2006/11/29

硫黄島からの手紙Vol 2... 「バロン西」こと西竹一中佐  好きな映画と本(一部ネタバレあり)

硫黄島で散った将校達の中に、オリンピック馬術競技唯一の金メダリスト…西竹一中佐がいた。彼の事を「バロン(男爵 )西」と名付けたのはアメリカの新聞だった。西氏は、1932年に開催されたロサンゼルスオリンピックに於いて、当時花形競技だった馬術競技で、愛馬ウラヌス号に乗って金メダルを獲得。日本人離れした手足の長さと、紳士的な態度で欧米の社交界に名を馳せていた。西氏は、陸軍軍人でありながら長髪を通し、クライスラー、パッカード社の車を乗り回し、ハーレーまで所有していた豪遊ぶりだった。更に愛馬ウラヌス号もイタリアで出会うと、一目で気に入り、自費で購入していたという。そんな芸当が出来たのも、西氏は、外務大臣を務めた西徳二郎男爵の三男として生まれ、その家は西麻生に1万坪の邸宅を構えていた名家所以だった。
クリックすると元のサイズで表示します ロサンゼルスオリンピック・馬術傷害競技での西竹一氏。

しかし、西竹一氏が名家の嫡男としては例外的に、職業軍人としての道を選んだ事には、理由(わけ)があった。竹一氏は、正妻の子供ではなく、父親が使用人に生ませた子で、母は竹一氏の生後すぐに西家を出され、母親の愛情を知らずに育っていた。父親の亡き後、10才で男爵家の家督を継いだが、学習院時代も問題児として名高く、停学処分も受けていた。名家の名前を背負いながら、心中は孤独だったと推察する…そんな竹一氏にとって馬との関わりあいは、自分を見出せる唯一の時間だったように思う。事実、竹一氏は、硫黄島での最後の時まで、ウラヌス号のタテガミを肌身から離さなかった。そのウラヌス号も西中佐の戦死1週間後、後を追うように逝ったという。

この西中佐と、先に書いた硫黄島指揮官・栗林中将との共通点として、騎兵学校出身であった事、アメリカでの生活を体験し、アメリカという国の国力を知っていた事があげられる。この2人が帰る事はまず無い、とされた硫黄島へと派遣された経緯には、日本軍部内から、知米派の追い出し…と解釈されている説が根強く残っている。硫黄島へ向う際に覚悟を決めた西中佐も、栗林中将と同じく、妻に「今度という今度は戻れないかもしれない」と言い残している。それでも最後まで明るかった西中佐は、米軍上陸の前、硫黄島に一頭だけ残された馬に跨ったり、釣りに興じていたという。しかし米軍上陸後の戦いぶりは、己の肉体をも武器にした壮絶なものだった。修理不能の戦車を砂に埋め、砲台だけを見せて巧みに隠し利用した戦術は、西中佐の軍人としての能力の高さを証している。自身は、米軍が使用した火炎放射器の火で顔半分を焼かれ、総員1000名の連隊も60余名となって尚、栗林中将のいる兵団本部と合流しようと壕を出た所、水際で散弾に倒れたと記録されている。
西竹一氏と、心を通わせた愛馬ウラヌス号。 クリックすると元のサイズで表示します

西中佐については、アメリカ軍が「五輪の英雄、バロン西、出てきなさい。(世界が)君を失うのは惜しい」。と壕に向って投降を呼びかけたが応じなかった…というエピソードも残されている。「死ぬ時は、この宇宙の中に消えて行く」…。そう言い遺した西中佐…最後に栗林中将に一目会いたいという願いは届かなかった。しかし、西中佐が最後まで肌身離さず持っていた、ウラヌス号のたてがみは、1990年にアメリカで発見され、現在は、北海道本別町の軍馬鎮魂碑のある歴史民俗博物館に、収められている。

◎追記
映画「硫黄島からの手紙」では、栗林中将を渡辺謙氏が、西中佐を伊原剛志氏が演じている。もし黒澤明監督が存命なら「メガホンを預けた」と語るクリント・イースト・ウッド氏が描く、初の日本人俳優をメインにした日本映画(イースト・ウッド氏は、ハリウッド映画ではなく日本映画と呼ぶが、アカデミー賞の対象にはなるようだ)。61年の時を越えて届く…「硫黄島からの手紙」…。敵(アメリカという国)を体験した2人の日本人…栗林中将を縦糸に、西中佐を横糸にして織り成す物語は、史実に基づいた戦争映画から何を語りかけてくるのか?今から封切りが待ち遠しい。


◎参考/参照
「別冊宝島・硫黄島での戦い」 宝島社より
1



2006/12/13  12:32

投稿者:ほたる

コレコ(仮)様、はじめまして、ご来訪及びコメントをありがとうございました。

>先日、映画「硫黄島からの手紙」を鑑賞してきました。

私は、10日と12日に行きました。2度出向いたのには、理由がありまして。。
感想も記事にしましたので、お時間があられましたら12月12日の記事を読んで下さい。

>あの「硫黄島の戦い」についての逸話は数多く聞いていましたが、この作品はとても素晴しいと思いました。

そうですね。やはり日本人が描くのとは、着眼点が違ったのだと感じています。

>やはり栗林中将の人気が高いようですが、私はこの作品ですっかり「バロン西」のファンになってしまいました・・・。

私は、馬に乗っていましたので、元々西氏には興味がありました。
あの時期に於いて、リベラルな考え方で、リーダーシップもありましたね。

>まだ未見でしたら、ぜひオススメしたい作品です。

ありがとうございます。公開と同時にフジ系で放映された「硫黄島 戦場の郵便配達」も
良かったです。
コレコ(仮)様は、ご覧になられましたか?
私は録画してありますが、再放送して欲しいと願っています。


☆コレコ(仮)様へ

2006/12/12  1:01

投稿者:コレコ(仮)

初めまして。コレコ(仮)と申します。
先日、映画「硫黄島からの手紙」を鑑賞してきました。
あの「硫黄島の戦い」についての逸話は数多く聞いていましたが、この作品はとても素晴しいと思いました。
やはり栗林中将の人気が高いようですが、私はこの作品ですっかり「バロン西」のファンになってしまいました・・・。
まだ未見でしたら、ぜひオススメしたい作品です。

http://blackforce.blog.shinobi.jp/

2006/12/10  0:01

投稿者:ほたる

ご来訪、ありがとうございました。

大事な栗林中将の苗字が、途中から間違っていましたね。
一旦間違えて、そのままコピーペーストしていましたので、気付きませんでした。
教えて頂き、感謝致します。重なりますがありがとうございました。

☆なみ様へ

2006/12/9  21:23

投稿者:なみ

栗原→栗林では?

2006/12/2  19:15

投稿者:ほたる

みきさん、こんにちは。いよいよ12月ですね。クリスマスはむーちゃんと一緒?ですよね。

>最後まで愛馬のたてがみを持っていたというところに泣かされました。

はい。一時帰省した時、乗って名残を惜しんだと書かれていました。
馬は賢いし、勘もいいから、最後って解っていたのかもしれない…です。
お金は沢山あった人でしたが、母親の愛情に薄くて、きっと馬といる時が、
気持ちが安らいで、本当の自分になれたでしょうね。

>戦場へ送られた馬で日本に帰ってきた馬は一頭もいないと聞いたことがありますが、西中佐のような人もいたということでちょっとほっとします。

そうですね。西中佐も栗原中将も、騎兵将校でしたし、
人間らしい人だった様子が伺えますから、人の命は勿論、
馬の命も大切にしたのだと思います。

栗原中将が留学していて、淋しい時、猫を見て癒されたという下り…
みきさんを思い出しました。また、むーちゃんの写真、載せて下さいね〜。


☆みきさんへ

2006/12/1  14:01

投稿者: みき

最後まで愛馬のたてがみを持っていたというところに泣かされました。戦場へ送られた馬で日本に帰ってきた馬は一頭もいないと聞いたことがありますが、西中佐のような人もいたということでちょっとほっとします。


http://diary.jp.aol.com/aujzpye6s4d2/

2006/11/30  10:08

投稿者:ほたる

able様、ご来訪、ありがとうございました。

>私は毎日新聞の記者として15年勤務した後、ジャーナリストを職業としています。

大変なお仕事ですね。ご苦労様です。
私のような一美容師には、計り知れないご苦労があられる事と存じます。

>「父親たちの星条旗」は観ました。このブログのいろいろな方々の意見や感想であるように、確かにすばらしい映画だと思います。

コメント欄まで、しっかり読んで頂いたようで感謝しています。
記事は大した事がなくても、コメントいただく方が素晴らしい方ばかりで、
コメントによって、記事を支えて頂いているくらいですので。。

>ですが、今日拝見した硫黄島の航空写真はどこから入手したのでしょうか。

購入した本から写しました。従姉が東京都内の裁判所勤務中、
小笠原村の方と接する機会があり、今小笠原村に、直接
小笠原村のサイトから頂けないかと、
問い合わせ中で、お返事を待っている所です。

>新聞ならAPとか○○○記者写す、など明記するのが当たり前です。

恐縮ですが、新聞から入手したのではございません。

また、当ブログの写真等の著作 権についての考え方は、
顧問弁護士と相談の上、一つのカテゴリにまとめて書いています。
お時間があられましたら、ご一読下さい。




☆able様へ

2006/11/30  5:14

投稿者:ほたる


>日本に目を転じてみると、なぜ私は、この時代の日本に生まれたというだけで、そのような目にあわずに、彼らが決して得られない、得られなかった享楽的な生活を送っているのか。

確かに、仰るとおりです。
ただ、そんな環境の中で、少しでも、立ち止まり出来ることがあるように思います。

>まるで出口のない部屋に閉じ込められるような気持ちになってきます。

それだけKEYさんが、人間愛に厚い方だからでしょう。。
あまり、ご自分を追い詰めないで下さいね。

>少なくとも我々ができるのは、いや、しなければならないことは、このような悲劇に対し決して無関心にならず目をそらさないこと。

はい。過去に蓋をする…いえそれ以上に知ろうともしないのは、愚かだと思います。

>そして「正しく」起きたことを知ろうとする姿勢を持つことなのでしょう。

仰る通りだと思います。

>「父親たちの星条旗」は、この基本的な姿勢をあらためて思い知らしめてくれたような気がします。

そうですね。まだまだ、真実は表に出てきていないですが、
画期的な映画になったのは確かですね。。

>そしてほたるさんの文章もです。

まぁ、、、西竹一氏については、馬つながりで書いただけで。。
お恥ずかしいだけですが、読んで頂けて光栄です。

>「硫黄島からの手紙」はどのような感想をもつか、観る前からすでにある程度の予想がついていますが、必ず劇場に観にいこうと思っています。

はい。是非、また、御感想を記事にして下さい。

追伸
KEYさんの所へ、コメントを残したかったのですが、何かエラーになりました。
また、トライしてみます。ごめんなさい。



☆KEYさんへ No2

2006/11/30  5:13

投稿者:ほたる

KEYさん、長い記事を読んで頂いて感謝です、ありがとうございました。

>不覚にもバロン西のことませていただき、落涙を禁じえませんでした。

はい。投降しなかった事や、最後の時まで愛馬のタテガミを身につけていたこと、
火傷を負いながら、栗原中将の元に行こうとした姿、思い浮かべるだけで涙が止まらないですね。

>私は第二次世界大戦については、東京裁判を中心に受験時代に本などを読んだ知識がベースで、すっかり錆付いているのですが、「父親たちの星条旗」を見てから、今こそ本気でさびを落とさなければならないな、という気持ちでいっぱいです。

アメリカ映画が、初めて、アメリカの醜い部分を描いたという意味のある映画ですね。
KEYさんもブログで書かれていましたが、実際のフィルムが流されるエンドロール…
どの俳優も、本物みたいでしたね。脚色はいろいろあったとしても、
フィクションでない映画は、心に響くものがありますね。

>どの戦争も本質的には同じだと思うのですが、太平洋戦争でいえば、特攻の映像などをみると、なぜこの攻撃機のパイロットは、この時代に生まれたがためにそのような運命をたどらなければならなかったのか。

そうですね。人は自分が生まれてくる時代も環境も選べないですものね。

>米兵たちも無残な死を遂げなければならなかったか。

少なくとも、相手を憎んでの戦いではないですよね。
人と人でなく、国の私利私欲の為に、散った命、繰り返してはならないと思います。

>そして現代に目を転じても、なぜイラクの人々や、チェチェンの人々、そしてガザ地区に住むパレスチナ人たちは、理由もなく殺され、家族を奪われ、住むところを奪われ、人間としての尊厳を奪われなければならないのか。

今も戦火に怯える人達が居る事、忘れてはならないと思います。

☆KEYさんへ No1

2006/11/30  2:14

投稿者:able

私は毎日新聞の記者として15年勤務した後、ジャーナリストを職業としています。
「父親たちの星条旗」は観ました。このブログのいろいろな方々の意見や感想であるように、確かにすばらしい映画だと思います。
ですが、今日拝見した硫黄島の航空写真はどこから入手したのでしょうか。新聞ならAPとか○○○記者写す、など明記するのが当たり前です。


※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ