2007/10/4

大黒屋光太夫記念館を訪れて…No5 帰国…そして故郷へU  歴史(音吉/大黒屋光太夫/源義朝)他

江戸に着くと、お目付け役の取調べを受け、やがて吹上御殿での将軍家斉との拝謁が決まった。拝謁はロシアでの服装でという事で光太夫は、外套を着て黒ビロードの帽子を抱え、胸にはエカテリーナからの金メダルを下げて出かけた。幕府の高官達はロシアの国情について尋ねたが、国を閉ざして300年、質問は随分と焦点のずれたものであったと推察される。それでも光太夫達は、キリスト教の事、空気銃の事、大砲の事、ガラスや羅紗の製造過程の事、そして種痘の事などを話した。この時の記録が桂川甫周の『漂民御覧之記』である。甫周はこの後も将軍の勅命によって光太夫達を訪ね、ロシアの天文、地理、風俗について『北槎聞略』(ホクサブンリャク)として書き残し、幕府の書庫深く納めたという。尚、『北槎聞略』の冒頭には「他見を禁ずる旨を以ってこれを借りる密書なり。よって至って秘すべくもの也。寛政六年申寅五月是を書く」と記されている。
クリックすると元のサイズで表示します 将軍と謁見する光太夫と磯吉の図。
『漂流民御覧記』(1794年)桂川甫周(北海道大学付属図書館北方資料室蔵)


光太夫と磯吉は、江戸の薬草園に居を与えられ、幕府から生活費を貰って暮らしていた。訪れる蘭学者達と西洋について語り、薬草園に出ては花を眺めながら遥かロシアの友人、キリルや庄蔵、新蔵に想いを馳せた。光太夫達の江戸での処遇について、1986年(昭和61年)以前は、江戸に幽閉されたまま生涯を閉じた…と思われていたが、その年、当時若松小学校の校長だった故・弓削弘氏が、小学校の百年史を作成するに当たり、南若松の古い倉庫から見つけた古文書によって、光太夫達が里帰りをしていた事が判った。『大国屋光太夫らの帰郷文書』(鈴鹿市の文化財指定)と名付けられたその書によると、磯吉は、亀山藩お預けという形で1ケ月間、母親の元へ帰郷し、光太夫も40日間の帰省で、実姉に会い、神昌丸の船主、一見諫右衛門の元へ船を無くした詫びに行ったり、伊勢神宮への参拝も果たした。また2人共、消息を絶って2年で建てられた自分達の墓にも参ったという。
神昌丸乗組員の墓と光太夫実家の墓クリックすると元のサイズで表示します
建立は神昌丸の荷主で伊勢商人、長谷川次郎兵衛(後の三井財閥の祖)


光太夫は78才まで生き、妻を娶って亀二郎(後の蘭学者、大国屋梅陰)という男子をもうけたが、亀二郎は結婚する事無く早逝した。光太夫の帰国後の足取りが途絶え、遺品が少ないのは、子孫がいなかったから…とも言われている。また根室で亡くなった小市の遺品は、幕府の温情により、若松に遺した妻の元に送られ、菩提寺だけでなく、彼方此方の仏閣、大須観音でも法要が行われた。それは法要とは名ばかりの小市の遺品の展示会で、神社仏閣の金儲けとも囁かれ、そうこうして巡るうち、63点あった遺品も今では10数点となってしまったらしい。また磯吉は光太夫の10年後に亡くなったが、磯吉が語ったロシアについては『魯斉亜国舶聞書』『極珍書』として書き残されている。
クリックすると元のサイズで表示します 菩提寺前の小市の碑
小市の遺品…図録よりクリックすると元のサイズで表示します

そして、ロシアに残った庄蔵は早逝したが、新蔵はロシア人と結婚し、3人の子供も儲け、日本語学校の教師として少尉まで出世して、ロシア文で『日本及び日本の貿易について』という著を書き残している。残念ながら、光太夫らが晩年を迎えた頃、日本は、ロシアとの通商を結ぶどころか『異国船打ち払い令』まで出して臨海の船を攻撃したり、益々国を閉ざして行ったが、それは進んだ違う世界を民衆に見せる事によって江戸幕府が揺らぐのでは?という幕府の懸念=エゴそのものだったに違いない。やがてペリー来航で開港を迫られる事となるが、罪も無く鎖国の犠牲になって帰国出来なかった、多くの漂流民達の悲しみが伝わってくるようで光太夫の銅像も、少し淋しげな表情に思えた。
クリックすると元のサイズで表示します遠くを見つめる光太夫の銅像。
大黒屋光太夫顕彰碑クリックすると元のサイズで表示します
「開国曙光」←題字は徳川家達(15代徳川慶喜引退の後、徳川宗家を相続・公爵)
撰文は、光太夫研究の先駆けの新村出(文学博士・「広辞苑」の編者)昭和51年(1976年)建立。


※追記
大黒屋光太夫の人柄についてヨーロッパで紹介された本
フランスのルイ16世の命を受けて、大航海士ラペルーズによる北西海航路発見の旅に出ていたジャン・レセップスは、カムチャッカで光太夫達と偶然遭遇し『レセップスの旅行日録』(1790年パリで刊行)の中で光太夫の事は「活発な精神と優しい心の持ち主、賢く意思の強い指導者」と記し、逸早くヨーロッパに紹介した。その日録をエカテリーナ女帝は読んでいたかもしれない。尚、ジャン・レセップスは、後にスエズ運河建設に携わったフランスの外交官、フェルナンド・レセップスの叔父にあたるという。

※参考 
・「おろしや国粋夢譚」井上靖著
・「大黒屋光太夫」 吉村昭著
・大黒屋光太夫記念館発行 図録 ・(同)大黒屋光太夫便り

※大黒屋光太夫記念館公式HP
http://www.edu.city.suzuka.mie.jp/kodayu/

※ご協力
 大黒屋光太夫顕彰会


★長くなってしまいましたが『大黒屋光太夫記念館を訪れて…』は、この記事にて終了です。
1



2007/10/10  23:09

投稿者:みき

光太夫が実は里帰りもしていたという事実と、それが小学校の校長先生によって発見されたということは興味深いです。また、光太夫もその乗組員たちも、その場その場で自分の環境に順応し、新しいことを学んで自分のものにし、生き延びていく驚異的なたくましさがありますね。彼らがロシア人に与えた感銘はさぞかし大きかったことと思いますし、日本人として誇りに思います。私なんかはこの国際化社会時代に生きていてさえ外国に長年住んでいることが時々しんどくなるので、ほたるさんの光太夫の一連の記事を読み、力づけられました。

http://diary.jp.aol.com/aujzpye6s4d2/

2007/10/10  2:02

投稿者:ほたる

takakoさん、ようこそ!お越し下さいました。長文を読んで頂き光栄です。

>『大黒屋光太夫らの帰郷文書』などなど感動的な歴史の入り口に立つ事
が出来たようであれもこれもと横に興味がひろがります。

ありがとうございます。
帰郷文書の中から、最近になって分かった事や、
まだまだ、分かっていない事も多く、非常に興味深いです。

>>客観的に見つめる事、自分と違う考えの人を受け入れる事…
>同じ言語を使っていても お前の言っている事は解らんと言われたりし
ます。

そうですね。解ろうとしない人が増えているように思います。

>表現の仕方や慣習が違い、言語が違うから人と人は難しいのだと
思っていました。

私は絶対、解り得ない部分もあると思うのです。
でも解ろうとして、受け入れる事…大切な事と思いました。

>言語が同じでは無い お互いがどう心を通い合わせた
のでしょう。

光太夫達とロシア人、ニビジモフ達は、アムチトカの厳しい自然の中だからこそ、
助け合ったのではないか?と思いました。
起きてはならない事ですが、例えばSF映画のように、
宇宙から地球が攻撃されそうになったら、一致団結出来そうなように思います。
生死を分けるような極限を乗り越えたこそ、心が通い、ニビジモフらが、
光太夫達の勇敢さを大陸に渡ってからロシア人達に伝えたように思いました。

>人間ひとり一人が持っている脳の違い。
受け入れて行く人、受け入れられない人。ものごとを 築いて行く人、
壊す人。

千差万別なのですよね。でも、きっと変わらない唯一つのものがあると思うのは、
私が楽観的過ぎるのでしょうか?

>一生のうちに三冊の本を著した人は偉大な小説家。
三冊以上を書いた人は気違い。
(1980年代に国文学者が来た時に、パネル スピーカーの方の言葉
です。)

ほうっ、こんな言葉があるのですね。
書物って自分の世界に篭りがちなので、可能性はあるように思います。

>>新蔵はロシア人と結婚し、3人の子供も儲け、日本語学校の教師とし
て少尉まで出世して、ロシア文で『日本及び日本の貿易について』とい
う著を書き残している。

>貴重な一冊ですね。

はい。出来れば見てみたい、そして翻訳して貰って読んでみたいです。


☆takakoさんへ

2007/10/9  12:12

投稿者:takako

ほたるさん。
『大黒屋光太夫らの帰郷文書』などなど感動的な歴史の入り口に立つ事
が出来たようであれもこれもと横に興味がひろがります。
>客観的に見つめる事、自分と違う考えの人を受け入れる事…

同じ言語を使っていても お前の言っている事は解らんと言われたりし
ます。表現の仕方や慣習が違い、言語が違うから人と人は難しいのだと
思っていました。言語が同じでは無い お互いがどう心を通い合わせた
のでしょう。

人間ひとり一人が持っている脳の違い。
受け入れて行く人、受け入れられない人。ものごとを 築いて行く人、
壊す人。

一生のうちに三冊の本を著した人は偉大な小説家。
三冊以上を書いた人は気違い。
(1980年代に国文学者が来た時に、パネル スピーカーの方の言葉
です。)

>新蔵はロシア人と結婚し、3人の子供も儲け、日本語学校の教師とし
て少尉まで出世して、ロシア文で『日本及び日本の貿易について』とい
う著を書き残している。

貴重な一冊ですね。

2007/10/7  16:24

投稿者:ほたる

社長様、私は光太夫の事を調べていて、途中から思いました。
帰国した光太夫と話が出来るのは、先進的な考えのある人達だけだったと。。
故郷へ帰っても、その時代の村の人達に理解して貰うのは大変だったのでは?
とか、他の乗組員の遺族から責めは無かったのか…等と思いました。

>将軍家斉との拝謁を果たし、蘭学者にも大きな影響を与えたのですね。

はい。日本でも、ロシアでも、功績を残しています。
もう少し、世に出して欲しいですよね。

>一介の船乗りの漂流からのこのストーリー、人間諦めてはいかんと
教えてくれるようですね。

はい。万次郎や音吉にも共通するのですが、生き抜く力というか、
不屈の精神…現代に欠けているように思います。
自分だったらどうするだろう?と考えさせられました。

>随分と勉強になりました。

根気良く読んで頂いて、本当にありがとうございました。




☆メリンダ社長様へ

2007/10/6  22:40

投稿者:melinda

将軍家斉との拝謁を果たし、蘭学者にも大きな影響を与えたのですね。
一介の船乗りの漂流からのこのストーリー、人間諦めてはいかんと
教えてくれるようですね。
随分と勉強になりました。

2007/10/6  0:55

投稿者:ほたる

ゆみさん、長いシリーズ…それも日にちが空いたにも関わらず、
読んで頂いて、どうもありがとうございました。

>やっと、大黒屋光太夫の記事を読むことができました。

途中、資料?が増えてしまい、時間がかかってしまいました。
読んで頂き、光栄です。

>彼らの望郷の思いに、読み終えて悲しくなりました。

はい。航路と国交があれば、船でも何週間で帰られるのに、
わざわざ、ロシアの西の果て、ペテルブルグまで出向いて…。
地球半周して、10年かけて帰国したのです。泣けますよね。

>そしてどんな思わぬ境遇に遭っても、勇気と希望をもって生きることの大切さを思いました。

そうですね。光太夫の強さは、諦めない事…でした。
忍耐強く、不屈…私達現代人に一番欠けているものかもしれないですね。
今日が平和に終わっても、明日は何が起きるか…それは分らないですよね。
何かあった時の強さ…身に付ける事が出来たらと思っています。


☆ゆみさんへ

2007/10/5  20:57

投稿者:うみおくれクラブ・ゆみ

やっと、大黒屋光太夫の記事を読むことができました。
彼らの望郷の思いに、読み終えて悲しくなりました。
そしてどんな思わぬ境遇に遭っても、勇気と希望をもって生きることの大切さを思いました。

2007/10/5  15:20

投稿者:ほたる

ポエムさん、ずっと読んで頂き、コメントで励まして頂いてありがとうございました。

>やっと帰れても、多くの試練を乗り越えながら
生きたのですね!

はい。結局、光太夫も話の通じるのは蘭学者の人達だけ。。
逆に思うと、当時の日本の器には収まらない程、大きな人になっていたのですね。
日露通商が出来ていれば、活躍の場所もあったでしょうに…。と思いました。

>「鎖国」が、最後の章でドーンと私の心に衝撃を与えました。
単なるエゴに過ぎない政策が、これほどまでに
人を苦しめて……!

はい。オホーツクでも、このまま帰国しても…とロシアの偉い人に頼もうと、
考え、それからが長かったですよね。寒さと栄養不足で仲間を失って…
晩年は、彼らやロシアで出会った人達に思いを馳せて暮らしたようです。
でも、まだ光太夫は帰国できました。知多の音吉達は、2度も近海に来たにも関わらず、
大砲で撃たれて涙ながらに戻り、結局イギリスに帰化してシンガポールで亡くなりました。
聖書を翻訳した最初の日本人ですし、晩年は漂流民の帰国に尽力したようで、
もっと日本の歴史の表舞台に出てもいいなと思いました。

>そして、私自身も島国根性を取り除き
視野を広くして、豊かな心で物を見る人間に
ならなくてはと思いました。

日本という枠から離れると、初めて日本の文化を認識できると、
ある識者の「バイリンガリズム」という論文にありました。
客観的に見つめる事、自分と違う考えの人を受け入れる事…
大切だと、痛感しました。

>完結編を読むことができて、ほたるさんに感謝で一杯です!
ありがとうございました。

お礼を言うのは、私の方です。
コメントで励まして頂き、完結編まで読んで頂いて、
本当にありがとうございました。
これからも変わらず、どうぞ宜しくお願い致します。



☆ポエムさんへ

2007/10/5  9:28

投稿者:ポエム

やっと帰れても、多くの試練を乗り越えながら
生きたのですね!
「鎖国」が、最後の章でドーンと私の心に衝撃を与えました。
単なるエゴに過ぎない政策が、これほどまでに
人を苦しめて……!

そして、私自身も島国根性を取り除き
視野を広くして、豊かな心で物を見る人間に
ならなくてはと思いました。

完結編を読むことができて、ほたるさんに感謝で一杯です!
ありがとうございました。

http://blog.goo.ne.jp/kaseifuwa-mita

2007/10/4  23:21

投稿者:ほたる

ヌマンタ様、長文、読んで頂いてありがとうございました。

>外伝も含めて6回に及ぶ連載、ありがとうございます。

途中から、顕彰会から送って頂いた図録を観たり、
吉村昭氏著の「大黒屋光太夫」を読んだりしたので、
余計まとまらなくなってしまいました。ごめんなさいです。

>大黒屋さんが帰国して江戸にいたことは知っていましたが、
ひそかに里帰りしていたことは知りませんでした。

まだ20年前は分かっていなかったのですよね。
かなり帰国後の事が書かれていて、
幽閉という表現は合わない待遇だったらしいです。

>よくぞ記録が残っていたものです。

そうですね。歴史が変わる?発見でしたよね。
この記録は、鈴鹿の若松にあったのですが、
光太夫帰国当時の北海道での暮らしぶり、
ロシア人達の暮らしぶりの様子等の記録は、
北海道開拓に尽力していた、岐阜県の武川家にも、
資料が残っていて、歴史資料館に保存されているようです。
岐阜県歴史資料館にも、行きたいなぁと思いました。

>ジョン万次郎もそうですが、この時代の一般庶民がこれほど高い学力をもっていた国は、当時極めて少ないと思います。

はい。ロシアの政治家達も、大変驚いたようです。
学問に飢えていた…という表現は良くないですが、
映画の中でも、まるで子供のように目を見張りながら学んでいく光景が
描かれていたり、また船を造ってしまう光景とかに驚かされました。

>識字率の高さに裏づけされた見識の高さが、近代化を西欧以外で初めて成し遂げた原動力なのでしょうね。

そうですね。怒涛のように近代化して行きましたものね。
今更ですが、学ぶことの大切さを教えられた気がしました。

文中に書けなかったのですが、根室から函館へ移動する時、
2本マストのエカテリーナ号と、日本の千石船とを比べて磯吉がわざと、
日本の船を遅く出して、順風を受けて追い抜かせるシーンがあります。
吉村氏の逸話ですが、実際エカテリーナ号が、先行く日本の船を見失った記録が
残っているので、当時の造船にかけては日本が上回った技術もあったようです。

>あらためて「ゆとり教育」の撤廃を求めて止みません。

はい。一体「ゆとり教育」にして良い事があったのでしょうか?
週末には、総合型スーパーにご家族連れが溢れている…
私も勉強は好きではなかったのですが、何か勿体無いなぁ…と思います。

☆ヌマンタ様へ


※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ