2006/9/30

ブログ開設1周年のご褒美?RedSox選手のファンサービスNo2  Boston Red Sox・MLB

ツインズ戦、6対0でレッドソックス勝利の試合の後、長い時間に渡って、オルティースの1試合2HRと新記録更新を讃えるインタビューが続いていた。私達はその一部始終を見守った後で階下に降りた。球場は背景に写真を撮った後、帰路につこうとしたが、出口付近でチャーターバスが待機しているのに気付き、翌日はトロント戦だから、空港まで選手はバスで移動なのだと悟った。人ごみに混ざって待つ事30分位。仮装した選手が現れた。この時の私は、何事か解っていなかったが、21日はMLBのイベントで若手選手が仮装して、選手や関係者にサービスする日だったそうだ。するとペドロイヤ、ハンセン、パベルボン、続々と変装した選手が現れ、私達の傍へ来てサインをしてくれた。私は思わず被っていた帽子を差し出し、近頃お気に入りのダスティン・ペドロイヤ選手と、ジョナサン・パベルボン選手のサインを貰った。選手達は集まって報道の人達にも大サービス。写真撮影に応じていた。その姿を観ながら、「君達、メジャーの選手のプライドは?」と、思いながらも、ファンサービスに徹する姿に感動した。
クリックすると元のサイズで表示します クローザーとして活躍、パペルボン。

小柄ながら俊敏な二塁手、ペドロイヤクリックすると元のサイズで表示します

若手選手の騒動が過ぎた頃、悠々とラミレス、バリテック、オルティスがバスに乗車。ティムリンの姿を見つけ大声で名前を呼ぶと手を振ってくれた。そしてチャーターバスは数十人のファンに見送られながら、深夜の街並みに消えて行った。久しぶりに球場観戦をした興奮と、選手達のファンサービスに更に興奮した私は燃え尽きたような感覚になった。いささかミーハーな行動をしてしまったと思いつつ、ふと道の脇を見ると、小学生くらいの男の子がお父さんに向って泣いていた。バリテックのファンのその子は、ボールとペンを用意して一生懸命待っていたが、サインは貰えなかったようだった。自分が(バリテックではないが)サインを貰った事に少し申し訳ない気持になり、「近くに居てくれれば、一緒にバリテックを呼べたかも?」と友人に言うと、「怪しまれただけかも?」と言われた。誘拐の多いアメリカでは、見知らぬ子供に声をかけるのは確かに怪しい…と、夢から覚めた気持になった。ボストンはすっかり秋、深夜の風は冷たかった。
クリックすると元のサイズで表示します昨季ドラフト1位入団のハンセン投手。
今季は、メジャーの洗礼を受けた。来季の活躍に期待したい。

レッドソックスの来季を担う若手選手達。 クリックすると元のサイズで表示します

◎お詫び
10日間も更新を怠り、コメントのお返事も遅れてしまっています。ごめんなさい。その間、拙ブログは開設一周年を迎えました。この1年を振り返りますと、体調管理の未熟な自分に情けなささえ感じます。今後は、充分体調を配慮しつつ、仕事をしながらマイペースで少しずつ書いて行く所存です。今後共、どうぞ宜しくご指導下さい。


クリックすると元のサイズで表示しますダスティン・ペドロイヤのサイン

ジョナサン・パペルボンのサイン クリックすると元のサイズで表示します
0



2006/10/6  19:11

投稿者:ほたる

>一通りサインを終わり、「それじゃ!」と彼がダグアウトに戻ろうとすると
隣でまだサインをもらっていない6歳くらいの女の子がモジモジしていたのが
目に入りました。
私は「田口さーん!もう一人!」と叫んで、呼び止めてしまいました。
彼はいったんダグアウトに走りかけてふたたび戻ってきて、その女の子に
サインをして、ふたたび走っていきました。

そうでしたか。優しい人なんですね。
田口選手は、HPを読ませてもらっても、人柄の良さが伝わって来ますね。
メディアも、もう少し、取上げて欲しいなって思っています。

>MLBの選手で、サインをしているときのを見て印象に残った選手は
彼以外にも何人かいますが、また機会を改めて。

はい。また、楽しみにしています。
私は今回、ブルペン投手のディナルド選手が、ずっとサインをしていた姿が焼きついています。
一度タクシーに乗りかけて、子供達が呼んだらまた降りて来てサインをし始めていました。
奥さんもいたのですが、ディナルド選手が乗るまで絶対に乗る事をしなかったし、
アメリカの人にしては、慎ましい奥様の姿だと感じました。
そこにいた子供達には、そういう選手を見習って育って欲しいと思いました。

>すでに確信犯的ですが、毎度毎度の長コメントで失礼いたしました。

ふふ。確信犯、大歓迎です。
読むのは楽しいですし、あっという間でも、書くのは結構なお時間を取らせてしまい、
恐縮です。でも、また、貴重な体験談、お話しして下さいね。

>(言い訳ですが、ほたるさんに誘発されている気分もちょっぴりしてます(笑)


あらま。。それは、嬉しいやら、申し訳ないやらです。
でも、どちらにしても、今後共どうぞ宜しくお願い致します。



☆KEYさんへ 続きのお返事です。No2

2006/10/6  19:10

投稿者:ほたる

KEYさん、私の拙い文章から、沢山お話して下って有り難いです。

>しかし「こいつら」の格好は、驚きはしませんがおもろいですねえ。

はい。面白かったですよ。選手達自身も楽しんでいる感じでした。

>野茂もデビューの年にはこんな格好をさせられていたっけ。

そうでしたか。それは存じませんでした。野茂投手、恥ずかしがりやさんだから、
どんな風だったのか、想像出来ないです。

>キャプテンにサインをもらえずに泣いていた子にちなんで、私が2003年に
セントルイスにいったときのことの話をさせてください。

はい。貴重なお話、ありがとうございます。

>試合前の練習中、田口選手に「サインお願いできますかー?」といったら
「BPが終わったら行きますね!」ということで、カーディナルスの
BPが終わったら我々(私と母)のところに来てサインをしてくれました。

いい人なんですね。本当に。。
日本ではスター選手だったのに、ファームまで経験し、頑張っている田口選手は、私も大好きです。

>他の観客にも取り囲まれ、サイン会となりましたが、その間私は田口選手と
雑談する機会に恵まれました。彼の人間性をうかがわせる話し方だけでなく、
目の前で見る腕の筋肉の充実ぶりにも印象を受けたものです。

まぁ、KEYさんもラッキーですよね。ティムリンのサインもお持ちだし…(根に持っています。笑)
田口選手は、メジャーの選手達の中では小柄で華奢に見えますが、
腕の筋肉が充実しているとは、流石ですね。



☆KEYさんへ 続きの返事です。No1

2006/10/6  18:52

投稿者:ほたる


>フェンウェイで皆がサインをする様子の写真を拝見していたら、
ワールドシリーズ制覇したとき、パレード後のフェンウェイを
訪れたときの異常な熱気を思い出しました。

KEYさんは、パレードの時、ボストンにいらしたのですか!
素晴らしい体験をされたのですね。
私の友人は、普段ボストンに住みながら、その時学会でセントルイスに行っていて、
ボストンがストレートで勝たなかったら、セントルイスの球場の直ぐ傍のホテルだったので、
試合の雰囲気を味わえると、楽しみにしていたのですが、連勝で勝ってしまい、
その楽しみは味わえませんでした。そしてパレードも観られなかったのです。
あのダックツアーの水陸両用車でのパレードは、見ごたえがあったそうですね。
そういえば、クープタウンにも、その時の写真が飾ってありましたよ。

>パレードが終わり、次々に登場してくる選手たちに、群集の一人として
大声援を送ったこと、球場の周りで現地の人々と話したことなど。

とても良い思い出ですね。。

>ふと、コープリーのオールド・サウス・チャーチの前で見た優勝パレードでも
大好きだったペイドロ・マルティネスやジョニー・デイモンらの名前を、
声を枯らして何度も連呼したことも思い出し、思わず追憶の世界にひたってしまいました。

帰国した今では、私も地名を読むと懐かしい気がします。
あの時は、凄い人手だったそうですね。
でも、選手達を間近で見られて、一緒に祝う事が出来て、素晴らしいと思いました。

>フェンウェイはきっとほたるさんにも、後年同じような思い出として呼び覚まさ
れる場所になるでしょうね。

はい。きっと、そうですね。
私の事ですから、結構、笑える思い出が多いのですが、
出来れば、思い出を積み重ねて行きたいです。



KEYさんへ No2

2006/10/6  18:51

投稿者:ほたる

KEYさん、こんにちは。何とか帰って来ましたよ〜。

>更新がないので体調を心配していましたが、ご無事で何よりです。

ご心配おかけしました。実は風邪がこんなに長引いたのは初めてで、
ちょっと、参っていました。でも、お陰様で快復して、その後、結構歩いて、
元気になれて帰国しました。

>また1周年とのことで遅ればせながらお祝い申し上げます。

ありがとうございます。

>(自分のブログでも知らないうちに1年以上たってしまった無頓着な
者ですもので・・・「○○ヒット」なども、コメントいただいた方から
教えられて、「あ、そうなの」という反応をして、今から思えば失礼な
対応だったと反省しています)

何となくKEYさんらしいですね。(笑)
そういう風に肩の力を抜いて、自然体で書き続けて行けたら良いのですよね。

>ところで素晴らしい試合をご覧になりましたね。

はい。好カードだったと思います。
入れて頂けてラッキーでした。

>ビッグ・パピーのホームランやベケットの好投、打たれはしたものの
ヨーハン・サンターナ(っていうのがきっと現地の発音に近いでしょう)
のピッチングが見られたのはいいですね。

そうなんです。フェンウェイ球場の選手の呼び出しの声…じーんと来ますよね。
KEYさんのコメントを読んで再び、その呼び方が甦ったようでした。



☆KEYさんへ No1

2006/10/6  16:35

投稿者:ほたる

>それでも競馬の神様は私の味方♪ 馬券の種類が多くて分からないから誕生日の数字を適当に買ったら、その内の1枚が大当たり〜 €8が€100以上になったの。すごいでしょう?

それは凄いですね。12倍以上ですもの。。
それにしても、競馬の神様っているのかしら?
もし居たら、きっと1回きり当ててくれる神様かもしれないね。。

>ん?また関係の無い話を… じゃあ、ほたるさん気をつけて帰国してね? Ciao ciao♪

ありがとう。楽しかったですよ〜。いえそう書く以上に、馬鹿受けでした。
一昨日、無事に帰国しました。実は帰国2日前、ボストンで交通事故?に遭ったの。。
横断歩道を信号青で歩き出したら、突如車が発進!私はボンネットに座った感じに。。
私は何処も痛くなくてへらへらしていたけど、一緒に居た友達は寿命が縮んだそうです。。
また詳しい事は記事で書きますね〜。

とにかく元気なので、安心してまた笑わせて下さい。

☆スピンさんへ No3

2006/10/6  16:34

投稿者:ほたる

>何年か前の“Prix de l'Arc de Triomphe(凱旋門賞)”に親戚の人に連れて行ってもらいました。ロンシャン競馬場はギャンブルをする所と言うよりも紳士淑女の社交場。

格が違うというか、日本とは雰囲気が違うのですね。ポロ観戦も確かそうですよね。

>駐車場にはベンツやR&Rがゾロゾロ入って行きます。なのに、スピンたちは近所だからゾロゾロと歩いてご入場。

ふふっ。対照的で楽しいですね。目に浮かぶようですよ〜。

>ロンシャン競馬場で欠かせないのは派手な帽子とドレスのマドモアゼルたち。日本でこんな格好をしてたら間違いなく友だちを無くします。

あははーっ、もうお腹がよじれそうです。
それに、私が被ると間違いなく旅がらすですよね。「おひかえなすって」だわ。。

>でも、ロンシャンでは帽子をかぶった女性は入場無料なんだそうです。

へぇーっ、凄いですねぇ。きっとエスコートしている男性分だけで充分なのですね。

>私だってNIKEのキャップをかぶってたのに有料でした。同じ「帽子をかぶった女性」なのに不公平… 

まったく同感、ごもっともだわ〜。…と思いながらも、笑いが止まりません。

>今度は公園に落ちてる鳩の羽でも帽子にくっつけて行きます。え?インディアンみたい?…確かにね。

もう駄目〜。ボストンで読ませて貰って、大笑いしましたが、今また笑えます。
でも、スピンさんなら、おめかしすると大きな帽子も似合うと思いますよ。
(勿論、喋ったら駄目ですよ〜)

>入場したら馬の下見をするんだけど、どの馬も面長で違いが良く分かりません。

スピンさん、丸顔の馬…居たら私も会いたいわぁ。

>で、さっきタダで入った淑女たちを見てみると、テラスで優雅にシャンパングラス片手にご歓談中。私だって喉が渇いたから負けずに“Perrier”を飲んだら、飲みすぎたのか炭酸で「ゲェップップ!」…トホホ

あらら、大丈夫だったかしら?と書きつつ、また笑っています。ははは。
私もボストンではペリエを飲みました。フィレッテに比べると確かに炭酸が強いですよね。



☆スピンさんへ No2

2006/10/6  16:31

投稿者:ほたる

スピンさん、こんにちは。いつも本当にありがとう。
スピンさんには、どれだけ笑わせて頂いた事か。(失礼!)
でも、いつもスピンさんから元気を頂きました。

>ほたるさん、ブログ開設一周年おめでと〜♪ 

どうもありがとう。カードもありがとうございました〜。

>それから、素敵なお話とコメントへの優しいお返事に感謝です。

いえいえ、それ以上に楽しくてイタリアにお住まいならではの、
とっても勉強になるコメント、此方こそ感謝一杯です。

>スパイラルも『スピン共々記事とは関係無いコメントの数々。一年分まとめて陳謝いたします』って言ってるから私も…ごめんね?

あはは。これは変られ.るおつもりがないし、変って頂いたら困ります。(笑)

>と、謝ったことだし今日は「スピンのパリ競馬デビュー:ヤッタ〜大穴だぁ」編です。

ふふ。私もビギナーズラック…ありましたよ〜。

>と言うのは、きのう“Deep-Impact”が走ったロンシャン競馬場は祖母の実家があるパッシー(16区)のお隣のブローニュの森の入り口にあります。

そうなんだ!!ひょえーっ。はしたないけど驚きです。
ディープ、好きなんです。3位でしたね。でも違う環境でよく頑張ったと思いました。
私もディープには、一度でいいから乗ってみたいなぁ…
って言うのは無料だから許してね。


☆スピンさんへ No1

2006/10/6  16:07

投稿者:ほたる

aoiさん、こちらこそ、ご無沙汰しています。

>ほたるさん、お久しぶりです!

コメント、ありがとうございました。

>いきなりですが…
お茶こぼしました!!!! 笑

受けて頂けて良かったです。
笑えますでしょ。パペルボンのミニスカート姿って!お腹が痛い程でした。
でも、彼のお肌は「もち肌」で綺麗でしたよ。

>みんな似合いすぎです!かわいい〜〜〜〜

なりきっているのですよ。ホントに。。
仕草も髪を書き上げたりして、観てて笑い通しでした。

>この格好を生で見れたなんてうらやましすぎです。

試合も良い試合でしたし、その後で…楽しい時間でした。
その喧騒の中、オーティスが出て来て、更に大騒ぎになり、
ドサクサに紛れて乗り込んだマニーはバスの最前列に乗って笑っていました。
肉眼ではよく見えたのですが、写真は暗過ぎて、解らないのが残念でした。

>今期のチーム成績はどうあれ、レッドソックスの選手達はみんな最高です。
来年も全員野球を続けて私たちに夢を与えて欲しいですヽ(^-^)ノ

はい。ストーブリーグも気がかりですね。
でも何があっても来季も応援して行きます。



☆aoiさんへ

2006/10/6  15:57

投稿者:ほたる

こひ〜さん、いつもありがとうございます。一昨日、無事帰国しました。

>ブログ開設1周念なんですね。おめでとうございます。

ありがとうございます。お陰まで続けて来れました。

>しかし、いいな〜本場でのメジャー観戦。

はい。予定ではヤンキースタジアムも行くつもりでしたが、
私が風邪を引いて中止してしまいました。
でも、フェンウェイは、狭いからこその臨場感もあって、迫力もあります。
ファールグランドが殆ど無いのがいいですよね。

>しかも手の届く距離での選手とのふれあいなんて最高ですね!

はい。次に行った時も、若い選手は、とても親切にサインしていました。
タクシーで帰ったのですが、タクシーをかなり待たせていましたよ。

>日本じゃなかなかサインはもらえないですもんね。

そうですよね。私はドラゴンズの選手達と、食事の場で会った事が何度かあるのですが、
そういう場所では、お願い出来難いですしね。。

>前回コメントの解答ありがとうございます。

いえいえ。私も勉強になりましたので有り難かったです。
お返事が、遅くなって申し訳なかったです。

>しかし、2Aから20%って思っていたより可能性があるんですね!?
5人に1人はメジャーってことでしょ?
逆に2Aもかなりレベルが高いってことでしょうか。

はい。仰るとおり、レベルが高く、日本のプロ野球並だと言われています。

>実際に見てみないと分からないですね。日本にいてたら分からないってことですな。

こひ〜さんも、本当に野球に詳しいし、お好きだから、
是非、野球のルーツの国へ機会があったら、行って頂きたいと思います。
日本のプロ野球が学んだらいいのにな…と思う事が沢山ある気がします。

こひ〜さん、また今度は時差なしで、こひ〜さんのブログへ伺いますね。


☆こひ〜さんへ

2006/10/6  15:45

投稿者:ほたる

すぬさん、まず始めに、写真の似ている人は、ベケットではないのですよ。
ベケットでしたらもっとアップで写した写真もあるので、
すぬさんに真っ先に送るのですが、残念ながら。。

>ブログ一周年おめでとうございます。

ありがとうございます。
リンクして頂いた皆さんに支えられて、よたよたと歩いていた
書き始め当初を懐かしく思い出していました。本当にありがとうございました。

>それにしても貴重な写真、ありがとうございます。

はい。タキさんにも「とてもラッキーだったね」と言われました。
まだまだ仮装した他の写真も、
また、他の選手がバスに乗る前の写真がありますので、また、UPしますね。

>みんなはじけてるな〜。
一ヶ月早いハロウィーンって感じのノリなのかしら。

そうかも…ですね。皆、なりきっていて凄いなって思いましたよ。

>MLBどのチームでも行なわれている毎年恒例の
行事なんですかね、知らなかったなあ。

はい。松井もしたのだそうですよ。

>若手だけなんですよね。ベケット仮装してました?
どうも集合写真の真ん中の人物が似てるような気が、、、。

実は、マイク・ブーンという選手なんです。
髪型とか雰囲気とかよく似ていましたが、顔の輪郭にシャープさがないし、
まず身長が低かった(足が短かった)です。
それにしても、写真ですと、ホント似ていますよね。

選手は、左からパペルボン、ブレスロウ、ブーン、マーフィ、ペドロイヤ、ディナルドだと思います。
後、仮装組みには、ハンセンと、カルロス・ペーニャがいましたよ。
また、写真を載せようと思っていますので待っていて下さいね。

>パペルボンとペドロイアのサイン〜、すごいです!
大切にしてください。

はい。すぐ傍に来てくれて嬉しかったです。ペドロイヤは握手もしてくれましたよ〜。
サインを貰った帽子は、記念ですし大切にしますね。
当り前ですが、ショップで売られていたボールのサインと同じで感動でした。

☆すぬさんへ


※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ