ざりがにセンセーション

一番星が遠くに輝き始める前の広がる茜色が君と僕の永遠
〜Tangerine Project「永遠のTangerine」より〜

 
微妙にマイナーチェンジしました。 放置しないように極力がんばります。
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:うんころりん
ファンとか言っておきながら、悠仁の漢字ずっと間違っててバカすぎw
投稿者:一条
まったくさん>
コメント、お待ちしてました(笑)
「からっぽ」「いつか」は連続リリースでしたね。
一条的には「からっぽ」→秋、「いつか」→冬のイメージです(ってまんまジャン)

PV、どっちもいいですよね。
「いつか」は北海道ロケでしたっけ?
雪にはしゃぐゆずが、楽しいPVですよね。

「栄光の架橋」は盛岡公演時はまだリリースされていなくて、
ライブのラストに物凄い感動したのを覚えています。
俺もアルバムバージョン(通称"ウォー”バージョン)、大好きです。
まったくさんは岩沢派なんですね。
一条は北川派ですが、
「栄光の架橋」で一番好きなところは、
一番最後の♪君の〜心へ〜続く〜掛橋へと〜 の所で
何故か♪心へ〜 の部分だけ岩沢さんがメインパートになる所が好きです(笑)

ところで、岩沢さんって
”厚ちゃん”と言う人の方が、主流なんですか?
一条は、しぶとく”岩ちゃん"を貫き通していますが。
あっ、でも「夏色」の時だけは、"厚ちゃん"っていうなぁ。

あと、↓のレス、読み直して気付いたけど、
yamauchiさん、文中に呼び捨てになってますね。
”さん”付け忘れです。ごめんなさい(ここ見ていれば)
投稿者:まったく
遅くなりましたがコメントさせていただきます。
ゆずネタに反応しないわけにはいかないですからね(笑)

シングルのA面だけだと、TOP3はこんな感じになりますね〜。
1.「いつか」
2.「からっぽ」
3.「栄光の架橋」

「いつか」と「からっぽ」はどっちも同じくらい好きなんで順位がつけられないですよ(^^;
「いつか」はストレートな詞と悠仁のボーカルがマッチしてて、すごく暖かくなれる一曲だと思います。
メインもハモもこの曲は完璧ですよ(笑)
「からっぽ」はイントロのブルースハープでやられます。
切ないメロディーにのせて厚ちゃんの澄んだ高音が響いて、絶妙としか言いようがないですね。
ゆずにハマったきっかけの曲でもあり、今でもすごく大好きです。

「栄光の架橋」は、オリンピックの影響もありますし、夢の地図ツアーのラストでの印象が強くて急上昇しました。
紅白でもきっと歌うんでしょうね〜。
岩沢派の私としては、サビでの厚ちゃんの高いハモりが好きだったり。
カラオケで歌うと気持ちいいんだな、これがまた。
この曲はアルバムver.の方がより(・∀・)イイ!!ですね。

最近、録歌選のDVDを買い揃えちゃいまして(ビデオで持ってるのに)。
PVと一緒に見ると、また雰囲気が変わっていいですよ。
投稿者:一条
yamauchiさん>
はじめまして。一条です。
書きこみ、ありがとうございます。
ネット上でゆずファンの方とお話できて嬉しいです。
ファン歴は浅いのですが、どうぞよろしくお願いします。

さて、「くず星」ですが、
「心のままに」「くず星」は
当時のゆずの心境をストレートに感じることが出来る曲ですよね。
多分、この頃のゆずって、
いろんな事にぶつかり、葛藤し、いろんなことに悩んでたんだと思います。
「くず星」はyamauchiが言われる通り、
そんな中一抹の希望を感じさせる曲だなと思います。

悠人も度々言っていますが、
「辛い時や哀しい時に、自分達の歌を聴いてもらって
ちょっとでも生きていて良かったな…と思って欲しい」と言うことが、
なんとなく分かる気がしますよね。

これからも、ゆず関連のことは書いていきたいと思いますんで、
是非、足をお運び下さい。
投稿者:yamauchi
はじめまして。やまうちと申します。
タイトルにつられて来ました。

私の1位は『くず星』です。
大学4年の頃に発表された曲で
いろんなことに打ちのめされるたびに聞いてました。
悠仁:厚ちゃん=1:9ですが
厚ちゃんが延々と後ろ向きなことを歌ったあとに
「たとえ弱くはかない 小さなくず星でも」って
悠仁が歌うところが好きです。

http://moon.ap.teacup.com/yamauchi/
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ