2006/11/4

「父親たちの星条旗」を観て…硫黄島での激戦に思う事。  好きな映画と本(一部ネタバレあり)

東京から南へ1250kmの太平洋上に浮かぶ、東西8キロ、広さ約22キロ平方メートルの小さな島…現在は、東京都小笠原村に属する硫黄島。この小さな島で、61年前に何が起きたのか?何故にこの島が激戦の地となったのか?「父親たちの星条旗」という映画を観るにあたり、まず思い起こさねばならなかった。硫黄島…名前が示すように火山岩で覆われたその島には、第二次世界大戦以前、1100名の島民が暮らしていた。しかし、戦局の悪化に伴って昭和19年、島民の一部は軍属として徴用され、その他の人々は内地へ強制疎開させられた。そしてこの地を日本軍は、本土決戦の盾となる最後の砦として、アメリカ軍の上陸を待ち受けた。

クリックすると元のサイズで表示します火山岩で覆われた硫黄島。

この硫黄島の占領を巡り、昭和19年2月…日米間で36日間に渡る激戦が行われたのだが、当時、サイパン、グアム等のマリアナ諸島を占領し、B29の基地としていたアメリカ軍にとって、マリアナ諸島と日本本土の中間に位置する硫黄島を占拠出来れば、B29での日本空襲作戦に大きな役割を担う事が出来る作戦だった。アメリカ軍は、当初日本へ中国からB29を飛ばそうと計画を立てていたが、中国沿岸部は日本軍が制海権及び制空権を得ており、B29に搭載する弾薬、燃料、部品等を運び込むのが困難であった。そこでマリアナ諸島を基地とした襲撃計画が立てられ、実行されたのだが、対する日本軍も、本土との中間に位置する硫黄島から戦闘機を発着させ、迎え撃っていた。当時アメリカ国内でも、長引いた戦争に国民は嫌気が差しており、政府が国債を売って軍事費を調達しなければならない内情があった。そんな背景の中、戦闘機の基地確保の為の硫黄島を巡り、日米の死闘が繰り広げられたのである。

東京都小笠原村硫黄島の地図  クリックすると元のサイズで表示します

アメリカ軍は、この小さな島に、始め飛行機による空爆を加え、日本軍をほぼ壊滅状態にして上陸しようと考えた。約170メートル弱の「すり鉢山」が先端にあるだけの島の形状から見て、占領するのに5日もあれば…という司令部の思惑だったが、日本軍司令部は、サイパンやグアムとは異にして「捕虜となるなら自決して玉砕せよ」という命を廃止し、「最後の1人になってでも戦い続けよ」と、本土の軍備を整える為の時間稼ぎをさせる命が下されていた。よって硫黄島には無数の地下壕が掘られ、さながら日本軍の要塞と化していた。

クリックすると元のサイズで表示します 星条旗を立てた6人の写真。

アメリカの兵士達は、まず上陸後3日目の1945年2月23日に占領の証として星条旗を建てた。この写真は、ピリッツァー賞を受賞する事となる、ジョー・ローゼンタール氏(2006年8月逝去)によって撮影されたのだが、後にバージニア州にある海兵隊記念碑となり、記念切手の図案やポスターにもなった有名な写真である。そこに写っていた6人のアメリカ兵…。実際には、要塞と化した日本軍のゲリラ攻撃に、国旗掲揚の後も戦闘は続き膨大な死傷者を出した。結果、その中の3名も帰らぬ人となってしまった。やがて生き残った3人は、戦線離脱を命じられた。彼らは、軍費調達の為に政府によって『英雄』と祀り上げられて利用されたのだ。ニューヨークのヤンキースタジアム等で開催される盛大なセレモニーに、戸惑いながらも参加する3人。しかし祝福の花火も彼らには砲弾の音に聞こえ、戦地の景色がフラッシュバックしてしまう。

「父親たちの星条旗」は、その6人の兵士の中の1人で、衛生兵だったジョン・ドク・ブラッドリーの息子、ジェームス・ブラッドリーの著書を原作としている。この原作は、戦後4年目にもジョン・ウェインの主役で「硫黄島の砂」と題して映画化されているが、今回の映画で、監督のクリント・イーストウッドは、運命に翻弄され凋落していく3人の姿を通して、虚像化された英雄の内幕を画いている。3人の中で、戦後唯一、まともな人生を送ったとされる、原作者の父、ジョン・ドクも「Corpsman」(コーマン/衛生兵)と叫びながら倒れていった戦友達の声が、生涯耳から離れなかった。彼らにはトラウマとの長い戦いが残されたのだ。

戦場でのトラウマに苦しむ3人。 クリックすると元のサイズで表示します

戦費収集の為に「星条旗」の写真は利用され、情報は操作されて英雄は作り上げられ、真実は握りつぶされた。トラウマで苦しむ兵士の心のケアをする事も無く、軍のメンツばかりを考える軍の上層部には、デレカシーの欠片も見られない…。この映画には、過去のハリウッド映画では語られなかったアメリカの恥部が辛辣に描かれている。

硫黄島の黒い砂の中からは、今も遺骨が見つかるという。硫黄島は61年の時を経て尚、戦いの記憶を抱えたまま、太平洋上に浮かんでいる。

「戦争に英雄なんていないのさ」

映画の主人公、ジョン・ドクの、そしてイーストウッド監督の魂の叫びが聞こえるようだ。(文中 敬称略)

◎ノンフィクション映画「父親たちの星条旗」公式HP
http://wwws.warnerbros.co.jp/iwojima-movies/
0



2006/11/28  23:06

投稿者:ほたる

シクラメン様、早速、お返事を書いて頂き、ありがとうございました。
慌しくしていまして、此方のお返事が遅れて申し訳ございませんでした。

>早速の変更ご苦労様です、

PCのファイルにありましたので、割と早く変更できました。

>写真の切れているすぐ右に自衛隊の基地があります米軍も訓練に来ています、いまだに軍の島なんですよね・・・。

はい。硫黄島、南鳥島などは、一般人の立ち入りを禁止にしている島ですね。

>そうですか!。私も是非、訪れたいと思っています。
周りを回るクルージングはありますが一般人はなかなか入るのが難しいんですよね、あ、私も一般人ですけど(^^;

私は、島の近くへ行って、手を合わせられる事が出来れば充分です。
島内には、まだ、不発弾もかなり残っているようですね。
1985年に日米の合同慰霊祭が行われた時のエピソードは、ニュースで報道された事を
よく覚えているのですが、まだ10000人を超える方々の遺骨も回収出来ていないとか。。
島影自体が、墳のようにも見えてしまいます。
今だに軍の島という事は残念ですが、
やはりこの島は、遺族の方以外が出かけて、
荒らされる事がない方がいいようにも思います。

☆シクラメン様へ

2006/11/28  10:01

投稿者:ほたる

ご来訪、及び余りあるお褒めのお言葉をありがとうございます。

>今日はじめて、ブログ拝読しました。

ありがとうございました。映画タイトルから検索されておいで下さったのでしょうか?

>語彙力、言い回し、文章力のすばらしさに敬服いたしました。

恐れ多いです。興味がある事を調べて行かないと気がすまない(しつこい?)気質なので、
こうして書いているのですが、どうも上手く短く纏められず、長くなってしまい申し訳ないのです。

>書く内容も実によく調べていて、豊富な知識とあいまって立派な文芸書になっています。大変勉強になりました。

ありがとうございます。実はかなりドジですので、間違い、誤字脱字があります。
お気づきになられましたら、教えて下さいませ。今後共、宜しくご指導をお願い致します。


☆大木独活様

2006/11/23  18:33

投稿者:大木独活

今日はじめて、ブログ拝読しました。語彙力、言い回し、文章力のすばらしさに敬服いたしました。
書く内容も実によく調べていて、豊富な知識とあいまって立派な文芸書になっています。大変勉強になりました。

2006/11/20  22:25

投稿者:シクラメン

早速の変更ご苦労様です、写真の切れているすぐ右に自衛隊の基地があります米軍も訓練に来ています、いまだに軍の島なんですよね・・・。
>そうですか!。私も是非、訪れたいと思っています。
周りを回るクルージングはありますが一般人はなかなか入るのが難しいんですよね、あ、私も一般人ですけど(^^;


2006/11/20  16:14

投稿者:ほたる

ご来訪、及びコメントを頂きまして、ありがとうございます。

>余計なお節介かと思いますが航空写真の硫黄島は鹿児島の硫黄島ではないでしょうか?

ご親切にお教え下さいまして、ありがとうございました。
アメリカの検索で探しましたので、間違っていたようです。
仰る通りですね。

>少なくとも小笠原の硫黄島ではないです、すり鉢山には噴火口みたいのがありますので。

はい。別の写真に変えましたが、確かに大きな噴火口跡がありました。

>何回か硫黄島には行っていますがやはり特別な気持ちになります。

そうですか!。私も是非、訪れたいと思っています。

シクラメン様、今後共色々とご指導の程を、どうぞ宜しくお願い致します。



☆シクラメン様へ

2006/11/20  15:32

投稿者:シクラメン

ほたるさんはじめまして。
余計なお節介かと思いますが航空写真の硫黄島は鹿児島の硫黄島ではないでしょうか?少なくとも小笠原の硫黄島ではないです、すり鉢山には噴火口みたいのがありますので。

何回か硫黄島には行っていますがやはり特別な気持ちになります。

2006/11/10  11:12

投稿者:ほたる

まこさん、こんにちは。此方も急に冷え込んですっかり秋となりました。

>私もこの映画を観てきました。

遥々?バスで鑑賞に向われたとか…でもご覧になられて良かったですね。

>ほたるさんは日本版をご覧になる前にアメリカ版を試写でご覧になったのですね。

いえいえ、早く観たかったのですが、試写会でなく公開されてから観ました。

>来月には日本版も公開されるようなので、もうすぐ観られて良いですね。私は帰国するまでお預けです。

「硫黄島からの手紙」は、日本では世界に先駆けて12月9日からです。
アメリカでの題名は恐らく「Letters from IwoJima」だと思いますが、
少し遅れて公開されるのでは?と思います。
今、原作ではないのですが、梯久美子著の「散るぞ悲しき」を読んでいます。
栗原総指揮官の人間味溢れる手紙が引用されていますが、
涙無しでは読めないです。イーストウッド監督が日本の立場での映画を
どのように描くのか、とても楽しみにしています。

>PS,TBをさせていただきました。

ありがとうございます。すごーーく、詳しくお調べになったのですね。
興味深く拝見しました。でもTBが届いていないようですので、
お手数ですが、また送ってみて下さい。
私も、TBさせて頂きます。



☆楽貧まこさんへ

2006/11/10  11:11

投稿者:ほたる

すぬさん、全然話題が違って申し訳ないですが、
ペイトリオッツ、コッツに負けてしまいましたね〜。
私のようなド素人が観ても、凡ミスが多かったように思ったのですが。。
次は絶対に、勝って欲しいです。

>ほたるさん、私も観ました。
正直劇場に行くのを少々ためらっていたのですが、観て本当に良かったです。

私も、戦闘シーンは「もうやめてーー」と思いましたが、
(プライベートライアンはまだ観れていないのです)
観て、本当に良かったと思いました。

>>ヤンキースタジアム等で開催される盛大なセレモニー
>ソルジャーズ・フィルードもでてきましたね。

はい。そうでしたね。選手達も拍手して3人を迎え入れていました。

>人気スポーツを利用して愛国心を高揚させるやり方も、今も昔も変わっていない
ということが再確認できました。

愛国心…って日本でも、問題になった言葉ですが、
愛国心=敵になる国を憎む…という相対的なものではない気がしますよね。

>今後も永住する予定の日本人としては、変わって欲しいんですけどね。
変わるべき時代になってきていると思います。

そうですね。中間選挙でも、その影響が出ている気がしました。



☆すぬさんへ

2006/11/10  11:10

投稿者:ほたる

しのいちさん、こんばんは。急に寒くなりましたね〜。

>なかなか語られない側面、いや背面ですね。

はい。アメリカが描く映画で、滑稽とも思われるほど、
アメリカの恥部を、こんなにも強く表現した映画は初めての気がします。

>たしかに戦争を取り上げたハリウッド映画を考えてみる、
アメリカの戦争に高揚させているものと感じさせるものもあるから。

はい。今まで戦争の悲惨さを描いて、
間接的に反戦を描いた作品は多い気がしますが、
どちらかと言うと、軍事的色合いが濃かったです。
私自身、軍服姿とか、敬礼とか格好良いとは思いますが、
凛々しく見える姿をそう思うのであって、
やはり戦争は何があっても良くないと思います。


>「戦争に英雄なんていないのさ」
まさにこれです。

はい。むしろ、戦争にならないように、陰で動く人が真の英雄ですよね。。



☆しのいちさんへ

2006/11/9  0:25

投稿者:ほたる

風竜胆様、此方こそ、ご来訪、及びコメントをありがとうございました。

>こちらからもトラックバックさせていただきました。

ありがとうございます。

>第二部の「硫黄島からの手紙」の方もぜひ観てみたいですね。

はい。あの栗原総指揮官を渡辺謙さんが演じますよね。
封切りが待ち遠しいです。

>今後ともよろしく御願いします。

此方こそ、宜しくご指導下さいませ。宜しくお願い致します。


☆風竜胆様へ


※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ