2007/2/24

もうすぐ雛祭り…雛祭りの思い出と姪の為の手作り雛  日記(今日思うこと)

私がこの時期、毎年訪れる場所がある、それは名古屋市の徳川園の中に造られている「徳川美術館…。2月初旬より4月の第一日曜日まで、企画展として展示されている『尾張徳川家代々に伝わる雛飾り』の展示を観る為である。徳川美術館は、昭和6年、当時侯爵であった徳川義親の寄附によって創立され、尾張徳川家の歴代相伝の「大名道具」が収められている。今年は、この企画展が20周年を迎え、会津・松平恒雄氏の長女で、秩父宮雍仁親王のお妃となられた勢津子様のお雛様も展示されているという。来月になったら是非、足を運びたいと思っている。
クリックすると元のサイズで表示します 名古屋市東区にある徳川美術館。

さて、雛祭りといえば、私の育った家は新暦(グレゴリオ暦)の3月3日ではなく、旧暦の3月3日(現在の4月)まで飾られていた。元々「桃の節句」とは、旧暦の雛祭りの日の前後に桃の花が咲く事から呼ばれていた…というのが、祖母の言い分で、床の間には桃の花も必ず生けてあった。雛飾りの私にとっての思い出は、出してお人形に冠などを飾り付けて行くのは楽しいが、片付ける事が大変で、いつも私と祖母の仕事?とされており、4月に入ると少し憂鬱になった記憶がある。そもそも我が家では、生みの母が違う為、妹も雛飾りを持っていて、私の雛飾りが「屏風形式」であったからと、妹の品は「御殿形式」であった。「御殿式」は、組み立てるのも容易ではなかったが、解体して、小さな部品を一つ残らず書き記された箱へ、間違いなく入れていくのは、実に大変だった。しかし毎年、組み立てと解体を繰り返していた私は段々慣れて行き、将来「宮大工さん」になろうか?と思った程だった。
生後8ヶ月の私とお雛様。クリックすると元のサイズで表示します
(変色していたカラー写真を、スピンさんのお友達が、色を再現して下さいました。
結果、実物とほぼ同じ色になって感激しました。スピンさん、ありがとう♪)


雛祭りは、その歴史を辿ると起源は、平安時代中期(約1000年前)だという。当時は3月初旬の巳の日に、上巳(じょうし、じょうみ)の節句と読んで、無病息災を願う祓いの行事をしていたらしい。陰陽師を呼び、神に祈りを捧げ、季節の食物を供えて、また人形に自分の災厄を託して海や川に流したのだそうだ。また、当時の上流の女の子達の間では「ひいな遊び」が行われており、「ひいな」とは「お人形」のことで、紙などで作った人形と、御殿や、身の回りの道具をまねた玩具で遊んでいたという。この人形を使った「ひいな遊び」は、紫式部の『源氏物語』や、清少納言の『枕草子』の中にも書かれており、やがて江戸時代にその「ひいな遊び」と、前記した「節句の儀式」が一緒になって、現在のような雛祭りの形となったそうだ。そして徳川家に嫁いだお姫様のように、一生の災厄をこの人形に身代りさせるという祭礼的な意味で、嫁入り道具の重要な家財の一つとされたという。
クリックすると元のサイズで表示します 縮緬で作られた兎のお雛様。

昨年、姪が初節句を迎え、お祝いを何にしようか?と考えていた頃に、スタッフの子が、お店の中に手作りのお雛様を飾ってくれていたので、私は「同じような物を作って欲しい」とお願いした。しかし昨年のこの時期彼女は、独立の準備で公私共に忙しく、作る事が出来なかった為、今年になって忙しい中、その約束を果たしてくれ、今夜、私の手元に届けてくれた。心を込めて、一針ずつ縫われて作られた兎のお雛様は、とても可愛く味わいがある。そして世界にたった一つしかない、姪の為に作られたお雛様である。私は並べ写真を写して、弟夫婦にメールを送った所、早速明日、取りに来ると返事が届いた。姪の持っているお雛様の横に、愛嬌たっぷりのこの兎のお内裏様とお姫様が並べられると思うと、何だか今からわくわくしてしまう。

クリックすると元のサイズで表示します

一人?ずつ撮影。 クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

後ろ姿。尻尾もあって愛らしい…。 クリックすると元のサイズで表示します
0



2007/2/28  20:50

投稿者:ほたる

たけさん、時差なしコメント(笑)ありがとうございました。

>色々ご不幸があって大変だったこと、お察しします。

はい。昨年11月には、叔母がくも膜下出血で亡くなり、続けて…ですから、寂しいです。

>うちも2年連続年賀状が出せない状況なので。

そうでしたか。。それはご愁傷様でした。
今年は、私の友達も、喪中葉書の子が多かったです。

>ところで生後8ヶ月のほたるさん、可愛い!
なんかプリプリしてますよねぇ〜♪

もうっっ、まん丸ですよね。北の海っ!て、感じです。
更に大きくなって、3才位までは、肉に埋まっているという感じでした。

>ひな祭りって心ウキウキするから大好きです!

はいっ。本当にウキウキしますよね。春が来る…という気がするというか、
お雛様を見ているだけで、楽しくなりますね。女の子のお祭りですものね。。

たけさんの妹さんの手作りインテリア?のネットショップ、オープンは何時ですか?
とっても楽しみにしていますので、ご案内下さいね。。


☆たけさんへ

2007/2/28  11:03

投稿者:たけさん

色々ご不幸があって大変だったこと、お察しします。
うちも2年連続年賀状が出せない状況なので。

ところで生後8ヶ月のほたるさん、可愛い!
なんかプリプリしてますよねぇ〜♪
ひな祭りって心ウキウキするから大好きです!

http://blog.goo.ne.jp/milkpan_2007/e/2b86252bee79cd935a5b5762f18068a1

2007/2/28  0:20

投稿者:ほたる

ポエムさん、ポエムさんの素敵なお雛様の絵に触発されて、
私も内裏様とお姫様だけですが、飾りました。眺めているだけで良いものですね。。

>ほたるさんが、お雛様といっしょに
写られているお写真、かわいいですね!
笑顔がとても可愛くて…。

肉まん状態ですよね。この後、更にお相撲さん状態に…。未熟児とは、思えない成長ぶりだったようです。

>大事な思い出が、きれいな色とともに
蘇って、本当によかったですね。

はい。私の時代のカラーは、退色が激しく、この後はカメラ屋さんをしていた伯父の勧めで、
暫く、モノクロになっているのですが、この写真が色が蘇ってとっても嬉しかったです。
それに、イタリアの方でお雛様をご覧になっている訳でないし、素晴らしい技術だと、驚きました。

>姪子さんに贈られた縮緬のお雛様、
とても素敵です。

ありがとうございます。

>私は、縮緬の感触がとっても好きなので
身を乗り出して写真を拝見しました。

まぁ、それはそれは。。。しっかりと見て頂いて、嬉しいです。
説明不足でしたが、お顔と耳の後ろは、フェルトで仕上げてありました。

>やわらかな縮緬のかわいいウサチャンが、
姪子さんの目を引きますよ!

喜んでお雛様の前に行っては、踊っているそうです。女の子ですよね〜。



☆ポエムさんへ

2007/2/28  0:10

投稿者:ほたる

姫様、こんにちは。返事が遅くなってごめんなさい。今週は仕事が忙しかったぁーーっ。
有り難い事ですが、週末は、早朝から夜まで働いてて、へとへとでした。

>きゃ〜〜、かわいいぃぃぃぃぃぃーー(エンドレス^^;)

ありがとう♪。私も見せて貰った時、喚いてしまいましたよ。

>私のお雛様は実家の北海道にあるんだけど、母は出してくれてるかなぁ(^_^;)

さぞかし、立派だろうなぁ。悪魔君は、鯉のぼりでしたか?それとも御所人形?兜飾り?でしょうか?

>うさぎさんのお雛様ってたくさんあるけど、本当に色んなお顔があって楽しいよね。

兎さんって沢山見ますよね。何故なのかしら?犬とかより多いのは…?考えると眠れないよ〜。

>この子たちは、本当に優しいお顔で ほっこりしちゃう♪

特に、女の子がいい味だしていますよね。
もう手元には、ないから、写真見てにやにやしています。

>私は、ネコさんのお雛様が欲しいなぁ。ほしいな〜、欲しいのよ!(んっ?)

ありそうで無いのよね。元スタッフの子に頼んでみましょうか?
型紙があって兎しか無理なのかなぁ?。

>えぇ、独り言ですわよ(おほほほほ ぴゅーっっ)

あはは。じゃ、追っかけます。ぴゅーーっっ。==3
もしかして、姫…ちょびちゃんや、くーちゃんに雄雛、雌雛、させていたりして。。

☆ピュアラ姫様へ

2007/2/25  15:32

投稿者:ポエム

ほたるさんが、お雛様といっしょに
写られているお写真、かわいいですね!
笑顔がとても可愛くて…。

大事な思い出が、きれいな色とともに
蘇って、本当によかったですね。

姪子さんに贈られた縮緬のお雛様、
とても素敵です。
私は、縮緬の感触がとっても好きなので
身を乗り出して写真を拝見しました。
やわらかな縮緬のかわいいウサチャンが、
姪子さんの目を引きますよ!



http://blog.goo.ne.jp/kaseifuwa-mita

2007/2/25  11:20

投稿者:ピュアラ

きゃ〜〜、かわいいぃぃぃぃぃぃーー(エンドレス^^;)
私のお雛様は実家の北海道にあるんだけど、母は出してくれてるかなぁ(^_^;)

うさぎさんのお雛様ってたくさんあるけど、本当に色んなお顔があって楽しいよね。
この子たちは、本当に優しいお顔で ほっこりしちゃう♪
私は、ネコさんのお雛様が欲しいなぁ。ほしいな〜、欲しいのよ!(んっ?)

えぇ、独り言ですわよ(おほほほほ ぴゅーっっ)


http://plaza.rakuten.co.jp/traviata/


※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ