2006/8/21

4112校の頂点へ…早稲田実業VS駒大苫小牧、引き分け再試合  日記(今日思うこと)

第88回、全国高校野球選手権大会は、ホームランの大会記録を塗り替えた数が物語るように、大量得点の勝負が多かった。しかし20日に開催された決勝戦は、早実・斉藤投手と駒大苫小牧の田中投手の気迫ある投手戦となった。早実の斉藤祐樹投手は、ポケットから出したハンカチで汗を拭うシーンが有名になり「ハンカチ祐君(ハンカチ王子)」と呼ばれている。しかし、そのような律儀で大人しいイメージとは裏腹に、15イニングを7安打1失点、16奪三振。15イニング178球を、1人で力強く投げ抜いた。特に15回に投げたストレートは147キロを記録し関係者を驚かせた。一方、駒大苫小牧の田中将大投手は、昨夏の優勝投手で、3回途中のピンチから登板し、12回3分の2を7安打1失点に抑え、10奪三振、165球の投球で、両雄譲らずの熱投だった。
クリックすると元のサイズで表示します 15回を終了してお辞儀をし、讃えあう両校の選手達。

駒大苫小牧は、戦前の1931年から1933年にかけて中京商業(愛知・現中京大中京)が3連覇を果たしてから、73年ぶりの偉業をかけて、また、早実は、1957年の春の選抜高校野球大会で王貞治氏らが優勝して以来、夏の大会では初の優勝を胃癌の手術をして療養中の王監督に届けたい想いもあり、両校それぞれの夢をかけて決勝戦に臨んだ。延長15回、大会規定で引き分けが決定した瞬間、観客席からはねぎらいの拍手が巻き起こった。5万人の観衆は誰も帰ろうとはせず、両校の死闘を見守っていた。決勝戦の引き分け再試合は、1963年当時18回までと決められていた、三沢高校(青森)VS松山商業高校(愛媛)以来37年ぶりとなった。試合後2人の投手は、お互いの健闘を讃え合い、「もう1試合できるのは嬉しい」と語ったという。
今大会5試合を投げて防御率1.00の斉藤投手。 クリックすると元のサイズで表示します

斉藤投手は、明日も先発すれば4連投となるが、今年、春の選抜でも、関西高校(岡山)と引き分け再試合を経験しており、再試合では見事に勝っている。甲子園球場で、1年間に2度の引き分け再試合をする事も、史上初の記録となるそうだ。 斉藤投手は、140キロ台の速球と鋭い角度で決まるスライダーが武器。試合全45回を投げ抜き防御率1.00は見事な成績である。打率も4割と打撃センスも良い。打線としては4番の後藤選手と5番の船橋選手を中心に下位までしぶとく、好機に集中打で畳み掛ける。また、駒大苫小牧の田中投手は、大会ナンバー1と言われて来た右腕で、今大会に入って本調子ではないと噂されながらも、140キロ台の重い速球力(最速150キロ)と強い肩から繰り出される高速スライダーは、そうそうは打たれない。打線では、出塁率の高い1番の三谷選手と、3番中沢選手、4番で主将の本間選手が勝負強さを見せてきた。ここまで来れば両校優勝させてあげたいような気分ではあるが、真紅の優勝旗を2つに分ける訳には行かず勝負の厳しさを感じている。再試合の勝敗は、両投手の肩のケア・回復ぶりが鍵となりそうだが、選手らにとって疲れが出ての失策が無いように、悔いの残らない試合をして欲しいと願いたい。
クリックすると元のサイズで表示します 開催前から注目された昨年優勝投手の田中投手。

以下、両校に敬意を表し、簡単にその歴史を紹介して置きたい。

◎早稲田実業高校 (東京都 国分寺市)
1901年(明治34年)創立。野球部創部は4年後の1905年で東京では最も古い。早稲田大学の傘下から、1963年に系属校になる。男子校だったが、2002年から共学になった。野球部員は67人(内マネージャー1人)。甲子園へは春18回、夏27回出場。優勝は1957年春の大会。卒業生には、王貞治氏(ソフトバンク監督)、荒木大輔氏(西武コーチ)、川又光利氏(中日元外野手)、ミュージシャンの小室哲哉氏らがいる。

◎駒大付属苫小牧高校 (北海道 苫小牧市)
1963年(昭和39年)創立。創部は開校と同時の1963年。駒沢大学の付属校として創立し、体育、文化、などのコースがある。野球部員数102人(内マネージャー3人)、甲子園出場は春2回、夏は6回出場。一昨年北海道勢として初の全国制覇をし、昨年2連覇を果たしている。卒業生には、加藤謙如氏(横浜元外野手)、スピードスケート元オリンピック代表で現参議院議員の橋本聖子女史、現役スピードスケート選手の田畑真紀選手がいる。
0



2006/8/24  15:33

投稿者:ほたる

ぼくあずささん、ご丁寧にお返事して頂いて、ありがとうございました。

>残念ながら王さんの早実卒ではありませんが、私も稲穂の金ボタンの制服でした。

当時はボタン1つにも、意味があって味わいがありますね。
今でも、制服にその伝統が続いていると良いですね。

>王さんが巨人に入団してガッカリの理由は、彼が進学の希望を諦めたことです。しかたがない選択だったと思います。蛇足ながら。

ありがとうございます。そうですね。
でも、六大学野球でプレーして欲しかったと、願った方達も多かったでしょうね。

王さん、1日も早く元気になって頂きたいですね。祈っています。

☆ぼくあずささんへ

2006/8/23  4:17

投稿者:ぼくあずさ

ほたるさん
残念ながら王さんの早実卒ではありませんが、私も稲穂の金ボタンの制服でした。王さんが巨人に入団してガッカリの理由は、彼が進学の希望を諦めたことです。しかたがない選択だったと思います。蛇足ながら。

http://flueren.blog.ocn.ne.jp/dorf_flueren/

2006/8/22  16:58

投稿者:ほたる

姫、コメントありがとう。MLBネタや戦争ネタばかりでして…ごめんね。

>ようやくコメント出来る記事だわ(むほほ)
ワタクシ道産子ですので、この時期 高校野球は見るザマス。

73年ぶりの3連覇…いかに厳しいかわかりますね。
ここまで来るのに、先輩の不祥事など苦難があって
それを乗越えて、素晴らしかったと思います。

>昔は一回戦で負けるのが普通だったのに、駒苫 すごすぎっ!!

でしたね。どうしても北海道とか、東北とかのチームを応援してしまいます。

>だってだって、気候が全然違うんだよー。北海道にはハンデあげてよ(@_@;)
。。。って以前は思っていたほど・・・^^;

雪でグラウンドが使えない時期が長いですもんね。
一昨年の優勝には、真紅の優勝旗が津軽海峡を渡る…と感動しました。
でもね。すごい越境入学だね〜、田中君って兵庫の出身と聞いてびっくりしました。

>昨日は忙しくて見られなくて残念だったけど(日記参照♪)
今日は生徒のレッスンが一人なくなって 見られそうだわ。もうすぐだね〜(わくわく)
北海道チーム、がんばれーーーっ(^^)v

感動を、良い試合を…ありがとう。。


☆ピュアラ姫様へ

2006/8/22  16:49

投稿者:ほたる

ぼくあずささん、早実は母校なのでしょうか?

>私は王さんの早実が優勝した1957年に大学に入学。

大学は早稲田大学ご出身?なのですね。。

>彼が巨人に入団した時はガッカリ。

ぼくあずささんは、どちらの球団に入って欲しく思われたのですか?

>その後、小学校のクラス会の時にクラスメイトから「ぼくちゃん息子が早実に合格したのよ。」と云いながら合格通知書を見せてくれました。よほど嬉しかったのですね。

そうですね。さぞやお喜びでしたね。

>早稲田の付属校になったのを知りませんでした。

私は、疎いのでずっと付属校だと思っていました。

>彼女も早実の快進撃に若い頃の楽しい記憶をダブらせて声援していると思います。「早稲田の栄光」を聴きたいものです。

おめでとうございました。

☆ぼくあずささんへ

2006/8/21  12:37

投稿者:ピュアラ

ようやくコメント出来る記事だわ(むほほ)
ワタクシ道産子ですので、この時期 高校野球は見るザマス。
昔は一回戦で負けるのが普通だったのに、駒苫 すごすぎっ!!
だってだって、気候が全然違うんだよー。北海道にはハンデあげてよ(@_@;)
。。。って以前は思っていたほど・・・^^;

昨日は忙しくて見られなくて残念だったけど(日記参照♪)
今日は生徒のレッスンが一人なくなって 見られそうだわ。もうすぐだね〜(わくわく)
北海道チーム、がんばれーーーっ(^^)v



http://plaza.rakuten.co.jp/traviata/

2006/8/21  3:48

投稿者:ぼくあずさ

ほたるさん
私は王さんの早実が優勝した1957年に大学に入学。彼が巨人に入団した時はガッカリ。その後、小学校のクラス会の時にクラスメイトから「ぼくちゃん息子が早実に合格したのよ。」と云いながら合格通知書を見せてくれました。よほど嬉しかったのですね。早稲田の付属校になったのを知りませんでした。彼女も早実の快進撃に若い頃の楽しい記憶をダブらせて声援していると思います。「早稲田の栄光」を聴きたいものです。

http://flueren.blog.ocn.ne.jp/dorf_flueren/


※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ