2008/3/17

名古屋市美術館「北斎展」よりNo1…「韓信の股くぐり」  日記(今日思うこと)

70余年の長い創作活動の中で残した数々の作品の中に、その奔放な天才ぶりを発揮して来た葛飾北斎…。北斎と言えば「富嶽三十六系」の中でも富士山を中心に求心的に描かれた、伊豆方面から江戸に鮮魚を運ぶ押送船に襲いかかった大波の絵…「神奈川沖波裏」が、あまりにも有名であるが、その評価は、ヨーロッパに於いて、2007年、パリで開催されたオートクチュールで、クリスチャンディオールのデザイナー、ジョン・ガリアーノ氏が「葛飾北斎」と名づけたドレスを発表するなど、浮世絵というジャンルを超えて更に高まって来ている。
クリックすると元のサイズで表示しますオートクチュールドレス「葛飾北斎」
写真ご提供…スピンさん

そんな中、今回、東京都江戸東京博物館を皮切りに、現在、名古屋市美術館で開催されている…その名もすばりの「北斎展」では、北斎が活躍した江戸時代に当時、唯一海外との公式な窓口となった、長崎の出島から、オランダを通じて、ヨーロッパに輸出されていった北斎の肉筆画らを里帰りさせ、検証を試みている。北斎の絵が、オランダ製の紙に描かれている事から、当時来日していたシーボルトを始め、カピタン=商館長だったデ・シュチュレールらが、注文して描かせていたとも推察されている。今回の「北斎展」では、北斎とヨーロッパとの関わりをキーワードに展示がなされているが、訪れた際、私がまず一番に感動した一枚の絵について書いてみたい。
「韓信の股くぐり」(一部を撮影) クリックすると元のサイズで表示します

その絵は、参考として出品されている個人蔵の「韓信の股くぐり」(1809〜1918)で、北斎にしては、珍しい中国の故事格言を題材にした作品であった。「韓信の股くぐり」とは、漢の三傑の1人である韓信という、中国の宋の時代から漢の時代に活躍した武将が残した故事である。若く貧しかった頃の韓信が、魚売りをしていた時代に、ならず者達から「お前は刀をさして、偉そうにしているが、俺を刺せるか」と言いがかりをつけられた事があった。そこで韓信は「罪を犯してもいない人を殺す事は出来ない」と断ったが、ならず者の中の1人から「臆病者、ならば俺の股をくぐれ」と更に挑発された。しかし韓信は、彼らの股をくぐってその挑発には乗らなかったのである。後に、韓信は、漢と趙の戦い時に「背水の陣」の奇策等によって勝利し、漢を治めた劉邦(せつな)の名参謀・蕭何(しょうか)に「国士無双」…国の中で並ぶ者がいない最も優れた人物…と評価されるまでに出世した。その時、韓信は、股をくぐらせたならず者達を呼び寄せ「あの時、お前を斬っていれば罪人となり、私の人生は終わってしまっていただろう、お蔭で我慢する事を覚えた」と感謝し、警備役として取り立てたという。

この史実に基いて中国、そして日本でも「趙韓信の股くぐり」は『大志を抱く者は小事に取り乱すべきではない』という教訓として伝えられて来た。北斎は、この和漢折衷の格言となっている「韓信の股くぐり」の逸話を、一枚の絵の中で説明的に描いているが、北斎自身、座右の銘としていたように思われた。尚「背水の陣」とは、韓信のとった奇策で、川を背にして撤退する道がない陣を敷く事。当時、漢の武将は寄せ集めの俄か兵であった為、「自分達には後が無い」と絶体絶命のピンチに追い込み、死力を尽くして戦わせ勝利した事に由来する。
クリックすると元のサイズで表示します 「端午の節句」…母子3人の顔や着物の柄等精密に描かれている。また窓の外には魔除けの「鐘軌」の幟も描かれている。

名古屋市美術館の「北斎展」では、2月9日から3月23日まで、北斎の鮮やかで尚且つ、陰影のある肉筆画から、富嶽三十六景等の刷り物、北斎漫画等の版本、そして北斎83才の自画像に至るまでの238点(一部前期と後期に分けて展示)が展示されている。その迫力は、古今東西、多くの人々…芸術家達を魅了し続けている事を頷かせるに余りあった。また「北斎展」は、4月5日から山口県に移動して、5月18日まで、県立萩美術館・浦上記念館で開催される。

◎写真は図録「北斎」より転写。
◎参考・電子版「故事百選」・図録「北斎」
2



2008/4/6  0:50

投稿者:ほたる

まほちち様、ご来訪及び、
ご丁寧にお知らせ頂きまして、ありがとうございました。

>はじめまして
朝日新聞ネット版で中浜先生の訃報を知り、何年か前にジョン万次郎の劇団四季公演の時に検索し、たどり着いたこちらさまのサイトを真っ先に思い出しました

ありがとうございます。
まほちち様が、読んで下さっていたことを、光栄に思います。

>ほたるさまの記事で見て、本当にいい先生だなあと思ったものでした。

はい。とても温かい先生でした。
少し前まで、ドラゴンズのチームドクターもなさっていて、
野球はお好きではないにも関わらず、試合を(特等席で)観ていなければならない…
と、苦笑いをしながら、そんなお話もして下さっていました。
また、お目にかかれりたいと思っていましたので、
大変、残念で悲しいです。

>ほたるさまが日本におられるのか分かりませんので、新聞の記事のアドレスをコピーしておきます

ありがとうございました。
私は、名古屋にいますので、及ばずながら、
南山教会での葬儀には、献花させて頂きたいと思っています。

http://www.asahi.com/obituaries/update/0405/NGY200804050010.html


☆まほちち様へ

2008/4/6  0:39

投稿者:ほたる

あぜ丸さん、返事が遅くなりました。

>ほたるさん、帰国しているのですか・・?

はい。名古屋で元気に仕事しています。

>お元気そうで何よりです。

ありがとうございます。

>レッドソックス開幕戦チケットは買えませんでしたが、TV観戦しました。

残念でしたね。私も卒業式ウィークで忙しく、東京までは行けませんでした。
ご存知とは思いますが、レスター投手は、アメリカに帰っての試合、
6回3分の2を投げて、失点0でした。素晴らしいですよね。
これからも癌と戦っている方達に、勇気を与え続けてて欲しいです。

>ブログの更新がなかったのでちょっと心配していました。

御心配、おかけしました。
公私共に忙しくしていまして、元気にしています。

>あぜ丸はおかげさまで元気です。来月また経過観察ですが・・・・頑張ります。

くれぐれも、ご無理なさいませんように。
経過観察の結果が良いよう、ささやかながらお祈りしています。


☆あぜ丸さんへ

2008/4/5  23:12

投稿者:まほちち

はじめまして
朝日新聞ネット版で中浜先生の訃報を知り、何年か前にジョン万次郎の劇団四季公演の時に検索し、たどり着いたこちらさまのサイトを真っ先に思い出しました
ほたるさまの記事で見て、本当にいい先生だなあと思ったものでした
ほたるさまが日本におられるのか分かりませんので、新聞の記事のアドレスをコピーしておきます
http://www.asahi.com/obituaries/update/0405/
NGY200804050010.html
ご冥福をお祈りします

2008/3/26  7:03

投稿者:あぜ丸

ほたるさん、帰国しているのですか・・?
お元気そうで何よりです。
レッドソックス開幕戦チケットは買えませんでしたが、TV観戦しました。
ブログの更新がなかったのでちょっと心配していました。
 あぜ丸はおかげさまで元気です。来月また経過観察ですが・・・・頑張ります。

2008/3/24  4:06

投稿者:ほたる

メリンダ社長さん、ご無沙汰しています。
公私共に、慌しく、サボってしまいました。

>ほたるさんお久しぶりです。
毎日覗くのですがお忙しいか、体調でも良くないかなと案じていましたが、ブログ復活で何よりです。

いつもありがとうございます。
そしてご心配をおかけしてすみません。

>早速北斎展「韓信の股くぐり」から初めてこられましたか。

はい。私には一番印象的でした。
中国の故事?としては、北斎の弟子…確か戴斗が、
池田東雛亭編の挿絵を描いているのですが、
北斎の絵としては、私は初めて観ましたので、印象深かったです。

>久々に韓信の股くぐり」を思い出しました。

社長さんなら、この逸話…ご存知だと思っていましたが、
やはり!でした。うれしいです。

>野球シーズンもいよいよですね。

はい。入卒シーズンの慌しい時期に、
フィギュアスケート世界選手権、メジャー開幕と慌しいですが、
録画して必死で観ています(笑)
でも、巨人戦は、途中でカットされていて、がっかりでした。

>やっぱりレッドソックス開幕戦チケットは残念ながら買えませんでした。

そうでしたか。。
知り合いが取ってくれたにも関わらず、行けないと言った私は贅沢者ですね。
コメントを頂いた時点では、もう他の人に譲ってしまったみたいでして、
お役にも立てず、申し訳ないと思いました。
私はまた録画観戦です。。今度こそ途中カットしないで欲しいです(笑)


☆メリンダ社長さんへ

2008/3/24  3:54

投稿者:ほたる

イザワさん、こんにちは。すっかり春らしくなりましたね。

>こんばんは!
そして、ご無沙汰しております。

こちらこそ、ご無沙汰ばかりで失礼しています。

>「韓信の股くぐり」の逸話は現代を生き抜くために
肝に銘じておかなければいけない格言のような気がします。

はい。私はその前に「大志」を持たなければって思います(笑)
小さな事にとらわれたりして、自分を無くさないって、大事ですよね。。

>なかなか難しいですが(笑)

そうですね〜。私も自分が小さい人間なので、
小さな事に一喜一憂してしまいます。

>私も座右の銘にしておきたいと思いました。

読んで頂いてありがとうございます。


☆イザワさんへ

2008/3/24  3:50

投稿者:ほたる

恵さん、おはようございます。

>おはようございます〜♪
ほたるさん、お元気でしたか?

ありがとうございます。何とか元気にやっています。

>更新されないままでしたので心配してました…

もうっっ、サボってしまって、ごめんなさい。
恵さんの爪の垢を頂きたい!です(笑)

>久々に更新されたので安心しました♪

はい。慌しくて気がつくと一ヶ月も経ってしまっていました。

>ディオールの【葛飾北斎】という名のドレス
どなたが着るんでしょうね♪

そうですね。
このデザインは、あくまでもショー用だと思いますが、
日本ブームみたいなので、パリコレを観て、
例えばハリウッド女優さんとか、
欧米のセレブな方々が、きっと注文するのでしょうね。。
こんなの着てみたいですが、私が着ると『チンドン屋さん』に見えるかも?


☆恵さんへ

2008/3/24  3:43

投稿者:ほたる

こひ〜さん、いつもありがとうございます。スタッフが病欠で長期休んでいるのと、
公私共に多忙で、サボってしまいました。ご心配をおかけしました。

>1ヶ月も更新がストップしてたので心配してましたよ〜

ごめんなさい。入卒シーズンが終わったら、少し落ち着くのでは?
と、思っています。またこひ〜さんの所にも伺わせて頂きます。


☆こひ〜さんへ

2008/3/24  3:41

投稿者:ほたる

ヌマンタさん、お忙しい中、ありがとうございました。体調は如何ですか?

>「北斎展」、観たい観たいと思いつつ、余りの忙しさに断念しまた。

先に東京で開催されましたものね。

>しかし、こうして、ほたるさんのブログにアップされているのを観ると、やはり後悔してしまいます。

生で観る迫力は、違いますよね。
だけど全体のクオリティ的には、ボストン美術館の浮世絵展にあった
北斎の作品の方が、保管状態が良いように思いました。

>仕事が忙しいのは、在る意味有りがたいことですが、朝焼けと夕焼けを同時に見ることは叶わぬようです。

ごもっとも。。です。私も現在、痛感しています。


☆ヌマンタさんへ

2008/3/19  12:10

投稿者:melinda

ほたるさんお久しぶりです。
毎日覗くのですがお忙しいか、体調でも良くないかなと案じていましたが、ブログ復活で何よりです。
早速北斎展「韓信の股くぐり」から初めてこられましたか。久々に韓信の股くぐり」を思い出しました。
野球シーズンもいよいよですね。やっぱりレッドソックス開幕戦チケットは残念ながら買えませんでした。


※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ