OBLIVION歌詞大意

2008/9/24  23:05 | 投稿者: ikkomusic

重く 重く あなたのベッドのビロードが突然重くなる
私が二人の愛を忘れる時
重く 重く 私に巻きついたあなたの腕が突然重くなる
まだ夜明けは遠いのに

船は出て行く どこかへ去って行く 人は別れる
私は 忘れるの 忘れるの

夜更け マホガニーのバーで ヴィオロンが二人の愛を奏でるー忘れるの
夜更け このバーで頬を寄せ合い踊っていると全てはかすんでゆく
忘れるの 忘れるの

つかの間の夢のよう 二人の夜をさかさまに数えると 時は短い
私が二人の愛を忘れる時には
つかの間の夢のよう 私の人生の糸をあなたの指が追ったのは

駅のプラットホーム 何も見えない恋人達
私は 忘れるの 忘れるの

ねっ、重いでしょう?いくつかの恋をし、様々な後悔や苦い経験をしてきたおばさんにしか歌えません(^^;)



0



コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ