2008/1/3

ボストン美術館「浮世絵名品展」T…スポルディングコレクション  日記(今日思うこと)

1月2日午後、友達と作った着物会(和服を着て出かける会)の仲間と、名古屋ボストン美術館の浮世絵名品展へと出かけた。私はボストンでも「ビゲローコレクション」の浮世絵の数々を観て来たが、今回は、本拠地ボストンでも、過去未来永劫に於いて、展示される事がないであろうとされている、スポルディングコレクションの中から3点が来日展示されると知り、私は午前中が仕事で、友達はお正月休みという事もあり、開催初日に足を運ぶ事にした。
クリックすると元のサイズで表示します名古屋ボストン美術館の掲示板。

スポルディングコレクションとは、精糖会社を営む父親から巨額の富を受け継ぎ、1909年に来日したウィリアム・スチュアート・スポルディングと、ジョン・テイラー・スポルディングの兄弟が、帝国ホテルで有名な建築家、フランク・ロイド・ライトらを通して収集した6600点を超える浮世絵コレクションの事である。このコレクションは、1921年にボストン美術館に寄贈されたが、作品を最善の状態に保存する為に「ギャラリーに展示しない事」が寄贈条件だった。その条件は、現在に至っても固く守られており、許可を得た研究者以外は、目に触れる事がないという。

スポルティングコレクションは、兄弟の意向で、作家の範囲を厳密に定めて、最高級品のみを厳選して収集された為、芸術的にも質が高く、年代的にもバランスがとれているそうである。上記したように、この作品群を将来に渡って可能な限り最高の条件で保つ為、80余年の長きに渡り『秘宝』とされてきたが、科学技術の発達によって、デジタル化された画像として、ボストン美術館の公式ウェブサイトで閲覧する事が可能となり、スポルディング兄弟からの贈り物を、一般の人達も美術館と共有出来るに至っている。
スポルディングコレクションより クリックすると元のサイズで表示します
北尾政演作「吉原領域 新美人合自筆鏡」色擦特大本(37.5×25.5cm) 1784年


また、今回、名古屋へと、初来日した3点の浮世絵は、固く守られた「展示不可」の条件下で、規制されていた版画部門としてではなく、書籍(絵本)としてボストン美術館の図書部に寄贈、登録されていた為、版画と同じ既定下ではないとの判断で、ギャラリーにて展示許可され、肉眼で観られる運びとなったという。尚、スポルディング兄弟所蔵の浮世絵の内、半数以上の浮世絵を提供した、フランク・ロイド・ライトは、建築家の副業として浮世絵販売も行っており、ボストン美術館の為に、「日本版画研究室」を設計したが、残念ながら実現には至らなかった。(浮世絵の写真は図録より転写)

※以下、スポルディングコレクション、色擦大本「三十六歌仙」
(三十六歌仙の和歌と共に肖像画を描いた絵本) 勝川春晃作 1789年より
クリックすると元のサイズで表示します伊勢…平安時代の女性歌人。

平安時代初期の貴族…在原業平クリックすると元のサイズで表示します


※オマケ…この日のほたるの装い
紫地に瓢箪の柄が織り込まれた大島紬と、紬の染絞り帯、
帯留は、鼈甲製「六つの瓢箪」で、年の始めに『無病』を祈念した。
クリックすると元のサイズで表示します
2



2008/1/29  17:33

投稿者:ほたる

takakoさん、暦とは凄いですね。大寒は本当に寒いです。

>小雨模様の大寒です。

サンフランシスコも、寒かったですか。。

>紫地の大島紬。紫なんて見た事がありませんでした。

私も泥染めの茶や黒は見ていましたが、珍しいと思いました。
表記には、「奄美大島紬 古代紫」と書かれていました。
実物は、写真より若干明るい紫です。

>瓢箪の柄は織り込みですか。

はい。多分9マルキという絣の数が多い種類で、
絣の中に柄を出すポピュラーな織り方ではなく、
地明きといって、柄だけを織り出しすので熟練した機織師の方が織られるそうです。

>周囲に金粉が散ったようにありますから
きつねにつままれたような不思議な気持ちで拝見致しました。

金が瓢箪柄に織り込んであって、散っている部分は白糸なのですが、
上手く散らせてありますよね。少しでもずれたら絣が交差しないので、
素晴らしい技術だと、私も初め感心して眺めました。

>紬の染絞り帯。いいなぁ 素敵です。

はい。これは少しお目出度い柄なので、お正月だから締めました。
結び易く、型崩れもし難いです。

>鼈甲製「六つの瓢箪」。瓢箪を何度も数えました。数に意味があると
教えられていましたから馬鹿の一つ覚えで、なんで六つなんだと思い
ました。年の始めの『無病』祈願。偉いもんですね。

はい。昔の人は洒落も小粋でしたね。
六つの瓢箪は、無病息災の願いを込めた、根付やお守りもありますね。

>今年がほたるさんにとりまして「無病息災 家内繁盛」でありますよ
うに祈ります。着物シリーズ大好きです。

いつもありがとうございます。細部まで見て頂いて嬉しいです。
今度の着物会は、2月11日です。和服を着て少し遠出をする予定…。
まだ何を着るか決めていないですが、少し春らしくコーディネイトしたいです。
また、見て下さったら、ご意見を聞かせて下さい。



☆takakoさんへ

2008/1/22  10:03

投稿者:takako

小雨模様の大寒です。
紫地の大島紬。紫なんて見た事がありませんでした。
瓢箪の柄は織り込みですか。周囲に金粉が散ったようにありますから
きつねにつままれたような不思議な気持ちで拝見致しました。
紬の染絞り帯。いいなぁ 素敵です。

鼈甲製「六つの瓢箪」。瓢箪を何度も数えました。数に意味があると
教えられていましたから馬鹿の一つ覚えで、なんで六つなんだと思い
ました。年の始めの『無病』祈願。偉いもんですね。
今年がほたるさんにとりまして「無病息災 家内繁盛」でありますよ
うに祈ります。着物シリーズ大好きです。

http://diary.jp.aol.com/2ymvsg59/

2008/1/4  0:53

投稿者:ほたる

ヌマンタさん、明けましておめでとうございます。

>遅ればせながら、新年おめでとうございます。

今年も、宜しくお願い致します。
新年も明けて、もう三が日が終わってしまいました、早いですね。
仕事が半日でお正月気分でしたが、明日から通常営業、頑張らないと…と思っています。

>まだまだ隠れた逸品はあるようですね。

はい。スポルディングコレンションもですが、ビゲローコレンション等は、
まだ、調査もされていない作品が多数あって、
2011年のビゲロー寄贈100周年までを目標として、オンライン化を目指しているそうです。
版画だけでも、5万点以上あるそうなので、凄い数ですよね。

>浮世絵が欧米の美術界に与えた影響の大きさは、近年ようやく知られるようになったと思っていたのですが、十代の甥っ子たちに聞いたら、まったく知りませんでした。

あらら…とは言いましても、私の世代でも興味のある人は少ないです。
習うには習ったのですが、私なんか、風俗画、漫画、春画のイメージで、
芸術という見方をしていなかった事を恥ずかしいと思っています。

>いったい、学校は何を教えているのだと、情けない気分になりました。

教科書には(北斎、写楽等を代表として)載っていますよね。
門外漢の私が言うのもおこがましいですが、
教え方にも、問題があるように思います。

>安倍前首相がこけたので、福田氏は忘れているのもしれませんが、教育再生是非とも実行して欲しいものです。

そうですね。もっと日本の過去の事をしっかり教えて欲しいです。

☆ヌマンタさんへ

2008/1/3  16:01

投稿者:ヌマンタ

遅ればせながら、新年おめでとうございます。まだまだ隠れた逸品はあるようですね。浮世絵が欧米の美術界に与えた影響の大きさは、近年ようやく知られるようになったと思っていたのですが、十代の甥っ子たちに聞いたら、まったく知りませんでした。いったい、学校は何を教えているのだと、情けない気分になりました。

安倍前首相がこけたので、福田氏は忘れているのもしれませんが、教育再生是非とも実行して欲しいものです。


※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ