2007/2/16

友より届いたイーストボーン・セブンシスターズの写真に思うこと  日記(今日思うこと)

ロンドンから南東約100キロにあるEastbourne(イーストボーン)の美しい街…。その街の西の海岸沿いのドーバー海峡沿いに続く、白亜の断崖=ホワイトクリフは、一目見た人を虜にする美しさだという。7つの凹凸がある事から、白い衣装をまとった7人の修道女に見立てられ、別名Seven Sisters(セブン・シスターズ)とも呼ばれている。1991年、アメリカ制作の映画「ロビン・フッド」のイギリスへの上陸シーンにも登場するこの断崖は、全長約5キロ、高さ最高、約120メートル(350フィート)あるそうだ。この地層は、約15000年前から6500年前の白亜紀に形成されたとされ、白亜とは石灰岩のことを言い「白亜紀」という名前もこのホワイトクリフに由来しているらしい。この地層は、プランクトンの死骸の殻が、長い長い年月をかけて海底に蓄積し、このような石灰岩の白い地層ができ上がったという。(写真はクリックで拡大します)


クリックすると元のサイズで表示します Eastbourne・Seven Sisters

太陽光に反射して、ひときわ美しい クリックすると元のサイズで表示します

考えるだけで気が遠くなりそうだが、白亜紀とは、地質年代区分用語でK-T境界(白亜紀=Kreide:ドイツ語と新生代、第三紀=Tertiaryの境目)と呼ばれ、巨大隕石の落下説、または、地殻変動によって気候が変化に伴う植物相の変化で動物の餌の不足説等で、恐竜等を代表とする大型爬虫類が大量絶滅したと言われている時代である。世界的な暖冬で異常気象が続く中、人類を含む生き物自体、小さな塵のような存在にも思えて、大自然の力には太刀打ち出来ないと改めて感じさせられる。友達から届いたこの写真は、大自然が作り出す美しさ、壮大さに圧倒され、言葉を失くす程であった。
(以下の写真…ネットより)
 
クリックすると元のサイズで表示します wandelpaden.comより
  
人との対比でその壮大さが判る…。クリックすると元のサイズで表示します
photo by David Sellman. (ネット情報の提供:コロコロさんより)


   人間は、自然によって生かされてきた。
   古代でも中世でも 自然こそ神々であるとした。
   このことは、少しも誤っていないのである。


                      ― 司馬 遼太郎 ―
                     (『21世紀に生きる君たちへ』より)


◎お詫び、
セブンシスターズの壁の高さは、350フィート(約120メートル)だそうです。
お詫びして訂正させて頂きます。    2月16日 1:20PM by hotaru.

◎WIKIPEDIAより(英語版)
http://en.wikipedia.org/wiki/Seven_Sisters,_Sussex
0



2007/3/5  4:56

投稿者:takako

ドーバーの岸の詩を マシュウ アーノルドという詩人が書いてあると
読みましたからもう一度 セブンシスターズの写真を見に戻って来まし
た。

私はドーバー海峡を地図で見ています。海峡を泳いで渡る事が出来た
り、泳ぐ往復が出来たりする距離らしいと知りました。この海峡の距離
から来る歴史や文化も興味深いものがあると知りました。人生の半分以
上を距離をおいた場所から対岸を眺めて暮らしました。考えても見な
かった距離と間隔から文化が伝わって来る「ものの見方」を知りまし
た。白亜の断崖が教えてくれました。

2007/2/24  0:07

投稿者:ほたる


恵雅さん、こんにちは。展覧会、お疲れ様でした。

>雄大な写真ですね。

はい。迫力がありますよね。こんな景色、実際に見たら瞬きが出来なくなりそうです。

>こちらは先週末展覧会を終えて、ただ今ほっとしています。

貴ブログで拝見しました。どの絵も書も素敵で、改めて頂きました手帳をじっくり眺めています。
結婚式の扇の写真、なかなか持ってきてくれないので(のんびりした子なのです)今日、催促しました。
雛壇で光っていましたので、プロの写真家さんが撮って下さっています。もう少し、お待ちくださいませね。
 
>ほっとしてほたるさんのところに来てみれば、何と雄大な風景。またまたホッです。

お役に立てて、嬉しいです。私も恵雅さんの所でいつも心を落ち着かせて頂いています。
絵や書を描かれる才能って(勿論、並々ならぬ努力もなさったでしょうけど)
素晴らしいと思います。今回、親族の不幸ごとで、香典袋の名前書きを頼まれ、
6人分書いたのですが、どんどん退化して行く自分の字に、がっくりしました。
そろそろ、心落ち着けて、お習字を習いたいと思っています。



☆恵雅さんへ

2007/2/23  23:56

投稿者:ほたる


ヌマンタさん、お忙しい中、コメント頂きありがとうございます。

>まだ身体を壊す前、密かに計画していたクライミング世界旅行の目的地の一つでした。

うわっ。そ、そんな趣味をお持ちだとは…?びっくりしました。
腕の力が物凄く必要なのですよね。

>イギリスのフリークライマーの記事を「岩と雪」で読んで、是非登ってみたいと夢見ていたのですが、かなわぬ夢となりました。

こ、この壁を登る人がいるのですか?!私なんて、想像しただけで怖いです。

>イギリスには三度行っているのですが、いつも大英博物館に捕まって、ロンドンから出たことのない無精者の私です。

私もロンドンしか行った事がなく、郊外の綺麗な景色は見ていないです。
湖水地方や、ウェールズ地方、スコットランドなど、行ってみたいです。

>次はロンドン以外を見たいなあ〜

はい。もしもお出かけなさったら、是非、写真を撮ってきて下さいね。
私が行くより、ヌマンタさんがお出かけになられる確率が高そうなんで、
あらかじめ、しっかりお願いして置きます(笑)。

☆ヌマンタさんへ

2007/2/23  23:49

投稿者:ほたる


ゆみさん、こんにちは。いつもありがとうございます。返事が遅くなってごめんなさい。

>ふ〜、雄大ですね。

スケールが違いますね。また、白亜紀とは気が遠くなるような時代に、
更にまた、気が遠くなるような月日をかけて出来たのですよね。
私が育った町には、フズリナ化石という石灰石の化石が沢山採れたのですが、
この絶壁を見ていると、自然が作り出す景色に圧倒されてしまいます。
この景色が出来たころ、恐竜たちも存在していた?のか。。と考えるだけで、
小さなことに、くよくよしていることが馬鹿馬鹿しくなっちゃいます。


☆ゆみさんへ

2007/2/23  23:41

投稿者:ほたる

ぼくあずささん、ご無沙汰しています。返事が大変遅くなってしまい申し訳ありませんでした。

>ほたるさん ヒースローへ飛ぶ機上から偶々見ました。

すごい!見られたのですね。私がヒースローへ着いた日は、
朝だったのですが、正に霧のロンドンで、何も見えませんでした。
でも、空港からバスに乗った時、街路灯などが霧にかすんで風情はありましたよ。

>何かが脳裏に浮びましたが、忘れました。感動したことは事実です。

私も実際に、見てみたいです。

>30mの高さは城ヶ島の絶壁と同じです。観梅の際の和服姿のphotoを拝見しました。

ごめんなさい。高さは高い所で120メートルの間違いでした。
それにしても、城ヶ島の断崖も絶景とお聞きしています。
日本にも、美しい所が沢山あるのですよね。のんびりと国内旅行にも行きたいです。


☆ぼくあずささんへ

2007/2/19  12:46

投稿者:恵雅

こんにちは。

 雄大な写真ですね。

 こちらは先週末展覧会を終えて、ただ今ほっとしています。
 
 ほっとしてほたるさんのところに来てみれば、何と雄大な風景。またまたホッです。

http://sky.ap.teacup.com/keiga/

2007/2/17  13:32

投稿者:ヌマンタ

まだ身体を壊す前、密かに計画していたクライミング世界旅行の目的地の一つでした。イギリスのフリークライマーの記事を「岩と雪」で読んで、是非登ってみたいと夢見ていたのですが、かなわぬ夢となりました。

イギリスには三度行っているのですが、いつも大英博物館に捕まって、ロンドンから出たことのない無精者の私です。次はロンドン以外を見たいなあ〜

2007/2/16  9:37

投稿者:うみおくれクラブ・ゆみ

ふ〜、雄大ですね。

2007/2/16  4:23

投稿者:ぼくあずさ

ほたるさん ヒースローへ飛ぶ機上から偶々見ました。何かが脳裏に浮びましたが、忘れました。感動したことは事実です。30mの高さは城ヶ島の絶壁と同じです。観梅の際の和服姿のphotoを拝見しました。

http://flueren.blog.ocn.ne.jp/


※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ