2007/11/15

ダスティン・ペドロイア、最優秀新人選手受賞、おめでとう!  Boston Red Sox・MLB

体全体で打って、体全体で守備をする…ペドロイアのプレーを追いかけていると、高校球児を観ているようで清々しい。身長は、公称175cm(もう少し低い気もする)とメジャーリーガー1、2を争う小兵であるため、余計そう見えるのかもしれないが、溌剌としたプレー姿から『山椒は小粒でもピリリと辛い』という言葉まで浮かんで来る。ペドロイアは2006年9月、メジャーベンチ枠を25人から40人に増やす「セプテンバー・コールアップ」によって、3Aポータケットよりメジャーに昇格した。当時からフェンウェイパークでも、小柄な為、一際目立っていて、(横っ飛びで捕球とか)守備が上手い選手だなぁ…と思っていた。更に私にとって一番印象深かったのは、昨年の「ルーキー・ラギングデー」で試合の後、ベビー服を身にまとい、哺乳瓶まで持って登場、気軽にサインをしてくれた事だった(当時の記事と一部重複)。
クリックすると元のサイズで表示します新人仮装でベビー服を着た
ペドロイア(2006年9月21日撮影)


今季のペドロイアは、序盤の4月打率1割8分2厘とスロースタートで、地元では使い続ける首脳陣への非難もあったが、5月に入ると4割1分5厘と、その鬱積を跳ね飛ばす勢いで数字に残る活躍をし始め、結果シーズン終了時には打率3割1分7厘という好成績を収めた。守備については、試合を観ていればよく分るが、反射神経の良さで体格をカバーし、好守備を見せ、何度も松坂を始めとする投手陣、果てはチームの危機を救って来た。ペドロイアが打つとチームは元気になる…そういっても過言ではない程のムードメーカーでもあった。そんなペドロイアが、一生に一度しかチャンスがないアメリカンリーグの「rookie of the year(最優秀新人選手)」に選ばれた事を、レッドソックスの選手及び首脳陣、ファンを含む関係者全員が喜んでいるに違いない。
ギブス姿で記者会見のペドロイアクリックすると元のサイズで表示します
(Yahoo photoより引用)

アリゾナで行われた喜びの記者会見場に、ペドロイアは左手をギブスに包んで現れた。報道によると左手有鉤骨の骨折で、11月6日に折れた骨の摘出手術を受けていたという。有鉤骨とは手根骨(手の平の根元部分にある骨)の1つの事で、この骨の手の平側の突出を「有鉤骨鉤」と言い、野球のバットを握ったまま、小指球(小指側の手の平の筋肉のふくらみ)を強打したり、ゴルフで芝生を打ってしまった際に骨折する事が多く、正式には「有鉤骨鉤骨折」と呼ぶそうだ。ペドロイアの話によると、骨折した日は定かではないが、レギュラーシーズン終盤の9月10日に骨折は判明したという。しかし「優勝争いの佳境にあって 戦列を離れたくなかった。痛みと折り合いをつける方法を見つけるしかなかった」と、バットの握り方を変える等、工夫をして怪我を隠し通した。以降、ポストシーズンも含め約30試合に出場したが、本人とごく一部の関係者以外、知らなかった為に、地区シリーズ前半の打撃不振には、TVの解説者も「気持ちが空回りしている」等と声高らかに言っていたものだった。
クリックすると元のサイズで表示します手の骨の図から有鉤骨骨折(図は右手)

メジャーではレギュラーシーズンが、162試合と試合数も多い上に、移動距離もアメリカの東から西、北部(カナダも含む)から南部と半端な距離ではない。シーズンを通してそのコンデションを維持するのは並大抵の努力では不可能だと思う。よってシーズン終盤ともなると、ポストシーズン進出か否かを分ける大事な試合の時期に、負傷を抱えている選手が少なくない。9月半ばから約2週間の休養を貰った岡島でさえ、ワールドシリーズの時は、彼方此方痛く体はボロボロで、精神力だけで投げていたという。長いレギュラーシーズンを戦った後、更に10月、メジャーの長いポストシーズンを戦い抜く…並みの根性では乗り切れないと思う。「心頭滅却すれば火もまた涼し」…ではないが、ペドロイアもなかなか根性が座っている。手術は無事成功、後遺症は心配ないという。人一倍向上心が強く努力家のペドロイア…。『最優秀新人選手賞、おめでとう!』。しかしながら今は怪我を理由に、ゆっくり休んで欲しいと願いたい。

 クリックすると元のサイズで表示します体全体を使って振り切る。
フェンウェイの電光掲示板クリックすると元のサイズで表示します
(2007年8月3日撮影)


★ダスティン・ペドロイア(二塁手)
1983年8月17日生まれ、カリフォルニア州出身、右投右打。
高校時代から抜群の野球センスの良さが光り、アメリカ代表チームに選ばれるも、当時170cm足らずの身長ゆえに、ドラフトで指名するチームは何処にも無かった。そこでペドロイアは奨学金を受けながらアリゾナ州立大に進学すると、1年生にしてショートのレギュラーとなり、大学の最多安打記録を塗り変えた。そして「大学界のピートローズ」と呼ばれる程打ちまくった。2004年、大学4年の時、再びドラフトにかかる。体格のハンディを問題にして手を挙げないチームが相次ぐ中、レッドソックスが2位で指名した。当時、その指名に対し過大評価と貶す声を、マイナーリーグで通算打率3割を超える高打率を記録して一蹴した。

※以下、週間ベースボールより引用した、アリゾナ大野球部監督の言葉…
「彼(ペドロイア)程、向上心が強い選手は見た事が無かった。体格の面から言えば、どう考えても他人に負けている。しかし正確なスローイングと抜群のバットコントロールを武器に、向かって来たボールは全て捌き、打席では常にボールを芯で捉えていた。彼は自分の限界を突き破り続けた選手だった」。

※更にレッドソックスGM(ゼネラルマネージャー)…セオ・エプスタインの言葉…
「彼をドラフトで獲得し、育て上げているこの球団を誇りに思っている」。

クリックすると元のサイズで表示します「ペドロイア式ロータッチ!」
このようにチームメイトからも愛されて?いる。(Yahoo Photoより)
0



2007/11/20  15:20

投稿者:ほたる

しのいちさん、こんばんは。ボストンは急に真冬の気温に下がり、
私も風邪をひいてしまいました。返事が遅くなってごめんなさい。

>小さな巨人、
日本では元ヤクルトの若松氏を思い出すなあ。
あの人も小さいっすよ。

そうでしたね。確か170cm無いですよね。

>話が逸れるけど、
日本とメジャーでは新人王の資格が違う。

はい。ある意味では日本のプロ野球を3A感覚で捉えているのかもしれないです。
中米のウィンターリーグなどでプレーして来た選手と同じ扱いですよね。

>日本では松坂が選ばれなかったことがクローズアップされているけど、
日本ですでに新人王に輝いているわけだし、
プロ歴はもう10年にもなる訳だし、
偏った報道もどうしたものかなあと思う一面があり。

そうですよね。
私は、そういう資格が有る無い云々を抜きにしても、
ペドロイアが選ばれて当然と思っていました。
松坂も200イニングを投げ、先発ローテーションを守り抜いたのは、
慣れない環境下で立派だと思いますが、ペドロイアの活躍は
それを上回ると考えました。
勝ち数が負け数を上回り、チームのリーグ優勝にも貢献しましたが、
結局、20勝したベケットでも、防御率、打線の援護等を考慮されて、
サイヤング賞に選ばれなかったです。

>ファンの目で見たほたるさんの記事はいい!

ありがとうございます。
なるべく公平な目で見て書いているつもりです。
勿論、私文ですから、個人的主観が優先しますが(笑)。



☆しのいちさんへ

2007/11/17  0:30

投稿者:しのいち

小さな巨人、
日本では元ヤクルトの若松氏を思い出すなあ。
あの人も小さいっすよ。

話が逸れるけど、
日本とメジャーでは新人王の資格が違う。
日本では松坂が選ばれなかったことがクローズアップされているけど、
日本ですでに新人王に輝いているわけだし、
プロ歴はもう10年にもなる訳だし、
偏った報道もどうしたものかなあと思う一面があり。
ファンの目で見たほたるさんの記事はいい!

http://shinoiti.seesaa.net/

2007/11/16  3:20

投稿者:ほたる


なんちゃってさん、いつも深夜までご苦労様です。
私も日本に居る時、この時間にPCに向かっているのですが、
夕寝などしています。なんちゃってさんは、ずっと通しですよね。凄いですね。

>走攻守そろった選手ってなかなかいませんが、
ダスティン・ペドロイアは、そんな選手ですね。

はい。特に守備は光っていますね〜。
NHKのアナウンサーや解説は、ペドロイアとユークは足が使える…
とか言っていますが、走るのは、速くないそうですよ。

>小さくても一所懸命全力でプレーする姿は、
心打つものがあるような気がします。

仰る通りです。ついつい、応援したくなりますね。

>これからも是非がんばってもらいたい選手です。

レッドソックス1、身長もですが、
オファーも低くてメジャーの最低ラインなんです。
でも、彼の頑張りは、本当に野球が好きで、
お金の為じゃないって、思えますね。
引き続き、応援したいと思っています。


☆なんちゃってフォトグラファーさんへ

2007/11/16  3:10

投稿者:ほたる

bmb女王様、こんにちは。只今、時差なしでコすね〜。
早速のコメント、ありがとうございました。

>ほたるさん、こんにちは。

こんにちは。今日はチャイナタウンへ買出しに行きたいのですが、
この天気…。空が今にも泣きそうです。トホホ。

>ペドロイアはカレッジでは優秀な選手をリクルートしたいけど奨学金の枠がなくて取れないってときに自分から「僕の奨学金を彼に分けてください」とそれほどカレッジワールドシリーズで優勝したい気持ちを持っていたそうですね。

ほぅっーっ。そんな事があったのですか!。。
優しそうな顔をしていますが、優しくて統率力もある良い選手なのですね。
(チャリティで奥さんの写真を見て、びっくり!ずっと独身だと思ってました。笑)

>結局いけないままプロ入りしちゃったけど翌年アリゾナ・ステートがCWSに進んだときコーチがキャップの裏にペドロイアの名前を書いていたという美談をどこかで読んでじーんとしました。

なるほど〜。キャップに名前を書いて連れて行ったのですね〜。
とてもいいお話を、書いて頂いてありがとうございます。

ローウェルもそうですが、彼らの学生時代とかの逸話は、
かなり感動物の物語が書けそうですね。
(文豪…いやエッセイストかな?女王様、書いてくださいまし!)
日本のマスコミも、こういうお話、取り上げて欲しいなぁ。
重なりますが、貴重なお話を、ありがとうございます。
ホント、コメント欄では勿体無い気がしますよ〜。


☆bmb女王様へ

2007/11/16  3:01

投稿者:なんちゃってフォトグラファー

今晩は!

走攻守そろった選手ってなかなかいませんが、
ダスティン・ペドロイアは、そんな選手ですね。
小さくても一所懸命全力でプレーする姿は、
心打つものがあるような気がします。
これからも是非がんばってもらいたい選手です。


http://diary.jp.aol.com/gmrktua9gt/

2007/11/16  2:42

投稿者:bmb

ほたるさん、こんにちは。

ペドロイアはカレッジでは優秀な選手をリクルートしたいけど奨学金の枠がなくて取れないってときに自分から「僕の奨学金を彼に分けてください」とそれほどカレッジワールドシリーズで優勝したい気持ちを持っていたそうですね。

結局いけないままプロ入りしちゃったけど翌年アリゾナ・ステートがCWSに進んだときコーチがキャップの裏にペドロイアの名前を書いていたという美談をどこかで読んでじーんとしました。

http://redsoxprospects.blogspot.com/

2007/11/16  0:59

投稿者:ほたる

社長さん、おはようございます…ですか?

>ほたるさん今晩は

時差が14時間ありますと、昼夜反対で、いつもボケていますが、まだ昼間眠いです(笑)

>ダスティン・ペドロイア。
根性有る玄人受けする良い選手ですね。

はい。本当に野球が好きな人は、ちゃんと彼の事を観られています。
NHKの解説でも、守備面で特に誉めている方が多かったです。

>昔、阪神タイガースの牛若丸の異名をとった
吉田義夫遊撃手(後の阪神監督)をふと重ねたり
しました。

そうでしたか。。牛若丸とは良い命名ですね。
一寸法師じゃ、ちょっと可哀想ですよね〜。

>今日の新聞によるとレッドソックスの開幕、対アスレチックス戦を日本でやる事になったそうで、又オープン戦も3試合ほど組まれているそうで楽しみですね。

はい。私はフェンウェイパークの臨場感が好きですし、ドームでは「ん?」と思いますし、
選手達の体力的負担を思うと、一概に喜んでばかりは居られないのですが、
メジャーリーグの事、レッドソックスの事、そしてボストンの事を、
1人でも多くの日本の方に、知って貰えれば…と思っています。

☆メリンダ社長さんへ

2007/11/16  0:52

投稿者:ほたる

はじけ猫さん、いつも素敵な写真を拝見できて嬉しいです。ありがとうございます。

>ほたるさ〜ん☆
リンク貼らせていただきましたわ〜!

ありがとうございます!

>二つリンクさせてもらっている方がいて
一つにまとめさせて頂きましたの。

それはそれは、恐縮です。
私もリンクは20枠しか作っていないので、いい加減整理して、作り直したいです。
解説付きで、1つの頁として作れたらいいなと思っています。(なかなか実行できません)

>これから、ガシガシ遊びに来ちゃいますよう!

は〜い。お待ちしています。


☆はじけ猫さんへ

2007/11/16  0:49

投稿者:ほたる

>そして、スポーツには怪我も付き物なんですよね(苦笑)
私もテニスで半月板を痛めテーピングをしながらでも続けていました

あらま、大丈夫ですか?
私もスキーで半月板を砕いて手術しています。
今でも少し、天気が悪くなると疼きますが、筋肉を強くして置かないといけないですね。

>テニスを辞めてよさこいをやっている今も
練習の時はテーピングをしてやっています

はい。跳ねたりすると負担が大きいそうです。くれぐれもお大事にして下さいね。

>そこまでしても好きなものはやりたいんですよね(苦笑)

そうですよね〜。私も手術してリハビリで痛い思いをしても、スキーには行っていました(笑)
好きな事をしている時は、痛まず仕事になると痛くなるから不思議です(大笑)

>でも、プロは特に怪我はある程度まで治るまでは休養が必要ですね♪
後々その怪我のせいで選手生命が絶たれる可能性もありますし…

ペドロイアは放って置くと、オフでも練習を休まず続けていそうです。
この際、開き直って暫く休養してほしいですね。
そして来年も、攻守共に元気で活躍して欲しいです。


☆恵さんへ No2

2007/11/16  0:48

投稿者:ほたる

恵さん、ようこそ!恵さん宅でレッズの熱気、体感させて頂きました♪

>ほたるさん こんにちは〜♪
スポーツの世界では身長が絶対という事はあるんでしょうか?(苦笑)

やはり、ハンディにはなるようですね。
体操なんかは、そこそこ…でなくては、床運動の時とか、
旋回の回転数を増やせないそうです。
フィギュアなんかも、大きいと支点がぶれ易いとかミスが目立ち易い欠点があるみたい。。
でも、殆どのスポーツは、小柄だと損ですよね。
ペドロイアなんて(体に合わせて)ストライクゾーンを小さくしてほしい
…なんてジョークで言ってましたもの。

>レッズの選手でも160cm 代の選手がいます
そして、いつもほぼスタメンで活躍しています (*^-^*)

MFの選手かしら?
小野選手だって175cmでも小さく見えますよね。

>私の知る限り、サッカー、バレーボール、バスケ、相撲
小柄な人がかなり活躍しています♪

はい。皆努力の人…ばかりですよね。

>かくいう私もかなり小柄ですがスポーツは得意です (*^-^*)v

私も!です。正確には得意だった(笑)です。
まあ、すばしっこいというか、お転婆でした。。

>こういうプロ選手が活躍していると
励みになるアマチュア選手は多いんでしょうね♪

そうですね。
もう1人昨年のワールドシリーズでMVPを獲ったエクスタイン選手が、
メジャーではいますが、2メートル級の選手の中で目立っています。
身長だけは、努力しても何とも克服出来ないですから、
これからプロを目指す(小柄な)若者の目標になるでしょうね。



☆恵さんへ No1


※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ