う〜ん・・・音楽の聴き方って

2009/8/30  20:42 | 投稿者: ikkomusic

今日はサンポートホール高松大ホールで「ピアノアンサンブルフェスティバル」が開催されました。3台〜6台のピアノを使って『ラプソディ・イン・ブルー』『威風堂々』『さまよえるオランダ人』などの管弦楽曲を最高12人のピアニストで演奏しました。
実は、演奏者は皆さん頑張っていらしたので「う〜ん・・・」は演奏者のことではなく、聴衆の皆さんの話なんです。
私は3F席に座っていましたが、今日のお客様方はちょっと騒がしかったですよ。演奏が始まっているのにどやどや入ってきたり、周りに聞こえるように話をしたり、歩くので鈴(キーホルダー?)の音がしたり、携帯がなったり、果てはデジカメの操作を続けてピッピッと鳴らし続けたり・・・たかまつ楽器発表会の方がよほど静かでした。
想像するに、普段あまりクラシックの演奏会にいらっしゃらない方が多く聴きにいらしてたのでは?と思いました。=クラシック音楽の聴き方を知らない?
ライブとか、演歌の歌謡ショーだと大きな?アンプを使ってるので少々ごそごそしても小声を出しても大丈夫なんでしょうが、静寂までも音楽と捉えるクラシックでは、バッグのファスナーの開閉音までも耳障りです。
でもね、その方たちに「演奏会のマナーを知らない!」とか「なっとらん!」とか言って怒ってるんじゃないんですよ^^;その方たちは日頃聴いている音楽のジャンルを越えて聴きに来てくださったんですから。でも、クラシック側としてはがやがやしてるのは困ります。今までは「マナーを知らないで聴きに来るなんて」って高いところから威張って怒ってたらよかったんですけど、これからはそういうお客様も「聴こうかな?」と思って来てくださることもあるのだから、機会を見つけて『クラシックコンサートの聴き方』を丁寧に知らせていく必要があると思うんです。
くれぐれも言いますが、けして高飛車なものの言い方ではなく☆ね!
0



コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ