2007/5/1

カプリ島の「青の洞窟」と『葬場祭』(神道の葬儀)について  日記(今日思うこと)

公私共に慌しい一週間を過ごし、30日は休日だったが、29日の夜と30日は『葬場祭』(神道の葬儀)へと出かけた。30日は29日の昭和の日の振り替え休日、当初の予定では友人と和服を着て、岐阜県可児市にある「花フェスタ記念公園」へ薔薇を観る目的で出かける予定だったが、急遽キャンセルした。夕方から予定を立ててくれていた友達と食事に出かけた。食事の後、友達が映画「ブラッド・ダイアモンド」を観たいと言ったので、私は2度目の鑑賞となったが、映画館へと向かった。(映画についてはまた改めて…)先日、この映画を観たとブログに記した所、スピンさんからレオナルド・デカプリオ主演という事で(デカプリオとは…カプリ島のという意味)カプリ島にある『青の洞窟』の写真を送って頂いていたので、以下に掲載する。
クリックすると元のサイズで表示しますカプリ島の青の洞窟:Grotta Azzurra

ナポリ湾に浮かぶカプリ島の周囲は、殆どが断崖絶壁となっており、その断崖絶壁の一部の波打ち際に、入り口の半分が海水の中に隠れている海蝕洞(海の波浪に浸食されて出来た洞穴)の「青の洞窟」 (Grotta Azzurra) がある。この洞窟には、手漕ぎの小船に乗って行くのだが、入り口は高さ1mにも満たない為、出来るだけ低い姿勢をとって入るそうだ。洞窟内は広い場所で、長さ約70m、幅25mとなっており、幻想的な青い光を放っている。こ現象は、洞窟内の海底の白い砂が、太陽光線を(外部のように乱反射するのではなく)青い水だけを透過して反射して見えるから…だそうだが、美しく見えるのは、角度が屈折し易い午前中が適しているという。しかし、高潮時や天候不順で高波の時などは、入ることが不可能で、短期の滞在で見る事が出来るのは、かなりラッキーだと言えるらしい。
入り口は、本当に狭い→ クリックすると元のサイズで表示します

さて、話題を戻して『葬場祭』について、葬儀会場にも案内と説明はしてあるが、少し記して置こうと思う。『葬場祭』は、仏式の葬儀と違い、数珠やお香は使用せず、お焼香の代わりに、祭壇に向かって設置された玉串案(台)に玉串(榊の枝)を、奉奠(ほうてん)する。玉串はまず、受け取ったら枝の葉の先を左手で下から支え、右手を上から沿えて持つ。その後、玉串案(台の前)に進んだら、時計周りに90度回転させ枝の葉の先を祭壇に対して真っ直ぐにし、同じく時計周りに今度は半回転させて、枝元を祭壇に向け、玉串案(台)に乗せる。

◎玉串奉奠の作法↓
http://www.taka.co.jp/okuru/gi-kami01.htm

そして、2礼し、2拍手を音を立てない…「忍び手」という叩き方で叩き、1礼する。また仏式で持って行く「御香典」の代わりは、蓮の花がついていない熨斗袋を使用し、表書きには「玉串料」または「御榊料」と書くが、宗派を問わない「御霊前」でも良いとされている。しかしながら、知らないまま「葬儀=仏式」と思い込んで、香典袋で持って行ってしまった場合は、止むを得ないといえよう。また、花屋さんの話によると、仕事上の付き合い等で宗派が判らず、納める場合は「御花代」と記す事も無難なのだそうだ。
クリックすると元のサイズで表示します
亡くなった方は57才で、脳梗塞からリハビリをし日常生活に復帰された直後に発見された食道癌が原因だった。奇しくも丁度1ヵ月前の同じ日に、奥様が看病疲れによる?心停止で亡くなっており、ご親族には、おかけする言葉も見つからなかった。抗癌剤との戦いは壮絶だったとお聞きしているが、安らかなお顔を拝見し、今はその苦しみから逃れられ、ご遺族を見守って下さっている気がした事が唯一つの慰めだった。ご夫婦のご冥福をお祈りするとともに、改めて健康である事に感謝し、日々の節制、そして検診を怠ってはいけないと痛感した。

※ブログ更新や頂いたコメントの返事が遅れ、
私の体調をご心配頂いて、メール等を下さった方々に、
この場で大変恐縮ですが、お詫びとお礼を申し上げます。
0



2007/5/3  14:32

投稿者:ほたる

ポエムさん、北海道の道東…良い所ですよ〜。
ただ、まだ寒いのでお気をつけてお出かけ下さいね。

>デカプリオとは…カプリ島のという意味、
一つ賢くなりました!

はいっ。そうなんです。また、カプリ島の写真をスピンさんが送って下さいましたので、
載せますから、楽しみにしていて下さい。素敵な所です。。

>「青の洞窟」不思議な色ですね。じっと見つめると
何かに引き込まれていきそうな感じがしました。

何とも言えない色ですよね。きっと実際はもっと神秘的なのでしょうね。

>神道のお葬式は、大変参考になりました。
ほたるさんの説明どおりにひとおりやって
みました。

そうでしたか。玉串奉奠は、神前結婚式でも行いますよね。

>孫のお宮参りの時も、お礼の表書きや袋で
もめていたら、娘婿がちゃんと調べて
用意していたので大助かりでした(笑)

凄い気が効かれるお婿さんですね。

>お祭りの寄付をいただきに近所のスーパーに
長老について廻った時、
「すみませんが、お祭りの『花』をお願い
します」と長老が告げると若い店長さんは、
本当に、花束を持って出てこられました。

ふふ。楽しい間違いですね。確かに花と言うと、花束ですものね。

>その後が、みんな口々に説明しだして
大変でした。(笑)

知らないという事は、仕方ないですが、時に恥ずかしい事もありますものね。

>でも、「年寄りに聞いてみます。」は
自分が年寄りになってからは言えなく
なりました!

まぁ、まだまだポエムさんは、お年寄りには入られないですよ。
でも、なかなか聞ける方が減ってきているのは確かですよね。

>こんな時、ほたるさんのブログやネットは
本当に役に立ちますね!
ありがとうございました。

いえいえ。私の書ける事なんて微々たるものです。
でもネットの力は大きいですよね。私も直ぐ調べられるので助かっています。

☆ポエムさんへ

2007/5/3  14:25

投稿者:ほたる

みきさん、こんばんは。お仕事大変そうですね。ご無理なさらないで下さいね。

>神道のお葬式は一度だけ見かけたことがあります。

そうでしたか。。私は父方の叔母が嫁いだ家が神道でしたので、少しは知っていました。
必ずと言っても過言でないほど、拍手を音を立ててしまう方があったり、
戸惑われる方がいらしたので、少しでも…と自分の為にも書く事にしました。
玉串のまわし方とか、時計回り…と覚えていてもその場では忘れてしまっています。

>お葬式もそうですが、いろいろな神道の儀式は、シンプルで清らかな雰囲気があると思います。

はい。そうですね。祭主(神主)さんのお言葉も、お経より大変分かり易く、
神聖な気持ちになれました。

>ご夫婦のご冥福をお祈りいたします。

ありがとうございます。お若いですし、お2人続けてなので居た堪れないですが、
今頃、お2人で安らかにご遺族を見守って居られると思っています。

>ほたるさん、連休中もいつも以上にお忙しいのでしょうが、体調には気をつけてくださいね。

はい。今日は、今少し休憩が取れました。また、終盤にかけて忙しくなりそうです。
風邪を引きかけたりしましたが、何とか元気で頑張っています。
みきさんも、お仕事、頑張って下さいね。
またむーちゃんの写真も楽しみにしています。



☆みきさんへ

2007/5/3  14:13

投稿者:ほたる

恵雅さん、ブログ開設二周年、おめでとうございます。

>忙しい毎日で、大変だったみたいですね。無理しないで下さいね。

ありがとうございます。色々な方に助けられて何とか頑張っています。

 >デカプリオの意味が分りました。「カリブ島の」とは。ひとつ勉強になりました。

はい。彼はイタリア移民の子孫なのですよね。
確か、カリフォルニア生まれですが、何でもお母さんのお腹にいる時、お母さんが
ダヴィンチの絵を見ている時に、お腹の中から強く蹴ったのでレオナルドとつけたそうです。

>それにしても青の洞窟に行けなかったのはなんとも残念!

またの機会にどうぞ…と言いましても飛行機の長旅が大変ですよね。

>後半の連休はお仕事でしょうか?

はい。ずっと仕事です。

>お着物を着てお花を見に行くなんて、優雅ですね。どうか良い休日を。

本当は30日に皆で予定していました。葬儀で延期になってしまいましたが、
巷の連休明けのお休みに、やはりお花畑へ行って来たいと思っています。
また、行って来ましたら、写真など載せたいと思いますので見てやって下さい。



☆恵雅さんへ

2007/5/3  14:07

投稿者:ほたる

takakoさん、こんにちは。ご無沙汰していてごめんなさい。

>カプリ島の『青の洞窟』不思議なところがあるのですね。

はい。確か名古屋にイタリアレストランで、同じ名前があって、
1度行った事があり、写真だけでは知っていたのですが、神秘的ですよね。

>この色を見る事が出来るのは限られている時と言うのもうなずけます。

はい。光の屈折率に関係あるそうですから、貴重な時間ですよね。

>1年に一回だけ『ある影』を見る事が出来ると言う写真を見た事があ
ります。次の日には同じでは無いのだそうです。

それも、凄いです。正にその瞬間のみ、自然が作る芸術品なのですね。

>お知り合いの方のご冥福をお祈りいたします。
亡くなられた方は若いですね。

はい。当然、喪主も若いです。列席していて辛かったです。

>みずきの花も微かに淋しそうに見えます。

私はこの花が大好きなのですが、淋しげに見えますね。
でも、この花は、花びらが蝶のように羽ばたいて飛んで行きそうなので、
天国への旅立ちに相応しいかと、載せてみました。

>どうぞ元気を出して頑張って下さい。

ありがとうございます。スタッフの子のご両親なので、暫く人手不足ですが、
帰ってくる場所として、温かく迎えられるよう、頑張っています。

☆takakoさんへ

2007/5/3  13:59

投稿者:ほたる

メリンダ社長様、なかなか「キンバリープロセス」について書けないでいます。
社長様の記事、とっても楽しみにしています。

>ほたるさんおはようございます。
最近更新がないので、体調が思わしくないのかと
心配しておりましたが、

ご心配、おかけしました。仕事が人手不足で少し忙しくしていました。
少々、バテテはいますが、私は大丈夫です。

>もしかして松坂を見にボストンへ行っているのかなとも思ったりしていましたが、

まぁ、そう出来たら幸せですね。でも、5月には花嫁造りの仕事もありますし、
かなり遠いですし、なかなか生で松坂投手の投球を観る事は出来なさそうです。

>ブログを拝見して、小生が子供の頃を過した三陸海岸を思い出していました。

そうでしたか。断崖絶壁になっている?のですか。。

>青の洞窟は岩泉〈岩手)の鍾乳洞「龍泉洞」を思い出します。ふと朝からノスタルジーの世界です。

岩手にそんな鍾乳洞があるのですね。みちのくの旅は、行ってみたい場所の1つで、
特に岩手県は、行きたいなと、ずっと思っています。是非、その鍾乳洞も見て見たいですね。


☆メリンダ社長様へ

2007/5/2  21:31

投稿者:ポエム

デカプリオとは…カプリ島のという意味、
一つ賢くなりました!
「青の洞窟」不思議な色ですね。じっと見つめると
何かに引き込まれていきそうな感じがしました。

神道のお葬式は、大変参考になりました。
ほたるさんの説明どおりにひとおりやって
みました。
孫のお宮参りの時も、お礼の表書きや袋で
もめていたら、娘婿がちゃんと調べて
用意していたので大助かりでした(笑)

お祭りの寄付をいただきに近所のスーパーに
長老について廻った時、
「すみませんが、お祭りの『花』をお願い
します」と長老が告げると若い店長さんは、
本当に、花束を持って出てこられました。
その後が、みんな口々に説明しだして
大変でした。(笑)

でも、「年寄りに聞いてみます。」は
自分が年寄りになってからは言えなく
なりました!
こんな時、ほたるさんのブログやネットは
本当に役に立ちますね!
ありがとうございました。


http://blog.goo.ne.jp/kaseifuwa-mita

2007/5/2  14:32

投稿者:みき

神道のお葬式は一度だけ見かけたことがあります。お葬式もそうですが、いろいろな神道の儀式は、シンプルで清らかな雰囲気があると思います。

ご夫婦のご冥福をお祈りいたします。

ほたるさん、連休中もいつも以上にお忙しいのでしょうが、体調には気をつけてくださいね。

http://diary.jp.aol.com/aujzpye6s4d2/292.html#comment

2007/5/2  9:57

投稿者:恵雅

こんにちは。

 忙しい毎日で、大変だったみたいですね。無理しないで下さいね。

 デカプリオの意味が分りました。「カリブ島の」とは。ひとつ勉強になりました。
それにしても青の洞窟に行けなかったのはなんとも残念!

 後半の連休はお仕事でしょうか?
お着物を着てお花を見に行くなんて、優雅ですね。どうか良い休日を。

http://sky.ap.teacup.com/keiga/

2007/5/2  7:39

投稿者:takako

カプリ島の『青の洞窟』不思議なところがあるのですね。この色を見
る事が出来るのは限られている時と言うのもうなずけます。
1年に一回だけ『ある影』を見る事が出来ると言う写真を見た事があ
ります。次の日には同じでは無いのだそうです。

お知り合いの方のご冥福をお祈りいたします。
亡くなられた方は若いですね。
みずきの花も微かに淋しそうに見えます。どうぞ元気を出して頑張っ
て下さい。

2007/5/1  7:06

投稿者:melinda

ほたるさんおはようございます。
最近更新がないので、体調が思わしくないのかと
心配しておりましたが、もしかして松坂を見にボストンへ行っているのかなとも思ったりしていましたが、ブログを拝見して、小生が子供の頃を過した三陸海岸を思い出していました。青の洞窟は岩泉〈岩手)の鍾乳洞
「龍泉洞」を思い出します。ふと朝からノスタルジーの世界です。


※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ