2005/10/14


いやはや、昨夜は、まったくをもって寝苦しい一夜だった。昨日のアリーグ優勝決定戦シリーズ
の「振り逃げ」事件?を、ニュースではどんな風に説明されているかと、アメリカのスポーツ各誌
のサイトや、MLBの公式サイトを探しまくっていた為、目にアルファベットが焼きついてしまい、
瞼を閉じても、アルファベットの文字が攻めてくるようだった。結果各ニュースサイトはバッターが、
三振時の写真が突然、張り替えられていたり、種々様々であったが、やはりエンジェルス
の公式サイトが、私がTV観戦した情景と近かったように思われた。その好奇心と英文アレルギー?
との戦いは、私には随分過酷であったのだ。アルファベットの襲撃?から身を守る為に今夜は夜空
でも観て、暫し目と心を休めたいと思う。下り坂だと伝える天気予報が、少しばかり気になる所だ。

星といえば、NASAが火星に人類を送り込むことを計画中だそうだ。その計画に便乗してか
火星の土地を売る業者まで存在するらしい。持ち主の無い物を売るのはどうかと思うが、
当り前だが法律が無いのか?商売として成り立ち、買う人がいると言うから、驚きである。
その火星が今月30日、2年2ヶ月ぶりに大接近するそうだ。火星は太陽の周りを
1年10ヶ月かけて公転しているが、地球の軌道が、ほぼ円軌道であるのに対し、
火星の軌道が楕円軌道のため、火星と地球が、接近する場所によってその距離に
大きな差が出るのだそうだ。接近時の距離は、1億キロから5600万キロまでの差が有り、
2003年、8月の大接近は、6万年ぶりの最も接近する年に当たっていて話題になった。
6万年というと、余りにも、そこはかとなくて想像する事すら不可能だが、それが宇宙の
計り知れない大きさなのだろう。2年前は、プラネタリウムに出かけ、天体望遠鏡でも見せて貰った
が、その時期、たまたま飛行機に乗る機会もありアラスカ上空で高度15000mの機内から観る事も
出来た。その姿は肉眼で観ても、過去に観た事のない大きさであり、赤い輝きは幽玄であった。

今年の接近距離は、約7700万キロだという。2年前の8割程の大きさだそうだが、
それでも、こんなに近づく事は、私達が生きている内には、まず有り得ない。
もう既に、近づきつつあるので、今夜でも確認できるはずである。そろそろ
夏の星座、さそり座が姿を消し、オリオン座等、秋から冬の星座も見え出す頃だ。
秋の夜長。天気の良い夜は、空を見上げて、心静かに天体ショーを楽しみたい。

今回の大接近時、火星の等級はマイナス2等級の明るさになるそうだ。100Wの電球
を1キロ先から見ると、だいたいマイナス4等級の星と同じ明るさになると言うから
その明るさが目安になる。因みに2003年の大接近時は、マイナス3等級であった。
クリックすると元のサイズで表示します天文部所属時の従弟撮影
0




※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ