2007/1/18

被災地から誕生した還暦プロゴルファー古市忠夫氏と被災した妹  日記(今日思うこと)

12年前の1月17日、早朝5時46分、私は当時15日だった成人の日の仕事を無事に終えて、岐阜県高鷲(たかす)村にあるスキー場の宿泊施設の2Fにいた。その直前、私は伝わってくる振動を感じて目を覚まし、一緒に眠っていたスタッフ達を揺起こした。ドドドーッと揺れるその揺れ方は、かつて私が体験した事の無い地震だった。岐阜県と長野県の県境にある活火山…御嶽山が噴火したのかと思いつつ、テレビのある階下の娯楽室へ降りていった。ニュース速報が神戸での地震だと伝えていた。岐阜県でこの揺れ…私は胸騒ぎがして、公衆電話から当時大阪府豊中市に住んでいた妹に電話をかけた。幸運にも電話は繋がり妹が出て、無事は確認できたが、「全ての家具が倒れ部屋の中は無茶苦茶、あまりに大きなドーンという音に大阪ガスの爆発かと思った」と妹は声を震わせ泣いていた。
クリックすると元のサイズで表示します 平山譲著、映画の原作「ありがとう」

「阪神淡路大震災」…その時、神戸市長田区の商店街でカメラ店を経営していた古市忠夫氏は、倒壊した自宅&店舗から妻の千賀代さんと2人の娘を避難させた後、消防団のヘルメットを被り、災害救助にあたろうと瓦礫の街を歩き周った。そこには、あるはずの建物が押し潰されて形を変え、多くの人々が家屋の下敷きとなっていた。やがて火の手があがり、生き埋めになった人々を次々に呑み込んでいった。平山譲氏著の「ありがとう」の中にその時の様子が赤裸々に書かれている。…迫り来る炎、家の瓦礫の下で、妻が夫に「逃げて」と言う、でも夫は「助けたるからな」と瓦礫を退かし続ける。古市氏も手伝うが、現場は火の海となり、2人で救うには時間がない。「奥さん ごめんな」と泣きながら夫を羽交い絞めにして現場から引き離した…。

古市氏の店舗があった鷹取商店街の火は、三日三晩燃え続け、995棟が全焼して105名の方が命を落としたそうだ。地獄絵のような焼け跡の中、古市氏は、街の復興に向けてボランティア活動に取り組み始めた。「わしら、生かしてもろてんねん。生かしてくれた人に感謝せな。文句言うたらあかん」(「ありがとう」より)。街の人々を励まし、励まされながら奔走する日々が続いた。そんなある日、古市氏は、自分の車が焼けずに無事であると知る。駐車場だった場所に向かい車のトランクを開けると、古市氏は愕然としたという。トランクの中には無傷のままのゴルフバックが横たわっていたのだ。古市氏は、「奇跡や!」と、焼け残ったそのゴルフクラブで、復興活動の合間に猛練習を始め、プロテストを受ける事を決心した。その時、古市氏は55才…。家族は呆れるばかりだったが、街の人々は見守り応援を続けた。
平山譲 著「還暦ルーキー古市忠夫」 クリックすると元のサイズで表示します

やがて古市氏は、2000年の秋、2度目の挑戦で日本プロゴルフ協会(PGA)資格認定プロテストに、59歳11ヶ月の史上最年長で合格した。古市氏の合格は「被災地から誕生した還暦ゴルファー」として新聞各紙で報道され、そのプロゴルファーへの行程は、平山譲氏によって執筆、出版された。そして2005年、赤井秀和氏主演による映画化が決定、12月の制作発表の会見には、来日していたタイガー・ウッズも駆けつけた。以下タイガー・ウッズのコメント。

「…前略…阪神大震災には、ずっと心を痛めていました。古市忠夫という人の存在を知り、興味を持っていました。彼の物語は、勇気と希望の映画になると思うので、是非応援したいです…中略…喪失感の底から立ち直る、それは物凄く辛い事だらけだったと思いますが、それをすべて乗り越えた古市さんを讃えられるこの場所に居られる事を、凄く嬉しく思います」。

クリックすると元のサイズで表示します タイガーウッズと古市氏 (Yahoo photoより)

そして会見の翌日、古市氏は、宮崎のフェニックスカントリークラブ、トムワトソンコースにて、タイガーとの夢の競演を果たした。この試合は、タイガーの他に、マイケル・キャンベル、星野英正、宮里優作、宮里藍、横峯さくら、元MLBプレーヤー佐々木主浩ら(敬称略)が参加し、マッチプレーによるトーナメント方式で行われた。最終結果、優勝はタイガーだったが、古市氏はタイガーと1回戦で対戦、そして何とタイガーと引き分け、決着を付ける為のアプローチ合戦(サドンレス)まで持ち込んだそうだ。映画は、2006年11月25日に、封切りとなり全国に「還暦プロゴルファー古市忠夫」の名前を知らしめた。

古市氏は、現在もシニアツアーで活躍しつつ「プロゴルファーである前に一住民でありたい」と、長田区若松町11丁目の自治会長としてもその活動を続けている。12年前のその日、電気を含め文明の利器が何も役立たない状況下で、「昔ながらの町の人々の助け合う姿は見事だった」。そう語る古市氏…。想像を絶する逆境の中にあっても、心の有り方一つで、奇跡は起こせる…古市氏の12年の歩みは、人と人が支えあえばこその「強さ、逞しさ」も教えてくれる。神戸では今、被災者で作る非利益法人…『1・17 希望の灯り』が、空爆を受け肉親を失ったレバノンの子供達に救援物資を送る等、支援活動の輪も広がっている。現在東灘区に住む妹は、古市氏に会いお話を聞いた事があるそうだ。今日は久しぶりに妹から電話があり、妹も及ばずながら「生かされている事への感謝を忘れないで、何か役に立てたらと『1・17 希望の灯り』の会を訪ねた」と語っていた。

◎映画「ありがとう」公式HP
http://www.arigato-movie.jp/
0



2007/1/20  3:02

投稿者:ほたる

merinnda社長様、こんにちは。merinnda社長様も古市さん、ご存知だったのですね。

>還暦プロゴルファー古市忠夫氏の車の中に残っていた
ゴルフバッグの話からの一念発起の悲願成就の事は
記事や、TVで見たことがありゴルファーの鑑と
いつも古市さんのツアーの模様を注目していました。

そうだったのですか。。私はゴルフを嗜む妹に聞いて知っていたのですが、
ツアーなど、リアルタイムでは、追っていなかったです。
これからは情報収集して応援させて頂きたいと思っています。

>タイガーとそういう事もあったのですね。

はい。タイガーウッズは、心優しい人と聞いています。神戸の人達も、
古市さんとタイガーとのマッチプレーの実現には、勇気を貰われたでしょうね。

>何時もながら素晴らしいひとり言ですね。

とんでもない。社長様のように一句…詠めれば良いのですが、まだまだ青いです。
今後共、ご指導宜しくお願い致します。。


☆merinnda社長様へ

2007/1/20  2:54

投稿者:ほたる

rikuさん、こんにちは。この記事の宣伝に出向いて?失礼致しました。

>古市さん、拝見させていただきました。

お忙しい中、ありがとうございます。

>そして阪神大震災、思い出しました。

本当に驚きましたし、関係者の方々にはとても悲しく辛い震災でしたね。

>阪神大震災といえば、当時広島におりましたが、知り合いも奇跡の体験をしていたりするものですから、色んなことが思い出されます。

そうなのですか!?奇跡の体験のお話、また、教えて下さい。
広島に居られたとか。。広島も結構揺れましたよね。

>また、あまりブログでも書いていないんですが、ブラインドゴルフのボランティアなんぞ、似合いもせずたまにやっていたりしているもんですから、その関係上、古市さんのことは以前からよく存じ上げているんですよ。

やっぱり!!きっとrikuさん達なら、ご存知だろうと思っていました。

>やはり人々に勇気を与えてくれる人というのは、素晴らしいですよね

はい。底力というか、凄いパワーを感じます。見習いたいですよね。

あっ、フィギュアの話題ですが、
ユニバーシアードのフィギュア男子は圧倒的強さで、高橋君と織田君が1、2フィニッシュでしたね。
2人とも、ほぼノーミスの演技だったようで世界選手権が、ますます楽しみになりました〜。


☆rikuさんへ

2007/1/19  21:33

投稿者:merinnda

ほたるさん今晩は
還暦プロゴルファー古市忠夫氏の車の中に残っていた
ゴルフバッグの話からの一念発起の悲願成就の事は
記事や、TVで見たことがありゴルファーの鑑と
いつも古市さんのツアーの模様を注目していました。
タイガーとそういう事もあったのですね。
何時もながら素晴らしいひとり言ですね。

2007/1/19  19:10

投稿者:riku

こんにちわっ、ほたるさん!!

古市さん、拝見させていただきました。そして阪神大震災、思い出しました。

阪神大震災といえば、当時広島におりましたが、知り合いも奇跡の体験をしていたりするものですから、色んなことが思い出されます。

また、あまりブログでも書いていないんですが、ブラインドゴルフのボランティアなんぞ、似合いもせずたまにやっていたりしているもんですから、その関係上、古市さんのことは以前からよく存じ上げているんですよ。

やはり人々に勇気を与えてくれる人というのは、素晴らしいですよね。

http://sportsmaniax.seesaa.net/

2007/1/19  3:48

投稿者:ほたる

>この震災をきっかけにNPO(非営利法人)法案が議員立法で成立したことは喜ばしいことですが、最近悪質なNPOの暗躍も目に付くのが気掛かりです。

仰る通りです。そういえばNPOという言葉を聞くようになったのも、この時からでしたね。。
私の友人には福祉関係の勤める者が多いのですが、
簡単に作れる反面、意味不明な団体もあるようですね。
どんな素晴しい法案も、上手く利用して裏を潜るずる賢い人達が現れるものですね。
ヌマンタさんに書いて頂いたコメントで、色々な事を思い出しました。
憤りが多かったのですが、その分、忘れないで教訓にしなければいけないですね。
ありがとうございました。

☆ヌマンタさんへ No2

2007/1/19  3:47

投稿者:ほたる

ヌマンタさん、こんにちは。いつもありがとうございます。

>一二年前なのですね。

はい。被災した方達にとって、12年が長かったのか短かったのか、それぞれなのですよね。

>私が覚えているのは、TVで報じられた村山首相(当時)の呆けた表情です。

ヌマンタさんのコメントを拝見して、及ばずながら私も思い出しました。
そうでしたね。随分遅れたヘルメットを被っての視察…
危機管理能力の無さも、浮き彫りになりました。

>実務能力の欠落した首相のせいで、救助は大きく遅れました。

はい。自衛隊の方々の出動も遅れましたね。
当時大学生だった弟は、翌日に神戸へと向いましたが、現場で見た光景として、
被災した人同士の助け合いが多かったと言っていました。
国の対応は、特に遅く、あてに出来ないものと痛感したようです。

>住専の不良債権を看過した無能さよりも、国民の非常時に対応できない傍観者ぶりに激怒した覚えがあります。

本当に危機管理能力の無さが露見しましたね。
その翌年、友人がいるグアムに風速100メートルという凄い台風が襲い、
大きな被害があって、発電所も倒壊し、各家々が停電したのですが、
翌日には、アメリカ軍の飛行機が本土から小型の発電機を持ち込んで、
殆どの家に行き届いたそうでした。神戸との違いが大きすぎました。

それから、私の地区では、震災の前年、水不足による断水を経験し、
どの家にも、18リットルタンクなど水を蓄える物が沢山余っていました。
粗大ゴミで見かける事もあったので、生活用水を運ぶ為に使って貰うように、
神戸に持って行ったら?と役所に即電話したのですが、集める人手がないと、却下されました。
結局後でライオンズクラブの人達が、改めて購入して持って行かれたそうですが、
勿体無かったです。
時間もお金も無駄な事ばかりするのだなと、強い憤りを感じました。


☆ヌマンタさんへ No1

2007/1/19  3:21

投稿者:ほたる

ポエム様、ようこそおいで下さいました。
パソコンで描かれた素敵な絵…楽しんで拝見させて頂きました。

>地震によって無くした物は、
たくさんあっても、立ち上がって
残された事の意味を大事にし、
夢に向かって力いっぱい生きてゆく!

はい。私には想像を超える…生死を分けるような苦しみがあってこそ、
生かされているという喜びに感謝出来るのかもしれません。
私達が「当り前」に思っているような、毎日の平凡な日々に感謝しなくてはいけないですね。

>若者だったら、当然の事かもしれないが
還暦を迎える人が、神戸の町でパワーを
見せるなんて、カッコいいなぁ〜!

格好良いです。そして力強く逞しいですよね。

>神戸に支えられながら、頑張ってくださいね。古市さん!

はい。私もずっと応援させて頂きます!

>映画を是非見なくては…。

ポエム様、それがですね。。。
11月末の公開でしたので、私も年が明けて仕事が落ち着いたら…と思っていましたら、
もう、殆どの映画館で、放映が終ってしまったのです。
せめて1月17日までは、放映し続けて欲しかったと非常に残念です。
DVDの発売を待ちたいと思っています。

ポエム様、また、綺麗な色彩の絵を拝見させて頂きに、伺わせて頂きますね。

☆ポエム様へ

2007/1/18  20:51

投稿者:ヌマンタ

一二年前なのですね。私が覚えているのは、TVで報じられた村山首相(当時)の呆けた表情です。実務能力の欠落した首相のせいで、救助は大きく遅れました。住専の不良債権を看過した無能さよりも、国民の非常時に対応できない傍観者ぶりに激怒した覚えがあります。

この震災をきっかけにNPO(非営利法人)法案が議員立法で成立したことは喜ばしいことですが、最近悪質なNPOの暗躍も目に付くのが気掛かりです。

2007/1/18  17:05

投稿者:ポエム

地震によって無くした物は、
たくさんあっても、立ち上がって
残された事の意味を大事にし、
夢に向かって力いっぱい生きてゆく!

若者だったら、当然の事かもしれないが
還暦を迎える人が、神戸の町でパワーを
見せるなんて、カッコいいなぁ〜!
神戸に支えられながら、頑張ってくださいね。
古市さん!映画を是非見なくては…。

http://blog.goo.ne.jp/kaseifuwa-mita


※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ