2007/9/21

長坂秀樹投手(ナシュア・プライド)リーグ優勝、おめでとう!  Boston Red Sox・MLB

現地時間の9月14日、Little Giant(Hideki)こと長坂秀樹投手のプレーしている、独立リーグのチーム「ナシュア・プライド」が、Canadian-American Association of Professional Baseball …通称Can-Amリーグで、ポストシーズンに進出して、セミファィナルシリーズ、ファイナルシリーズへと勝ち進み、ファイナル(CHAMPIONSHIP)では見事に3勝0敗!…リーグ優勝決めた。 長坂投手は、アウェイ(ノースショア)ながら優勝が決定したこの試合に先発し、6回3/1を投げて(2失点、7奪三振 四球1)で、勝利投手=ウィニングピッチャーとなった。最終回は、元レッドソックスのエルガポことRich Garces投手が試合を締めくくった。他の独立リーグのチームでもプレー経験のある長坂投手の話によると、シーズン当初はプレーオフに出られるチームだとは思っていなかったらしいが、連敗をしないチームで徐々に勝ち星を積み上げ、プレーオフ進出、ファイナルへと勝ち進んだのだという。
クリックすると元のサイズで表示します長坂秀樹投手と優勝トロフィー。

長坂投手は、シーズン中も12勝2敗の大活躍!チーム内の2007年度MVPを受賞したり、8月にはリーグ内でピッチャー・オブ・ザ・マンス(PITCHER OF THE MONTH)…月刊最優秀投手にも選出されており、ご本人、関係者の方々は勿論、ささやかながら応援してきた私にとっても、二重三重の喜びとなった。優勝の喜びに浸った後の長坂投手は、プレーオフの短期決戦を制する事が出来た要因を、以下のように語っている。

『チームの中で、岡本(晃)さんを始めとする経験豊富な選手が、短期決戦の難しさや、ここ一番での集中力、戦い方を知っていたのが強みだったと思います。ここ一番!!という所での集中力がありました。セミファイナルの第1戦を僕が落としてしまいましたが、2戦目で岡本さんが完投勝利!。そしてファイナルに進んだ初戦も、岡本さんが相手を完全に沈黙させた勝ち方で、チームに「行ける!!」という勢いが生まれました!(ファイナル、3勝0敗)』。

メジャーリーグも残り試合が約10試合となり、アメリカンリーグ東部地区と、ナショナルリーグ中地区と西地区では、連日熾烈な首位争いが繰り広げられている。そしてワイルドカード争いも然りである。10月に控えたポストシーズン…。短期決戦の鍵を握るのは、長坂投手の言葉を借りるなら「短期決戦を乗り越え、それを制して来た経験を持つ選手達だ」と言えようか…。

※以下は、長坂投手並びにナシュアプライドのチームを写し続けられたカメラマンさんのご協力で、優勝が決定した試合と歓喜のシャンパンファイト等の写真を掲載する。
(写真はクリックで拡大)

クリックすると元のサイズで表示しますシーズン中、チーム内のMVPトロフィ
(15 HIDEKI NAGASAKAの刻印がある)

ウィンニングボール クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します長坂投手、先発のマウンド。

勝利の瞬間…マウンドに集まる選手達クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します優勝旗と関係者全員で記念撮影

優勝のシャンパンファイト クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します優勝トロフィとButch Hobson監督
Butch Hobson監督は、レッドソックスの監督も勤めた事がある(1992–1994)。

シャンパンを持ったGarces投手クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します讃え合う長坂投手とGarces投手
(ゼッケン19の後ろ姿は矢野英司投手↑)

ファイナル初戦先発の岡本晃投手クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示しますチームMVPトロフィが授与された
2007年9月3日、ホールマンスタジアムにて。

※プライドチームの身長No1…Palazzolo投手と、体重No1…Garces投手と一緒に。
クリックすると元のサイズで表示します
サインは「エルガポ」ことGarces投手の物↑


★長坂投手からのスペシャルサービス!
「熱い監督」を象徴する動画。因みに2度目だとか…。
http://www.youtube.com/watch?v=xtDReUIgVsY
(注※監督から○○○を受け取った子供が着ているTシャツは岡島の37番)

★Can-AmリーグHP
http://www.canamleague.com/
★ナシュア・プライドHP
http://www.nashuapride.com/

※トラックバック先は当ブログ内
「独立リーグ…ナシュア・プライドの長坂秀樹投手を訪ねて」
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
1



2007/9/22  14:45

投稿者:ヌマンタ

ちょっと意外なニュースでした。日ごろは新聞のスポーツ欄でしか、スポーツに関する記事は読まないので、まったく知りませんでした。日本の大手メディアは、MLBのことは大きく報道しますが、独立リーグのことは、滅多に報じませんね。情報ありがとうございます。

2007/9/21  21:54

投稿者:コロコロ

ほたるさん、こんにちわ。
ボストンでも、帰国後も超忙しい中、最近、少しずつ記事の更新ペース
が上がってきているのを見ていて、何やらほっとしている私です。

長坂選手のコメントが素晴らしいです。ほたるさんが特集して応援する
チームや選手は、必ずと言っていいほど勝ちますよね。レッドソックス
も応援してくださいまし。12年ぶりの地区優勝を目指していたはずな
のですが、ポストシーズの方に重きを置き始めているようで、地区優勝
は諦めたの?といった状態です。地区優勝できても、そこで力尽きたら
意味ない、ということなのかな? 怪我人続出の中、僅差のヤンキース
とのゲーム差で、残り10ゲームというのは、厳しいです。逆境に強い
ところを見せてほしい、、けど、ハート・ブレーキングなゲームは見る
のも辛いというジレンマ?にいます。ファンの資質まで試されているよ
うな感じもして、我慢、がまんといった感じです。

脱線してしまいましたが、長坂選手、おめでとうございます。

2007/9/21  17:39

投稿者:takako

長坂秀樹投手 おめでとうございます。
長坂秀樹投手と優勝トロフィ いい顔していますね。

MVPトロフィも素敵です。
Can-Am League のHPでも沢山出て来て喜びのシャンパンの雫が私の
テーブルまで飛んで来る勢いです。
夢を追いかけてアメリカに世界中からミリオンズ ピープルがやって来
る。皆が夢を勝ち得たい。夢は努力の上に努力を重ね掴むものかもしれ
ません。一日一日の勝ち星の積み重ね。それだけに長坂秀樹投手の優勝
トロフィには さらなる重みと輝きがあるのでしょう。
熱い拍手を贈ります。


※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ