2007/3/4

花を愛したモナコの王妃…グレース・ケリー展  日記(今日思うこと)

三方をフランスに囲まれ、一方は地中海に面した世界で二番目に小さな国…「モナコ」。この国の名前を聞いて人それぞれ、何を思い浮かべるだろう?。車の好きな人は「F-1グランプリ」や、「モンテカルロ・ラリー」。アメリカのラスベガスの人気に負けじとも劣らないカジノ。いやきっと「モナコ」という国の名前を世界に知らしめたのは、モナコ公国のレニエ公に嫁いだ、当時アメリカのハリウッド女優だった、グレース・ケリーに違いない。「モナコ」=グレース・ケリーと思い浮かべる人は、きっと多いと思っている。「モナコ」の美しさは、限りなく澄み切った空の下、太陽の光をふんだんに浴びた国土には、季節の花が絶えず咲き誇り、バロック形式やネオ・バロック形式など趣向を凝らした建築物が立ち並ぶ。そして眼前には地中海の紺碧の海が広がっている…。国全体が"リヴィエラの真珠"と呼ばれ『地上の楽園』とも言われている。その「モナコ」に、より一層の輝きを与え、世界中の人々から注目を浴びさせたのが、グレース・ケリーのシンデレラストーリーだった。
クリックすると元のサイズで表示します ガルニエのデザイン…グラン・カジノ

レニエ公とグレース・ケリーの出会いは、1955年、グレース・ケリーがオスカー賞を受賞してカンヌ映画祭へ出席した際、「パリ・マッチ誌」のお膳立てで、モナコ公国を訪問、レーニエ公に紹介された。2人は意気投合し、グレース・ケリーがアメリカに帰った後も手紙による交際が続いたという。そして、1956年4月18日、壮麗な装飾が施された戴冠の間で、レニエ公とグレース・ケリーの法的結婚式が行われ、翌19日、カテドラル教会に於いての宗教的結婚式が執り行われた。特別に注文された19世紀のレースと上質のシルクタフタで造られた豪華なウェディングドレスと、無数のパールが散りばめられたヴェールに身を包んだグレース・ケリーは、高貴な美しさに満ち溢れ世界中の人々を魅了した。
クリックすると元のサイズで表示します ハリウッド時代のグレース・ケリー

可愛さと気品溢れるウェディングドレス姿。 クリックすると元のサイズで表示します

レニエ公は、7世紀の歴史を誇る名門・グリマルディ家の血を引き、26才の時、祖父の後を継いでモナコを治めるようになった。若いレニエ公は、内気で口数も少なかったが、真面目でモナコの国をこよなく愛し、国土開発にその若き情熱を注いだ。斬新な建物を次々と建て、文化、産業を支援しながらモナコ経済を豊かにして行った。モナコ国民はそんなレニエ公に尊敬と感謝の気持ちを抱いていたという。その君主が素晴らしい女性と出会い、妃として迎えた。しかしグレース公妃は結婚当初、フランス語も話せず国民から部外者扱いをされたように孤独感を感じていたが、バラ園を造るなど花を心から愛し、文芸に深い知識と関心を持つ知性を高め、フランス語、ドイツ語も身につけて行った。
クリックすると元のサイズで表示します 公妃に捧げられたバラ…プリンセスオブモナコ

公妃が作成した押し花 クリックすると元のサイズで表示します

中でも「押し花〜Pressed Flowers〜」のアーティストとしては、世界的に著名であり、何冊かの著作本も発表、ピアジェはグレース公妃のデザインした押し花を、スカーフにデザインして発売している。また、彼女のファッションは、ドレスに始まり、帽子、バッグと小物に至るまで、世界中の注目を集めた。そして、現在も彼女の名を残す、エルメスのケリーバッグ…。これは公妃が長女、カロリーナ公女を妊娠した際に、マスコミに妊娠を悟られないよう、エルメス社のバッグ「サック・ア・クロワ」で腹部を隠して公務に出席したを契機にして、世界的に有名となり「ケリーバック」と名付けられた。また公妃は、病院、老人ホームへの訪問など、慈善事業にも力を注ぎ、53才という若さでこの世を去るまで、モナコ公妃としての全ての役割に、全身全霊を注いだという。
クリックすると元のサイズで表示しますデイオール(右)とシャネルのドレス(左)

公妃が愛用したケリーバック。 
クリックすると元のサイズで表示します

グレース・ケリー展は、名古屋では、2月16日から26日までJR高島屋特設会場で開催された。公妃が残したプレストワークの作品の数々、そしてこれまで、門外不出だった公妃愛用のケリーバッグを含め、帽子、手袋、スカーフ等の小物から、イブニングドレスの数々、レニエ公と初めて会った時のドレス、法的結婚式に着用したツーピース等、多数の公妃所縁の品々が出品されていた。これら王室の私蔵品は、日本で開催された本展示会が、この後開催されるモナコ、アメリカでの展示に先駆けての世界初公開となった。尚この後、大阪、東京、広島、神奈川、北海道と全国を移動し展示公開される。
クリックすると元のサイズで表示します

◎グレース・ケリー展 公式HP
http://www.vogue.co.jp/gracekelly/
◎写真は、パンフレットを転写。一部友人撮影。
グレース・ケリーの名前は結婚後「公妃」と記載した。
0



2007/3/20  2:03

投稿者:ほたる

takakoさん、こんにちは。サンフランシスコには桜はあるのですか?
名古屋はもうすぐ開花です。

>プリンセス オブ モナコ バラの花、ケリー バッグ、ドレス 何とな
く何処となくしなやかに柔らかく これが本当の女らしさなのかなと思い
ました。匂うように美しいっていいですね。

本当に、素晴らしく魅了されてしまいました。ケリーバックも丁寧に使い込まれていて、
お花を愛した公妃らしく、押し花も丁寧で美しかったです。

>展示会 魅了されてみたい。展示に出会えるまで待ちどうしい。

日本のあと、モナコへ渡って、それから全米に行くのでは?と思います。
少し期間が長いですが、楽しみにお待ちくださいね。



☆takakoさんへ

2007/3/17  14:52

投稿者:takako

プリンセス オブ モナコ バラの花、ケリー バッグ、ドレス 何とな
く何処となくしなやかに柔らかく これが本当の女らしさなのかなと思い
ました。匂うように美しいっていいですね。

展示会 魅了されてみたい。展示に出会えるまで待ちどうしい。

2007/3/12  2:56

投稿者:ほたる

みきさん、LAでの初出勤、お疲れ様でした。
それからいつも私の体調を心配して下さって、ありがとうございます。

>グレース=ケリーがこのような押し花で有名だったとは初めて知りました。

そうですか?他にも沢山あったので、是非、お見せしたかったです。
…なんて私の物ではないのですが。
年月が経っていますので、色は変色していますが、素晴らしい感性があったと思いました。

>プリンセスオブモナコは本当に彼女にぴったりの美しいバラですね。

花びらの淵にリップのように輪郭が濃くあって、綺麗ですよね。
私は『なばなの里』や花博のあった可児市の公園でも見ましたが、気品ある感じでした。

>以前住んでいたフィラデルフィアはグレースの出身地なのですが、古いレストランには彼女が訪れたときの写真が飾ってあったりして、今でも街の誇りという感じでした。

そうですか。綺麗で気品があって、慈愛に満ちた公妃は、街の宝なのですね。
いいお話をありがとうございました。お仕事に早く慣れられると良いですね。
くれぐれも、ご自愛下さい。また、みきさんちにも伺いまーす。

☆みきさんへ

2007/3/12  2:48

投稿者:ほたる

たけさん、こんにちは。返事が遅くなってごめんなさい。
私は、ぶっとび!?のような忙しい週が終わって、やっとお休みって感じです。でも元気ですよ。

>モナコと聞くとお金のにおいがしてきそうな国と
思ってしまいます♪(笑)

そうですね。小さな国土なのにもか関わらず、豊かな国ですよね〜。

>ケリーバックの由来はそうなんですね。勉強になりました。

はい。そうなんです。私もフランスのお店で眺めては来たのですが、手縫いでしたよ〜。

>一つ欲しいですけれど
まだまだ先になりそうです・・・。

あはは(失礼しました)。私も欲しいです。和服でも何でもOKですよね。
いっちょう、モナコのカジノへ行ってきますか?…とは言っても軍資金が要りますよね。トホホ。
そうそう、私の従姉(名古屋の資産家の娘なんです、従姉同士でも差が激しすぎます)
は、ケリーバックに髪留めのクリップを挟んでいたりします。正に「おいおい」って感じ。
皮は使ってこそ味が出るのですが、
私ならもし買う事が出来ても、飾って眺めてるだけになるかも?です。

>ところでグレース・ケリーは綺麗なのに、
娘はそうでもないですよねぇ〜なんて
言ったら駄目かしら???

むむむ。モナコへも行ってみたいのでノーコメントとさせて頂きます(笑)
母親が美しくても、似るとは限らないですよね。私なんか両親には全く似ないで
身長もいつか伸びるだろう、鼻もいつか高くなるだろう、と思いながら現在に至っていますよ。


☆たけさんへ

2007/3/7  10:41

投稿者:みき

グレース=ケリーがこのような押し花で有名だったとは初めて知りました。プリンセスオブモナコは本当に彼女にぴったりの美しいバラですね。以前住んでいたフィラデルフィアはグレースの出身地なのですが、古いレストランには彼女が訪れたときの写真が飾ってあったりして、今でも街の誇りという感じでした。

http://diary.jp.aol.com/aujzpye6s4d2/

2007/3/5  8:18

投稿者:たけ

モナコと聞くとお金のにおいがしてきそうな国と
思ってしまいます♪(笑)
ケリーバックの由来はそうなんですね。
勉強になりました。一つ欲しいですけれど
まだまだ先になりそうです・・・。

ところでグレース・ケリーは綺麗なのに、
娘はそうでもないですよねぇ〜なんて
言ったら駄目かしら???

http://blog.goo.ne.jp/milkpan_2007/e/cf61893a1ef16f304f82e01012575e7e

2007/3/5  1:53

投稿者:ほたる

姫様、結婚式のお仕事…お疲れ様でした。

>わおっ!キレイだよねぇ、公妃。

本当に綺麗!新聞に掲載されていた写真は、法的結婚式の後の晩餐会の時のもの、
ティアラを被った写真だったけど、こんなに綺麗な人がいていいのか!?という感じでしたよ。

>それにこの薔薇もすんごくステキ!!

気品があった可愛いですよね。この写真は「なばなの里」(三重県)の薔薇園で
携帯電話で撮ったものだけど、実物、特に蕾は輪郭が濃くて可愛かったです。

>ただキレイなだけじゃなくて、本人は自分磨きも怠らなかったんだよね。
努力する美しいヒトって 大好き♪

そうですよね。美しいからこそ、努力する気になるのかしら?
あたしなんて、自分のことは、最近諦め気味…。あっ、姫に叱られちゃう。。

>押し花も驚くほどの出来栄え。素晴らしいね〜。

そうなんです。もっと沢山ありますよ。
また使用している花も蘭とか多く豪華で、鳥の羽を使ったりしてあって、素晴らしいの。
色は褪せているけど、芸術的感覚が鋭いですよね。
何でも、押し花専用のプレスする器具があったらしいけど、
公妃は電話帳を愛用していたんだって!
そんな所で、妙に親近感を持ってしまいました。

>名古屋に住むブログ友が これ(グレース・ケリー展)をやっぱり記事にしていて

ほーー。私も拝見してみたいです。確か。。ふむふむ。。
でも姫んちは、コメント欄に、アドレス載っていないよね。トホホ。

>東京にきたら絶対に見に行きたいなって思っているの。

是非、是非、お出かけ下さい。。
公妃が結婚前に着用されていたお洋服なんかは、
私でもすぐ着られそうな(ウエストが入らんっつーの←陰の声)感じで素敵だよ。

>めちゃんこ混んでたみたいね(^_-)-☆

平日なら、ゆとりがあると思いますよ。
土日は仰るように人人人…だったみたいでした。


☆ピュアラ姫様へ

2007/3/4  8:07

投稿者:ピュアラ

わおっ!キレイだよねぇ、公妃。それにこの薔薇もすんごくステキ!!
ただキレイなだけじゃなくて、本人は自分磨きも怠らなかったんだよね。
努力する美しいヒトって 大好き♪
押し花も驚くほどの出来栄え。素晴らしいね〜。

名古屋に住むブログ友が これ(グレース・ケリー展)をやっぱり記事にしていて
東京にきたら絶対に見に行きたいなって思っているの。めちゃんこ混んでたみたいね(^_-)-☆

http://plaza.rakuten.co.jp/traviata/


※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ