2006/8/25

36才新人…メジャーリーグの斉藤投手と高校生ドラフト  Boston Red Sox・MLB

近頃では、斉藤投手と言えば、高校野球選手権大会で優勝した早稲田実業高校の斉藤祐樹投手を連想してしまうが、メジャーリーグで活躍している斉藤隆投手も居る事を忘れてはならない。斉藤投手は、1991年ドラフト1位で横浜ベイスターズへ入団後、在籍10年を越えて確実にキャリアを積み、守護神としての立場を確立していた。しかし2002年、フリーエージェントとなってメジャー移籍に失敗した以降の、2003年から2004年は、全く成績を残せず二軍落ちさえ宣告されていた。そんな斉藤投手がやっと復活の兆しを見せた2005年オフに、再びメジャー挑戦を宣言し、横浜ベイスターズを退団した。
得意の変化球でセーブを挙げる斉藤隆投手。クリックすると元のサイズで表示します

明けて2006年2月、斉藤投手は、36才の誕生日直前に、ロサンゼルス・ドジャーズとマイナー契約をし、キャンプからオープン戦にかけて投球を続けていた。球団側から開幕マイナースタートを告知されたものの、ブルペンピッチャーとして2度目の登板の際、変化球に切れがあると高く評価され、開幕直後の4月6日、エリック・ガニエ投手の故障者リスト入りと入れ替わりにメジャーへ昇格した。この日は、36才の新人メジャーリーガー誕生の記念すべき日となった。5月になってからは、セットアップとして活躍。5月13日には、バリー・ボンズと相対し、完全に抑えきった。その時のインタビューで「夢のようで感無量。幸せです」 と答えていた姿が印象的だった。

6月に入り、ドジャーズのグレイディ・リトル監督は、斉藤投手をクローザーに指名。以後、得意の変化球で、8月23日現在、5勝、2敗 14セーブ、防御率2・24という、ナショナルリーグの新人守護神として、素晴らしい成績を残し、チームの西地区首位に貢献している。月刊メジャーリーグ掲載の斉藤投手のコメントによると、「メジャーで使用しているボールは、縫い目が大きいので、変化球の曲がりが大きくなリやすい。カーブなどは日本で投げていた時より良くなった」と答えている。速球のスピードは92マイル平均であるが、抜群のコントロールを誇り、低めにきっちりと投げられるのだそうだ。
メジャー、オールドルーキー・斉藤投手の夢舞台は続く…。クリックすると元のサイズで表示します 

オールドルーキー・斉藤隆…1970年2月14日生まれ、188cm 90キロ、右投げ左打ち。東北高時代は野手として甲子園に出場した。東北福祉大学へ進学後、投手へ転向。大学日本一に貢献した。1991年のドラフト1位で横浜大洋(現横浜)に入団。翌2年目から先発ローテーションに定着し、1996年には最多奪三振のタイトルを獲得して初の2桁勝利を挙げた。1997年の開幕前に右肘を手術し、1年のブランクが空けたが、翌年に復活、13勝5敗の好成績を残し、チームのリーグ優勝に貢献した。更に日本シリーズでも2勝を挙げ、チームを38年ぶり日本一へと輝やかせた。その後、2000年にストッパー(クローザー)へ転向。慣れるのに時間がかかり、直ぐに結果は出せなかったが、トータル2年間で、47セーブを挙げ、守護神としての地位を確立した。先に述べたメジャー移籍失敗から3年間の時を経て再挑戦。マイナー契約からスタートしたが、プルペンピッチャーとしてクローザーに定着するという大出世を果たした。

各メディアでは既に、ハンカチ王子…早実の斉藤投手の進路に注目が集まっている。9月25日のドラフト会議に向けて、各球団の争奪戦ぶりも報道されているが、メジャー初挑戦の失敗を乗越え3年越しで、2度目のチャレンジをし、36才になっても尚、夢を叶えようと未知の世界で好投し続けている…斉藤隆投手にも、もっとスポットを当てて欲しいと思った。私はTV画面ではあるが、斉藤隆投手の姿を見て、その瞳の中に夢と希望に満ち溢れた高校球児達と、同じ輝きを見つけた気がした。

◎追記 2006年 高校生ドラフト会議に至る日程
全国高校野球選手権大会が閉幕した翌日・22日からプロ志望届けの提出を開始し、9月15日に締め切られる。9月18日の時点で、ペナントレース順位でウエーバー順が決定(セリーグ6位から)。20日に各球団が大学・社会人ドラフトの『希望入団枠』を行使するか否かを表明する。『希望入団枠』を行使しない場合、高校生ドラフトの1巡目入札に加え、2巡目の指名権を獲得(行使する場合、2巡目は無し)。9月25日に、ドラフト会議を迎える。


0



2006/8/30  21:17

投稿者:ほたる

しのいちさん、こんばんは。でしょうか?

>どうもです、久々の訪れになっちゃったかも。

ご訪問、ありがとうございます。私も夏ばてか、寝てばかりいて、久々に更新をしました。

>斉藤はねえ、横浜が優勝したころ、
川村と並んで、どの試合でも負けそうに無いオーラも持ってましたよ。

私も、その当時の印象はあったのですが、どうしちゃったの?という感じでした。

>メジャーでどうかな、おもっていたけれど、
よくやってますねえ。

はい。クローザーは、精神的にも大変な仕事ですよね。
相対する強力な打者相手に、頑張ってますよね。

>確かにイチロー、松井もいいけれど、
もっとマスコミもとりあげてくれればいいのに。

そうですよね。登板した時位は、スポーツニュースでも、画像とか流して欲しいです。
他にも、独立リーグで投げている人とかも、偶には取上げて欲しいです。
(しのいちさん、お時間があられましたら、リンクしている長坂投手のHPも見て下さいね)


☆しのいちさんへ

2006/8/30  0:19

投稿者:しのいち

どうもです、久々の訪れになっちゃったかも。

斉藤はねえ、横浜が優勝したころ、
川村と並んで、どの試合でも負けそうに無いオーラも持ってましたよ。
メジャーでどうかな、おもっていたけれど、
よくやってますねえ。
確かにイチロー、松井もいいけれど、
もっとマスコミもとりあげてくれればいいのに。

http://diary.jp.aol.com/x8tsmn9g85/

2006/8/29  12:42

投稿者:ほたる

tanipenさん、此方こそ、ご無沙汰していました。

>ほたるさん。お久しぶりです。暑さによる夏バテと不眠との戦いながらの毎日ですね。お元気でしょうか?

多分、夏ばてなのでしょうね。少々へばっています。
でも、最近よく眠っていますので(寝てばかりかもです)復活出来ると思ってます。

>やっとネットがつながりましたので、久々参拝させていただきました。

ありがとうございました。ボストンには何時お出かけですか?

>さて、ドジャースの斉藤投手ですが、36才からのMLBでの活躍は、野球選手に大きな希望与えているはずです。

はい。来季も引き続き、頑張って欲しいです。

> 一方、早実の斉藤投手ですが、彼のタフさはハンパじゃありません。
大学にせよ、プロにせよ、これからに注目したいですね。

そうですね。4連投と再試合…全試合では600球を越えていましたね。
それで、147キロの速球を投げていました。細身なのに凄いですね。
ただ、この酷使が、後々に響かなければいいなと願っています。


☆tanipenさんへ

2006/8/29  12:36

投稿者:ほたる

こひ〜さん、お返事遅くなりました。ごめんなさい。
バレーボールの試合も殆ど見逃してしまいました。トホホでした。

>斉藤投手はいったいどうしちゃったんだろ?って感じです。
ベイスターズからメジャーに移籍する前はホント怪我とか調子が悪いとかで、全然でしたもんね。

そうみたいですね。報道も少なく、期待されていなかったですね。

>斉藤というかつてのエースの名前で登板機会はありましたが。
日本でも抑えはやりましたけど、いまいちでしたな。

そうでしたか。。私は、日本での活躍ぶりとしては、先発の時しか知らなかったです。

>それがメジャーで成功するってことはやっぱ調整方法とか違うのでしょうかね?

そうですね。努力もしたのでしょうが、変化し易いボールとも相性が良かったのでしょうか。。

>バッティングもまぁまぁなんですけど、まだ見れませんよね。右投げ左打ち。

はい。そうなんです。押さえで登場なので、バッターボックスに立つことは殆ど無いようですね。
観てみたいです。。こひ〜さん、また、こひ〜さんちへ伺わせて頂きますね。



☆こひ〜さんへ

2006/8/29  12:29

投稿者:ほたる

>ところで早実の斎藤はたいへんな人気者になりましたね。
MLB志向が強いそうですから、いずれアメリカでプレーするのかも
知れません。

アメリカ遠征をしますが、そこでの活躍ぶり如何では、MLBも目をつけるのでしょうか?
先日NHKスペシャルで、斉藤投手の低めのスライダーを受けるキャッチャー白川君について、
報道していました。体に痣を作りながら、必死で止める練習を重ねたとか。。
斉藤投手を支えて来た姿に、感動しました。

>とはいえ、実生活でもエリートとはかけ離れている私は、こういう
エリートにはぜんぜん関心がありません。(自らを「デリート」と
呼んで苦笑されているくらいです)

あはは。デリートですか。。上手いっ!今後私も使わせて頂きます。

>野茂のような、正統的でない道を歩んできた人に、圧倒的に魅了されます。

そうですね。野茂投手には、もう1度、脚光を浴びて欲しいですね。

>斎藤隆とか大家とか、もっとそういう人も報道すればいいのにね。

はい。大家投手も、変化球を巧みに使って頑張っていますね。

>もっともそういう人たちをきちんと書くことは、報道する側の
力量も問われることになるでしょう。

確かに。。情報を集めて自分で組み立てなければならないですね。
私も、今、独立リーグで活躍しているある投手の特集を書きたいのですが、
彼の良さを引き出すように書けるか、四苦八苦しています。

>ドジャーズもプレーオフに出られる可能性は高いですね。
そうなったらもっと注目されるでしょう。そしてNomarも
テレビで観られるかな。

そうですね。元レッドソックスの面々が観られるのは楽しみですね。

>※映画"The Rookie"は大好きな作品です

やはり、ご存知でしたね。私も「オールドルーキー」…大好きです。
実話の映画化ですから、心の中に「ぐっ」と来ますよね。


☆KEYさんへ No2

2006/8/29  12:28

投稿者:ほたる

KEYさん、ようこそ!お母様の具合は如何ですか?

>ほたるさん、ごぶさたしています、こんばんは。
お元気ですか?

私は、何だか、今頃夏ばてしています。

>草野球−ゴルフ−ゴルフで、3週連続の熱中症になり、そろそろ
脳細胞も大量に死滅しつつあると危惧されます。

大丈夫ですか?でも、運動されていて羨ましいです。
(失礼しました。羨ましがったって、運動も、普段の心がけ次第だというのに。。)

>とはいえそうなっちゃったらそうなっちゃったで仕方が無いのですが、
私の文章が今にもましておかしくなったら、症状が出始めたな、
と思ってくださいまし。

いえいえ、少しぐらい死滅しても、まだまだ、大丈夫ですよ。
KEYさんの論理的な意見には、いつも頭が下がります。

>明日も草野球なので、4週連続となる可能性も高いですが、雨だとのことで
中止になるかもしれないなあ・・・

如何でしたでしょうか?

>ところでやっと本題に入りますが、ドジャーズの斎藤は今年の
MLBのポジティブ・サプライズのひとつですね。ここまで
やるとはちっとも思っていなかった。

そうでしたね。私の中も存在すら、薄くて注目できていませんでした。

>ネガティブ・サプライズは、レッドソックスがここまで「悪の帝国」に
離されちゃったこと。

あの、ホームでの連敗は痛かったですね〜。

>(BDDのスターウォーズのパロディ写真
みました?スタインブレナー・ボスの顔した「皇帝」が、テオの顔の
ルークをやっつけてるもの。けっこうウケましたが・・・)

逆襲を期待していましたが、厳しくなって来ましたね。
確か、ヤンキースタジアムでも連戦がありますね。
その時に、一矢を報いて欲しいです。

☆KEYさんへ No1

2006/8/29  12:10

投稿者:ほたる

JUNさん、こんにちは。ボストンは涼しくなったようですね。

>ほたるさん、こんにちは。体調は如何ですか?

ありがとうございます。少々へばっています。夏の疲れでしょうか。。
若くないなぁ…と、つくづく実感です。

>ドジャースの斉藤隆投手の活躍がとても大きな評判になっているようで
凄いですね。

はい。紆余曲折があっての活躍、こういう選手が認められるのは嬉しいですね。

>今年のドジャースは、リトル監督、ガルシアパーラ、ロー、ミューラー
といった、2003年のレッドソックスの監督とスター選手たちが集合し
ています。

そうでしたね。ホント、リトル監督の元に、集まってしまいましたね。

>ボストンのテレビでも、よく彼等の活躍が紹介されていて、
その中で斉藤投手が活躍し評価されているところに、親近感を覚えま
す。

ドジャースは野茂投手もいましたし、馴染みがありますね。
私は、親近感がありすぎて、いつもドラゴンズのユニフォームと間違えてしまいます。
あっ、此方が真似?したんですよね。。

>今年のドジャースとred soxが対戦したら、応援に困っただろう、
などと勝手な想像をまでしてしまいます。

そうですね。幸いにして、交流戦でも対戦がなかったようですね。

>レッドソックスは、今、ポストシーズンへ向けて非常に厳しい状態です
が、何とか10月もプレーしていてほしいな、と願っています。

はい。だけど色々な意味で、膿を出せて、良い機会だなとも思いました。
優勝した翌年から、準備というか、何かが足りなかったように思います。

>オールドルーキーの輝く瞳か。。。
そういう輝き、いくつになっても無くしたくないですね。

はい。いつでもチャレンジして行くという姿勢…忘れたくないですね〜。

ボストンは、朝晩、冷えて来たそうですが、風邪など引かないで下さいね。


☆JUNさんへ

2006/8/26  20:48

投稿者:tanipen

ほたるさん。お久しぶりです。暑さによる夏バテと不眠との戦いながらの毎日ですね。お元気でしょうか?
やっとネットがつながりましたので、久々参拝させていただきました。
さて、ドジャースの斉藤投手ですが、36才からのMLBでの活躍は、野球選手に大きな希望与えているはずです。

 一方、早実の斉藤投手ですが、彼のタフさはハンパじゃありません。
大学にせよ、プロにせよ、これからに注目したいですね。

http://plaza.rakuten.co.jp/tanipen/

2006/8/25  23:05

投稿者:こひ〜

斉藤投手はいったいどうしちゃったんだろ?って感じです。
ベイスターズからメジャーに移籍する前はホント怪我とか調子が悪いとかで、全然でしたもんね。
斉藤というかつてのエースの名前で登板機会はありましたが。
日本でも抑えはやりましたけど、いまいちでしたな。
それがメジャーで成功するってことはやっぱ調整方法とか違うのでしょうかね?
バッティングもまぁまぁなんですけど、まだ見れませんよね。右投げ左打ち。

http://blog.livedoor.jp/kohhy_pajero/

2006/8/25  21:39

投稿者:KEY

ほたるさん、ごぶさたしています、こんばんは。
お元気ですか?

草野球−ゴルフ−ゴルフで、3週連続の熱中症になり、そろそろ
脳細胞も大量に死滅しつつあると危惧されます。
とはいえそうなっちゃったらそうなっちゃったで仕方が無いのですが、
私の文章が今にもましておかしくなったら、症状が出始めたな、
と思ってくださいまし。

明日も草野球なので、4週連続となる可能性も高いですが、雨だとのことで
中止になるかもしれないなあ・・・


ところでやっと本題に入りますが、ドジャーズの斎藤は今年の
MLBのポジティブ・サプライズのひとつですね。ここまで
やるとはちっとも思っていなかった。

ネガティブ・サプライズは、レッドソックスがここまで「悪の帝国」に
離されちゃったこと。(BDDのスターウォーズのパロディ写真
みました?スタインブレナー・ボスの顔した「皇帝」が、テオの顔の
ルークをやっつけてるもの。けっこうウケましたが・・・)


ところで早実の斎藤はたいへんな人気者になりましたね。
MLB志向が強いそうですから、いずれアメリカでプレーするのかも
知れません。

とはいえ、実生活でもエリートとはかけ離れている私は、こういう
エリートにはぜんぜん関心がありません。(自らを「デリート」と
呼んで苦笑されているくらいです)

野茂のような、正統的でない道を歩んできた人に、圧倒的に魅了されます。

斎藤隆とか大家とか、もっとそういう人も報道すればいいのにね。
もっともそういう人たちをきちんと書くことは、報道する側の
力量も問われることになるでしょう。

ドジャーズもプレーオフに出られる可能性は高いですね。
そうなったらもっと注目されるでしょう。そしてNomarも
テレビで観られるかな。


※映画"The Rookie"は大好きな作品です


http://blogs.yahoo.co.jp/hiroshikey66


※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ