2007/7/27

フェンウェイ観戦記No2…7月17日、対ロイヤルズ戦、写真集  Boston Red Sox・MLB

この日の先発は、ナックルポーラーのティム・ウェイクフィールドで、私は初めてレッドソックスの練習開始時間から入場し、練習風景の一部始終を観る事が出来た。練習の順としては、ホームチームが先にバッテング練習を行い、その後ゲストチーム、そして先発投手が練習し、他の選手達もウォーミングアップに入る。そして国家斉唱の後、試合開始となる。この日は、シートも私にとって初の外野席、マウンドからは、かなり遠いが、ブルペンにはとても近く、何より感動したのは、ワイドスクリーンで試合を観ているような…内野席とは一味違う臨場感を味わえた事だった。
クリックすると元のサイズで表示しますフェンウェイパーク外野席からの眺め。
手を振ってくれた後の松坂。
クリックすると元のサイズで表示します

先の観戦記にも書いて重なるが、バッティング練習の時、松坂がすぐ傍で外野に飛ぶボールを処理していたので「松坂さーん」と呼んだら振り返って両手を振って応えてくれた。しかしミーハーなファンとなってしまい、カメラを向ける事が出来ず情けないと思ったが、いい思い出となった。試合は今まで生で観戦した試合の中で、これもまた初めての負け試合だったが、充分楽しむ事が出来た。(画像はクリックで拡大)

クリックすると元のサイズで表示します 当日券を求めてCゲートに長蛇の列
Cゲートの壁に… クリックすると元のサイズで表示します
ヘイト・ヤンキース(ヤンキースが嫌い)のマーク。
クリックすると元のサイズで表示します試合前の練習で。松坂とタバレス。
(タバレスが松坂に悪戯をしていた証拠?写真)
投球フォームをしてくれた松坂クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します打って良し、守って良しのココ・クリスプ
ウェイク専用キャッチャー?ミラベリクリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します体を解すウェイクとミラベリ。
バッテング練習、ラミレス。クリックすると元のサイズで表示します
ラミレスとローウェル、ルーゴクリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します練習後のオルティース。
ジョン・ベイルに投げて貰った公式球クリックすると元のサイズで表示します
(ロイヤルズのジョン・ベイル投手は、元広島カープに在籍していたそうだ)
クリックすると元のサイズで表示します国家斉唱…レッドソックスの選手達。
右上にはグリーン・モンスター席が…クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示しますワイドスクリーン画面のような眺め
ベンチからブルペンへ移動する岡島クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示しますブルペンに入る岡島、手前ティムリン。
オーティスの打席。クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します期待の新人…ペドロイヤの打席。
前の席の人のレッドソックス靴下クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示しますナックル使いのウェイク・フィールド
★ボールを持った右手指の形に注目!!

※以下は、プルペンの写真
クリックすると元のサイズで表示します手を振ってくれたティムリン。
ワイド画面を見るテイムリン。クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します正捕手…キャプテンのバリテック。
ファレルピッチングコーチ クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します守護神…パペルボン
手を振ってくれた後のパペルボンクリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します出番の無かったパペルボンと登板したスナイダー。


※この試合、3対9と負け、ほたるフェンウェイ観戦初黒星となった。
足首を軽く捻挫しており「威力が落ちたか!?」とは、友人の談。
『レッドソックスの為にも?早く治そう』…と本気で思った。

0




※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ