2005/10/26

WS 最長試合時間  Boston Red Sox・MLB

とても長い試合だった。5時間40分。気持ち的には、アストロズの応援をしていた。
両チームブルペン陣の踏ん張りで、5対5から、得点が動かぬまま、延長14回を迎えていた。均衡を破ったのは、ギーエン監督が、井口に変えて投入したブラム。そのブラムがホームランを打ったのだ。ギーエン監督の采配が吉と出た。ナリーグのルールにのっとり、投手にも打順が周る事から、代打も多く、両チームピッチャーも野手も殆どが加わった全員野球になっただろう。そしてホワイトソックスには、ラッキーなヒットも生まれ、その後、4球で満塁。ルーキーピッチャーのアスタシオは更に4球を与え、押し出しで追加点を与えてしまった。深夜の1時を周り、観客も帰り始めた。そして、アストロズは14回裏、最後の最後まで、ランナーを塁に置いたまま、2点を返す事が出来なかった。
クリックすると元のサイズで表示します史上最長の熱戦を締めくくったのは、先発投手バーリーだった。彼を使ってまで勝ちたかったギーエン監督、バーリーを抱きしめ喜んでいる。

ハイライトは、3回裏から、アストロズのオズオルドが進塁しようとして戻る時、2塁手が投げたボールが、飛び出したオズワルドに当たった。痛かったろうが、そのお陰でアウトにならずに済んだ。そして、送りバントの後、進塁し、2塁手と笑いながら会話していた。こういうシーンはいいなぁと、思った。その後、ビジオのタイムリーヒット。その後バークマンにタイムリーが出て、追加点、3対0になった。今日も序盤はアストロズのペースだ。一昨日は競り負けたアストロズ、今日こそはという意気込みを感じていた。

ホワイトソックスのビッグイニングは、5回だった。クリーディのHRは嬉しかった。にわかではあるが、第1戦のあの守備を見てから個人的なファンになった。そして、井口ヒットの初打点で2点目追加。ダイも粘った後、タイムリーヒットでポドセドニック生還。4番コネリコは、打ち取られたが、ピアジンスキーの当たりは、長打になりホワイトソックスは逆転した。更にロワード4球で、再び、クリーディ。打者一巡の猛攻であった。その時、クリーディは、デッドボール。これは、わざと、としか思えない当て方に思えた。

更に8回裏、アストロズの攻撃。ホワイトソックスは、打者毎の、投手交代。継投作戦だった。ギーエン監督のピッチャー交代のジェスチャーは看板になっている程だが、巾が細く高いというジャスチャーだったので、ジェンクスではなくハーマンソンと私にも解った。ハーマーソンは、9月30日ぶりの登板だった。気負いがないかと懸念した所、案の定、ヒットを打たれ同点になった。

9回の表、アストロズはピンチになったが、第2戦でさよならHRを打たれたクローザー、リッジは、今回は3振で抑えた。9回裏、1打さよならの場面、ホワイトソックスのギーエン監督は、経験が豊富のヘルナンデスに託す。そして2アウト満塁の所で、4番打者エンズバーグを3振に打ち取った。このヘルナンデスのピッチングぶりは、見事だった。ホワイトソックスのブルペン陣は防御率2点台以内が5人もいて、充実している。今更ながらだが高津の居場所がないはずだと感じた。そして、今日の得失点は、そのブルペンピッチャーの経験の度数が、得失点の鍵を握っていた気がする。

今日は、球場が変って、両者、入れ替わったユニホームがよく似ており、試合開始当初、父は勿論、私も間違えてしまった。更に父は、延長の緊迫した場面で、尚、「ヤンキースとヤンキースが試合しているみたいだな」と、この後に及んで言っていた。確かにアウェイとホームのユニフォームに似ている。能天気に、野球を楽しめていいな、と思いつつ、私は、「レッドソックスとホワイトソックスは、ボストンの紅白チームじゃないよ」と、説明した。が、しかし、「そんなもん、どっちにしろ、アメリカの赤組と白組じゃないか」と答えられてしまった。ごもっともである。此方の勝負?は、今日もまた父の勝ちとなった。
   選手の皆さん、ファン、関係者の方々、長時間、お疲れ様でした。
0



2005/10/27  7:40

投稿者:コロコロさん

ほたるさんのお父様、、相変わらずいい味ですねーーー。
ボストンに赤白のソックスがないと言われたら、アメリカの赤組と白
組か、、、。もっともな切り返しですわ。ほたるさんが完敗するなん
て、ただ者ではないですね。また、お父様とのやり取りをご紹介して
くださいね。振り返って思ったけど、優しいお父様ですよね。ほたる
さんが交通事故に遭った時にも、軽トラックで駆けつけてくださっ
て、おまけに布団まで積んであった、ってこのブログに書かれてあり
ました。どういう状態かわからずに、とっさに思いつかれて来てくだ
さったのでしょうが、振り返ると微笑ましいな、と失礼ながら思いま
した。

今年のMLBは、白組が勝つのでしょうか。

2005/10/27  7:29

投稿者:JUNさん

real timeで見ていたのですが、アストロズの執念が今一歩、届かな
かったですね。ホワイトソックスの投手陣の豊富さには、レッドソッ
クスの今年の状況を振り返ると羨ましい限りでした。ヘルナンデスを
中継ぎに使えることに質の高さが表れているように思います。レッド
ソックスとのALDSでも、今回の試合と同じように厳しい状況(無死
満塁)から登場した彼は、打ち急ぐ打者を手玉に取り、無失点で切り
抜けていました。先発が崩れると打ちまくらない限り収拾のつかない
試合になってしまった今年のレッドソックスのブルペン陣。来年は、
どう生まれ変わってくれるのか、はたまた、さらに攻撃重視のチーム
になっていくのか、GMの考え方によるのでしょうが、ストーブルーグ
に期待したいものです。

この試合の殊勲打を打ったブラムはアストロズからトレードされてき
た選手とのことですし、今日の先発ガルシアもマイナー時代、アスト
ロズにいたそうです。特に、ガルシアはアストロズ時代のコーチに感
謝している、というコメントを新聞で読みました。古巣に対して投げ
るなんて感傷的なことは、こっちの選手はあまり考えないのでしょう
が、今日の試合はどういう試合になっていくのでしょうね。これで今
年の野球は日本シリーズ同様に終わってしまうのか、アストロズが踏
みとどまるのか、時間のある限り、見ていたいです。


※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ