2005/10/18

野球はツーアウトから  Boston Red Sox・MLB

野球は本当に、ドラマティックだ。今日も9回ツーアウトの崖っぷちから1つのドラマが生まれた。1勝3敗と後の無い、カーディナルス。バッターはプーホルズ。眠っていた大砲が火を吹いた。逆転のスリーランホームランを打ったのだ。カーディナルスは昨年、ワールドシリーズでレッドソックスと相対した事から、私も、ある程度の選手名は耳慣れていた。昨年のワールドシリーズ第4戦では、全く当たりの無かったローレンが、内野ゴロを打って、一塁まで、必死で走り、スライディングを見せた姿も記憶に新しい。(関係ないが、映画俳優のケビン・スペイシーに似ていると思った)
          クリックすると元のサイズで表示します
そのローレンは怪我をして今期戦線を離脱していた。後は田口。国内ではイチローと共に脚光を浴びていながら、カーディナルスでは先発メンバーになれずとも、全く腐る事も無く、守備固めに、代打にと指名をうければ一生懸命プレイしている。その真摯な姿には共感が持てていた。また、対戦した時の観客も、ヤンキースのベーブルースの呪いと写真を掲げていたり、当時いたペドロ・マルチネスを「あなたのお父さんは誰?」とダースベーダー姿で皮肉ったりするような嫌味でなく、ラミレス、デーモン、マルチネスのロングヘアーの写真を掲げ「あなたの床屋は誰ですか?」と書かれていたのも、ジョークが効いて微笑ましく好感が持てた。
        クリックすると元のサイズで表示します似顔絵としては今一だが
今日の試合は生中継で放送されなかった為、私はネットで追いかけていたが、試合途中からボストンに電話して、実況を聞いた。「9回ツーアウト、もう終りだね。でも去年のレッドソックスは9回ツーアウトから大逆転したね。」とか話していた。すると隙の無かった守護神リッジから、エクスタインのヒットが生まれた。その後リッジは、あと1人でワールドシリーズという焦りか、それとも、内角を攻めすぎたのか、四球を出してしまった。お膳立てが揃って、プーホルズ。「オルティースだったらホームランだね」そう話した途端、「打ったぁーー」と電話の向こうから叫び声が聞こえた。昨年のワールドシリーズで、レッドソックスにスイープされ悔しい思いをしたカーディナルス、険しい道のりも、そう簡単には引き下がらない。

ところで、レッドソックストロット・ニクソン選手が、14日に痛めていた左膝を手術したそうだ。手術は成功し、これからリハビリなのだそうだが、レッドソックス生え抜きのニクソンには、是非完治して復活して欲しい。フェンウェイ球場のライト側で観戦した際には、彼の勇気ある衝突を恐れぬ守備に感動した事もしばしばで、彼の赤いソックス姿は、ひときわ、グリーンの芝に際立っていた。
0



2005/10/19  16:40

投稿者:aoiさん

この試合すごかったですね!!
大リーグ的にはCWS-HOUのシナリオがあったんじゃないでしょーか。
でも打っちゃったから。
四球出しちゃったから。
HR打っちゃったから
誤審しようがなかったようで。
私もカージナルスのファン、好きです。
去年WSで負けたのにスタジアムに残ったファンは明るく称えてくれたから。
今度は応援してあげたいです。

http://blog.so-net.ne.jp/aoi/

2005/10/19  8:38

投稿者:JUNさん

3敗と追い込まれたまま負けてしまったエンジェルスの試合を見てい
たので、同じく3敗のカージナルスもこれまでか、、と思いつつ見て
いたが、眠れる主砲ブホルスの、どでかい1発でカージナルスは息を
吹き返した。あの敵地での追い込まれたムードで9回2アウトの瀬戸
際から抑えのエースを相手に、よく押し戻したものだ。勝った気分で
応援していたアストロズの地元観衆も、野球の怖さをまざまざと思い
知ったに違いない。凄いものを見せてもらった、と感謝したい気持ち
だ。

笑わない監督として有名なラルーサ監督。玄人受けする名将で、彼と
仕事をしたいという野球関係者が非常に多いと聞く。前夜の試合で珍
しく審判に抗議して退場をくらっていた。TVの野球解説者も同意して
たが、明らかなボールをストライクと判定した球審の間違い。ほとん
ど同じ球を相手の投手の時は、反対の判定。怒るのも無理はない。審
判の判定に泣かされ敗れ去っていったエンジェルスを見ているだけ
に、妙な判定にもめげずに土俵際で勝ち残ったカージナルスに拍手を
送りたい気分だ。

試合後、ラルーサ監督の息が弾んでいた。冷徹に見える監督が珍しく
嬉しさを隠しきれないようだった。昨年のワールドシリーズでレッド
ソックスにスイープされた後、ラルーサ監督はベンチ裏でのTVインタ
ビューで、悔し涙を隠さなかった。『私はこのチームが好きだ。彼ら
は素晴らしかった。彼らとともに勝ちたかった』と話していた。この
監督を笑わせてみたい、と思う人は、私だけではないと思う。


※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ