全然、話は変わるけど、今日ちょっとだけ「ストラディバリ」を弾いたの。

ま、まじ、、、まじですかっ!?!?

>友だちの家ので、弾いていいって気楽に言うから試しに弾いたんだけど、こんなものが家にあるのがイタリアのお金持ちの怖いところ。

凄すぎますね〜。音色は如何だったのかしら?

>状態もすごく綺麗だったから何億円もしますよ、きっと。

。。。。。ですね。言葉もありません。

>イタリアには相続税とか贈与税が無いから、お金持ちはいつまでもお金持ち。

えーーっ?そうなのですね。またまたびっくり。。
その分、所得税とか、消費税が高いのかしら?

>日本のお金持ちはきっと羨ましがるでしょうね?

はい。資産価値が高いと、相続税が支払えず、手放す方も多いとか。。
アメリカも、州によって若干違うようですが、
現在は、確か相続税、贈与税ともに、高いのですよね。
羨ましい話です…って、そういう税率を気にする位
お金持ちになってみたい…という羨ましさでした。チャンチャン。。

。。宝くじ…買おうかな。。

あっそうそう、8月3日(確か?)にアイスショーがあって、
荒川さん、真央ちゃん達が出演し、TV放映があります。楽しみ〜♪。
スピンさん、苦手のゴルフのお話、
そして、腰が抜けそうな凄いお話…ありがとう。また、お待ちしていますね。

☆スピンさんへ No3


※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ