2006/8/24

東京国際和太鼓コンテストに向けて…『こころ会Jr.』  和太鼓くらぶ「こころ会」

8月26日と27日、第5回東京国際和太鼓コンテストが、こどもの城・青山劇場で開催される。この大会は、東京新聞の後援のもとに、2002年から開催されており、全国各地で開催されるコンテストも含めて、事実上の日本一を決める全国大会と言える。近年になって古来、神の声として重んじられて来た太鼓の音を伝統文化として復興させる目的として、和太鼓を普及させる運動が各地で始まっている。また、青少年に於いては、スポーツ選手並の運動量があるので体力の増進に繋がり、音楽としての情操教育にも効果的だそうだ。更に、得られる効果として最高に事は、団体で取り組むゆえ、社会性を身に付けさせるという躾の役割を果たせる事だという。
クリックすると元のサイズで表示します 課題曲「鼓楽響成」を演奏。

日本の太鼓の歴史は、6世紀頃に作られたとされる古墳から、太鼓を持った埴輪が発掘されており、当時から神事の際に打たれていたと推察されている。また6世紀頃には、朝鮮半島から渡って来た人が、音楽を奏でたという記録もあり、752年に、奈良・東大寺大仏開眼会では、アジア各地から人が集まり大演奏会が開かれと記され居り、当時使われた太鼓が、1000年以上経った現在でも保存されている。更に中世(13世紀〜16世紀)になって「能」が始まり、そのお囃子用 の太鼓が、現在に通じる形に整って行ったという。そして江戸時代になって、歌舞伎が庶民の間で大流行すると、その伴奏音楽として10数種類の太鼓が使用されるようになった。その頃になると、国内各地の民俗芸能や祭礼等で、大小、様々な種類の太鼓が使われるようになったそうだ。
締太鼓を叩くYちゃん。 クリックすると元のサイズで表示します
自由曲「どんでん」の演奏で…。

さて、今年の東京国際和太鼓コンテストは、審査員は、2005年の愛・地球博のオープニングイベントとして『とぶぞっ〜いのちの祭〜』をプロデュースした山本寛斎氏や、JACCC(Japanese American Cultural and Community Center)の派遣審査員、ロイ・ヒラバヤシ氏らを迎えて、3部門(組太鼓部門青少年の部・大太鼓部門・組太鼓部門一般の部 )に分けられて技を競い合う。その組太鼓青少年の部(中学生以下)に、「こころ会」のジュニアチームが3倍以上の競争率の予選を通って参加する。こころ会は、先月から岡谷市救済のチャリティコンサートを行って来ており、その模様を当ブログで取上げさせてもらったが、「こころ会」の方達からは、お礼のメールを頂き、22日の夜行われる、壮行会を兼ねた演奏会に招いて頂いたので、差し入れを持って出向いて来た。
クリックすると元のサイズで表示します 笛を吹く二人。

会場に着くと演奏前の準備の最中だった。「こんばんは〜」。いつものように会う子供達全員が、元気な声で挨拶してくれる。彼らのパワーに、夏ばても吹き飛ぶような気がした。段々と地元の人達や学校の先生が集まって来られて演奏が開始された。まずコンテスト出場メンバーによる課題曲「鼓楽響成」の演奏。締太鼓と呼ばれる小さめの太鼓技術が問われる、かなり難しい曲目だそうだ。そして自由曲の「どんでん」…これは知多半島に伝わる祭りの山車が方向転換をする事を意味し、重くて大きな山車を回転させる技術の難しさ、力強さが伝わって来て、チームワークが問われる組太鼓に相応しい楽曲だと思った。リーダーのEさんのお話だと、大会の為に出発する日を明後日に控えて、まだ12名のメンバーが決まっていないそうだ。その選出方法は、指導者が指名するのではなく自分達で決めるのだという。勿論、皆が熱心で甲乙付け難い事もその1つの原因だそうだが、自分達で決めるからこそ、出場できない子供達も納得して心から応援出来る…というポリシーで、全員で練習を続け、大会ぎりぎりに決定するのだそうだ。
お礼の挨拶「こころ会」のメンバー。 クリックすると元のサイズで表示します 

演奏が終わっても、子供達は家族のように仲良く喋っていて、なかなか帰ろうとはしなかった。私は代表者の方に、騒音苦情による練習会場の問題など、ご苦労話もお聞きしていた。このように縁の下の力となって支える父兄の方達があるからこそ、会が存続して行けるのだと痛感した。お話を聞いている間も子供達は、話しかけてきて、本当に素直で明るく爽やかだった。私が帰えろうとすると、何度も何度も「ありがとうございました」とお辞儀をしてくれた。そして最後には「もうほたるさんも、仲間だから」と「こころ会」特製のタオルを首に巻いて貰った。自分でも似合いすぎる…と思えてしまい、どんなに高価なスカーフを巻いた時より心地よく嬉しい気分だった。大会当日は私も、自分のやるべき事を一生懸命しながら、名古屋の空から声援を送りたいと思った。帰路は車の窓を開けて走って来た。晩夏の夜風が、心地よかった。

クリックすると元のサイズで表示します 頂いたこころ会のタオル

◎和太鼓グループ「こころ会」HP
http://www.tac-net.ne.jp/~kokorokai

◎東京国際和太鼓コンテスト公式HP
http://www.tokyo-np.co.jp/event/taiko/
0



2006/8/29  12:01

投稿者:ほたる

スパイラルさん、ご連絡をありがとうございました。
わざわざ足を運んで頂き、光栄です。
こころ会の皆さんは、深夜に1時半過ぎに帰名したそうです。

>第5回東京国際和太鼓コンテストで「こころ会」がついに最優秀賞。おめでとうございます。

ありがとうございます。

>取り急ぎお祝い申し上げます。本当に良かったですね。ほたるさんは、きっと自分の事のように喜んでいるのでしょうね。

この日地元の花火に行っていて、携帯とか切っていましたので、
スパイラルさんのコメントで、初めて知りました。
代表の方が、深夜にHP管理人の方に、メールして置いて…とお願いされたそうですが、
私の方が、スパイラルさんのコメントによって、先に知り、おめでとうカードを送っていました。
しかし…その後、ほっとしたのか、私も睡魔に襲われ記憶を失くしました。

>用事を済ませて青山に寄ったときは組太鼓青少年の部は終わった後だったので結果だけ聞きました。

本当に、ありがとうございました。こころ会の子供達も、とっても喜んでいました。
このようにして、人と人との繋がりが出来て行くのは、
「笑っていいとも」の友達の輪…みたいだと、彼ららしい表現をしていました。
今後は、老人ホームや施設などを中心に慰問を続けて行くそうです。
もし機会がありましたら、是非、スパイラルさんにも是非、
生で、彼らの演奏を聴いて欲しいと思っています。


☆スパイラルさんへ 吉報をありがとうございました。

2006/8/29  11:51

投稿者:ほたる


>きのうのコメントの先生は小学校なので図工の先生=担任の先生です。

もうっ、失礼しました。
そうそう、小学校は全教科、担任の先生が教えてくれましたね。
父が小学校へ転任になった時、音楽に困っていました。
結果、他の先生に代わって貰ったみたいですけど。

>この先生は「子供たちが知りたがってるな」と思うことを授業にしてたので文部省の指導要領に反するとか言ってすごく怒られてたんだって。これって変ですよね。とっても良い先生だったのに。

横浜も管理教育なのですね。私も教師になりたくて、自分の努力不足で挫折したのですが、
もしなっていても、愛知や岐阜の管理教育からははみ出していただろう…と皆が言います。

>これは帰国した時に「生き物係」のマサオ君から聞いたんですけどね。そう言えば、前にマサオ君のことを書いたときにマサオくんはどうなったの?ってほたるさんが気にしてましたね。

はい。優しい心の子だと思ったので、気になっていました。

>マサオ君はスピンたちがずっと「生き物係」に指名したおかげで、お父さんの跡を継いで立派な動物病院の院長さんになっていますよ。

お陰かどうかは、別として(失礼)それは、良かったです。優しい先生で人気がありそうですね。

>ちょっと猫アレルギーらしいけど…

ふふふっ。くしゃみしながら診察しているお医者様の姿が浮かびます。
動物は、痛いとか言わないので、特に心の暖かい先生に診て貰うのが、幸せですよね。
マサオ君…過去の経験を生かせていて、良かったです。

☆スピンさんへ No2

2006/8/29  11:47

投稿者:ほたる

スピンさん、おかえりなさ〜い。

>ほたるさん、ただいま。  ミラノは随分涼しくなって来て、ヴァカンスに行ってた友だちもみんな戻ってきました。もうすぐ秋ですね。

名古屋も朝晩の風は涼しくなって来ましたよ。

>コメントを書こうと思ったら先にコメントしてる人が… さっきは電話にも出なかったくせに。

あはは。御2人のコメントが前後するのも珍しかったですね。

>で、フンフンなるほどね。 ほたるさんの記事には負けるけど、たまには良いこと書きますね。私も「こころ会、頑張ってね!」って書こうと思ってましたの。

どうもありがとう。イタリアからの声援…届いたようですよ。

>以前、パリのコンコルド広場辺りで思いがけず和太鼓の演奏を聴いたときは泣きそうになりました。

あの場所で和太鼓ですか!凄いでしょうね。
私は、あそこで子供達のスリ集団に遭いました。
すられた物は、ポーチで大した事無かったけど、
いたいけな子供達がすりをしながら生きている事に、
心がすられたみたいで、悲しかったです。

>その時はしばらく日本に帰っていない時だったの。和太鼓の演奏って魂を揺さぶられるような処がありますよね。「こころ会」の演奏もきっと心を動かすような演奏なんでしょうね。青山劇場が「こころ会」の演奏で"Passion is here"になることをお祈りしています。

はい。ありがとう。伝統の音ですものね。
「魂が揺さぶられる音」とは、正に相応しい表現だと思います。


☆スピンさんへ No1

2006/8/29  11:16

投稿者:ほたる

スパイラルさん、こんにちは。コメントの返事が2度目なので、
前の返事と、内容が違ってしまいます。ごめんなさい。

>東京国際和太鼓コンテストの第三回大会は拝見しました。

ほーっ。ちょっと、びっくりしました。

>全部は観ていないので「こころ会」の演奏を観たかどうか はっきりしませんが、どのチームも予選を勝ち抜いて来ただけあって素晴らしい演奏でした。

私も拝聴したかったです。私は昨年の万博の演奏をTVで観ました。
その前に、福祉大付属の高校生からつくる「楽鼓の会」の演奏は、
某施設のお祭りで聴いた事がありました。

>「こころ会」はこの時「敢闘賞」を受賞していたのですね。あれから2年、「こころ会」のみなさんは更に成長し、今回のコンテストでも会場を魅了する事と思います。

そうなのです。順位すら言うと、一昨年3位、昨年1位と、着々と上げて来ました。
来年は、一般の部で、出場するそうです。

>「こころ会」のみなさんが岡谷でチャリティコンサートを行った時、日本に居なかったので、ほたるさんの記事を読み調べてみると「長野日報」にこんな長文の記事が出ていました。

ありがとうございます。中日新聞には申し訳ないですが、
流石地元…しっかり載せてて下さいましたね。

>指導者や保護者の方々のご苦労が推測されますが、それを忘れず感謝の心を持っている子供たちも素晴らしいですね。

はい。騒音問題とか、部活動との関わりとか、問題も多いようですが、
克服されて来ましたし、
仰るように、子供達の中には、「ありがとう」の心が行き届いているのです。

>今回のコンテストでも、きっと努力が喜びとなることと存じます。
「こころ会」のご活躍を信じて…スパイラル

応援、ありがとうございました。こころ会の皆さんに代わって、
お礼を申し上げます。


☆スパイラルさんへ

2006/8/29  11:05

投稿者:ほたる

こころ会様、まずは、おめでとうございます。

>東京国際の壮行会の御紹介ありがとうございます。

いえいえ、私の方が頂いているものは、とっても多いのですが、
これくらいの事しか、お返しできなくて、恐縮です。

>ほたるさんも「こころ会」の子供たちに、もう受け入れられ
「もうほたるさんも、仲間だから。」
いい言葉の響きですよね。

ありがとうございます。演奏は勿論ですが、
彼らの演奏後の無邪気な笑顔に、癒されて貰っています。

>東京国際、「こころ会」のメンバー子供も親もいい経験をして
きます。それでは、また。

良い経験になったようですね。
Yちゃんが、浅草の思い出も楽しそうに話してくれました。
皆、元気で明るくて、笑顔も日本一ですね〜。


☆こころ会様へ

2006/8/29  11:00

投稿者:ほたる

一陽さん、コメントありがとうございます。とっても嬉しかったです。

>ほたるさん。こんにちわ。ピュア姫の友人の一陽と申します。

は〜い。姫のお城で、お目にかかって?いますよね。

>いつもロムってばかりだったのですが(最近不精で決まった立ち寄り
先しか行かないもんで。。。)

読んで頂いて光栄です。ありがとうございました。

>和太鼓と聞いて素通りできなくなってしまいました。

まぁ、一陽さんも、和太鼓…お好きなのですね。

>息子の学校にも和太鼓部があってあれって行事の時
等に初めて間近で聞いてすごく感動したんですよ。

はい。生で聞くと、お腹に響くというか、凄い迫力ですよね。

>特に文化祭のファイナルで夕暮れ時に聞いたのはビジュアル的にも素敵だったし。ただ太鼓叩いているだけなのになんでこんなに心に響くのかなぁって
思いました。

そうでしたか。。夕暮れというシチュエーションも良いですね。
前にも書いたのですが、スタッフの一人は、組み太鼓を聞いた時、
感動して泣いてしまいました。皆で揃って打つからまた、感動が大きいのですよね。

>今年の秋の文化祭も楽しみだわ。それではまた。。。

秋の文化祭、ブログにUPして下さいね。楽しみにしています。
私も一陽さん宅にも、(イコン画とか興味深く拝見しました)
これから、伺わせて頂きますね。宜しくお願いします。
一陽さんもまた、お越し下さい。お待ちしています。


☆一陽さんへ

2006/8/29  10:59

投稿者:ほたる

コロコロさん、おはよう。。かな?

>太鼓を叩いている子供たち、初々しくて可愛らしいですね。

そうなの。。笑顔がとっても可愛いのですよ〜。
真っ直ぐって感じで、この子達を見ていると、
日本の未来も、まだまだ、捨てたものではないって思えます。

>そんな子供たちから、もう仲間だよ、って言われちゃうほたるさんも
いい味出してるんだろうな。

    。。。。。

もうっ、私は淑女のイメージを通したいのよ〜。
何故か、子供達とお年寄りには、すぐに溶け込めるのですよね〜。


>音が大きいから、太鼓の練習は場所を探すのが大変なのですね。

はい。夏は特に、窓を開けるでしょ。だから余計響くみたい。。
今までも、何箇所か練習場所を変えて来られたそうですよ。

>そういう意味でも、いろいろなご苦労があったのでしょうが、
練習の成果が出るといいですね。どうか頑張っていただきたいです。

はい。25日…楽しみにしていて下さい。吉報が届いたら、メールしてしまうかも?
私は、友達から、「こころ会」の追っかけ…と言われていますよ。。
でも、ホント、何度聴いても、また聴きたくなる、そんな演奏なのですよ。


☆コロコロさんへ

2006/8/27  10:32

投稿者:スパイラル


第5回東京国際和太鼓コンテストで「こころ会」がついに最優秀賞。おめでとうございます。

取り急ぎお祝い申し上げます。本当に良かったですね。ほたるさんは、きっと自分の事のように喜んでいるのでしょうね。

用事を済ませて青山に寄ったときは組太鼓青少年の部は終わった後だったので結果だけ聞きました。

2006/8/27  9:38

投稿者:スピン

ほたるさん、ただいま。  ミラノは随分涼しくなって来て、ヴァカンスに行ってた友だちもみんな戻ってきました。もうすぐ秋ですね。

コメントを書こうと思ったら先にコメントしてる人が… さっきは電話にも出なかったくせに。で、フンフンなるほどね。 ほたるさんの記事には負けるけど、たまには良いこと書きますね。私も「こころ会、頑張ってね!」って書こうと思ってましたの。

以前、パリのコンコルド広場辺りで思いがけず和太鼓の演奏を聴いたときは泣きそうになりました。その時はしばらく日本に帰っていない時だったの。和太鼓の演奏って魂を揺さぶられるような処がありますよね。「こころ会」の演奏もきっと心を動かすような演奏なんでしょうね。青山劇場が「こころ会」の演奏で"Passion is here"になることをお祈りしています。

きのうのコメントの先生は小学校なので図工の先生=担任の先生です。この先生は「子供たちが知りたがってるな」と思うことを授業にしてたので文部省の指導要領に反するとか言ってすごく怒られてたんだって。これって変ですよね。とっても良い先生だったのに。これは帰国した時に「生き物係」のマサオ君から聞いたんですけどね。そう言えば、前にマサオ君のことを書いたときにマサオくんはどうなったの?ってほたるさんが気にしてましたね。マサオ君はスピンたちがずっと「生き物係」に指名したおかげで、お父さんの跡を継いで立派な動物病院の院長さんになっていますよ。ちょっと猫アレルギーらしいけど…

じゃあね、ほたるさん また〜♪

2006/8/27  9:37

投稿者:スパイラル


ほたるさん、今晩は
東京国際和太鼓コンテストの第三回大会は拝見しました。全部は観ていないので「こころ会」の演奏を観たかどうか はっきりしませんが、どのチームも予選を勝ち抜いて来ただけあって素晴らしい演奏でした。「こころ会」はこの時「敢闘賞」を受賞していたのですね。あれから2年、「こころ会」のみなさんは更に成長し、今回のコンテストでも会場を魅了する事と思います。

「こころ会」のみなさんが岡谷でチャリティコンサートを行った時、日本に居なかったので、ほたるさんの記事を読み調べてみると「長野日報」にこんな長文の記事が出ていました。
http://www.nagano-np.co.jp/modules/news/article.php?storyid=4521

指導者や保護者の方々のご苦労が推測されますが、それを忘れず感謝の心を持っている子供たちも素晴らしいですね。
今回のコンテストでも、きっと努力が喜びとなることと存じます。

「こころ会」のご活躍を信じて…スパイラル



※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ