2006/9/11

イチロー選手初登板か?の報道から、長坂秀樹投手への繋がり  Boston Red Sox・MLB

日本出国直前にスポーツ新聞で、興味深いニュースを読んだ。その見出しは『イチロー、メジャーで登板?』というものだった。これは、解任騒動の話題に揺れるマリナーズの監督、ハーグローブ氏が、チーム関係者に、「私が辞めることが決まったら、最後に一度、イチロー外野手を"投手"としてグランドに立たせてみたい」とチーム関係者に語ったという報道だった。イチロー選手は、愛工大名電時代に、投手として甲子園に出場した経歴がある他、賛否両論はあったものの、1996年には、日本のオールスターの第2戦でマウンドに立った経験がある。スピードガンでは150キロを記録した事もあり、ライトからホームへの返球も、レーザービームと呼ばれており、早くてコントロールも良いという豪腕ぶりは有名である。
クリックすると元のサイズで表示します メジャーの公式戦で、投手イチローが観られるだろうか?

この所のマリナーズは、中継ぎ投手のマテオ、ソリアーノが次々と故障者リスト入りをし、救援投手の台所事情が火の車となっている中、起用されてもおかしくないと識者も語っているらしい。元々ファンサービスも兼ねたイチロー選手の登板構想は、メジャー入りした2001年から、具体的に球団も検討していたようだが、今の所実現には至っていない。イチロー選手も渡米直後には、「投げろと言われればやってみたい」と語っていたそうだが、現実には、完璧主義のイチロー選手が、公式戦で投げるとは、予想されにくい。それでは、メジャーリーグ史上で野手が投手との二刀流を務めた事があるのか?と記録を探してみた。

すると過去に4例程ある事が判明した。まず、1993年に当時レンジャーズのホセ・カンセコ外野手が志願登板し、結果は1回を投げて2被安打3四球3失点と散々な結果を残したが、二刀流の先駆けとなった。その後元デビルレイズのウェード・ボックス三塁手が1999年までに2度登板。元日本のロッテにいたマット・フランコ一塁手もメッツ時代の1999年に2度登板した記録があり、更に2000年には、ロッキーズのブレント・メイン捕手が登板し、勝ち投手となっていた。調べていて、この記録にイチロー選手の名前が載るか否かも興味深い気がしたが、私はホセ・カンセコ外野手の名前が心に残った。この志願登板で肘を痛め、その後、怪我に泣いたカンセコ選手であったが、1988年には、ホームラン王と打点王、そして年間MVPにも輝き、1991年には再び最多本塁打王に君臨するという偉大な記録を残している、しかし私にとっては、その記録よりも、2001年にメジャーを引退した後の2005年、薬物使用に関する自身の暴露本「JUICED」を出版した事が戦慄な記憶として残っていた。その後は、どうしたのだろうと気になっていたが、現在独立リーグでプレーをし今も野球を続けているそうだ。
レッドソックス在籍中のカンセコ選手(1994年〜1996年)クリックすると元のサイズで表示します

カンセコ選手が最近になって独立リーグ、ゴールデンベースボールリーグに属するサンディエゴ・サーフドーグスと契約し、DHとして出場している事を知ったのは、同じ独立リーグで投手としてプレーしているLittle Hidekiこと、長坂秀樹投手のHPを見てだった。長坂投手は、身長166cmと小柄ながら、東海大三高(長野)のエースとして1996年夏に甲子園出場、東海大へ進学後の1998年に神宮大会に出場して準優勝している。一旦野球の道は諦め就職したものの"BASEBALL"をする為に単独渡米、ビザの関係でプロ契約が結べない当初は、アマチュアとしてアラスカやネブラスカ、カンザス でプレーしていた。そして現在、しっかりとした下半身と力強い上半身の振りの無駄の無いフォームから繰り出されるMAX95マイル(152キロ)のストレートと、切れの良いスライダー、カーブを武器にカリフォルニア州のCHICOにあるチコ・アウトローズでプレーしている。(現在はシーズンオフ)その彼が去る8月12日、中学生時代、憧れていたカンセコと対戦、「三振2つ、ダブルプレー1つに切って取ったが、少し悲しかった」と、長坂投手自身の公式サイトの日記に書かれていたのだ。
クリックすると元のサイズで表示します カンセコ選手をノーヒットに抑えたピッチングの長坂投手。2006年8月12日、完投勝利を挙げる。(写真提供・長坂秀樹公式HP)

華やかなイチロー選手のメジャーデビューとその後の活躍、更に投手として登板か?というニュースを契機に調べて行くうち、二刀流をこなしたという史実で繋がったホセ・カンセコ選手が、今も野球を続けている事、そして、紆余曲折の苦労を重ねながらも、本当に心から野球が好きで、アメリカでbaseballライフを送っている長坂秀樹選手の事を、是非書き残したいと思った。長坂投手の公式サイトでの自己紹介欄には、素晴らしい言葉が記されている。「尊敬する人…出会った全ての人」…このように謙虚になって全ての出会いに感謝できる心も、"BASEBALL"の生まれ育った国での苦労によって培われたと言えるのだろうか?!。長坂投手の野球を愛する精神に、心から拍手とエールを贈りたい。尚、カンセコ選手は、今年、同リーグのオールスター・ゲームで、再び投手としてマウンドに立ったそうだ。
長坂投手のベースボールカード。 クリックすると元のサイズで表示します

★「小さな巨人・長坂秀樹投手」オフィシャルサイト
http://www.littlehideki.com/
0



2006/9/20  0:56

投稿者:ほたる

ダイゴさん、こんにちは。コメント頂き光栄です。

>元レッドソックス(現在はNESNの解説者)のデイブ・マッカーシーは投手・野手として登録されていたからこれにはない無いのかもしれませんが、

うわっっ、そうだったのですか!?流石、レッドソックスとMLBの辞書のようなダイゴさんですね。
…というか、私が無知過ぎでしょうか。。
私がレッドソックスを応援しだしたのは、2003年からですから、浅すぎですよね。

>彼は結構投手としても良かったからもうちょっと登板してほしかった。

そうだったのですね。確か、ラジオの解説者の声の人ですよね。(違っていたら教えて下さい)
これは全く存じませんでした。

>興味半分でイチロー登板はみたいかもしれませんね。

はい。あのレーザービームを見ていると、速球は特に通用しそうです。
それに器用な人ですから、変化球も投げて通用してしまいそうですよね。
昨日のニュースだったか、選手が選ぶ、強肩外野手No1に選ばれましたよね。
メジャーの選手達に認められた事は、本当に名誉だと感じました。
ダイゴさんは、お察しと思いますが、因みに弱い肩の人と選ばれたのは、
ヤンキースへ移籍した彼でした。私は同じチームのB・W選手と思ったのですが。。

そういえば、ダイゴさんにお聞きしたかったのです。
メジャーの交流戦とかの対戦チームって、どういう基準で決まるのでしょうか?
ドジャーズとかレッドソックスが対戦しないチームもありますし、疑問なのです。
これも、常識なのかもしれないですが、教えて頂けると嬉しいです。
それにしても、この時期、ツインズとの対戦は、観る者には面白いですが、
選手には、何だか過酷な気がします。でもどのチームも疲れているのですよね。
ファームから選手も上がってきて新しい顔を見られますし、しっかり観戦したいと思っています。


☆ダイゴさんへ

2006/9/19  1:09

投稿者:ダイゴ

元レッドソックス(現在はNESNの解説者)のデイブ・マッカーシーは投手・野手として登録されていたからこれにはないら無いのかもしれませんが、彼は結構投手としても良かったからもうちょっと登板してほしかった

興味半分でイチロー登板はみたいかもしれませんね。

http://japaneseballplayers.com/podcast/

2006/9/15  19:30

投稿者:ほたる

>ちなみに同じビデオにはカンセコの「おでこホームラン」が
収録されています。フェンス際でフライを捕ろうとした
ライトのカンセコですが、グラブでキャッチできず、ボールが
おでこにコツーンとあたって、ホームランになっちゃったもの。
あれはいつだったっけ。1993年くらいだったかな。

あらら、今年ペーニャがオームランの手助けをしてしまいましたが、
その上を行く珍事でしたね。拝見したかったです。

>アナウンサーにも爆笑されていましたが、その後の本人も
苦笑いしていました。

そうでしょうね。HRではないですが、私は中日の宇野選手の…が印象的です。

>]そうそう、カンセコといえば1995年にレッドソックスが
AL東で優勝したときのメンバーですが、その年MVPになった
モー・ヴォーンと二人でSI誌の表紙になっています。

うわっっ。また、東地区で優勝して欲しいです。

>二人ともものすごい筋肉でびっくりですよ。もしフェンウェイの
ツアーなどに参加されたら、レッドソックス関係のすべての
SI誌が展示されている場所がフェンウェイの建物の中に
ありますので、ぜひ探してみてください。

ありがとうございます。フェンウェイツアーには行かないですが、
(ボランティアをするかも?)またの機会の拝見します。
結構、他の写真でもムキムキの多いですよね。いかにも!というのも。。

>あとノーマーの
上半身裸のムキムキ写真もあるので必見です。
(男の私でもクラクラします(笑))

まぁ、ノマーは綺麗な?ムキムキでしょうね。
次回の楽しみにします。ありがとうございました。

それから野球をなっているKEYさんへ、
お願いです。。長坂投手の応援も宜しくお願いしますね。

☆KEYさんへNo2

2006/9/15  19:28

投稿者:ほたる


>素晴らしい休日をおすごしのことと思います。

素晴らしい休日…のはずが、一昨日より友達の風邪が移ったらしく、
熱を出してうなっています。でも、クーパーズは行って来ますよ。

>野手の登板、大敗を喫していてピッチャーを使うのが
もったいないときなどはMLBでよく行われますよね。

なるほど。。救援投手を温存したい時とかに…ですね。

>ただイチローの登板、それだけのためにはやらないと思います。
ピッチャーが足りないなどの合理的な理由がなければ
実現しないはずだと私は思っていますし、もし単なる
イベントとして行われるのであれば、私はきっと
失望するでしょう。

KEYさんのお考えなのですね。ごもっともです。

>ところでウェイド・ボッグズの登板はテレビで観ました。
彼はナックル・ボーラーで、試合前などで遊び半分に
投げていたそうで、このときはけっこう抑えたという
記憶があります。

わぉっ。そうなんですか。1990年代だから
多くの方がも観られた可能性大ですね。

>カンセコの投球も市販のMLB珍プレー集だったかのビデオ
("MLB Bloopers")に収録されていた映像をみました。

へぇーっ、そんなビデオが出ているのですね。
偉大な選手だからこそ、珍プレーも光るのでしょうね。

>けっこうヘボいフォームでしたが、あれでヒジの靭帯を
傷めちゃうんですからねえ。かなりボロボロな内容で
やっとこさ交番するときにはヘラヘラしていて、なんだか
冴えない印象でした。

でもチャレンジしたという精神は認めてあげたい気が・・・。


☆KEYさんへNo1

2006/9/15  19:15

投稿者:ほたる

長坂さん、ご本人直々にコメントを頂き、光栄です。

>わざわざこのブログの中で取り上げていただいてありがとうございます!

いえいえ、私の拙い筆では書き足らない事ばかりですが、本当に野球が好きな人に、読んで欲しくて書きました。

>応援していただいてる方の為にも、もっともっと頑張って活躍をしたいと思います!

はい、厳しい道程でしょうけど、メジャー目指して頑張って下さいね。
私も長坂さんに教えて頂いた謙虚な心を忘れないように、頑張ります。

>ボストンは寒いと思いますが、お体に気をつけて楽しんでくださいね!

ありがとうございます。昨日からひどい風邪をひいてしまいましたが、
何とかよくなって、今からクーパーズタウンまで行きます。
お弁当も作ったので、ちょっと疲れて、爆睡して行くのだろうと思います。
写真等UPして載せますね〜。また、是非、お越しください。




☆長坂秀樹さんへ

2006/9/14  6:50

投稿者:KEY

ほたるさん、こんにちは!

素晴らしい休日をおすごしのことと思います。

野手の登板、大敗を喫していてピッチャーを使うのが
もったいないときなどはMLBでよく行われますよね。

ただイチローの登板、それだけのためにはやらないと思います。
ピッチャーが足りないなどの合理的な理由がなければ
実現しないはずだと私は思っていますし、もし単なる
イベントとして行われるのであれば、私はきっと
失望するでしょう。



ところでウェイド・ボッグズの登板はテレビで観ました。
彼はナックル・ボーラーで、試合前などで遊び半分に
投げていたそうで、このときはけっこう抑えたという
記憶があります。

カンセコの投球も市販のMLB珍プレー集だったかのビデオ
("MLB Bloopers")に収録されていた映像をみました。
けっこうヘボいフォームでしたが、あれでヒジの靭帯を
傷めちゃうんですからねえ。かなりボロボロな内容で
やっとこさ交番するときにはヘラヘラしていて、なんだか
冴えない印象でした。

ちなみに同じビデオにはカンセコの「おでこホームラン」が
収録されています。フェンス際でフライを捕ろうとした
ライトのカンセコですが、グラブでキャッチできず、ボールが
おでこにコツーンとあたって、ホームランになっちゃったもの。
あれはいつだったっけ。1993年くらいだったかな。
アナウンサーにも爆笑されていましたが、その後の本人も
苦笑いしていました。


そうそう、カンセコといえば1995年にレッドソックスが
AL東で優勝したときのメンバーですが、その年MVPになった
モー・ヴォーンと二人でSI誌の表紙になっています。
二人ともものすごい筋肉でびっくりですよ。もしフェンウェイの
ツアーなどに参加されたら、レッドソックス関係のすべての
SI誌が展示されている場所がフェンウェイの建物の中に
ありますので、ぜひ探してみてください。あとノーマーの
上半身裸のムキムキ写真もあるので必見です。
(男の私でもクラクラします(笑))


ではまたー




http://blogs.yahoo.co.jp/hiroshikey66

2006/9/13  10:54

投稿者:長坂秀樹

ほたるさん

わざわざこのブログの中で取り上げていただいてありがとうございます!

応援していただいてる方の為にも、もっともっと頑張って活躍をしたいと思います!

ボストンは寒いと思いますが、お体に気をつけて楽しんでくださいね!

2006/9/13  3:31

投稿者:ほたる

kou.n様、ご来訪、及びコメントをありがとうございます。

>ルースはバリバリの二刀流でしたけど、時代が時代ですからね…。

そうでしたね。プロになってから二刀流で通用した例としては、やはり凄い人でしたね。

>とはいえ、エースで4番(または中軸打者)いうのは、見る側にとっては憧れでもあったり。

はい。高校野球のシーンでは、よく見かけますね。

>逆転に次ぐ逆転で、延長突入。熱戦で投手を出し尽くす消耗戦。
そして、投手「イチロー」のコール。
甲子園での松坂大輔ばりに、颯爽と外野からマウンドへ走る。
あったら、見たいです。

素晴らしい!! 絶好のシュチエーションですね。

kou.n様もかなり、野球にお詳しいのですね。私は知識が浅いので、
また、今後共、ご指導下さい。どうぞ宜しくお願い致します。


☆kou.n様へ

2006/9/13  3:23

投稿者:ほたる

M&Mさん、そうですよ。日本の夜は此方の朝です。時差13時間遅れています。

>ほたるさん、こんばんわぁ。ってそちらは朝ですか?

朝起きて、コメントチェックしました。ありがとう。

>長坂秀樹投手のサイト行きました。こんなに頑張って
いる選手がいらっしゃったのですね。

はい。すごーく、頑張って居られますよ。その上、気さくで暖かい人のようです。
応援メールすると、お返事なんか下さって、律儀な方でもありますよ。

>メディアなども特集くらい組んで欲しいですよね。そしたらもっと
他のスポーツ選手もエリートでなくても頑張れるって
思いました。(長坂さん、エリート外という書き方で
ごめんなさい)。

そうですね。独立リーグで頑張っている人の特集とか。。NHKにメールしようかなぁ。
一応、上川さんの時、メールしたら返事が来ましたよ。
それで特集ではなかったけど、確かゲスト出演もあったような。。
メールのお陰では無いと思いますが、やはり何か動かないと。。。ね。。。

>あっでもほたるさんの書いてる人って
その後で皆(チームも)活躍していますよね!!

はい。信じて応援して行きますよ。

>スポーツは、あまり見ない私ですが、長坂さんは応援したいと
思います。

宜しくお願いします。是非、応援メールを送って下さい。
声援を力にして、来季も頑張って下さると思います。


☆M&Mさんへ

2006/9/13  2:42

投稿者:ほたる

>そういや、カンセコって凄い選手いたよね!最近名前も出てこなくなって忘れてた。。。

私も暫く忘れていたのですが、自伝の出版で強烈な印象を持ちました。

>2刀流といえばベーブルースもですよね?関根潤三も?

そうですね。大体高校野球でも、4番打者で投手…という選手も多いですよね。
ベーブルースは、ヤンキースへ行ってから打者に専念して大成功しましたね。
投手から打者へ転向したのは王監督もそうだった?ですよね。
関根さんも…だったのですね。でも打者から投手に転向っていない?ですよね。

カンセコ選手は、プロになる前、投手だったのでしょうか?うっ、調べてみたくなりました。


☆こひ〜さんへ No2


※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ