2007/5/20

「にわぜんきゅう」さんのアトリエを訪ねて…お地蔵さんの絵他  日記(今日思うこと)

知多半島道路を内海インターで降りて約10分、磯の香りが漂う町の一角に、「丹羽善久…にわぜんきゅう」さんのアトリエ&ギャラリーは、その静かな佇まいを見せていた。私は数年前、ぜんきゅうさんの描かれた『お地蔵さんの絵』を見てから、是非訪れてみたいと思っていたが、友達との予定が合わず伸び伸びになっていた。15日の午後、私は1人だったが、時間が出来たので思い切って出かけることにした。知多半島道路も、半田インターより先は、自然の山々の中を走る形になっており、窓を開けると新緑の香りが漂って来て、ドライブしていても心地よかった。予め電話してぜんきゅうさんがご在宅かを確かめて出かけたが、アトリエに着くと、奥様が「ようこそ、ようこそ」と笑顔で迎えて下さった。また、ぜんきゅうさんは、毎週火曜日には施設からご帰宅されるお母様と一緒に、お庭でくつろいで居られ、快く写真撮影にも応じて下さり、温かいお人柄が伝わって来るようだった。

クリックすると元のサイズで表示します アトリエ入り口の門

「ようこそ」の看板が出迎えてくれる
クリックすると元のサイズで表示します

築163年の家を改築されて作られた、ぜんきゅうさんのアトリエ&ギャラリーは、心の故郷へ帰ってきたような…懐かしささえ感じられる建物で、中に入ると、ぜんきゅうさんの描かれたお地蔵さんの絵が沢山展示されていた。私はついつい嬉しくなり、時間の経つのを忘れて見入ってしまった。奥様は、わざわざ佐渡から取り寄せられたという金粉入りの『おけさ柿茶』を出して下さり、ぜんきゅうさんが、お地蔵さんの絵を描かれるようになった経緯などをお話して下さった。ぜんきゅうさんは、40代になってから、帰郷した故郷、内海の海の石や砂の美しさに癒され、石や流木を使った造形作家としてアトリエを設立された。そしてボランティアとして老人ホームで絵や習字、粘土を使った人形作りを教えておられるうち、ご老人からの要望があってお地蔵さんの絵を描かれるようになったそうだ。
クリックすると元のサイズで表示しますお地蔵さんが描かれた盾…まあるい心で…。

砂で丸く着色されている。
クリックすると元のサイズで表示します

ぜんきゅうさんの描かれるお地蔵さんは、墨で一筆書きのようにすっきりと描かれ、そして内海の浜の細かい砂で着色されている。現在はアクリル絵の具で着色された多彩な絵も描かれてはいるが、私は初めて見た時、この砂で着色されたお地蔵さんの絵の虜になった。奥様にその描き方をお尋ねしたところ、親切丁寧に教えて下さった。ぜんきゅうさんは、まず墨汁でお地蔵さんを描き、そしてスプレー糊を掛け、茶漉しのようなものに入れた砂をぜんきゅうさん独自の方法(振り掛ける高さや量にコツがあるそうだ)で、砂を振り掛けた後、ラッカーで仕上げられるのだという。自然との調和…白くて細かい内海の砂が、ぜんきゅうさんの手によって、お地蔵さんに命を吹き込んでいるようで、その生き生きとした、そして優しい表情に思わず手を合わせてしまいたくなった。私は、そのギャラリー内で時が経つのも忘れて、のんびりと寛がせてもらい、帰路についた。奥様は玄関に出て見送って下さった。素敵な出会いに感謝しながら、日常の雑多を忘れてまた訪れよう…と思った。
クリックすると元のサイズで表示します 築163年のアトリエとお地蔵さん

笑顔が素敵なぜんきゅうさん。
クリックすると元のサイズで表示します

◎中部経済新聞掲載、ぜんきゅうさんの記事
http://www.nande.com/topic/19991126/topic.htm

◎ぜんきゅうさん公式HP
http://www.nande.com/zenkyu/

◎以下写真集(携帯カメラで撮影の為、拡大しません。ごめんなさい。)

クリックすると元のサイズで表示します内海の砂を吹きかけたお地蔵さん。

和紙のタペストリークリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します 砂で出来た「守り地蔵」の壁掛け

壁掛け…いつも見ています。クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します和紙の壁掛け…ありがとうのこころ。

壁掛け…おかげさん。クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します木彫りのお地蔵さん

ぜんきゅうさんの絵葉書集クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します 壁掛け…詩(太陽だって…)

看板…希望の文字を書いて貰える。クリックすると元のサイズで表示します 

クリックすると元のサイズで表示します作品が並ぶギャラリー
4



2007/6/3  17:19

投稿者:ほたる

メリンダ社長様、こんばんは。少しご無沙汰してしまっています。ごめんなさい。

>ほたるさん今晩は。
いい所へお出かけになりましたね。

はい。社長様のご自宅のお近くにも…自然も一杯でいい所があられますが、
愛知県にも、こんないい所が沢山あります。

>ぜんきゅうさんの描かれるおじぞうさんと言の葉
心安らぎ、和みを覚えますね。

そうですね。絵は可愛いですし、文字は優しくて安らぎますね。

>現物を見たらきっと感動することでしょう。

はいっ。砂の絵は、本当に感動します。心に訴えてくるものがありますよ。

>いつか訪れてみます。

酢の博物館や、盛田酒造さんと共に、是非、お越しください。
未熟ながら、お時間が合えば、ご案内させて頂きます。



☆メリンダ社長様へ

2007/6/3  17:13

投稿者:ほたる

五十路さん、是非、お出かけ下さい。
きっと五十路さんの方がお近くかと(笑)。。

>ほたるさん、こんにちは
ぜんきゅうさんのアトリエ、私も訪れてみようと思いつつ・・・です。

実は私も、ずっと行きたいと思っていて、やっと。。。でした。

>ほたるさんに先を越されてしまいました。

ふふ。近いといつでも行ける…と思ってしまってなかなか思い切れないですよね。
私の場合、定休日が同じなので、行けなかったのですが、連休の時に思い切って行きました。

>詳しい記事のリンクも付けてくださったので、ぜんきゅうさんについて
深く知ることが出来ました。

お役に立てて良かったです。

>(「石の鳥」も好きなんですが、ぜんきゅうさんの作品だったんですね。)

はいーぃ。そうなんですよ。

>ぜんきゅうさんの笑顔、ご自身の作品のお地蔵さんに良く似ていらっしゃいますよね。

はい。そうですね。
お優しい笑顔の素敵な方でしたよ。

>お地蔵さんが曲線のみで描かれていることに、今気付きました。
やさしく、やわらかく、たおやかなお地蔵さんの秘密かな〜。

そうなんですよね。直線がないのです。
だから、気持ちも癒されるのですよね。。
2月に亡くなった祖母の仏壇前に、
ぜんきゅうさんのお地蔵さんの…数珠かけを持っていったのです。
祖母も喜んでいてくれていると思いました。

☆五十路さんへ

2007/6/3  17:06

投稿者:ほたる

ポエムさん、こんにちは。
最近、ご無沙汰ばかりでごめんなさい。
また後で、ポエムさんの絵も見せて頂きますね。

>ぜんきゅうさんの描かれるおじぞうさんは、
見ている私達の心も、まあるくしてくれますね。

はい。そうなんです。まあるくまあるく…温和になれる気がします。

>素朴で自然でほっとするような優しさに包まれ
ました。

自然の砂や流木を使われているので、心にすんなり溶け込んでくるのですよね。
私は、比較的近いので、また近いうちに伺いたいと思っています。


☆ポエムさんへ

2007/6/3  17:02

投稿者:ほたる

恵雅さん、こんにちは。返事が遅くなってごめんなさい。

>こんにちは。優しいお顔でお出迎え。

はい。すぐ傍に海もありますし、お庭も綺麗で、心が安らぎます。

>いいですね。ほっとくつろげますね。
私もお地蔵さん描くの大好きです。

わぁ!。恵雅さんの描かれるお地蔵さん、拝見したいです。

> ほたるさんと同じで砂をかけたお地蔵さんとってもいいわ。

はい。自然に溶け込んでいて素敵ですよね。
何か、印刷すると金粉に見えるらしいのですが、本物は砂で味わいがあります。

>ぜんきゅうさんて男性だったんですね。

はい。お名前を音読みされているようです。

>とっても女性的な柔らかさです。

そうですよね。書かれている文字が柔らかくて、
女性の文字だと言ってもでも通りますよね。


☆恵雅さんへ

2007/6/3  17:01

投稿者:ほたる

ゆみさん、ご無沙汰しています。
一番にコメントを頂いたにも関わらず返事が遅くなってすみません。

>ま〜るい、お地蔵さん、ほんわかな・・・気分にさせられます。

はい。心が癒されますよね。

>絵を、前にしたら、心が、欠伸をして、安らかな昼寝をしそう・・・そしてやさしい夢を見そう。

心の欠伸…さすがゆみさん、素敵な比喩ですね。
心が欠伸して、お昼寝して、すっきり!
仰るとおり、そんな安らかな気持ちになれますね。

☆ゆみさんへ

2007/5/22  0:26

投稿者:melinda

ほたるさん今晩は。
いい所へお出かけになりましたね。
ぜんきゅうさんの描かれるおじぞうさんと言の葉
心安らぎ、和みを覚えますね。
現物を見たらきっと感動することでしょう。
いつか訪れてみます。

2007/5/21  17:49

投稿者:五十路

ほたるさん、こんにちは
ぜんきゅうさんのアトリエ、私も訪れてみようと思いつつ・・・です。
ほたるさんに先を越されてしまいました。

詳しい記事のリンクも付けてくださったので、ぜんきゅうさんについて
深く知ることが出来ました。
(「石の鳥」も好きなんですが、ぜんきゅうさんの作品だったんですね。)

ぜんきゅうさんの笑顔、ご自身の作品のお地蔵さんに良く似ていらっしゃいますよね。

お地蔵さんが曲線のみで描かれていることに、今気付きました。
やさしく、やわらかく、たおやかなお地蔵さんの秘密かな〜。



2007/5/20  21:40

投稿者:ポエム

ぜんきゅうさんの描かれるおじぞうさんは、
見ている私達の心も、まあるくしてくれますね。
素朴で自然でほっとするような優しさに包まれ
ました。




http://blog.goo.ne.jp/kaseifuwa-mita

2007/5/20  17:38

投稿者:恵雅

こんにちは。

 優しいお顔でお出迎え。

いいですね。ほっとくつろげますね。
私もお地蔵さん描くの大好きです。
 ほたるさんと同じで砂をかけたお地蔵さんとってもいいわ。
ぜんきゅうさんて男性だったんですね。
 とっても女性的な柔らかさです。

http://sky.ap.teacup.com/keiga/

2007/5/20  15:22

投稿者:うみおくれゆみ

ま〜るい、お地蔵さん、ほんわかな・・・気分にさせられます。
絵を、前にしたら、心が、欠伸をして、安らかな昼寝をしそう・・・そしてやさしい夢を見そう。


※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ