2005/11/10

松井のバットから作ったお箸と靴べら「すべりこみ」  Boston Red Sox・MLB

松井のバットから、長島監督に贈られた箸の話は、昨日書いたが、箸の製作者(株)「兵左衛門」の社内公募でつけられた名前「かっとばし」は、なかなか、イカスネーミングだ。更に、「兵左衛門」では、バットの柄をそのまま使用した、靴べら、「すべりこみ」も製作したそうだ。
クリックすると元のサイズで表示します ユニークな形の靴べら「すべりこみ」

この靴べら、3500円と、価格は決して安くないが、有名ホテル等に使用されたり、注文が殺到しているらしい。駄洒落っぽい名前だが、まったくをもって、面白いと思った。また、その収益金が、NPO法人 アオダモ資源育成会を通し、バットの素になるアオダモの苗木が植えられているのだ。そう聞けば、野球を観戦し、楽しませて貰っている、ファンとしては、「かっとばし」や「すべりこみ」を、買わなければいけない…そんな使命感が生まれて来そうである。「兵左衛門」では、そのHPに記載されているが、各地区、デパート等で、実演販売も催される。名古屋の催事場へは、是非出かけたいと、思っている。
○「兵左衛文」催事のページ http://www.hyozaemon.co.jp/saiji.html
○「松井のバットから、長島監督の箸が出来るまで」写真掲載 アオダモ資源育成会のHP
http://www.hyozaemon.co.jp/aodamo/nagashima.html
0



2005/11/11  21:59

投稿者:ほたるさん

☆aoiさんへ
ぞうですねー。きっと大喜びしますよね。アメリカでは折れたバット、、、どうしているのでしょう?日本より、無茶多いはずですよね。使い捨て文化の国だから、廃材になっているのかな?日米野球の時、プレゼントするとか。。受けますよねー。きっと。。
ちょっと、話は逸れますが、ペーパータオルが普及しているから、ハンカチなんて何処にも売っていないのです。。資源があるから良いようなものの。。うーん。って思ってしまいます。あっ、ゴミも燃えるもの、燃えないもの、分けなくていいのですよ。しっかり、分けてて、笑われた事がありました。

2005/11/11  17:34

投稿者:aoiさん

「すべりこみ」の製作過程、細かい!
これ外国人選手に自分の折ったバットで作ってあげたらすっごい喜びそう〜^^

http://blog.so-net.ne.jp/aoi/

2005/11/11  13:53

投稿者:☆Takiさんへさん

仰るとおり、お見事!ですね。
一家に1本って、置いて於きたいです。

今日、ボストンからの依頼品があって、
買い物に、外へでましたが、たこ焼き屋さんで、
「ひっぱりだこ」という名前のお店がありました。
お味は?ですが、
これも、また、面白い!と、笑えました。。
ちょっと、得した気分です。。

2005/11/11  12:01

投稿者:takiさん

すごいネーミングですね
見事

2005/11/10  21:51

投稿者:ほたるさん

☆Uaskoさんへ
そうなのです。直って良かったです。ありがとうございます。見づらくてご迷惑をおかけしました。原因はですね。半角の---ラインだったのですよ。。全く、、って感じでした。ブラウザを。ネットエスケイプとか使っている人は、大丈夫だったみたいです。またも、マイクロソフト社の陰謀か?と少しばかり、オーバーですが。。
「かっとばし」「すべりこみ」…とか、TVで放映してましたか?それは、見逃しました。うーーん。残念。。です。。

2005/11/10  21:42

投稿者:Usakoさん

ほたるさん、ブログのレイアウトなおって良かったですね♪

ほたるさんのこの記事を読んで、この靴べらと箸が作られるところを以前テレビのニュースか何かで見たのを思い出しました。もっと安かったら買ってみたいですが、3500円は結構なお値段よね。でも大好きな選手のものだったら3500円は安いわよね。

http://diary.jp.aol.com/gxmjucsnj/

2005/11/10  20:55

投稿者:ほたるさん

aoiさん
はまるでしょ。。つい、イカスッ!!と思ってしまいました。「兵左衛門」さんのサイトの掲示板にブログに書き込む報告をしたら、松井のバットから、箸が出来るまでの工程のページを教えて頂きました。追加して置きましたので、行ってみて下さいまし。

2005/11/10  19:55

投稿者:aoiさん

こんばんは、靴べら「すべりこみ」!!!!笑笑笑
するっと入りそうですね、足が。
とてもツボに入ってしまいました・・・。

http://blog.so-net.ne.jp/aoi/

コメントを書く


この記事にはコメントを投稿できません




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ