2007/10/24

フェンウェイパークで演奏した…ドロップキック・マーフィーズ  Boston Red Sox・MLB

レッドソックスのアメリカンリーグ優勝=ワールドシリーズ進出の喜びに浸っていた私の元に、一通のメールが届いた。それは、NHKのBS放送を観て、クローザーのジョナサン・パペルボンがマウンドに上がり、投球練習したいた時にかかった曲の名前と歌っているバンドを教えて欲しいという内容だった。既に私は、レッドソックスが後がない3連敗の絶対絶命の時、この曲が聞きたい…と願いを込めて当ブログに載せているが『I'm Shipping Up To Boston』という曲で、ロップキック・マーフィーズというバンドが歌っていると、返事をさせて頂いた。また、アクセス解析ソフトをみると、検索でも、「レッドソックス、音楽」というキーワードで引いて来訪頂いている事が多い事が分かったので、この曲やドロップキック・マーフィーズについて、書いてみようと思った。
クリックすると元のサイズで表示しますドロップキック・マーフィーズのメンバー

ドロップキック・マーフィーズは、1995年サウスボストンで結成されたアイリッシュ・パンク・バンドで、アイリッシュの血を引くケン・キャッシュ(ヴォーカル、ベースギター)をリーダーとし、7人で編成されている。ギターやドラムの他に、バグパイプやアコーディオン、マンドリン等を使用し、アイリッシュ・トラッド・ミュージックの影響を受けた曲を演奏している。メンバー全員が熱狂的なレッドソックスのファンで、レッドソックスのチームスタッフ内で1900年前半に歌われていた『Tessie』(元、ブロードウェイの曲)をリバイバルで2004年、CD化して発表した。するとその年、レッドソックスは、86年間優勝から遠ざかり「バンビーノ(ベーブルース)の呪い」と言われたジンクスを破って優勝した事から、レッドソックス主催ゲームでの球団公認歌として認定された。また今季ア・リーグ優勝を決めた第7戦では、試合前の演奏者として招かれている。

また、本題の『I'm Shipping Up To Boston』は、2005年リリースしたアルバム『ウォリアーズ・コード』に収録されていたが、2006年のマーティン・スコセッシ監督が韓国映画『インファナル・アフェア』を大胆にリメークした話題作…ボストンを舞台にアイリッシュ・マフィアの世界を描いた『ディパーテッド』の挿入歌に選ばれた。私は映画館で『ディパーテッド』を観たが、『I'm Shipping Up To Boston』は、正に映画の舞台となったサウスボストン出身のバンドの曲だけあって、バグパイプの音が印象的でインパクトの強い曲だった。余談だが、この映画のサウンドトラックの中では、ドブロと呼ばれているアコースティックギターのオリジナル曲『ディパーテット・タンゴ』(ハワード・ショア作曲)も心に響く調べだった。
『ディパーテッド』サウンドトラッククリックすると元のサイズで表示します 
『I'm Shipping Up To Boston』は、フェンウェイで例えばパペルボンがマウンドに上がった時など、勝利を導く曲として流され、ア・リーグチャンピオンシリーズ第7戦でも、例外ではなかった。更にシャンパンファイトの後、選手達がトロフィーを持ってグランドに再登場した際、パペルボンがこの曲に合わせて、ラインダンス(パペルボンダンス)を踊っている。(東地区優勝の際は、ユーキリスらも参加していた)。

※Dropkick Murphysの「I'm Shipping Up To Boston」
映画「デパーテット」シーンがフラッシュバックする。
http://www.youtube.com/watch?v=MKyLgRzOTsY&mode=related&search=

※ア・リーグ東部地区優勝時のパペルボンのラインダンス
http://www.youtube.com/watch?v=uu43lbTrvOQ

※Dropkick Murphys のメンバー紹介。曲は『Tessie』(於フェンウェイパーク)
http://www.youtube.com/watch?v=FYAijiz7nZM&mode=related&search=

またドロップキック・マーフィーズは、プロ野球ファンの人なら聞き覚えのあるバンド名で、日本でもストリート・パンク系のファンから根強い支持を得ており、2005年10月に来日し大阪、名古屋、東京、と4公演のジャパンツアーも行っている。更に今のメンバーではないが、2001年にリリースされたアルバム『Sing Loud! Sing Proud!』の中の「For Boston」は、千葉ロッテマーリンズに2005年から2006年まで属していたマシュー・ネイル・フランコの応援歌として使用されたり(因みにフランコは俳優、カート・ラッセルの甥)、高校野球の応援歌としても演奏されている。また『I'm Shipping Up To Boston』は、今年7月に訪れた長坂秀樹投手所属のナシュア・プライドチームでも流されていた。

※「For Boston」…ライブより
http://www.youtube.com/watch?v=rp02GBczwI4

ドロップキック・マーフィーズの奏でる音楽は、男らしい力強さと乗りの良い楽しさの中にも、せつなさが見え隠れする。ミスマッチとも思われる、バグパイプ等、トラディショナルな楽器の音色と、へヴィなパンク・サウンドのコンビネーションが絶妙で、フェンウェイパークは勿論、ボストンの古い街並みによく似合っていると思う。ワールドシリーズでも、『I'm Shipping Up To Boston』や『Tessie』を、何度か聞く事が出来そうで大変嬉しく思っている。
0



2007/10/27  19:29

投稿者:ほたる

>今日の第2戦も目が離せないです。ほとんどのメジャーリーグのファン
が想像もしていなかった驚異的な追い上げでポストシーズンに突入して
勝ち上がってきたロッキーズは、相手がボストンでなければ応援しちゃ
いそうな魅力たっぷり。

そうなんです。初出場ですし、サラリーも安いマイナー上がりの選手が多く、
ついつい応援したいチームですよね。

>松井稼頭央選手の活躍も嬉しいです。移籍後、ようやく本来の輝きを放つようになり、
認められつつあるのが素晴らしいですね。

そうですね。日本での栄光から、メジャーに渡っての挫折…。
それを乗り越えてのワールドシリーズ出場ですから、応援したいです。
第2戦では、元レッドソックス傘下のポータケットにいて、
松井や松坂の先輩である、デニー・友利がフェンウェイを訪ねたようですが、
松坂に「苦労した松井を見ているから、僕は悪いけど、松井を応援するよ」と、
言ったそうです。ごもっとも…ですよね。

>昨年、控え選手として代打本塁打を連発した田口壮選手と同
じく、逆境を跳ね返している姿に確かな自信を感じます。。。

去年のカーディナルス優勝時の、田口選手の活躍も嬉しかったですよね〜。
田口選手の著書「何苦楚日記」は、苦しい時の座右の銘となりますよね。

>なーんてRoxのこと書いてるんですが、勝負はSoxに勝ってほしいのよね。
ほんと勝手なファンです。。

松井には打って欲しいけど、勝つのはレッドソックス! 
私も同じです(笑)。
これからもドキドキさせてくれる?良い試合を期待したいですね。

☆コロコロさんへ No2

2007/10/27  19:28

投稿者:ほたる

コロコロさん、ワールドシリーズは今の所、寝込まなくて?良さそうですね。

>ドロップキック・マーフィーズの曲、いいですよね。

はい。バグパイプや、アコーディオンの伴奏が忘れられないです。

>特に、映画ディパーテッドの曲は、今年のRed Soxのテーマソングのよ
うに、TVで、球場で、よく聴きます。

パペルボンの曲…みたいになっていますね。
どちらにしても勝ちパターンの曲ですよね。
でも、地元では、この曲に合わせて編集された録画放送もあるとか…。
攻撃的で、そして元気が出てくる感じで合っていると思います。

>私はほたるさんの紹介で映画を見てから、この音楽にはまったのですが、
ボストンの裏社会を描いた映画の音楽ですが、
力強く励みになるようなリズミカルな旋律が、
Red Soxの応援歌として不思議にフィットしてます。

映画の中でも、耳にずっと残る曲でした。
レッドソックス選手のガッツポーズや活躍シーンと、
本当によくマッチしていますよね。

>もともとボストンに住んでおられる方々の80−90%がアイルランド出身なのだそうですが、
そういう土地柄も合うのでしょうか。

"Irish America"の首都と呼ばれていますよね。
MA州の人口比は4分の1と聞いていましたが、ボストン市内となるとそんなに多いのですね〜。

>アイリッシュ・マフィアの哀愁を煽るような響きが、
長年苦渋をなめてきたボストンの野球ファンの心をつ
かんだ、、、なーんて書いたら短絡的かしら。

そうだと思います。
デパーテッドの中でも、民族差別についてコステロが語るシーンからスタートしました。
レッドソックスも、長く本当に僅かな事で、優勝を逃した例が沢山あったようですから、
きっと。重なるものがあるのですね。


☆コロコロさんへNo1

2007/10/27  19:05

投稿者:ほたる

なんちゃってさん いつもコメント、ありがとうございます。

>とても面白い切り口でのレッドソックスの紹介記事、
面白かったです。

ありがとうございます。レッドソックスが勝ち進んだ事によって、
TVでもよく聞く機会が増えた、ドロップキック・マーフィーズの曲…
ボストンの歴史に則ったバンドにスポットをあててみました。

>また、曲の由来はとても興味深いものでした。
ありがとうございます!

いえいえ、『Tessie』は86年の呪いを解いた曲?ですからね。
勝ち試合にかかるはずです(笑)

>中でもバベルボンのラインダンスがとても面白かったです。

弾けていますよね。最早、『パペルボンダンス』と呼ばれていて、
また、見たいとリクエストがあるそうです。それで…
ワールドシリーズの第1戦のBSの生中継では、
そのシーンを放送内に流していました。

>真面目な顔でダンスしているのが、余計におかしい〜〜(笑)

これにユーキリスが加わると、ラインダンスという雰囲気より、
原人のダンスみたいになるのですが、楽しいですよね。
ワールドシリーズでも優勝して、またこの弾けぶりを見たいです。


☆なんちゃってフォトグラファーさんへ

2007/10/26  9:13

投稿者:コロコロ

ドロップキック・マーフィーズの曲、いいですよね。
特に、映画ディパーテッドの曲は、今年のRed Soxのテーマソングのよ
うに、TVで、球場で、よく聴きます。私はほたるさんの紹介で映画を見
てから、この音楽にはまったのですが、ボストンの裏社会を描いた映画
の音楽ですが、力強く励みになるようなリズミカルな旋律が、Red Sox
の応援歌として不思議にフィットしてます。もともとボストンに住んで
おられる方々の80−90%がアイルランド出身なのだそうですが、そ
ういう土地柄も合うのでしょうか。アイリッシュ・マフィアの哀愁を煽
るような響きが、長年苦渋をなめてきたボストンの野球ファンの心をつ
かんだ、、、なーんて書いたら短絡的かしら。

今日の第2戦も目が離せないです。ほとんどのメジャーリーグのファン
が想像もしていなかった驚異的な追い上げでポストシーズンに突入して
勝ち上がってきたロッキーズは、相手がボストンでなければ応援しちゃ
いそうな魅力たっぷり。松井稼頭央選手の活躍も嬉しいです。移籍後、
ようやく本来の輝きを放つようになり、認められつつあるのが素晴らし
いですね。昨年、控え選手として代打本塁打を連発した田口壮選手と同
じく、逆境を跳ね返している姿に確かな自信を感じます。。。なーんて
Roxのこと書いてるんですが、勝負はSoxに勝ってほしいのよね。ほん
と勝手なファンです。。

2007/10/25  1:37

投稿者:なんちゃってフォトグラファー

とても面白い切り口でのレッドソックスの紹介記事、
面白かったです。
また、曲の由来はとても興味深いものでした。
ありがとうございます!

中でもバベルボンのラインダンスがとても面白かったです。
真面目な顔でダンスしているのが、余計におかしい〜〜(笑)

http://diary.jp.aol.com/gmrktua9gt/


※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ