女王様のpetit diary

何についても何の素養もない伊佐子の手前勝手な言い放題

 

以下は本ホームページです。こちらもよろしく↓

Be My Barbie

HOME

Art Maniacs

↓ご連絡・メールはこちらへ

メール

カレンダー

2018年
← October →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

過去ログ

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      

自由項目

ここは管理人・伊佐子の日記を書くブログです。

本サイトは

>Be My Barie

お人形とエッセイのサイトです。

アートのサイトも見てね

>Art Maniacs

最近頻繁に更新中↓

My Favorite Arts

最近全力で更新中↓

My Favorite Artists

書評

展覧会評

映画評

フィギュアスケート

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:伊佐子
>「ごらんなんという湖、なんという月」のところから涙がブワーっと…
歌詞が分かると、演技がいっそう心に沁みるのかもしれませんね。
演技を見て泣いてしまうというのは、感受性が豊かでいらっしゃるのでしょうね。
私も平昌の時は大泣きしていたけれど、、スワンはうっとりするばかり。。

中国は漢詩の国だけあって、言葉がきれいですね。
確かに羽生選手の思い出は、美しい記憶として、いつまでも残っていくでしょう。
彼がスケートに燃やした激しい情熱と共に。。
(ユーカリ様
投稿者:ユーカリ
伊佐子さま
ありがとうございます。
私が最初に見たのは、どなたかが上げられたパソコン映像でしたが「ごらんなんという湖、なんという月」のところから涙がブワーっと出てきて、ずっと泣きながら見てました。
以前からなぜか分からないけど羽生くんの演技で時々泣いてしまうのですよ。ノッテステラータで泣いたのはこの24時間のeveryだけです。
美しい記憶を再現して下さって感謝です。

私、中国の解説者が言われたとかいうこの言葉が好きです。
(多少違ってたらごめんなさい。)
桃の花のように美しいあなたに出会えて幸せです。
これからの道は春のような暖かさに満ちるでしょう。
最も美しい時期にいる羽生選手に出会えて幸運だと思います。
時が過ぎ去っても、そこに刻まれた彼への想いは残っている。
羽生選手に注いだ情熱が無になることはない。
誰の青春も時と共に去っていくけれど、
いつまでも記憶の中には、羽生だけの場所が残っている。
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ