2007/5/12

スピンさんの欧州便りNo23…F1モナコグランプリU  スピンさんの欧州便り

「モナコグランプリ」のレースでは、この玄関のすぐ前をF1マシンが疾走して行きます。
モナコのホテルは総客室数が3千室も無いから、モナコグランプリ開催時は予約も大変。
隣のニースに泊まって、モナコにやって来る人の方が多いみたいです。
(写真は全てクリックで拡大します。)

Hôtel de Paris正面玄関 クリックすると元のサイズで表示します
※モナコで一番の伝統と格式を誇るホテルで、創業が1864年。客室は117しかありません。

クリックすると元のサイズで表示します←玄関を入ります。
インテリアも豪華です。 

Place du Casino カジノ広場クリックすると元のサイズで表示します
※ここがモンテカルロ(Monte-Carlo)と言う地名発祥の地。
「シャルルの山」の頂上です。
正面がグラン・カジノ、
右はオテル・ド・パリ、左もカフェ・ド・パリと言うカジノです。
右側のカーブが「カジノ・コーナー」で、レースは右から左へと進みます。

クリックすると元のサイズで表示します←グラン・カジノ
※中に入ると宮殿のような建物です。
ここのVIPルームでは、最低賭け金が1回€2000または$3000だそうです。
ここはドレスコードに注意が必要で、カジノと言うよりヨーロッパの社交場です。

グラン・カジノのディテールクリックすると元のサイズで表示します

※モナコのカジノ全てと「オテル・ド・パリ」「オテル・エルミタージュ」等は
S.B.Mと言うモナコ公国が株式の大半を持つ会社のもの。
S.B.M.(SOCIETE DES BAINS DE MER)を英語で言えば“SOCIETY OF THE SEA BATHS”。
もともとは療養で海水浴に来る人の為の会社だったそうです。
モナコには所得税や固定資産税が無くて、普通の会社は法人税も実質ゼロ。
ほとんどの場合は相続税も無いから、お金持ちにとっては夢のような国です。
カジノからの歳入は数%に過ぎないそうですから、
多くの人がモナコでお金を使ってTVA(付加価値税)を沢山払ってる…
…と言うことなんでしょうね。

クリックすると元のサイズで表示します“Mirabeau Haut”コーナー
※左側の「ミラボウホテル」の上にあるから付いた名前です。
“Haut”(オウト)は“High”、次に出てくる“Bas”(バス)は“Low”と言う意味。
ここからは海岸まで下り坂です。
こんな所がモナコGPでは数少ない追い抜きポイントだそうですよ。

Grand Hotel Hairpin クリックすると元のサイズで表示します
※正面にモンテカルロ・グランドホテルがあるヘアピンカーブ、
赤白のゼブラゾーンが、ここがモナコGPのサーキットだと言う証です。

クリックすると元のサイズで表示します
↑カーブを曲がると見えてくる地中海。
下り坂+急カーブで、曲がるだけで精一杯です。

ヘアピンカーブの入り口側 クリックすると元のサイズで表示します
※この階段を昇るとカジノ広場です。
左端にあるのはグランドホテル内の「サン・カジノ」の入り口です。

クリックすると元のサイズで表示します
↑“Mirabeau Bas”コーナーを過ぎ、
この先の右カーブが“Portier”(ポルティエ)コーナーです。
ここを左折すると、日本庭園の入り口になります

“Tunnel”トンネル→クリックすると元のサイズで表示します
※トンネルと言ってもグランドホテルの下が道路になっています。
緩い右カーブで傾斜は、ほとんどありません。

クリックすると元のサイズで表示します←“Tunnel”の中 
※このトンネルをF1マシンは、時速260〜270Kmで走るそうです。

トンネルを抜けた所 クリックすると元のサイズで表示します
※この辺がスピード・トラップ(速度計測ポイント)です。

この先は海岸沿いになるので、少し省略して次は…。

“Rascasse”コーナー クリックすると元のサイズで表示します
※写真の建物は“La Rascasse”と言うレストランです。
「ラスカス」は、日本のカサゴみたいなお魚です。
去年のモナコグランプリでは、M.シューマッハがこのコーナーで車を停めて大問題に…
コースは写真の手前を左に進み、かなりきつい右カーブ。
少し直進して、PITに入るか、スタート地点に戻ります。
クリックすると元のサイズで表示します そしてゴール!!
↑この写真は、2006年のモナコグランプリの実際の写真です。
最初のスタート地点の写真からは、全く想像がつかないけれど、
道路に引かれたラインは、間違いなくあのラインです。

※次はモナコグランプリ開催時の写真を送ります。by...spin.

0



2007/5/15  10:16

投稿者:ほたる

コロコロちゃん、今頃、試合観戦かしら?私も今日は生放送で観ていますよ。

>日本と馴染みのあるモナコとの国交も正式には去年から、というのを前回の記事で教えていただきましたが、本当に綺麗な町並み、豪華な建物ですね。

はい。前のグレース・ケリー展の記事から、モナコの庭園の写真など、
送って貰って載せましたが、とても綺麗で感動しましたよね。

>こんな綺麗なところで、最速を競うグランプリが行われるのも絵になるんだろうなー。

アメリカではどうですか?モナコGPのレース模様は放送するのかしら?
放送したら、モナコの景色とともに見て欲しいです。

>絵はがきのように綺麗な世界です。体力と眼と反射神経、、こういったものが極限にまで鍛えられているのがF-1レーサーなのでしょうね。

凄いですよね。景色なんて見てられないですし。。

>私みたいに、パソコン見つめて眼が疲れたー、なんて言ってるレベルからは想像もつかない次元の違う戦いなのだと思います。

あはは。私も走り屋で危ないと言われますが、そういう次元ではないですよね。

>日頃、全然関わりのない世界の話を聞かせいただいて、ありがとー!

スピンさんの写真と解説は、ストーリーになっているので、とても分かり易く、
その場に行ったような気持ちになれますね。ありがたいことです。

>今日は松坂選手がFenwayで投げる日。私も仕事を早めに切り上げて、友人たちと観戦します。

今日も、満員ですよね。いいなぁ、私も現地でその雰囲気…味わいたいです。

>写真は期待しないでね。

ふふ。カメラも望遠率が少ないし、コロコロさんの腕は、期待してませんよ。(失敬!)
ピンボケの松坂とか、オルティースとか。シルエットで判るし、
それはそれで楽しみですが。(こりゃまた失敬!)


☆コロコロさんへ

2007/5/15  10:06

投稿者:ほたる

cherryさん、こんにちは。すご〜い、cherryさんはモナコへお出かけになったのですね。

>ほたるさん、こんにちは。
わぁ〜、モナコ、懐かし〜い。あの辺りの海岸線、本当にきれいですよね。

羨ましいです。前にスピンさんがグレース・ケリーの写真や、
モナコの日本庭園の写真を送ってくださって載せているのですが、
私も、ますます大のモナコファンになってしまいました。行ってみたいです。

>モナコグランプリ、よくあんなところでカーレースをするな〜、ってびっくりするような道路ですよね。

そうですね。けっして広くない道路、ヘアピンのように曲がっているカーブ、
とても200kを超えるスピードで走れる道路とは思えないですよね。

>カジノにも正装して行きました、行きました。でもギャンブルは嫌いなので、ただ見てただけですけど。

そうだったのですか。お客様もセレブな方ばかりなのでしょうね。

最低掛け金が2〜3000ドルって、さすがモナコですね。

>ところで、入場に年齢制限とかないのでしょうか?

スピンさんのお話ですと、18才以上で、上は上限がないのでは?というお話ですよ。

>というのも、ヨーロッパでは年金受給者は入場できないと聞いたので。ドイツだったからしら、年金をカジノを使い果たしてしまう老年の方を防ぐ為とか。

そうなんですね。最も賭けるお金の最低レベルが違うので、失礼ですが、
年金暮らしでは、モナコのカジノへは、行こうとも考えない?と思いました。
だけど日本でも、競馬や競艇、競輪、パチンコなどで
使い果たしてしまわれるご老人もいるとか…
お年寄りを守るルールとして、大事な事かもしれないですよね。


☆cherryさんへ

2007/5/15  9:54

投稿者:ほたる

こひ〜さん、こひ〜さんに見て頂いて、スピンさんも喜んでいて下さいますよ。

>モナコ来たー!!
すげー!すげー!すげー!

はーい。まだ載せきれていない写真もありますし、
また、スピンさんが追加で送って下さいますので、ご期待下さいね。

>色々ドラマがあったのが思い出されるよ〜

本当にお詳しくて、びっくりです。私も今年は是非しっかり観たいと思っています。

>ロウズヘアピンがあるからモナコではハンドルの切れ角のセッティングが他のグランプリとまったく違うんですよ。

そうですか。。レースの前から戦いが始まっているのですね。

>高速のF−1マシンが一番遅くなる瞬間ですね。

私も少しなら見た事があるのですが、本当にスピードダウンして走りますよね。

>ポルティエを右折、トンネルに向かうはずのアイルトン・セナが曲がりきれずに突っ込んだなぁ。そのままピットに戻らず、歩いてホテルに帰ったなぁ・・・

セナは歩いた!のですか。。凄いエピソードですね。

>トンネルは高速なんだけど、抜きに行ったらダメなんですよ。ラバーかすが溜まってて、広いトンネル内もレコードラインは一本なんですよね。

ほぉっ。トンネルの中は、抜けないってやはり250k以上のスピードは怖いですね。

>トンネルを抜けたところが抜きどころではあるんですが、クラッシュも多発。ハッキネンが舌を噛み切ったなぁ。ベンドリンガーがF−1から引退を余儀なくされたのもあそこだったなぁ・・・

あわわ、本当に危ないですね。命がけ…クラッシュシーンも時々見ますが、
怖いイメージが残って、次に自分が自分の車を運転する時、ついつい慎重になります。

>リバージュの登り坂は先のコーナーが見えなかったり、ホテルドパリコーナーはインコーナーの側溝にタイヤを引っ掛けて曲がったり、とにかく特異なサーキットで、おもしろいサーキットですね。

普通の街中を疾走するのですものね。今年も怪我のないレースになって欲しいです。

>非力なマクラーレンフォードのセナが開幕5連勝ウィリアムズルノーのマンセルを抑えきった抜きどころの少ないサーキットでもあります。

今は亡きセナの思い出が、沢山詰まったコースなのですね。
今年もどんなドラマが生まれるT(事故が少ないように祈りながら)、楽しみですね。


☆こひ〜さんへ

2007/5/15  5:00

投稿者:コロコロ

日本と馴染みのあるモナコとの国交も正式には去年から、というのを
前回の記事で教えていただきましたが、本当に綺麗な町並み、豪華な
建物ですね。こんな綺麗なところで、最速を競うグランプリが行われ
るのも絵になるんだろうなー。絵はがきのように綺麗な世界です。体
力と眼と反射神経、、こういったものが極限にまで鍛えられているの
がF-1レーサーなのでしょうね。私みたいに、パソコン見つめて眼が
疲れたー、なんて言ってるレベルからは想像もつかない次元の違う戦
いなのだと思います。日頃、全然関わりのない世界の話を聞かせいた
だいて、ありがとー!

今日は松坂選手がFenwayで投げる日。私も仕事を早めに切り上げて、
友人たちと観戦します。写真は期待しないでね。

2007/5/13  18:49

投稿者:cherry

ほたるさん、こんにちは。
わぁ〜、モナコ、懐かし〜い。あの辺りの海岸線、本当にきれいですよね。
モナコグランプリ、よくあんなところでカーレースをするな〜、ってびっくりするような道路ですよね。

カジノにも正装して行きました、行きました。でもギャンブルは嫌いなので、ただ見てただけですけど。最低掛け金が2〜3000ドルって、さすがモナコですね。

ところで、入場に年齢制限とかないのでしょうか?
というのも、ヨーロッパでは年金受給者は入場できないと聞いたので。ドイツだったからしら、年金をカジノを使い果たしてしまう老年の方を防ぐ為とか。


2007/5/12  13:17

投稿者:こひ〜

モナコ来たー!!
すげー!すげー!すげー!
色々ドラマがあったのが思い出されるよ〜
ロウズヘアピンがあるからモナコではハンドルの切れ角のセッティングが他のグランプリとまったく違うんですよ。高速のF−1マシンが一番遅くなる瞬間ですね。
ポルティエを右折、トンネルに向かうはずのアイルトン・セナが曲がりきれずに突っ込んだなぁ。そのままピットに戻らず、歩いてホテルに帰ったなぁ・・・
トンネルは高速なんだけど、抜きに行ったらダメなんですよ。ラバーかすが溜まってて、広いトンネル内もレコードラインは一本なんですよね。
トンネルを抜けたところが抜きどころではあるんですが、クラッシュも多発。ハッキネンが舌を噛み切ったなぁ。ベンドリンガーがF−1から引退を余儀なくされたのもあそこだったなぁ・・・
リバージュの登り坂は先のコーナーが見えなかったり、ホテルドパリコーナーはインコーナーの側溝にタイヤを引っ掛けて曲がったり、とにかく特異なサーキットで、おもしろいサーキットですね。
非力なマクラーレンフォードのセナが開幕5連勝ウィリアムズルノーのマンセルを抑えきった抜きどころの少ないサーキットでもあります。


※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ