2007/11/11

アメリカへ…機内持ち込み品検査と経由地サンフランシスコ  日記(今日思うこと)

11月7日午後、私はユナイテット航空830便に搭乗する為、一路中部国際空港へと向かった。今年7月にも同じ路線でアメリカ入りをしているが、改めて機内持ち込み手荷物検査や、預けるスーツケースについての注意点等を書いて置こうと思った。2007年5月より、ユナイテット航空、ノースウエスト航空共にエコノミークラスでは、スーツケース1個の重さ23キロ以下で2個までが、航空運賃に含まれる。(2005年9月5日までは32キロまでだった。JALは2006年の時点で32キロまでOKだが、航空会社によって取り決めが違う為、問い合わせ必要)。24キロを超え32キロまでのスーツケースには、1個につき、日本円で3000円、ドルでは25ドル超過金を支払う。尚、スーツケース内には、鋏や液化状の物も入れられるが、揮発性の物、ライター等は入れる事が出来ず、必ず施錠はしないままにして預ける。因みにビジネス(ファースト)クラスへ搭乗の方は、32キロ×2個までOKで、全てのクラスに於いて32キロを超える荷物は『貨物』扱いとされ、課金率がかなり高くなるので(市販されているスーツケース以外の荷物を預ける場合等は大きさの制限も有)、各航空会社へ問い合わせが必要である。尚、問い合わせる際には、必ず担当者の名前を聞く事もチェックイン時のトラブル防止の1つとも言える。
クリックすると元のサイズで表示しますセントレア離陸寸前… 右手の建物内にはレストラン、クイーンアリス。
離陸…眼下に伊勢湾を眺めて
クリックすると元のサイズで表示します

スーツケースを預けたら、次は機内に持ち込む手荷物と自分自身の保安検査を受ける。ここで予め「200ml以下の目薬やコンタクトレンズ用保存液、歯磨剤、マスカラ、蛍光ペン等…液化またはゲル化している物」を透明なビニール袋に入れて置き、ノートパソコン(ラップトップ)と同じく、荷物から出して保安検査用に用意されたトレーに入れる。そして持ち込む手荷物全てを、X線検査機に通す。自身は金属探知機を通るが、上着、帽子、ベルト等は、外してトレーに入れ荷物と一緒のX線検査機に通す。(金属探知機は、ポケットの小銭やベルトの金具は勿論、髪留めのバレッタにも反応するので外した方が良い)。今回、中部国際空港では、靴は脱がなくても良かったが、靴を脱ぐように指示される空港(米国では、ほぼ100%靴は脱ぐ)もあるので、注意が必要である。

さて2006年8月に起きた英国・ヒースロー空港での液体爆弾テロ未遂事件以来、液体またはゲル化した物の機内持込が、厳しく制限されて来たが、今年になって、少し改善された点を書いて置く。まず、水やお茶等、大切な飲料水であるが、保安検査時に於いて、外部から持ち込めない事には変わりなく、ペットボトル等も捨てるようにゴミ箱が設置されている。しかしながら、一旦保安検査を受け、出国した後で買い求めた飲料水は、機内持ち込み可。昨年のように搭乗前に再度検査がある訳ではない。これによって免税品の酒類も手荷物として持ち込める事になった。要は化粧品にしても、出国後、空港内で購入した品に関しては、チェック無しで持ち込めるという事で、昨年感じた空港内の各ショップと、保安検査係との情報の疎通もかなり改善されて来たと言える。(一昨年9月には、空港内で売られていたゼリーが持ち込み不可となり、その場で食べるか捨てるかの選択肢しか無かった例があった)。
クリックすると元のサイズで表示します国際線手荷物不可の表示(赤)が…

更に、空港内のショッピングモールにて売られている土産品にも、それぞれ「国際線手荷物不可」という表示がなされるようになり、非常に分かりやすくなった。また昨年は、不可だった練り羊羹、餡等も持ち込み可となった。但し、水分が多い漬物等は、殆ど許可されていないので、米国に持ち込みたい場合は、予め購入してスーツケースに入れてしまえばOKである。チェックインの際に、この機内持ち込み荷物と、スーツケースに入れて預ける荷物について、混同されるケースが多く、原則的に、スーツケースに入れれば良い物(鋏や安全剃刀等)と、手荷物として自身が機内へ持ち込んではいけない物を、常に把握して置く必要があると感じ、今回の液化物に関しては、その原則+αであると認識すれば、分かり易いように思った。
クリックすると元のサイズで表示しますユナイテットの機体(サンフランシスコ)

さて、私は無事、サンフランシスコに到着し、入国審査、税関検査を受けたのであるが、過去何回も入国審査を受けたデトロイトに比べて、サンフランシスコは、入国審査官も(偶々かもしれないが)、次のフライトを気遣ってくれたり、温かい人が多いように思った。入国後、スーツケースを受け取る時も、ターンテーブル傍で係の人がカートに乗せてくれるなど本当に親切だった。更に国際線から国内線へ移動時には、チケットを見せると丁寧にゲートの指示をして貰え、航空会社の人も温かかった。サンフランシスコ到着時、空港は霧に包まれていたが、触れ合った人達が優しく温かい気持ちにして貰えた。更に私は、友人が仕事でサンフランシスコへ行き、2日前、同じゲートを通ったので、情報を貰っていて、空港内にある和食の「TOMOKAZU寿司店」や、マッサージ機のある「Brookstone」にも立ち寄ってお腹と体を満足させ、ボストンへと向かう事が出来たのである。

「TOMOKAZU」…お寿司は美味!。クリックすると元のサイズで表示します 

※以下は、友人より「サンフランシスコの朝の景色」
クリックすると元のサイズで表示しますパウエル-メイソン線のケーブルカー
片側方向しか走行不可の為、ターンさせて折り返す。

「良い1日を…」行きの?バスが…クリックすると元のサイズで表示します
何と、朝から事故に遭ってしまっていた(怪我人は無かった模様)。
0



2007/11/15  12:48

投稿者:ほたる

cherryさん、ご丁寧にありがとうございました。

>何度にも分けて、長いお返事有難うございました。

とんでもないです。此方こそ、ご丁寧に何度もありがとうございます。

>でもボストンに旅行中なので、どうぞお返事は気になさらないでください。

いえいえ、今の方が時間は作れます。
書きたくて書いていますので、お気になさらないで下さいね。

>実は私の方も訂正があるんです。
以前のアメリカ便では,32キロx2で、64キロまでOKでした。。
私は34キロx2と書いていました。

そうでしたか。ご丁寧に訂正して下さって感激です。

>もっとも今では通用しない重量制限ですけどね。

そうですね。
だけど32キロという数字は生きています。(NWとUAで…ですが)
23キロから32キロまでが、超過金25ドル(3000円)で、
32キロを超えると貨物扱いとなり(JALもです)課金率が上がります。
この数字は、少なくても2000年ごろから変っていないようですよ。
観光では有得ないように思いますが、帰国される方達とか、本を沢山運ぶ方とか、
ローガン空港でも、チェックインの際、出している人を見かけます。
確か32キロを超えるといきなり万単位で上がって、
下手をすると航空運賃なみ?に跳ね上がるみたいです。
おっと、余談になってしまいました…大変失礼いたしました。


☆cherryさんへ

2007/11/14  19:53

投稿者:cherry

何度にも分けて、長いお返事有難うございました。
でもボストンに旅行中なので、どうぞお返事は気になさらないでください。

実は私の方も訂正があるんです。
以前のアメリカ便では,32キロx2で、64キロまでOKでした。。
私は34キロx2と書いていました。
もっとも今では通用しない重量制限ですけどね。

2007/11/14  2:44

投稿者:ほたる

ヌマンタさん、私も、もう一度NYのメトロポリタン美術館や、
そして、ワシントンDCのスミソニアン博物館には行った事が無くて、是非行きたいです♪

>ここ2年ほど海外旅行はご無沙汰です。

お仕事が、お忙しいのですよね。また、顧客様あっての…ですものね。
私は、多くの人に助けられて、このようにボストンまで来る事が出来ています。

>3年前にオアフ島からハワイ島に移動するのに、靴を脱がされたのには閉口しましたが、相変わらず厳しいようですね。

そうですね〜。
アメリカは国内線も国際線も、保安検査で殆ど靴は、脱ぐように言われますね。
薬とか凶器になり得る物とか、靴底に隠している人もいるみたいで、
特に厳しいのだと思います。
いっそビーチサンダルなら、脱がなくても良さそうですね(笑)。

>まあ、危機感がまったくない典型的な能天気日本人の悪いところなのでしょうねえ〜。

はい。日本国内も、最近はかなり危なくなったにも関わらず、
まさか私に限って…と思っている自分がいます。
手荷物でも、一寸だけならと何気に置いて移動したりしてしまいますものね。危ない危ない(笑)

>未だにアメリカ本土を踏んだことがありません。

是非、いらして下さい。特にボストン…きっとお気に召す街だと思います。

>行きたい博物館や美術館、数多あるのですが、未来のご褒美にしておきます。

それも楽しみですね。私はヨーロッパへまた行きたいです。
ヌマンタさん、元気で旅が出来ますように、お体だけはご自愛下さいね。
(その後、お体の具合は、宜しいのでしょうか?)

>それまでは、ホタルさんのブログで楽しませていただきます(笑)

まぁ、ありがとうございます。光栄です。
かなり偏りがありますが(笑)、また、読んでやって下さい。。


☆ヌマンタさんへ

2007/11/13  17:24

投稿者:ヌマンタ

ここ2年ほど海外旅行はご無沙汰です。3年前にオアフ島からハワイ島に移動するのに、靴を脱がされたのには閉口しましたが、相変わらず厳しいようですね。まあ、危機感がまったくない典型的な能天気日本人の悪いところなのでしょうねえ〜。

未だにアメリカ本土を踏んだことがありません。行きたい博物館や美術館、数多あるのですが、未来のご褒美にしておきます。それまでは、ホタルさんのブログで楽しませていただきます(笑)

2007/11/12  22:09

投稿者:ほたる

takakoさん、サンフランシスコの空からの景色は、残念ながら霧で見えなかったのですが、
僅かな時間でも、サンフランシスコの空気を吸って味わう事が出来ました。

>ほたるさん サンフランシスコに立ち寄られたんですね。

はい。デトロイト経由と迷いましたが、マイレージの事や、
やはりUAはアテンデントの方達も親切なので、今回もサンフランシスコ経由にしました。
でも、名古屋発は、1日おきになってしまいました。残念です。

>サンフランシスコは面食いですから 美人に やさしいのです。

あはは。とても嬉しいお言葉…
でも、レッドソックスのTシャツに帽子で固めていましたから、
振り返るとジャイアンツファンの審査官だったら…と思うと恐かったです(笑)
まぁそんな格好なので、スーツケースを受け取るターンテーブル傍では、
もしかしたら、(ませた)子供と間違われたのかもしれません。

>翼の先に見えるふたつの空の写真 色が素敵です。色のグラデエーショ
ンが好きです。

ありがとうございます。夕方、飛び立ったので、本当に綺麗でした。
暗くなる景色の中に、伊勢湾の船も浮かび上がり、撮影するのは厳しいかと思いましたが、
僅かながら、写っていたようで嬉しかったです。
私は通路側のシートでしたが、隣が空席でしたので、ぐいっと腕を伸ばして写しました。
よく見ると地平線が斜めになっているので、機体はこれだけの角度で上昇していたのですね。

>ほたるさんを包み込む アメリカの空気と時間の層がや
さしく そして いい思い出が沢山出来ますように祈ります。

ありがとうございます。
ボストンに着いてここ数日は眠ってばかりいましたが、接した方々は温かかったです。
ボストン美術館に所蔵された日本の美、ボストンシンフォニー、そして何気ない街並みの様子…
ボストンより、お届けできたら…と思っています。


☆takakoさんへ

2007/11/12  21:56

投稿者:ほたる

石山さん、もうお怪我は、本当に大丈夫なのですか?

>こちらではお久しぶりです^^ 

はい。石山さんが怪我をされてから(お仕事を制限されているのか?)
ブログの更新が多いので、楽しみです(ごめんなさいですが)

>今回の記事は海外に良く行く方にはとっても重要な内容なので、ブクマ&トラックもさせていただきました。とても参考になりました。

ありがとうございます。
記事としても取り上げて頂き、光栄です。
私には縁がないのですが、ファースト、ビジネスクラスの方や、
32キロ超過の荷物について、分かる範囲で加筆して置きました。

>んで、毎度コレばっかり書いているような気がしないでもないけれど、ホント、お互い、体だけは気をつけましょ♪ 

そうですよ〜。特に石山さん、働き過ぎ!ですよ〜。

>無事のお帰りを願っています。

ありがとうございます。
お見舞い代わりに「ステッカー」買って帰りますね〜。

>そして、ボクの方も順調に不死鳥ばりの回復を見せており、医者も驚いているほど(笑) 

あはは。不死鳥とは格好良いですね。(ゾンビだという陰の声も?ん?こりゃまた失敬!)
でも、順調に回復されているとは…何よりです。

>ご心配をおかけいたしました。m(_ _)m

いえいえ。お互いに体が資本ですよね。どうぞ続けてお大事にして下さい。



☆石山さんへ

2007/11/12  21:48

投稿者:ほたる

>それにしても空港内に三浦友和のお店があるなんて・・以前はなかったからいつできたんでしょうね。

すみません!
三浦友和とは、関係ないそうです。
私が友人から聞いて、勝手に勘違い!
『三丁目の夕日』の影響で、すっかり思い込んでしまいました。
でも、友人は「饂飩」を食べて美味しかったと言い、私は御寿司が美味だと思いました。

>アメリカの記事UPを楽しみにしています。

かしこまりました。…なんて、どれだけ書けるか自信ないです(笑)
寒いのでインドア系(ボストン美術館やボストンシンフォニー)の話題になると思いますが、
ボツボツUPして行きます。また、読んでやって下さい。

☆cherryさんへ No3 (お詫びと訂正)

2007/11/12  21:46

投稿者:ほたる

>私のは23,6キロだったので、しっかり超過分徴収されました。(1キロにつき1300円。普通25キロくらいまで見逃してくれるんですけどね) 

超過金も高いです。
アメリカ線も、23キロで制限した所、かなりジェット燃料の節約が出来たとか。。です。
エコノミーに乗る人の体重制限も必要かも…?と思っちゃいました。

>20キロなんて、ホント何も入れられないんですよね。

はい。ソフトケースでも、ケース自体が重いですものね。
冬は特に衣類も嵩張りますし、レトルト製品なんてホントに入れられないですね〜。

>そういえば、アメリカ便は以前34キロのスーツケース2個までOKだったそうですね。 64キロまでOKなら、重量を気にしないで荷作りできますもん。

ほうっ。。そうだったのですね。
航空会社にもよると思いますが、私が初めて渡米した7年前は、32キロ×2でした。(NW航空)
どちらにしても、かなり入れられますよね。
私は今回、お土産用に半生の饂飩やちりめんの佃煮を持って来たので、
超過金を支払っても郵送するより安いので、助かりました。

>年中寒いサンフランシスコで風邪をひかれませんように!

ありがとうございます。
サンフランシスコは通過しただけ…今はボストンにいるのですよ〜。

☆cherryさんへ No2

2007/11/12  21:44

投稿者:ほたる

cherryさん、お疲れ様です。お父様の予後はその後、如何ですか?

>ほたるさん、こんにちは。
7日に出国されたんですね。

はい。この機を逃したら暫くまた無理なので、
七五三とかお客様にご無理を言って済ませて貰って来ました。

>私も同じ日に一時帰国を終え、オーストラリアに帰ってきました。

お疲れ様でした。cherryさんにとってもうオーストラリアがお家なのですよね。
ブログを拝見して、改めて感じました。

>アメリカ便は特に荷物検査が厳しいですよね。

そうですね。特に国内線より、国際線でアメリカへ入る便に対して、厳重ですよね。

>前回はグアム経由だったので、アメリカ本土と同じ厳しいチェックがありました。

なるほど。。グアムはアメリカの準州ですものね。

>スーツケースの中でもライターだめですよね。知らずに没収されました。

そうなんです。
私の友人が教師をしている看護学校の研修旅行で、UCLAに行った時、
お土産にZippoのライターを沢山買った生徒さんが居たそうです。
当然、没収!勿体無いですよね。

>今回は直行便だったのでライターもOKでした。アメリカだけなんでしょうね、そこまで厳しいのは。

はい。ヨーロッパ線もかなり厳しくなったとは聞いていますが、
テロに対して、過敏なのはアメリカが一番なのでしょうね。

>でも、アメリカ便は持ち込める荷物の重量制限が厳しくないので、その点は好きです。 23キロのスーツケース2つまでOKだなんて夢みたい。

そうなんです。
弟やスタッフが、何年か前、新婚旅行で行きましたが、20キロ×1は変わらないのですね。

>ちなみに今回利用した豪航空会社は、20キロスーツケース1個のみ。

相変わらず厳しい!ですね。
スーツケースのハードタイプだと、空でもケースだけで7キロから8キロありますものね。



☆cherryさんへ No1

2007/11/12  21:42

投稿者:ほたる

恵雅さん、こんばんは。
恵雅さん著の『癒しの書と絵』には、常に手元に置いて、本当に癒して頂いていますよ〜。

>ほたるさんお早うございます。今は夜ですね。

はい。11月第一日曜日から冬時間になり、今は時差14時間日本より遅れています。

>早速出国情報ありがとうございます。

いえいえ。解析ソフトで見ても、よく検索して前の記事を読んで頂いていたので、
最新情報を書いて少しでもお役に立てれば…と思い、載せました。

>何だか、最近の物々しい警戒と、厳しいチェックに出掛けるパワーもなくなっちゃったみたいです。

安全保障の為とはいえ、つい、おっくうになりますよね。

>でも少しづつ柔らかくなったんですね。

はい。昨年は、免税店の酒類、化粧品類の売り上げが激減していたそうです。
空港内の品まで信用出来ないのかしら?と思っていました。

>出国してから買えばいいとか。とっても約立つ情報です。

飲み物は、本当に助かります。いくら機内で用意されているとはいえ、毎回、
アテンデントの元へ行くのも大変ですし、寝起きなんかすぐ飲みたいと思いますし。。

>これからは、球場回りじゃなくて、美術館巡り?

流石、恵雅さん、鋭い!!
球場も、実は既に行って来ました。
フェンウェイパークの普段は入れないような場所を巡るツアーもありますので、
勿論、参加しますが(笑)今回は、ボストン美術館に入り浸る?と思います。
前回は、日本美術の部屋が改装中でした。
今回は『江戸の誘惑』(←日本にも行きました)展を開催していますし、
前から関心があった岡倉天心についても本を読んだりして、
興味深いので(写真も撮れますし)何度か行って来ようと思っています。

>又楽しいお話待っています。

ありがとうございます。

>バス事故、惨事にならなくて良かった。

はい。乗っていた方には失礼ながら、笑い話になるような事態で良かったです。


☆恵雅さんへ


※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ