2006/11/22

和装花嫁造りとその歴史  着物の着付関係(和服)

今日は、結婚式の前撮り…写真撮影がある。ここ最近にしては、数少ない和式の結婚式にこだわった新郎新婦で、花嫁は白無垢姿、色打ち掛け姿の他に、写真撮影だけであるが、黒引きと呼ばれる黒地の紋付裾文様の振袖(私の祖母が着用した着物)も着て頂く事となっている。ここで少し、婚礼衣裳と鬘(カツラ)等の歴史について書こうと思う。

クリックすると元のサイズで表示します 祖母が着用した黒振袖。
最近では、黒引きとして黒地の振袖を着られる方もある。
(11月22日撮影)

婚礼の白無垢衣装の始まりは、平安時代と言われていて、花嫁衣裳に純白の衣装が使用されるようになった。古来日本では、白は太陽の光の色(実際白に見えるのは全ての色を反射している為)と考えられ、神聖な色と言われて来た。また、純潔の色ともされ、全て白で他の色を一点たりとも使用しないことから無垢=けがれ、汚れがない…として、その嫁ぎ先の家風に染まるという意味があるとも言われている。しかしながら当時は、まだ一部の身分の高い人達の仕来たりであった。室町時代になり、足利幕府が礼道教育を始め、小笠原流、伊勢流などの礼道が確立し、婚礼の法式などが生まれた。これによって婚礼の衣裳も定められた。当時、幸菱文様(さいわいびしもんよう=小花で型どった菱形の幾何学的な文様)の表着に白い打掛が着用されるようになり、これが「白無垢」と言われる打ち掛けで、今日にも伝わっている。

クリックすると元のサイズで表示します 和装花嫁は古式ゆかしく上半身の姿が最も美しい。
メイク、鬘、着付の胸元…技術を要するが光栄な仕事だと思う。


また、鬘に被せる綿帽子と角隠しの由来は、室町時代、外出の際に婦人は、小袖を頭から被くようになっていた為、この風習が婚礼の仕来たりにも定められて白の小袖を被く事とされた説が有力である。次第に、江戸時代の綿帽子(わたぼうし)【真綿で作られた品】、練帽子(ねりぼうし)【練絹という精練した絹で作られた品】、幕末頃からの揚帽子(あげぼうし)【角隠し】へと変化して行ったとされる。この綿帽子にも角隠しにも、婚礼が済むまで新郎以外に顔を見せないという意味もあり、挙式が済むと外すとされている。また角隠しには「角を隠し従順になる」という意味があるとも言われているが、これは俗説だそうだ。

江戸時代後期になると、現代のような白一色ではなく、下着を紅梅色としたり、打掛の裏や下着の裏に紅絹(もみ)をつけて、吉事の証しと姿が流行した。当時は自宅で挙式される事が多く、婚礼を終えた宴会で「色直し」をし、今までの白無垢を脱ぎ、婿から贈られた色物(赤地)の衣服に着替えたという。しかし、まだまだ、打ち掛け花嫁姿は裕福な家庭の子女に限られていた。明治時代になり、一般的には、黒縮緬の紋付裾文様の振袖に白羽二重の下着を着て、角隠しを着けるという花嫁姿が定着するようになり、その振袖の袖を切り、袖を留めて、「留袖」とし、既婚の女性の第一礼装とした。この衣装は昭和の始めまで受け継がれたが、第二次大戦中は「贅沢」とされ、物資の不足も影響して、新郎は国民服に戦闘帽、新婦は上っ張りにもんぺ、防空頭巾携帯という衣服での挙式も行われたという。

ウェディングドレス姿は女性の憧れ…。 クリックすると元のサイズで表示します

戦後、日本の高度成長に伴って神前結婚式が主流となり、自宅結婚式は減少した。祝宴を料亭やホテル、専門式場等で行なうケースが増え、それに伴って洋式の宴会も徐々に進出した。また、キリスト教式や人前結婚式が増える等、結婚式のスタイルも多様になり、花嫁衣裳も和装、洋装ともに華やかさを増したが、今日では、和装・鬘離れは進み、洋装のみで挙式、披露宴を済ませる方も多くなった。この和装離れには、「鬘が似合わない、和装メイクは白塗りで不自然」という理由が原因と思われるが、実際に、鬘は新婦の頭の大きさの合わせてサイズを決め、お顔の輪郭、造りに合わせて結い上げれば、似合わない人はいないと思う。またメイクも近頃では、水化粧は施すが、肌に合わせてファンデーションの色を調合するので、白塗りにはならない。今後も、勿論、新郎新婦のご希望が第一だが、日本の伝統文化の大事な一つとして和装花嫁造りも、受け継いで行きたいと思っている。
クリックすると元のサイズで表示します 自然色の鬘…新婦に合わせて結う
…色打ち掛け用のかんざしに交換後。
鬘の結い上げ師さんは力を要する為男性が多い。


◎以下鬘の「文金高島田」について。
現在では花嫁の髪として知られているが、江戸時代には、一般の武家の 若い女性や遊女の一部に結われていた。江戸時代中期(18世紀)に結い 始められた文金風の男髷が、女髷へと移り、現在のような形に発展した。 針や楊枝(ようじ)などを髷に入れて高くしたので、針打ちとも呼ばれ た。高島田の中でも、特に髷(まげ)の根が高く、華やかな髪型である。(美容学習事典より)

恵雅さんに絵を書いて頂いた扇 クリックすると元のサイズで表示します 
新婦の好きな秋桜の絵と…花言葉(秩序と調和)が書かれている。(11月22日撮影)

◎恵雅さんのブログ「癒しの書と絵」 ⇒http://sky.ap.teacup.com/keiga/

0



2006/11/29  2:18

投稿者:ほたる

みきさん、こんにちは。結婚式で和服の中で汗を掻き、冷えてまた汗…を繰り返していたら、
予想通り?風邪を引いてしまいました。昨日は大人しくしていたのですが、喉が痛いです。

>さすがほたるさんのご一家。お祖母様の黒振袖本当に綺麗です。

染めに紅下を使って、白い所は胡粉(人形の顔等に塗る色)を使用してあるので、
写真に撮ると、はっきりしますよね。

>私は憧れの黒振袖で結婚式をしたいと思っていたのですが、

わぁっ。私もそう思っているのですよ〜。

>アメリカから一時帰国の際にあわただしく結婚式をしたために
衣装合わせにかける時間がなく、結局白無垢を着ました。それはそれでよかったですけどね。

白無垢も良いですよね。この花嫁の場合は、仏参りには白一色(白無垢)で、
綿帽子も統一して、挙式の時は中が赤い綿帽子を使用しましたので、赤い刺し襟を着けました。
少しの事ですが、こだわって仕立て上げました。

>ほたるさんの記事で白無垢の歴史や意味を知ることができて勉強になりました。

少しでも、お役に立てれば嬉しいです。

>かつらは以前は真っ黒だったのが、最近ではちょっと茶色い髪のものもあるみたいで面白いですね。

はい。20年以上前は、人毛をわざわざ黒く染めていたようです。
それから自然色が出来て、生え際がネット状になり(この部分は手植えなので一番高いです)
更に、茶髪も出て…時代と共に変って来ました。最近では新和装と言って、一寸豪華なアップで
打ち掛けを着たり、振袖を着る事も増えましたが、私はやはり日本髪姿が好きです。

☆みきさんへ

2006/11/28  11:23

投稿者:みき

さすがほたるさんのご一家。お祖母様の黒振袖本当に綺麗です。私は憧れの黒振袖で結婚式をしたいと思っていたのですが、アメリカから一時帰国の際にあわただしく結婚式をしたために衣装合わせにかける時間がなく、結局白無垢を着ました。それはそれでよかったですけどね。ほたるさんの記事で白無垢の歴史や意味を知ることができて勉強になりました。かつらは以前は真っ黒だったのが、最近ではちょっと茶色い髪のものもあるみたいで面白いですね。

http://diary.jp.aol.com/aujzpye6s4d2/267.html

2006/11/28  9:33

投稿者:ほたる

takakoさん、和服、良いですよね〜。お返事遅れて恐縮です。

>着物にとっても興味があります。

まあ、それはそれは嬉しいお話です。。

>元日には突然日本人になって着物を着ます。

サンフランシスコで、和服を着て下さっているのですね。嬉しいです。

>祖母の着物の虫干しをしていた中に、子供が着るような透明な絹作りのものがあって
 聞くと頭の上にかざして嫁いで来たと聞きました。

すごーーい。綿帽子とか絹かつぎみたいなお品でしょうか?
お祖母様は、かなりのお家からお嫁に来られたようですね。。凄いです。


>袖もあり着物の形をしていましたが嫁いで来る時にかむるものと聞きました。
子供だったので詳しく聞けなかったのが残念です。

薄絹のような物かしら?私も気になって来ました。。

>豪華なお飾りが付いた結いと黒振り袖 どっしり重そうですね。夢のまた夢ですが着てみたいです。溜め息。

比翼仕立ての赤い部分を外してあるので、比較的軽いですよ。
ご帰国の際には是非。。今、頃振袖の引き姿も流行っていますから、
貸衣装でも、沢山あると思いますよ〜。是非、お召しになって下さいね。
何かお役に立てる事があったら遠慮なく、お申し付け下さい。




☆takakoさんへ

2006/11/28  3:58

投稿者:ほたる


>終わるのは夜中の12時くらいかな。とにかく長時間なの。

すごっっ。疲れてしまいそうね〜。

>これはフランスでも同じで、親戚の結婚式なんか終わったのは次の日のランチ!スゴイでしょう?

日本の田舎もまだ近年までそうだったみたいですよ。
この新郎さんの家なんて、前々夜祭から皆さん、飲んでいましたし。。猟師町なので、お酒が凄かったです。

>そう言えば、新聞に出てたんだけどイタリアでは結婚の平均年齢が上がって男性は33歳ちょっと、女性は“29.9歳”なんだって。

ほよ〜。日本より2才くらい高いのね〜。

>これを読んで「ほ〜らね♪」ってニッコリ。こういうのを「会心の笑み」って言うのかしら? 

あはは。スピンさんの勝利のお顔が目に浮かぶようですよ〜。

>それで記事をコピーして翻訳をつけて実家にFAXしたの。そしたら、妹からお返事のFAX…
『平均年齢まで、あと○○○日と8時間32分!!ガンバレ、お姉ちゃん』だって。

またまた、登場のチビスピンちゃん、なかなかやってくれますね。。
カウントダウンにあわせて、頑張らないと!

>もうっ、オリンピックじゃないんだからカウントダウンしないでっ!って感じ。

ふふふ。まだまだ。。でも、スピンさんには、どんな人がいいのかなぁ?
心して探して見ましょう…っと。。(張り切り)

>じゃあ、またね 明日の結婚式、素敵にしてあげてくださいませ。

ありがとう。スピーチまでして、料理も食べて、お着替えを手伝って、、
へロヘロでしたよ。でも、喜んで頂けたようで良かったです。

そうそう、花嫁タクシーですが、身長が高くても胴が短い人はOKよ。
スピンさんなら、充分乗られるって思います。
その節は、是非、お嫁さんを造らせてね〜。



☆スピンさんへ No2

2006/11/28  3:57

投稿者:ほたる

スピンさん、昨日はもうヘバリンコ。。
結婚式の前夜、徹夜してしまったので、へロヘロでした。

>なるほどぉ、角隠しとウェディングドレスのベールって同じようなものなんですね。

はい。そのようですね。

>ウェディングドレスの起源はローマ時代で最初はドレスが黒でベールは白の組み合わせだったそうですよ。

ほーっ初めはドレスが黒だったのですね〜。存じませんでした。スピンさんのコメントは、いつも勉強になるなぁ。。

>なんだか、シスターの衣装みたいです。と、ミラノのウェディングドレス専門ブティックの人が言ってました。

そうですね。ホント、シスターみたい。。関連性があるのかしら?

>イタリアでは新婦のウェディングドレスは教会に着くまで新郎には内緒。だから、ドレスを彼と一緒に選ぶってことはしないの。

それもいいよね。あっと驚かせるっていうか。。あら?私達の場合、あっと笑わせるのかしらん?

>結婚式の当日は新郎新婦それぞれのお家に友だちとか親戚が集まってブッフェからスタート。これが午前中。

ほぅっ、前祝があるのですね〜。

>その後はリボンやお花で飾った車で教会に移動して挙式して、次はレストランに移動してランチ&パーティ。

楽しそう。。その移動だと、結婚式があるって、すぐ判るね〜。



☆スピンさんへ No1

2006/11/28  3:41

投稿者:ほたる

まこさん、ご無沙汰しています。11月中から、あまりに慌しくて。。ほっとしたら風邪引きそうです。

>とても興味深く読ませていただきました。

ありがとうございました。

>実は私とはかせ、式も披露宴もしていないんですよ。

まぁ、そうでしたか。。色々とお忙しかったのですね。。

>帰国したら、ほたるさんのところにお願いして、
せめて写真だけでも撮りたいなーなんて思ったり・・。

はい。喜んで!和装なら、衣装(去年従妹が着ました)も持っていますし、お任せ下さい。。
…なんて、マジになっています。機会があられましたら、ホント、お申し付け下さいね。

>黒振袖、素晴らしいですね。

はい。良いですよね。私も是非、着てみたいのが、黒振袖なのです。
古さは隠せないですが、色がくっくりしていて、染めの技術が良かったのだと感じました。
手染めですと、裏返しても、殆ど同じ模様ですものね。
でも、この着物は、祖母の身長に合わせて仕立ててあって160cm以上の方は厳しいです。


☆楽貧まこさんへ

2006/11/28  3:31

投稿者:ほたる

角はしっかり出たままのほたるです。。ははは。。

>えっと、角を隠しているつもりのピュアラです(えへへっ)

姫様、コメントをありがとう。姫も忙しいですよね〜。

>私ね 色々な理由で東京と実家の方の2箇所で披露宴してるの。

すごーーい!

>両方とも和装も洋装もしたから どれだけ着替えたんかいっ?って感じ(^_^;)

私の知り合いの人も、東京と長崎で披露宴をされたそうです。。
招く方々が多いと、また大変ですよね〜。

>北海道では黒地にピンクの桜模様の振り袖も着せてもらって嬉しかったなぁ。

おおっっ!是非、お写真を拝見したいです。。

>でもね、ドレスは 普段着慣れてるからしとやかに歩けなくて(ぷぷ)
「もう少し小股で静々お歩き下さい!」って介添えのオバサマに注意されちゃったわ。 

あはは。普段着がドレスでいものね〜。私は和服でかなり早く歩けます。
和服での運動会があったら、自信ありかなぁ。(そんなもん、無いって?)

>自然色の髷って・・・ 少し茶色がかってるの? そっかー今はこんなのもあるのね。

ごめんなさい。これは光線の加減で特に茶色に見えますよね。
本当は、自然色。。昔は黒く染めていたらしいですよ。
また、本当に茶髪の日本髪もあって一時流行ったけど、
瞳の色が黒いと、合わないのかなぁ。最近は減ったように思います。

>こう言うのって結婚式の時にしか出来ないんだし 私は和装もいいと思うけど
やっぱり最近はドレスだけの花嫁さんが多いのよねー。

そうですね。費用的にも少なくて済むし。。
この新郎新婦は和婚にこだわりがあったし、
新郎さんのお父さんが6年前に亡くなっているから、仏参りもしたくて。。
白無垢でお参りをして来たのですよ。。

>それにドレスはどんどんシンプルになるし。

レストランで披露宴とかだと、豪華なドレスが着難いのかしら?
Aラインとか多くなりましたね。それにシンプルなドレスは、素材で勝負!という感じですね。
また、少しずつ、レイヤードが入ったり、
レースが着いていたり豪華にもなりつつある感じもするけど、姫様の方が沢山観てるよね。
あー、もう12月。。今年も僅かですね。もう一気に成人の日ですよ。。
やっと?寒くなったから、風邪とか気をつけて下さいね。。


☆ピュアラ姫様へ

2006/11/28  3:16

投稿者:ほたる

恵雅さん、何とか無事に結婚式、披露宴を終えました。

> 25日というと今度の土曜日ですね。

はい。描いて頂いた扇子は、ずっと雛壇に飾られていました。
私が忙しくて、写真を撮れなかったので、
また、写真を頂いたら改めて送らせて頂きます。

>ステキな花嫁さん!

当日は、列席者の祝福も手伝って、とって輝いていましたよ。

>このお嫁様の着付けもほたるさん?尊敬しちゃいます。

いえいえ、これが仕事ですから。。楽しいです。

>お祖母様の黒地の紋付裾文様の振袖も重厚感と華やかを併せ持ってて、とっても素晴らしいです。

古さは隠せませんが、色は綺麗ですね。この大振袖は、他の人にも着て頂きました。
祖母のは、打ち掛けも2枚着たようですが、1枚は既に屏風にしてあります。
でも双方共、地味過ぎて着ると大奥のお局みたいになっちゃいそうです。

> このような衣装を着させて頂けるご友人も羨ましいですね。

やはり、最後の振袖ですから、ご両親が喜んで居られましたよ。。

 >我が恵雅ブログにも明日にでも、紹介、扇子のアップもさせて頂きます。

本当にありがとうございました。時期遅れのコスモスも探して下さったようで恐縮しています。



☆恵雅さんへ

2006/11/25  6:10

投稿者:takako

着物にとっても興味があります。
元日には突然日本人になって着物を着ます。

祖母の着物の虫干しをしていた中に、子供が着るような透明な絹作りのものがあって 聞くと頭の上にかざして嫁いで来たと聞きました。袖もあり着物の形をしていましたが嫁いで来る時にかむるものと聞きました。
子供だったので詳しく聞けなかったのが残念です。

豪華なお飾りが付いた結いと黒振り袖 どっしり重そうですね。夢のまた夢ですが着てみたいです。溜め息。

11月22日撮影は、刺繍がされてあるんですね。美しいものを見る事が出来るって”たからものの時間”ですね。
もう一度 溜め息です。

2006/11/24  9:16

投稿者:スピン

Ciao ほたるさん なるほどぉ、角隠しとウェディングドレスのベールって同じようなものなんですね。ウェディングドレスの起源はローマ時代で最初はドレスが黒でベールは白の組み合わせだったそうですよ。なんだか、シスターの衣装みたいです。と、ミラノのウェディングドレス専門ブティックの人が言ってました。イタリアでは新婦のウェディングドレスは教会に着くまで新郎には内緒。だから、ドレスを彼と一緒に選ぶってことはしないの。

結婚式の当日は新郎新婦それぞれのお家に友だちとか親戚が集まってブッフェからスタート。これが午前中。その後はリボンやお花で飾った車で教会に移動して挙式して、次はレストランに移動してランチ&パーティ。終わるのは夜中の12時くらいかな。とにかく長時間なの。これはフランスでも同じで、親戚の結婚式なんか終わったのは次の日のランチ!スゴイでしょう?

そう言えば、新聞に出てたんだけどイタリアでは結婚の平均年齢が上がって男性は33歳ちょっと、女性は“29.9歳”なんだって。これを読んで「ほ〜らね♪」ってニッコリ。こういうのを「会心の笑み」って言うのかしら? それで記事をコピーして翻訳をつけて実家にFAXしたの。そしたら、妹からお返事のFAX…
『平均年齢まで、あと○○○日と8時間32分!!ガンバレ、お姉ちゃん』だって。
もうっ、オリンピックじゃないんだからカウントダウンしないでっ!って感じ。

じゃあ、またね 明日の結婚式、素敵にしてあげてくださいませ。
Ciao ciao


※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ