2007/2/22

秋川雅史の「千の風になって」とジョシュ・グローバンのアルバム  音楽

秋川雅史の歌う「千の風になって」が、オリコンチャートランキングで1位を獲得し続けているという。秋川雅史は、2001年クラッシックのテノール歌手として、日本では最年少でデビューを果たし、昨年末のNHK紅白歌合戦にて「千の風になって」を熱唱、多くのファンを惹きつけた。一方、2003年の11月、全米ヒットチャートで、全てのジャンルに於いて、ヒップホップやR&Bの曲を退け1位に躍り出たのが、秋川雅史と同じ2001年にデビューしたジョシュ・グローバン(以下ジョシュと記す)の2ndアルバム「クローサー」だった。

クリックすると元のサイズで表示しますクラッシック界の貴公子とも呼ばれる

私が初めて、ジュシュの声をTVで聞いたのは、アメリカでのヒットドラマ「アリー・マイラブ」に『歌の上手い青年』としてゲスト出演した時の事であった。なんという澄んだ声なのだろう!と感動し、そして若干20才とは思えない落ち着きのある歌声だと思った。私はそれまで世界的三大テノール歌手の一人である、ホセ・カレーラスのファンだったが、彼に負けずとも劣らない程の伸びのある声と感じた。ジュシュは、幼少時より楽器演奏の才能にも長けており、ピアノを始め、ドラム、エレキギター、バグパイプなどを演奏する事が出来るという。そんなジョシュが一躍脚光を浴びるようになった切掛けは、声楽家にして作曲家であり、プロデューサーでもあるデビットフォスターに才能を見出され、1999年グラミー賞のリハーサルで、アンドレア・ボチェッリの代役としてセリーヌ・ディオンとデュエットした事だった。
アメリカで発売されたシングルCD。 クリックすると元のサイズで表示します

その後カーネギー・メロン大学を休学し音楽活動に専念。映画「A.I.」のサウンドトラック曲で、作曲家、ジョン・ウィリアムズの曲に初めて歌詞がついたという「フォー・オールウェイズ」を歌い、サラ・ブライトマンの全米ツアーの前座を務める等しながら、知名度を上げていった。更にシャルロット・チャーチとのデュエット曲「プレーヤー」は、2002年のソルトレークシティで開催された冬季オリンピックの閉会式にも歌われた他、同年秋、メジャーリーグ、ワールドシリーズの開会式で国家斉唱をした。また12月には、ノーベル平和賞授賞式やヴティカンでクリスマスコンサートでもパフォーマンスを披露した。こうした経過を経て発売された前記したアルバム「クローサー」は、2003年の秋に発売された2ヶ月後、全米トップに躍り出て日本を含む全世界で650万枚のセールスを記録した。ジョシュは、全米での数々の慈善活動にも参加し、日本には2002年と2004年に来日している。
クリックすると元のサイズで表示します タングルウッドの芝生席。
(ピクニック気分で楽しめる)


私は、そのジュシュの2ndアルバムを、日本では未だ発売前の2003年11月、ボストンのハーバード大学のクープで手に入れた。その収録曲の中で、最も気に入った曲が「ユー・ライズミー・アップ」だったが、アメリカでもシングルカットされて発売となり、今ではケルティック・ウーマンやイル・ディーボらもカヴァーしている。(ケルティック・ウーマン歌唱の曲は、トリノオリンピックのフィギュアスケートで金メダルを取った荒川静香がエキシビションに使用した事で話題を呼んだ)。そして2005年8月27日、私は、ボストン郊外の小澤ホールのあるタングルウッドに行く機会を得て、ジョシュの生の歌声を聴く事が出来た。指揮はジョン・ウィリアムズで「フォー・オールウェイズ」以来のコラボレーションとなった。私達一行は、芝生席だったので、ジョシュの姿は小さくしか見えなかったが、声はタングルウッドの木立の中に響き渡り、観客達からは溜息がもれていた。然しながら、タングルウッドの客席でペンライトが揺れ、若い女性の「ジョシューッ」と黄色い声が飛んだのも初めての事だったという。
待望の3rdアルバム「アウェイク」 クリックすると元のサイズで表示します

2006年、ジョシュの待望の3rdアルバム「アウェイク」が発売された。今回私は、日本での発売を待って購入した。2007年2月7日、手元に届いたそのアルバムには、ジョシュ自身のピアノ演奏がイントロに流れる「フェブラリー・ソング」や「ロミオとジュリエットの愛のテーマ」、そしてアルバムタイトルの「アウェイク」等全14曲が納められ、全ての楽曲から音楽に対する『愛情と気品』を感じる事が出来る。アルバムの解説には「音符を抱かかえるようにして歌う」と書かれていた。秋川雅史の声からも、心洗われるような厳かさを感じるが、彼らの美しい声は、神様が人類に授けた最高の贈り物だと言えよう。尚、ケルティック・ウーマンについては、また改めて書く事とする。
(文中、敬称略)

↓以下「千の風になって」と「ジョシュ・グローバン」について、当ブログ内過去記事。
1



2007/2/26  13:27

投稿者:ほたる

けい様、ご再訪、そして、此方こそご丁寧なコメントをありがとうございます。

>連投失礼します。
とても丁寧にお返事いただきありがとうございます。

とんでもないです。遅くなって申し訳なかったのですが、
頂いたコメントの内容が、とっても嬉しかったので、つい長々と書いてしまいました。

>お父様のこと、お友達のこと、何も知らないのに不用意な話題を持ち出したりしてしまいました。
ほたるさまの心さざ波を立ててしまったのなら、ごめんなさい。

いえいえ、思い出させて頂けて嬉しいのです。

>でも、ほたるさんが例にあげていらっしゃった曲、私も大好きです。
特にスマイルは、ナット自身もしかして経験があるんじゃないか、だから
彼の声はあんなに暖かくて、包み込むような優しさがあるのかな〜?なんて
思ってしまいます。(勝手な想像です)

そうですね。仰るように包み込むような暖かさ…経験があるように思えても、
おかしくないですね。
昨夜『スウィングガールズ』をTV放映していましたが、
エンドロールで「L・O・V・E」が流されていましたね。
やはり、良い声だなぁとしみじみ聞いていました。

>それから、私もちょっと驚いてます。
明日と、来週名古屋に行くのです!

まぁ、それはようこそ!ですね。

>吉田さんというピアニストの方のお店は、まだ名古屋にあるのでしょうか?
時間があれば寄ってみたいですね(^^

私の書き方が悪かったのですが、お亡くなりになったのが吉田さんなのです。
末盛通りにあったお店は、沖縄の那覇タワーへ移転し、
吉田さんは、沖縄で胃癌に倒れ、帰らぬ人となられました。
ジョージ川口さんとジョイントしてチャリティコンサートをなさったりして、
音楽普及と、慈善事業にも貢献されましたが残念です。
私の友達は、乳癌になりましたが克服して、クリスマスなどにはライブをしたりしています。
名古屋にあったジャズやビートルズのライブハウスも、バブル崩壊とともに、無くなってしまいました。
最近、寂しいです。でも、名古屋には美味しい物が沢山あります。
どうぞ、楽しんでいって下さいませ。。

☆けい様へ

2007/2/26  11:45

投稿者:けい

ほたるさまへ
連投失礼します。
とても丁寧にお返事いただきありがとうございます。
お父様のこと、お友達のこと、何も知らないのに不用意な話題を持ち出したりしてしまいました。
ほたるさまの心さざ波を立ててしまったのなら、ごめんなさい。
でも、ほたるさんが例にあげていらっしゃった曲、私も大好きです。
特にスマイルは、ナット自身もしかして経験があるんじゃないか、だから
彼の声はあんなに暖かくて、包み込むような優しさがあるのかな〜?なんて
思ってしまいます。(勝手な想像です)

それから、私もちょっと驚いてます。
明日と、来週名古屋に行くのです!
吉田さんというピアニストの方のお店は、まだ名古屋にあるのでしょうか?
時間があれば寄ってみたいですね(^^


2007/2/25  0:50

投稿者:ほたる

メリンダ社長様、続けてのコメント、ありがとうございます。

>秋川さんの歌唱力は素晴らしいですね。

はい。いつまでも耳に残る響きの良い声ですよね。

>先日の番組でこの曲に賭ける意気込みを秋川さんが熱く
話していましたが、彼の歌を聞き自分もあのテナー
歌手3人のことを思いました。

TVでそんな番組が放映されていたのですね。存じませんでした。

>カレーラス、ドミンゴ、パヴァロッティ、魅了されますね。まさに神様に賜わった美声なのですね。

三大テノールの声は、神様からの贈り物だと思います。
私はカレーラスの大ファンで、声楽家の方は体格の良い人が多い中、
あの細い体でよく声が出るなぁと思いました。白血病を克服したエピソードにも、
感動させられます。古い記事ですが、以下に書いています。

http://diary.jp.aol.com/applet/tspysjc/20051217/archive

「ホセ・カレーラス、世界を歌う」では、日本語で「川の流れのように」を歌っていますが、
初めてとは思えない…日本語の発声の美しさに、驚愕します。
当たり前ですが、耳も良く聞き取れるのだと思いました。
もうお聞きになって居られるかもしれないですが、未だでしたら、
メリンダ社長様にも、是非、聞いて頂きたいと思いました。


☆メリンダ社長様へ

2007/2/25  0:38

投稿者:ほたる

ゆみさん、こんにちは。急に寒くなりましたね。お風邪など召されませんように。。

>「千の風になって」
初めてこの歌詩を知ったときは、「私のお墓の前で泣かないでください」という一節に、陰気でいやだなとおもったのですけど。

そうですね。日本語の歌詞だけを読むと、一寸暗い出だしですよね。
私は初めて、南風 椎さんの訳詩でみの歌詞を知りましたが、やはり墓石と訳されていて、
英語のままの方が綺麗なように思いました。

>秋川雅史さんの歌い方も、大げさですきじゃなかったんですけど。

はい、声楽家の人の歌い方は、時として大袈裟に見えますね。
私の親友も声楽科を出ていますが、
複式呼吸で、口をしっかり開けて発声するせいなのかもしれないです。

>今週、NHKの歌謡番組で「千の風になって」を聞いて
あらためて、いい曲だと思いました。

美声という声は、段々味が出てきて何時まで聴いていても飽きないのではないでしょうか?

>陰気臭いとも感じず、返って清清しさを感じたし、秋川さんも自然に歌っていたのが好感が持てました。

そうでしたか。。秋川さんもテレビ慣れ?なさったのかもしれないですね。

>今、お気に入りの曲になって、毎日鼻歌で歌っています。

ふふ、ゆみさんの鼻歌、、、お聞きしたいです。
そういう私も「千の風になって」の、さびの部分から後をよく口ずさんでいます。


☆ゆみさんへ

2007/2/25  0:25

投稿者:ほたる

みきさん、こんにちは。お元気ですか?私は、お陰様で忙しくさせて頂いています。
最近日本では、週末になると冷え込んで、寒暖の差が激しすぎます。
風邪が流行っているようなので気をつけなければ。。です。

>ジョシュはほんとに若さに似合わぬ(?)成熟した声を持っていて驚きます。

はい。目を閉じて聞いていると、とても20代の人の声とは思えないですよね。

>まろやかなワインのような感じ...いいですね。

素敵な表現ですね。私はワインも飲めないのですが、まろやかな…という感じ、
正にその通りだと思いました。


☆みきさんへ

2007/2/25  0:20

投稿者:ほたる

>あと、私はナット・キング・コールも暖かい癒しの声を持っていると思いますが、ほたるさんはどう思われますか?

ナット・キング・コールの名前が登場して、驚きと共に感動しました。
私の友達にシャンソンを歌っている人がいまして、
以前ジャズピアニストの吉田克幸さんという方と組んで、名古屋市内→沖縄那覇タワーで、
ライブハウスをなさっていました。残念な事に、若くして胃癌で亡くなられてしまったのですが、
その方が、ナット・キング・コールが大好きで、アンフォゲッタブルをよく歌って下さっていたのです。
私は、その時、ナット・キング・コールの存在を知り、
娘のナタリー・コールとの多重録音によってデュエットしたアンフォゲッタブルのCDを買いました。
私も実の父を早くに亡くしていましたので、
15才になったばかりで父、ナット・キング・コールを亡くしたナタリー・コールの想いに
自分の想いが重なって、涙が止まりませんでした。
私にとって、アンフォゲッタブルは、正に忘れられない曲の1つなのです。

ナット・キング・コールは、吉田さんのお店にレコードも何枚かありました。
私も、当時、感化されて聞くようになり、モナ・リザ、ラヴ、スマイルなど、大好きです。

前置きが長くなって申し訳ありませんでしたが、
仰るようにの彼の声は、暖かいですよね。
体全体が、包み込まれるような安らぎを感じて、癒されます。
けいさんのお陰で、改めてナット・キング・コールについて、更には友達や吉田さんについても、
書かせて貰おうと思いました。ありがとうございました。
また、音楽のお話など、他にも色々教えて下さいね。







☆けい様へ No2

2007/2/25  0:18

投稿者:ほたる

けい様、はじめまして、ご来訪及びコメントを頂き、ありがとうございます。

>こんにちは。初めて書き込みします。

ありがとうございます。せっかく頂いたコメントの返事が大変遅くなって、ごめんなさい。

>私もジョシュの声、大好きです!

透き通ったような良い声ですよね。

>何年か前に初めてユーレイズミーアップ聞いて、涙ぐんでしまうほど感動しました。

2003年のスーパーボールの時でしょうか?
私もあの時の、高校生80人の声をバックに歌った、ユー・レイズミー・アップには感動しました。

>それからずっと、辛いときや困難なときに慰め励ましてくれる曲のうちのひとつになりました。

良い曲ですよね。荒川さんがエキシビションの曲として選び、トリノでの滑走時に
流れた時は、涙が止まらなかったです。

>トリノの時にこの曲が話題になって、もとはノルウェーの「シークレットガーデン」というグループの曲だと知りました。

そう、そうでしたね。私もその時、耳にした記憶があります。

>ジョシュを含め4人の人がカバーしているようですが、私はジョシュのバージョンが好き。

声に伸びがあって、たおやかですよね。
私もケルティック・ウーマンのヴァージョンも好きですが、
ジョシュの声で聞いた時が一番感動しました。

>ほたるさんのおっしゃるとおり、彼の声そのものがギフトだと思います。
聞くだけでほんとうに癒されますよね。

はい。体中が素晴らしい楽器そのものというか、本当に財産ですよね。

☆けい様へ No1

2007/2/23  23:16

投稿者:merlinda

秋川さんの歌唱力は素晴らしいですね。
先日の番組でこの曲に賭ける意気込みを秋川さんが熱く
話していましたが、彼の歌を聞き自分もあのテナー
歌手3人のことを思いました。
カレーラス、ドミンゴ、パヴァロッティ、魅了されますね。まさに神様に賜わった美声なのですね。

2007/2/23  12:40

投稿者:うみおくれクラブ・ゆみ

「千の風になって」
初めてこの歌詩を知ったときは、「私のお墓の前で泣かないでください」という一節に、陰気でいやだなとおもったのですけど。秋川雅史さんの歌い方も、大げさですきじゃなかったんですけど。
今週、NHKの歌謡番組で「千の風になって」を聞いて
あらためて、いい曲だと思いました。
陰気臭いとも感じず、返って清清しさを感じたし、秋川さんも自然に歌っていたのが好感が持てました。
今、お気に入りの曲になって、毎日鼻歌で歌っています。

2007/2/22  20:18

投稿者:みき

ほたるさん、

ジョシュはほんとに若さに似合わぬ(?)成熟した声を持っていて驚きます。まろやかなワインのような感じ...いいですね。

http://diary.jp.aol.com/aujzpye6s4d2/


※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ