2007/11/11

アメリカへ…機内持ち込み品検査と経由地サンフランシスコ  日記(今日思うこと)

11月7日午後、私はユナイテット航空830便に搭乗する為、一路中部国際空港へと向かった。今年7月にも同じ路線でアメリカ入りをしているが、改めて機内持ち込み手荷物検査や、預けるスーツケースについての注意点等を書いて置こうと思った。2007年5月より、ユナイテット航空、ノースウエスト航空共にエコノミークラスでは、スーツケース1個の重さ23キロ以下で2個までが、航空運賃に含まれる。(2005年9月5日までは32キロまでだった。JALは2006年の時点で32キロまでOKだが、航空会社によって取り決めが違う為、問い合わせ必要)。24キロを超え32キロまでのスーツケースには、1個につき、日本円で3000円、ドルでは25ドル超過金を支払う。尚、スーツケース内には、鋏や液化状の物も入れられるが、揮発性の物、ライター等は入れる事が出来ず、必ず施錠はしないままにして預ける。因みにビジネス(ファースト)クラスへ搭乗の方は、32キロ×2個までOKで、全てのクラスに於いて32キロを超える荷物は『貨物』扱いとされ、課金率がかなり高くなるので(市販されているスーツケース以外の荷物を預ける場合等は大きさの制限も有)、各航空会社へ問い合わせが必要である。尚、問い合わせる際には、必ず担当者の名前を聞く事もチェックイン時のトラブル防止の1つとも言える。
クリックすると元のサイズで表示しますセントレア離陸寸前… 右手の建物内にはレストラン、クイーンアリス。
離陸…眼下に伊勢湾を眺めて
クリックすると元のサイズで表示します

スーツケースを預けたら、次は機内に持ち込む手荷物と自分自身の保安検査を受ける。ここで予め「200ml以下の目薬やコンタクトレンズ用保存液、歯磨剤、マスカラ、蛍光ペン等…液化またはゲル化している物」を透明なビニール袋に入れて置き、ノートパソコン(ラップトップ)と同じく、荷物から出して保安検査用に用意されたトレーに入れる。そして持ち込む手荷物全てを、X線検査機に通す。自身は金属探知機を通るが、上着、帽子、ベルト等は、外してトレーに入れ荷物と一緒のX線検査機に通す。(金属探知機は、ポケットの小銭やベルトの金具は勿論、髪留めのバレッタにも反応するので外した方が良い)。今回、中部国際空港では、靴は脱がなくても良かったが、靴を脱ぐように指示される空港(米国では、ほぼ100%靴は脱ぐ)もあるので、注意が必要である。

さて2006年8月に起きた英国・ヒースロー空港での液体爆弾テロ未遂事件以来、液体またはゲル化した物の機内持込が、厳しく制限されて来たが、今年になって、少し改善された点を書いて置く。まず、水やお茶等、大切な飲料水であるが、保安検査時に於いて、外部から持ち込めない事には変わりなく、ペットボトル等も捨てるようにゴミ箱が設置されている。しかしながら、一旦保安検査を受け、出国した後で買い求めた飲料水は、機内持ち込み可。昨年のように搭乗前に再度検査がある訳ではない。これによって免税品の酒類も手荷物として持ち込める事になった。要は化粧品にしても、出国後、空港内で購入した品に関しては、チェック無しで持ち込めるという事で、昨年感じた空港内の各ショップと、保安検査係との情報の疎通もかなり改善されて来たと言える。(一昨年9月には、空港内で売られていたゼリーが持ち込み不可となり、その場で食べるか捨てるかの選択肢しか無かった例があった)。
クリックすると元のサイズで表示します国際線手荷物不可の表示(赤)が…

更に、空港内のショッピングモールにて売られている土産品にも、それぞれ「国際線手荷物不可」という表示がなされるようになり、非常に分かりやすくなった。また昨年は、不可だった練り羊羹、餡等も持ち込み可となった。但し、水分が多い漬物等は、殆ど許可されていないので、米国に持ち込みたい場合は、予め購入してスーツケースに入れてしまえばOKである。チェックインの際に、この機内持ち込み荷物と、スーツケースに入れて預ける荷物について、混同されるケースが多く、原則的に、スーツケースに入れれば良い物(鋏や安全剃刀等)と、手荷物として自身が機内へ持ち込んではいけない物を、常に把握して置く必要があると感じ、今回の液化物に関しては、その原則+αであると認識すれば、分かり易いように思った。
クリックすると元のサイズで表示しますユナイテットの機体(サンフランシスコ)

さて、私は無事、サンフランシスコに到着し、入国審査、税関検査を受けたのであるが、過去何回も入国審査を受けたデトロイトに比べて、サンフランシスコは、入国審査官も(偶々かもしれないが)、次のフライトを気遣ってくれたり、温かい人が多いように思った。入国後、スーツケースを受け取る時も、ターンテーブル傍で係の人がカートに乗せてくれるなど本当に親切だった。更に国際線から国内線へ移動時には、チケットを見せると丁寧にゲートの指示をして貰え、航空会社の人も温かかった。サンフランシスコ到着時、空港は霧に包まれていたが、触れ合った人達が優しく温かい気持ちにして貰えた。更に私は、友人が仕事でサンフランシスコへ行き、2日前、同じゲートを通ったので、情報を貰っていて、空港内にある和食の「TOMOKAZU寿司店」や、マッサージ機のある「Brookstone」にも立ち寄ってお腹と体を満足させ、ボストンへと向かう事が出来たのである。

「TOMOKAZU」…お寿司は美味!。クリックすると元のサイズで表示します 

※以下は、友人より「サンフランシスコの朝の景色」
クリックすると元のサイズで表示しますパウエル-メイソン線のケーブルカー
片側方向しか走行不可の為、ターンさせて折り返す。

「良い1日を…」行きの?バスが…クリックすると元のサイズで表示します
何と、朝から事故に遭ってしまっていた(怪我人は無かった模様)。
0



2007/11/12  21:40

投稿者:ほたる

社長さん、おはようございます。日本も寒くなりましたか?

>ほたるさんおはようございます。
霧のサンフランシスコで入国でしたか。

はい。飛行機が雲に入ったと思ったら、ずっとそのままで、微かに緑が見えた気配がして、
そのまま着陸…滑走路に激突するか?!と思ったくらいです。
有視界飛行なら、無理なくらい?霧に包まれていました。

>サンフランシスコは米人が住みたい町として
人気が有るのだそうですね

そうなんですね。僅かですが、接する人が温かいなと感じました。

>アメリカ晩秋の旅をお楽しみ下さい。

ありがとうございます。ボストンでは紅葉も終わりに近づき、冬支度という感じです。

>ところでほたるさんパソコンを持ち歩いているのですか?

はい。ノートパソコンを持ってきています。

>日本から持ち込んだ場合に
アメリカではプロバイダーの接続はどうするのですかね?

私は、普段ケーブル回線で、別にダイアルアップ用としてaolのアカウントを持っています。
でも近頃はホテルでも、殆どがラン回線になているので、ランケーブルをパソコンに刺せば、
プロバイダーを通さなくても、使用可能です。(aolはウェブメールとして使用しています)
とはいえ、一応、ダイアルアップ用にaolのアカウントを持っていれば、何処からでも、
aolが指定するアメリカ国内の最寄の電話番号に、
ダイヤルして繋げる事が出来て、安心だと思います。
また、ウェブを閲覧するだけでなく、メールについてですが、
普段使用のメールアドレスも転送可能で読む事が出来ます。でも、
ややこしい場合は、フリーメールやaolのウェブメールを使用されるのがお勧めです。
あまり詳しくなくて申し訳ないですが、
社長さんもaolのメールアカウントをお持ちなので、
ノートパソコンに設定されれば、国外でも使用可能だと思います。


☆メリンダ社長さんへ

2007/11/12  20:45

投稿者:ほたる

>サンフランシスコの空港内に三浦友和のお店があるとは知りませんでした。

すみません!三浦は、私が友達から聞いて勝手に勘違いして着けてしまいました。。
三浦友和氏とは、関係ないそうです。日本で「三丁目の夕日」を観て来た影響かしら?
思い込んでいました。そういえば、サインや写真も何も無かったです。ごめんなさい。

>しかもお寿司がおいしいとは。

お寿司、これは本当に美味しかったです。
日本から来たばかりで、思うのですから(…と言ってもそんなにグルメではないのですが)
酢飯も上品な味で、ネタも新鮮だったと感じました。

>Brookstoneは私も大好きですよ〜!見かけるとつい入ってしまいます。

そうなんです。
ボストンにも何件かあって、つい入ってマッサージ機に座ります。
テンピュールの枕を買っただけで、後はただ(無料)乗りです(笑)
空港のお店にマッサージ機を設置という事は、半ばサービスもあるんじゃないか?
と勝手に都合よく解釈しています。

>最近はクイックマッサージのお店も空港内にあったりするし、マッサージは定着してきているようですね。

そうですね。エコノミー症候群とか言われるようになりましたしね。
長時間のフライトには、マッサージ機が神様のように思えます。
後は「温泉」…。中部国際空港ではよく流行っているそうですが、
別に空港でなくても、いやむしろ…ボストンエリアに欲しいなって思います。


☆みきさんへ No2

2007/11/12  20:44

投稿者:ほたる

みきさん、こんにちは。ボストンの街も(まだ繁華街へは行っていないですが)
そろそろ、クリスマスの飾りつけになっていますよ〜。

>ほたるさん、アメリカに来ていたんですね。

はい。怒涛のように仕事を済ませ(笑)、ヘロヘロになって辿り着きました。

>デトロイトの入国審査は厳しいと聞いたことがあります。

やはり、そうなんですね。
大体、乗り継ぎの便に対して、航空会社がOKを出すのが1時間15分位だと聞いています。
すんなり入国出来れば充分間に合うのですが、入国者かせ多かったり、
よく入国するので、別室へ連れて行かれて荷物検査を受けたりすると、
(一度は持っている薬等、全部調べられました)
完全に乗り継げず、次の便へチェックインしなければならなかった事がありました。
それでデトロイトでは、わざわざ次の便(3時間後)を取って貰っていました。
デトロイトは、観光ではなく、就業の為の入国が多い地区だと思っていましたが、
アメリカ国内でも厳しい場所なのですね。


☆みきさんへ No1

2007/11/12  20:24

投稿者:ほたる

Shinさん、ええっーーっ?ボストンにおいでなのですか?
乗り継ぎなのかしら?それとも、少しは滞在されているのでしょうか?

>こんにちは。私は、今この瞬間ボストンにいます。

瞬間…とは?言葉を大切にされるShinさんの事だから、
本当に、『瞬間』なのかしら?
God Father Shinさんなら、マトリックスみたいに瞬間ワープも有得そうで恐いです(笑)

>もう日本に戻られたのでしょうか。

いえいえ。
まだ、来たばかりで今月中は居りますよ。

>ボストンは、モントリオールとは違った寒さです。

此方でも、急に冷え込んで来たようです。
湿度はなくて乾いていますが、風が冷たいですよね。

Shinさん、もしもまだボストンにご滞在なら、メールして下さいませ。
…と言っても、私にメールしたからと言ってボストン滞在に、何の特権もないですが(笑)


☆Shinさんへ

2007/11/12  19:55

投稿者:takako

ほたるさん サンフランシスコに立ち寄られたんですね。
サンフランシスコは面食いですから 美人に やさしいのです。

翼の先に見えるふたつの空の写真 色が素敵です。色のグラデエーショ
ンが好きです。ほたるさんを包み込む アメリカの空気と時間の層がや
さしく そして いい思い出が沢山出来ますように祈ります。

http://diary.jp.aol.com/2ymvsg59/

2007/11/12  17:33

投稿者:石山城

 こちらではお久しぶりです^^ 今回の記事は海外に良く行く方にはとっても重要な内容なので、ブクマ&トラックもさせていただきました。とても参考になりました。

 んで、毎度コレばっかり書いているような気がしないでもないけれど、ホント、お互い、体だけは気をつけましょ♪ 無事のお帰りを願っています。

 そして、ボクの方も順調に不死鳥ばりの回復を見せており、医者も驚いているほど(笑) ご心配をおかけいたしました。m(_ _)m

 

http://ishiyamania-blog.seesaa.net/

2007/11/12  10:06

投稿者:cherry

ほたるさん、こんにちは。
7日に出国されたんですね。
私も同じ日に一時帰国を終え、オーストラリアに帰ってきました。

アメリカ便は特に荷物検査が厳しいですよね。
前回はグアム経由だったので、アメリカ本土と同じ厳しいチェックがありました。スーツケースの中でもライターだめですよね。知らずに没収されました。
今回は直行便だったのでライターもOKでした。アメリカだけなんでしょうね、そこまで厳しいのは。

でも、アメリカ便は持ち込める荷物の重量制限が厳しくないので、その点は好きです。 23キロのスーツケース2つまでOKだなんて夢みたい。

ちなみに今回利用した豪航空会社は、20キロスーツケース1個のみ。
私のは23,6キロだったので、しっかり超過分徴収されました。(1キロにつき1300円。普通25キロくらいまで見逃してくれるんですけどね) 20キロなんて、ホント何も入れられないんですよね。

そういえば、アメリカ便は以前34キロのスーツケース2個までOKだったそうですね。 64キロまでOKなら、重量を気にしないで荷作りできますもん。

年中寒いサンフランシスコで風邪をひかれませんように!
それにしても空港内に三浦友和のお店があるなんて・・以前はなかったからいつできたんでしょうね。
アメリカの記事UPを楽しみにしています。


http://diary.jp.aol.com/8g8tkknuzqby/

2007/11/12  9:45

投稿者:恵雅

ほたるさんお早うございます。

 今は夜ですね。
 早速出国情報ありがとうございます。

 何だか、最近の物々しい警戒と、厳しいチェックに出掛けるパワーもなくなっちゃったみたいです。
 でも少しづつ柔らかくなったんですね。出国してから買えばいいとか。とっても約立つ情報です。

 これからは、球場回りじゃなくて、美術館巡り?
又楽しいお話待っています。
 バス事故、惨事にならなくて良かった。

http://sky.ap.teacup.com/keiga/

2007/11/12  7:18

投稿者:melinda

ほたるさんおはようございます。
霧のサンフランシスコで入国でしたか。
サンフランシスコは米人が住みたい町として
人気が有るのだそうですね
アメリカ晩秋の旅をお楽しみ下さい。
ところでほたるさんパソコンを持ち歩いているのですか?
日本から持ち込んだ場合に
アメリカではプロバイダーの接続はどうするのですかね?

2007/11/12  6:04

投稿者:みき

ほたるさん、アメリカに来ていたんですね。デトロイトの入国審査は厳しいと聞いたことがあります。サンフランシスコの空港内に三浦友和のお店があるとは知りませんでした。しかもお寿司がおいしいとは。Brookstoneは私も大好きですよ〜!見かけるとつい入ってしまいます。最近はクイックマッサージのお店も空港内にあったりするし、マッサージは定着してきているようですね。

http://diary.jp.aol.com/aujzpye6s4d2/


※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ