ざりがにセンセーション

一番星が遠くに輝き始める前の広がる茜色が君と僕の永遠
〜Tangerine Project「永遠のTangerine」より〜

 
微妙にマイナーチェンジしました。 放置しないように極力がんばります。
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:一条
TamTamさん>
この話題、食いついてくることを期待してました。

多分、最後、ヘリが来る場面は、
父親が呼んだと考えるのが、普通だと思います。

それにしても、逃げ込んだのが図書館(それも暖炉付き)だったこととか考えると、
本当ラッキーでしたね。
この映画を見終わった後、
窓の外が雪景色だと、怖くなります。
投稿者:TamTam
おはつです。
私は映画館で観ました。

最後ヘリとかで助けがたくさん来てましたが・・
あれはどういうことなんでしょう?
父親が呼んだのでしょうか?
違うとしたら、父親が助けに行った意味があまりないうような気が・・・。

でも息子のことを思って助けにいくということにはとても感動しました〜
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ