2007/1/19

大エルミタージュ美術館展へ出かけてVol...2 好きな絵画  日記(今日思うこと)

ロシアのエルミタージュ美術館に納められている、膨大な数のヨーロッパ絵画セレクションの中から、『都市と自然と人々』をテーマに厳選された絵画…80点が、名古屋市美術館に展示されている(3月4日まで)。絵画には造詣が深くない私だが、その中で、一番魅かれた絵は、19世紀のドイツの画家、ルートヴッヒ・クナウスの「野原の少女」だった。その構図の中には、殆ど空は描かれておらず、カンヴァス一杯に広がる野原から、草花の香りが漂って来そうだった。そしてこの絵の主人公…無心に花を摘む少女は、今にも動き出しそうなくらい、実に写実的に描かれていた。この絵を観ていると、まるでタイムスリップしたかのように幼い頃、レンゲ畑や、クローバーがぎっしり生えた空き地で、夢中になって花を摘んだ事を思い出させてくれ、その少女と幼い頃の自分の姿を、オーバッラップさせてしまった。童心に帰せてくれた…懐かしくそして温かい絵であった。

クリックすると元のサイズで表示しますスピンさんご提供…再び実物を観たい。
(クリックで拡大します)


※ルートヴッヒ・クナウス (1829〜1910) ドイツ画家 
ヴィースバーデンで修行した後、1845年から1852年にかけてデュッセルドルフ・アカデミーで学び、デュッセルドルフ画壇の風俗画家と交流して風俗画家としての基礎を磨いた。1853年、パリのサロンで金賞を受賞、1857年夏には、パリ近郊のブージャヴァルで制作活動をして、ベルリンのL・ラフェネギャラリーに展示した。1857年頃からイタリアを訪問し、1861年から1866年までベルリンに滞在。その後、母校のデュッセルドルフ・アカデミーの教授となった(1884年に辞任)。若きデュッセルドルフ画壇のリーダーとして、またドイツを代表する風俗画家として認められた存在だった。(カタログより引用)

◎大エルミタージュ展公式HP…開催日程、エルミタージュ美術館等について…。(絵画の説明有り)
http://www.ntv.co.jp/hermitage/main.html

◎当ブログ内、エルミタージュ美術館関連記事。
★大エルミタージュ美術館展へ出かけて Vol...1
http://diary.jp.aol.com/applet/hotarudesu/20070112/archive

★GPファイナル浅田真央選手SP首位発進とサンクトペテルブルグ。
(スピンさんが、実際にエルミタージュ美術館へ出向かれ、撮影された貴重な画像を掲載)

http://diary.jp.aol.com/applet/hotarudesu/20061216/archive
0



2007/1/25  1:25

投稿者:ほたる

aoiさん、コメントを沢山、ありがとう♪

>かわいぃ〜〜〜〜
このぷっくりしたほっぺがなんとも言えない愛らしさです。

でしょ。。うふっ、もう今にも動き出しそうで抱きしめたくなりますよね。

>こういう絵、自分の家に飾りたいですね。

そうなんです。本物を観た後、リトグラフは買う気がしなかったけど、
せめて、リトグラフで…を観てでも、癒されたいですよね。

>ほたる美術館で絵画鑑賞。

aoiさんのイラストも大好きですよ。また、描いて載せて下さいね。

>スピンさんありがとう。
癒されるひとときを過ごさせていただきました♪

喜んで頂けて嬉しいです。お招きした?甲斐がありました。

スピンさんは、私に言わせて頂くと魔法使い?みたいなんです。
この写真も、初めはカタログをデジカメで撮って載せていたのだけど、
スピンさんが持って居られて、送って頂きました。
今回の質問にも、即答して貰ったし、生き字引&魔法の使えるティンカーベルって感じかしら。。
(それに時々、ずっこけてくれる天使なので、楽しいですよ〜←恩を仇で返す私)



☆aoiさんへ

2007/1/25  1:13

投稿者:ほたる


>パリでは、19世紀にはもう延べ2000Km以上の地下道があって、ごみ収集や郵便集配に使われていたそうです。この地下道に主に配管されてるのが“Réseau Pneumatique ”です。だから、地下駐車場が作れないのは、郵便システムのせいって言うよりも、自動車より早く整備されてた地下道とか下水道のせいかも知れませんね。

なるほど。。。これで、理論付けて説明できますし、もう絶対忘れないです。

>あと、パリには地下に集合墓地なんかもあるから簡単には下を掘れませんよね。

確かに。。墓地があったらまずいですね。。

>(今では郵便もゴミも量が19世紀の頃とは桁違いなので、日本と同じようなシステムがメインです)

何処の国も、ゴミは多いのですね。パリもイタリアも、ゴミの分別はあるのかしら?
ボストンでは、分別どころか、可燃物の非可燃物も一緒。。びっくりしました。
それに生ゴミは、流し台?に着いている粉砕機みたいなものでバラバラにして
流してしまうのですよね。あれは、いまだにスイッチ入れるのが一寸怖い私です。

>それから、郵便のエアシューターはイタリアにもあります。イタリアには地下駐車場だけじゃなくて地下鉄の路線も少なくてローマなんか二つの路線だけ。

地下鉄も少ないと、道路か線路のどちらかを高架にするしかないのかしら?
私がお店を建てる時、地下の権利はないけど、地上権はあるって聞きました。
看板が道にはみ出ていると、市町に使用料みたいなのを支払わなければならないとか。。
反対に地下の権利に対しては、地下街、地下鉄、駐車場などを作る為、
厳しくないとか。。その時、法律など、詳しい事は分らなかったけど、
土地が無くなったらも穴を掘って地下生活をすればいいのか?!
なんて、アホな事まで考えたりしました。←何処から呼吸するのよねぇ。

>これは、地面を掘ると必ず遺跡が出てくるからだって。

おおーっ、遺跡は国のもの?なのかしら?
地下を掘って、遺跡を見つけられたら一石二鳥…という訳には行かないのですね。

>こんなので、分かったかなぁ?

はーーい、よく分りました。。どうもありがとう。
ここ数年、ふと思い出すと気がかりだった事が判って嬉しいです。。
忙しい中、答えて頂き、ありがとうございました。
また、色々教えて下さいね〜。


☆スピンさんへ お礼の返事 No2

2007/1/25  1:11

投稿者:ほたる

スピンさん、迅速で御丁寧なお答え、ありがとうございました。

>パリの郵便の事だけど、多分それはほたるさんが聞いたとおりです。

ほっとしました。英語で説明を聞いたので、勘違いもある可能性も高く、
また、ジョークの好きな楽しい人だったので、担がれている可能性もあったのです。
多数決に弱いとは、正に私の事で、何人かの人からNo!と言われると、
自信喪失していました。本当にありがとう。。
結局、理由とか詳しく聞いていないから、アヤフヤになってしまうのですね。

>郵便をエアシューターで送るシステムの事を“Réseau Pneumatique ”って言って、意味は「エアウェイ・システム」です。

岐阜の温泉旅館で会計に使っていたり、今のようにオンライン化していない頃は、
ホテル内のレストランからフロントへと、伝票を送るのに使っていたのを見ました。
誰が考えたのかなぁ?初めて思いついた人は、凄いですよね。

>これは、郵便局からホテル・オフィスビル・官公庁なんかに円筒形のケースに専用の封筒とか葉書を入れて送るシステムで、今でも使ってると思いますよ。

すごっ。。今でも使用されているとは。。
それに確かに円筒形のケースも、封筒何かも専用でないと、詰まったりしますね。
ホント、考えた人は、偉いです。


☆スピンさんへお礼の返事No1

2007/1/24  19:25

投稿者:aoi

かわいぃ〜〜〜〜
このぷっくりしたほっぺがなんとも言えない愛らしさです。
こういう絵、自分の家に飾りたいですね。
ほたる美術館で絵画鑑賞。
スピンさんありがとう。
癒されるひとときを過ごさせていただきました♪

http://bostonredsox.blog56.fc2.com/

2007/1/24  18:36

投稿者:スピン

Ciao ほたるさん♪

パリの郵便の事だけど、多分それはほたるさんが聞いたとおりです。郵便をエアシューターで送るシステムの事を“Réseau Pneumatique ”って言って、意味は「エアウェイ・システム」です。これは、郵便局からホテル・オフィスビル・官公庁なんかに円筒形のケースに専用の封筒とか葉書を入れて送るシステムで、今でも使ってると思いますよ。

パリでは、19世紀にはもう延べ2000Km以上の地下道があって、ごみ収集や郵便集配に使われていたそうです。この地下道に主に配管されてるのが“Réseau Pneumatique ”です。だから、地下駐車場が作れないのは、郵便システムのせいって言うよりも、自動車より早く整備されてた地下道とか下水道のせいかも知れませんね。あと、パリには地下に集合墓地なんかもあるから簡単には下を掘れませんよね。(今では郵便もゴミも量が19世紀の頃とは桁違いなので、日本と同じようなシステムがメインです)

それから、郵便のエアシューターはイタリアにもあります。イタリアには地下駐車場だけじゃなくて地下鉄の路線も少なくてローマなんか二つの路線だけ。これは、地面を掘ると必ず遺跡が出てくるからだって。

こんなので、分かったかなぁ?
じゃあ、またね Ciao ciao

2007/1/24  11:32

投稿者:ほたる

>この「春の便り」のお年玉つき年賀葉書の番号を郵便局のHPで見たら、これが大当たり〜♪ 

おおーっ。それは素晴しい!私なんか、せいぜい切手ですよ〜。

>当たったのは「ふるさと小包」みたいな名前の賞品です。

各地の名産品を送ってくれるのですね。。

>でね、妹が郵便局に「申込書」を取りに行って聞いたら「送れるのは“ゆうパック”が配達できる所“だけ”ですっ」(“”の中は郵便局の人が強調したところ)って言われたそうです。

ははは。イタリアには無理…って事だったのね。。
世界中に送れると「郵政省太っ腹」と誉めてあげるのに。。。

>でも、ここで引き下がらないのがチビスピンの良い所。「じゃあ、なま物じゃないのにします」って言ったんだって… さすがでしょう?

もうっ、天然すぎて表彰ものです。で、イタリア向けに送れたのかしら?
郵送料を足しても、送ってほしいですよね。
あっ、税関で没収…かな?

ところで、郵便という事でスピンさんに、ご質問が。。
私がフランスに居た時、フランスの昔の郵便物は地下のエアーシェルターを
使って配達されていた…それで地下駐車場が少ない…と
聞いた気がしているのですが、ボストンでその話題が出た時、
誰も「そんな事、聞いた事が無い」と、信じてくれなくて。。
はてさて、私の記憶がいい加減なのか、それともその人にかつがれたのか?
実際、そのような事があったのか?今でも考えると眠れない?のです。
もし、スピンさんが、ご存知だったら、事の真偽を教えて下さい。お願いします。


☆スピンさんへ No3

2007/1/24  11:30

投稿者:ほたる

>エルミタージュの絵画で一番の人気はやっぱりダ・ヴィンチでした。

そうでしたか。。流石ですね。日本にもダ・ヴィンチの絵が来ていれば、
きっと、人だかりになっていただろうな。
名古屋では、モネや、ルノワール、ゴーギャン、ピカソの絵の前に人が多かったです。
ピカソの『農夫の妻』では、モデルとなった人の名も解説されていたけど、
逞しさが強調されたも木の置物みたいに描かれていた、私だったら辛いな…なんて、
絵の価値が解らない私は、思っていました。

>でも、ミュージアム・ショップではクナウスさんの「野原の少女」が大人気。

わぁーっ、本家本元でも大人気なのですね。確かにリトグラフには、買手のついたという、
赤いシールが多かったです。だけど一番は、モネの「ジヴェルーニーの干草」でした。

>ダ・ヴィンチの絵は2枚あるけど宗教画ですからね。

1枚は、写真を送って頂きましたよね。幼子を抱く聖母像の絵…。
もう1枚も、宗教画なのですね。観てみたいなぁ。

>ポストカードを買うならクナウスさんって思うんでしょうね。

そうですね。観ているだけで和みますよね。私はクリアファイルの大・小を買いました。

>(内緒だけどロシアの印刷はちょっとダメかも)

ふふっ。確かに。。私も先輩がハバロスクに居た時貰った絵葉書なんかは、印刷が今一でした。

>で、ポストカードと言えば年賀葉書のお話です。

いよっ。待ってました。スピンさん一家のエピソード!第一弾!!

>イタリアはとっくに郵便が民営化されてるけど、郵便事情が悪いのは変わりません。年賀葉書なんか「新春」じゃなくて、本当の春になって届くことも珍しくありません。

まぁ。そんなに遅くなったりするの!?
ま、まさか、無くなる事はないのですよね。。



☆スピンさんへ No2

2007/1/24  11:29

投稿者:ほたる

スピンさん、おはよう…かしら?コメントの返事が、とっても遅くなってごめんなさい。
お休みは、1日は殆ど寝ていて、もう1日は友達と出かけたり、コンピューターを
買い換えたりしてバタバタしていました。

>Ciao ほたるさん お家の掃除が終わりました♪

お疲れさま〜。私も部屋の掃除をしたり、ふふふ、掘り出し物が見つかりました。
放り出したい物が殆どだったけど。。←さぶっ。

>今日もミラノは良いお天気です。

名古屋は、昨夜から急に冷えました。でももうすぐ大寒なのにまだ暖かい方です。

>ユニーバーシアード冬季大会をやってるトリノの気温は15℃もあるらしいですよ。

わぁ。暖か過ぎますね。外の競技は選手も、運営する側も大変かも?

>きのうのフィギュア女子シングルのSPは鈴木明子選手が50.40で首位でした。梅谷選手は43.23で7位だけど、2人とも頑張って欲しいですね。

鈴木選手、金メダルとって嬉しそうでしたね。そういえば彼女も名古屋っ子でしたよね。

>2位にミラノのヴァレンティーナ・マルケイちゃんが50.08で続いているから、こっちもちょっと応援中… もう、パラヴェーラではフリーの演技が始まっています。

ヴァレンティーナちゃんは、確か2位だったのかな?男子はBSでハイライトを放送したけど、
女子は、放送した気配なし…私がニュースを見逃したのかもしれないけど、もう少し、
ユニーバーシアードの競技自体を、ちゃんと放送して欲しかったです。



☆スピンさんへ No1

2007/1/21  1:26

投稿者:スピン

Ciao ほたるさん お家の掃除が終わりました♪ 今日もミラノは良いお天気です。ユニーバーシアード冬季大会をやってるトリノの気温は15℃もあるらしいですよ。きのうのフィギュア女子シングルのSPは鈴木明子選手が50.40で首位でした。梅谷選手は43.23で7位だけど、2人とも頑張って欲しいですね。2位にミラノのヴァレンティーナ・マルケイちゃんが50.08で続いているから、こっちもちょっと応援中… もう、パラヴェーラではフリーの演技が始まっています。

エルミタージュの絵画で一番の人気はやっぱりダ・ヴィンチでした。でも、ミュージアム・ショップではクナウスさんの「野原の少女」が大人気。ダ・ヴィンチの絵は2枚あるけど宗教画ですからね。ポストカードを買うならクナウスさんって思うんでしょうね。(内緒だけどロシアの印刷はちょっとダメかも)

で、ポストカードと言えば年賀葉書のお話です。イタリアはとっくに郵便が民営化されてるけど、郵便事情が悪いのは変わりません。年賀葉書なんか「新春」じゃなくて、本当の春になって届くことも珍しくありません。この「春の便り」のお年玉つき年賀葉書の番号を郵便局のHPで見たら、これが大当たり〜♪ 当たったのは「ふるさと小包」みたいな名前の賞品です。でね、妹が郵便局に「申込書」を取りに行って聞いたら「送れるのは“ゆうパック”が配達できる所“だけ”ですっ」(“”の中は郵便局の人が強調したところ)って言われたそうです。
でも、ここで引き下がらないのがチビスピンの良い所。「じゃあ、なま物じゃないのにします」って言ったんだって… さすがでしょう?

えっと、何の話だか分からなくなったから、またね。

2007/1/20  3:20

投稿者:ほたる

Autumnroomさん、ご来訪、そしてコメント頂き、ありがとうございました。

>ほたるさん、昨夜自分のダイアリー「KYOKOU」にコメント頂いたAutumnroomと申します。

ありがとうございます。図々しく突然コメントを書いて失礼致しました。
大エルミタージュ展では、モネやゴッホ、ゴーギャンなどの巨匠の中、
あまり日本では著名でない画家だと思いましたので、ルードリッヒ・クナウスで、検索して、
Autumnroomさんのブログを発見?した時は、とつても嬉しかったです。
それも同じAOLを利用されていて、驚きました。

>先程お返事を書いたのですが、

拝見しました。御丁寧なお返事をありがとうございます。
私は、スポーツが大好きで、映画や本、音楽…そして歴史にも興味があります。
話題が、彼方此方飛んで、読み難いと思いますが、今後共仲良くしてやって下さい。

>こちらの記事にもトラックバックさせて頂きました(今までにTBが機能しなかった場合もあり、支障がなければいいのですが)。

無事に送って頂けました。ありがとうございました。


☆Autumnroomさんへ


※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ