2007/2/13

梅を愛でた休日…岐阜「梅林公園」を訪れて  日記(今日思うこと)

建国記念日の振替休日、私は久しぶりにお休みが一緒になった友達と「和服を着て何処かへ行こう」を合言葉に、岐阜市にある「梅林公園」へ出かけた。岐阜城のある金華山の山麓にある「梅林公園」は、明治初期の1982年、岐阜の上加納(かみかのう)の素封家(位は持たないが代々の財産のある家)の当主・篠田祐助氏が、この地を開き木を植え私邸の庭園を作り、一般に開放した「篠ヶ谷園」を祖とする。やがて1948年(昭和23年)、篠田祐助氏の孫、篠田祐八郎氏(現、平成薬品社長)が、先代の志を継ぎ、岐阜市に寄贈して、「梅林公園」と命名された。その後、市が南側を拡張して2.9ヘクタールとなり、梅は約50種類で、白梅700本、紅梅600本の合計1300本が植えられている。毎年1月末頃から早咲きの梅が咲き始め、見頃は3月上旬頃となる。昭和26年から3月の第1週目の土・日に梅祭りが開催され、遅咲きの梅は、桜の蕾がほころぶ3月下旬頃まで咲き、訪れる人達を楽しませてくれる。

クリックすると元のサイズで表示します ←筆者。後千両、前びっくり?

◎以下、2月12日現在梅林公園内に咲いていた主な梅の種類

※早咲鶯宿   【野梅系野梅性、色→白、形状→八重、時期→早咲き】
クリックすると元のサイズで表示します
早咲鶯宿など、野梅系野梅性の特徴は、原種に近く樹の勢いは強健で枝は細く
短枝は針状である。葉は小さく、僅かに軟毛が生えている。

※難波紅  【野梅系難波性、色→紅、形状→八重、時期→中咲き】
クリックすると元のサイズで表示します
内側の花弁が、中側に巻きこむように咲く為、花全体に丸みがあって、
色も淡いピンクでとても可愛く人気の品種。

※青軸(月の桂)【野梅系青軸性、色→白、形状→一重、時期→中咲き】
クリックすると元のサイズで表示します
野梅系の中で、がくや新枝(剪定後新しく伸びた軸)が、緑色を帯びる。
花弁も緑がかった白で花びらは普通五弁だが六弁になっている割合が高い。

◎鹿児島紅   【緋梅系緋梅性、色→紅、形状→八重、時期→中咲き】
クリックすると元のサイズで表示します
紅梅の中では最もよく知られる品種の一つ。蕾も一段と濃い色で目立ち易く、
花つきも極めて良い。

梅林公園内には、岐阜県を代表する15の歌人・書家らの歌碑があり、中でも1988年、岐阜市政100年を記念して建てられた、大沢碧水 (1911〜1989)の碑は、公園内の中央の池付近にあり、歩く人の足を留めていた。

クリックすると元のサイズで表示します

  「梅林は心のふる里
春にさきがけて花を見せる
梅はわが心を洗い
勇気をよびおこしてくれた
梅林はわが心のふる里 」


◎大沢 碧水
本名、大沢繁信 山県郡美山村(現在山県市美山町)出身の書道家。
県書道作家協会会長として多くの書道家を育て、県下の書道界を発展させた。自身も昭和27年から49年まで日展に連続入選し、調和体の近代詩文を大成させた。

公演を散策しながら、金華山の麓に近づくと、手入れが行き届いた大きな松が梅の木の中、その勇姿を見せ圧倒的存在感を見せる。この松は、「太夫松」と呼ばれ、篠ヶ谷園の創園者、先に記した篠田祐助氏の長男、祐喜氏が大切にしていた松だそうだ。以前は上の池の渕にに植えられていたが落雷で樹が折れた為、現在地へ移植したという。

太夫松の前で…。  クリックすると元のサイズで表示します 

更に奥へ歩いて行くと、山麓には大正12年創業の料理旅館「植東」がある。このお店は、白味噌と赤味噌を両面に塗った木の芽田楽と菜飯が有名で、私も幼少時の頃より、ここの田楽が大好物だった。もう少し暖かくなると、野点でも食べられるようになっていて味わいがある。建物は数奇屋造りとなっており、梅林公園の景観と一体化している。私達は梅の形のテーブル前に座り、田楽に舌鼓を打った。梅は、春に先がけ、寒い冬の薄日のもとに花を開かせ、芳しい香りを放つ…。古来、世界に類を見ない東洋独自の花と言われており、遠く奈良時代においては、花と言えば「梅」を意味し、万葉集に歌われた数は、桜を遥かに凌いでいる。私達は、4人揃って大島紬を着て出かけ、風は冷たかったがよく晴れ渡った早春の一日を堪能した。

クリックすると元のサイズで表示します 「植東」の入り口。

田楽とつぶ貝の串焼き クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します 漆塗りの梅形のテーブル。

◎箸休め
大島紬に帯や小物をコーディディネートして出かけた私達であったが、寒気に負けてショールを取って撮影する事を忘れてしまった。更に昼は名古屋市内の「銀座天一」で天麩羅を食べ、夕方には田楽を食べたが、食い気に負け料理を写す前に食べてしまった。ブログに写真を載せる事をすっかり忘れてしまっていた私は、まだまだブロガー?としての修行が足りないと思った。

クリックすると元のサイズで表示します 筆者のコーディネート。(携帯カメラにて撮影)
泥大島に梅模様の八掛け付き着物、唐織半巾帯、梅形の帯留使用。
0



2007/2/23  23:15

投稿者:ほたる


ずんさん、ようこそお越し下さいました。返事が遅くなってごめんなさい。
ところで、シカゴの雪はおさまりましたでしょうか?

>早速お邪魔します。

ご来訪、ありがとうございます。

>先日は、コメントいただきまして有難うございました。

AOLのページで、アメリカンアンティークについて書かれていると知り、
思わず飛んで行かせて頂きました。
私も、またファイヤーキングなど記事に書きたいと思っていますので、
また、読んでやって下さいね。

>「梅林公園」は、6年くらい前に行ったことあります!
懐かしいです。

そうなんですか!それはとっても嬉しいです。

>梅や桜って、その時の気候で開花が左右されるので、
タイミングですね。

はい。今年は全般的に早いようですが、この公園は、日陰になる時間が多いですよね。
他の場所に比べると、開花が遅いみたいです。

>私が訪れた頃は、まだつぼみでした・・・

そうでしたか。。田楽はお召し上がりになりましたか?
私は、どうも花より団子に走るようです。

>とっても素敵なブログで、わかりやすい説明付き、写真付き
尊敬いたします。

とんでもない。だらだらと書くだけでまとまりもなく、
最近は、頂いたコメントの返事すら遅れてしまっています。

>また、お邪魔いたします。

ありがとうございます。お待ちしています。
私もまた、伺わせて頂きますね。。


☆ずんさんへ

2007/2/16  21:44

投稿者:ずん

早速お邪魔します。
先日は、コメントいただきまして有難うございました。
「梅林公園」は、6年くらい前に行ったことあります!
懐かしいです。
梅や桜って、その時の気候で開花が左右されるので、
タイミングですね。
私が訪れた頃は、まだつぼみでした・・・
とっても素敵なブログで、わかりやすい説明付き、写真付き
尊敬いたします。
また、お邪魔いたします。

http://diary.jp.aol.com/amszyvzz2/

2007/2/16  13:59

投稿者:ほたる

姫様、こんにちは。いつまで経っても、写真を撮り忘れる食い意地の張った私です。トホホ。

>なんとも艶やかなご一行様だったんでしょうね〜。

私以外は艶やかでしたよ。
私なんて、大島や結城などの絣の着物は、
着こなしを間違うと「田植えが終ってから来た」みたいになって似合いすぎてしまいます。ははは。

>私は小さいときのお正月に着た着物、浴衣、そして
結婚式の時の着物しか着たことないぞー。

姫なら、和服も似合いそうだと思いますぞ。何とかの妻みたいに粋で似合うと。。
あっ、妻が極○?。大変失礼致しました。

>成人式は某マダムブランドの
ワンピースをねだって買ってもらったし(^^)v

そうだったのですね。振袖もお似合いでしたでしょうに。。

>ほたるさんの着物コーディネート とってもステキ!!

ありがとう♪。でもホント、紬系の織の着物は難しいの。。
しょせん、普段着なので、野暮ったくならないよう必死!
特に田舎者の私なんて、たすき掛けしてうどん屋さんにいるのが似合いそうで。。

>でもでも、そうよー ブロガーさんは いつ何時でもカメラは手に♪
・・・って、

今回手に持っていたのですが、撮り忘れ。。もう首から下げてないといけないかも?
まだまだ、パー子さんにはなれませぬ。。

>今日の晩御飯(予定外に急に外食)。カメラ忘れちゃったよ(しくしく)

マァ、珍しいこともあるのですね。それは残念です。

>くぅ〜 田楽 おいしそうだしっ(じゅるる)

ふっふっふ。少しは優越感。いつも姫んちへ行っては、お腹を鳴らしているのですもんっ。
でも、目の保養に?懲りずにまた行きますね〜。


☆ピュアラ姫様へ

2007/2/16  12:07

投稿者:ほたる

こひ〜さん、春一番が吹きましたね。

>もう梅がほころんでますかぁ。
春ですなぁ。

はい。東京の湯島天神などは満開のようですよ。
W市も梅の町…きっと綺麗に咲いているでしょうね。。

>もう鼻が疼いてます。

あらま、それは大変。。用心して下さいね。

>春です!春!
花粉の季節がやってきました・・・

私はまだ花粉症にはなっていないですが、花粉症の方達には、嫌な季節ですね。
今年は、花粉の飛沫が少ないと聞いていますが、どうなるのでしょうか?
花粉症でマスクをしていては、和服姿も台無しになります。
何とか花粉飛来が少なくて、楽に過ごせる方が多いと良いですね。


☆こひ〜さんへ

2007/2/16  12:01

投稿者:ほたる

>雨上がりの小さな小さな
木の芽が窓から見えるのですが似ている色です。

ボストンでこの帯を小紋に締めた時も、誉めて頂きました。
当時10才だったバイオリンを弾くMomoちゃんのリサイタルの時でしたが、
そのMomoちゃんが帯を気に入ってくれて、10才でも芸術に造詣が深い子は、
こういう物を認めてくれるのだなぁ…と嬉しかったです。

>梅模様のハ掛けと梅型の帯留め同じ色がよくありましたね。

はい。梅の帯留めは、塗り物の蒔絵調なのですが、自分で加賀に行った時、買って来ました。
着物は生みの母が作っていて、偶然ですが梅も模様の八掛がつけてあったのですよ。

>可愛く引き締まって見えます。大島はやっぱり着て歩くと光沢が生きます。

ありがとうございます。もう少し粋に着こなしたいなと思っています。

>柄物は立っていても微笑んだり言葉を発しますが、無地に近い着物は着た人が歩いたとき生きて来ると思います。

なるほど。。確かに、所作が目立ちますよね。この着物を粋に着こなせるよう、
自分も中味を伴った成長をして行きたいです。


☆takakoさんへ No2

2007/2/16  12:00

投稿者:ほたる

takakoさん、こんにちは。サンフランシスコは寒くないですか?

>ほたるさん〜 ハピー バレンタインディ。

ありがとうございます。今、公私共にバタバタしていまして、
また、落ち着きましたら、takakoさんの所にもゆっくり伺わせて頂きます。

>ビューテフルです。髪も素敵です。

私の髪は簡単にまとめただけなのです。
20代の子は、一寸クラッシックにまとめましたし、他の友達も載せられなくて見て頂けず残念です。

>後ろをついて歩いたらいいことありそうな一緒にゆきたかったなぁ。

本当に、お近くだったらご一緒したいですね。

>着物を着た時の歩調は花をじっくり見
る事が出来る速度です。

目から鱗でした。仰るようにそうですね〜。

>自分の歩調でまた見えて来るモノが違いますよ
ね きっと。

はい。私は和服を着て花嫁さんを造ったりしまして、歩き慣れていて早いのですが
(着物を着て運動会があったら、一等賞の自信が?あります)
ゆっくりと周れ、ゆっくり観て歩く事が出来、味わいがありました。

>まだ寒かったから堅い莟もあり、花びらが咲き切っていな
い表情に見えます。

全体の梅林から考えるとまだ3分の1も咲いていなかったですし、
中咲きの梅は、蕾が多かったです。でも良い梅の香が漂っていて良かったですよ。

>梅って 寒さに震えながら咲いているのが好きです。

そうですね。厳しい時に思い出すと、勇気と元気を与えてくれますね。

>花びらがまだ莟から解けたばかりの ごわーっとしていたりして、
皺があったりして、、、

早咲鶯宿…という梅の花は、正しくtakakoさんの比喩通りでした。
takakoさんの綺麗な言葉の表現に、うっとりしました。

>1300本もあるのですか。みごたえがあるでしょうね。

はい。今月末から来月初旬が見頃とか。。
全体を観るのも、時期を追って咲く種類ごとに観るのも、味わいが違って良いですよね。

>半幅帯奇麗な色です。春を先取りしましたね。

この帯は、反巾には珍しい唐織で、一目見て気に入って買いました。
…とは言っても母の実家、叔父が私の好きそう物を見立てて持って来てくれたのですけどね。



☆takakoさんへ No1

2007/2/16  11:38

投稿者:ほたる

ゆみさん、 こんにちは。バレンタインデーのチョコのアイデア!正にブラボー!でしたね〜。
ブログの記事で、あんな事が出来るのか!と感心しましたよ。

>わ〜。ほたるさん、素敵!

あはは。誉めて頂いて嬉しいです。でも、後姿と遠目だからこそ…ですよ。

>いいなあ、女友達4人で和装旅行とは。

実際は、車も運転して結構勇ましかったのですけどね。。
本当は、優雅に電車での旅が良いですよね。

>良い趣味ですね。

ありがとうございます。

>独身女性がうらやましい。

ゆみさん、説明不足で失礼しました。
私達4人は、20代から40代まで世代もバラバラで、既婚者もいるのですよ。
皆でどんな4人に(家族?それとも着物サークル?とか)見えるのだろう…と話していましたよ。

>着物が地味だと思ったら、大島だったんですね。

はい。泥大島の無地です。。生みの母の形見です。

>梅型テーブルの写真の中に、子供用椅子が写っていますね。
今年は4人のうち誰かが結婚して、出産なさいますよ。

はい。子供さん用の椅子…可愛いので入れて写しました。
ゆみさんの勘って当りそうですが。。。

>ほたるさんかも?
なーんて、予感?がしました。

ありゃ。それはまず無いですよ〜。
…となると、20代の子か、友達?
おっ、結婚式もあるとなると、またまた楽しみです。


☆ゆみさんへ

2007/2/16  11:25

投稿者:ほたる

恵雅さん、こんにちは。恵雅さんが描かれている梅の絵を拝見してから、
この日が来るのを待ちわびていました。

>シックなお召し物と思ったら泥大島でしたか。

はい。亡くなった母が持っていた品で、本泥なので柔らかいのですが、
黒でしたので、なかなか難しいと、袖を通す機会を逃していました。

>上の写真で帯どうなってるのかな?なんて見ていました。下の写真で模様が分り、そうかぁってまた見とれました。

寒さに負けて、ショールを取り忘れていました。せっかく私なりにコーディネイトしても、意味ないですよね。
後で他の3人とも「食事をした時だけ外していたね。でも気持ちだから」と笑って話していました。

>いいですね、ほたるさんの着物姿。そして梅の花の中での着物姿。いいです。

恵雅さんに誉めて頂き、光栄です。

>きっとスピンさんもイタリアでほたるさんの着物姿
見せているんでしょうね。

スピンさんは、ヨーロッパの美にも造詣が深いのですが、日本の美も大切になさっています。
和服については、時々、専門的な質問も飛んできます?ので、ドキッとする事もしばしばですよ。

>ところでスピンさん。
タコの天麩羅は初めて聞きました。
おでんなら入っているんですがね。

今、妹さんがミラノに行って居られ忙しくされていますが、きっと読んでいて下さると思います。
確かに、するなら烏賊で、蛸はあまり家庭でも食べないですね。
蛸は、揚げると身が締まってしまって?硬くなるからでしょうが、
私は料亭で、串刺しにした蛸の天麩羅を、1度だけ食べた(正しくは食べさせて貰った)事があります。



☆恵雅さんへ

2007/2/16  11:15

投稿者:ほたる

ポエムさん、すごーく立体的で美味しそうなチョコレート、拝見して食べた気持ちになりました。
いつも伺うと、絵の美しさに「はっ」とさせて頂いています。ありがとうございます。

>大島紬を四人で着て、颯爽と歩かれる姿を
想像しました。

はい。染めの着物と違って、しゃなりしゃなりという感じではなく、歩き易かったです。

>梅に負けないくらい華やかで美しかった事
でしょうね!

いやいや、到底、梅には叶いません。
他の3人は申し訳ないですが、梅を撮影に着ていた方もいらして、
「和服の撮影会?」とも言われたのですが、それは後姿を見せていた時でした。

>さすが、プロの着付けです。

自分で着ているので、お恥ずかしいです。他の友達達も、出来るところまで自分で着る…
これがまず第一の目標でした。大島など紬は比較的、自分でも気易いですよね。

>帯や小物とのコーディネイトも洗練されています。

ありがとうございます。梅の八掛がついていましたので、初めて袖を通しました。
この着物は、生みの母の形見で、男物の反物を仕立てたそうです。
梅の柄の名古屋帯もあったのですが、個性的に着こなした方がいいかなと思って、半巾帯にしました。

>梅はもちろん美しかったけど、梅のテーブルや
おいしそうなご馳走など、すべて楽しませて
いただきました。ありがとうございました。

いえいえ、楽しんで頂けて嬉しいです。
梅のテーブルは、素敵ですよね。特注品だそうですが、思わず可愛いと、
シャッターを押していました。山椒の香りがする田楽は勿論美味しかったです。


☆ポエムさんへ

2007/2/16  11:04

投稿者:ほたる

ヌマンタさん、いよいよお忙しさも佳境ですね。
代わりの効かないお仕事…寒くなりましたのでご自愛下さいませね。

>私は雪と梅の組み合わせが好きなのです。

寒梅という言葉があるほど、確かに咲いた梅に雪がかかっている光景は絵になりますね。

>雪降る寒さに負けじと、可憐な花を咲かせる梅が。

花は可憐でも、生命の逞しさを感じますね。理想の女性像とも言えますね。
私が育った岐阜の家の庭では、蝋梅が咲き、早咲きの梅→沈丁花→紅梅→レンギョウ、
そしてコブシの花や木蓮、片栗の花などが咲いて、春の訪れを知る事が出来ました。
今頃、梅や沈丁花の香りが漂っているのだろうな…と想いを馳せています。

>今年は雪は期待薄ですね。

そうですね。この梅林公園付近では、昨日少し、雪が舞ったそうです。
でも、積もるところまでは行かなかったです。

>ただ、暖冬の春先は、思わぬ大雪が降ることが、ままあるので、ちょっと心配です。

まだ、油断は出来ないですね。だいたい毎年、中学の卒業式辺りも雪が降ったり
天候が荒れたりしますよね。
仰るように、ここ数年、降る時はドカッと降りますので、雪害も心配ですね。

>小雪ならまだしも、大雪は苦手です。

どんな事も程々が良いですね。塩加減が語源だそうですが、良い「塩梅」とも言いますし。。
暖冬で野菜が育ち過ぎ、涙を呑んで廃棄処分になさっている農家もあるとか。。
少しでも、そういった被害が少なくあって欲しいですね。



☆ヌマンタさんへ


※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ