女王様のpetit diary

何についても何の素養もない伊佐子の手前勝手な言い放題

 

以下は本ホームページです。こちらもよろしく↓

Be My Barbie

HOME

Art Maniacs

カレンダー

2020年
← December →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

過去ログ

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      

自由項目

ここは管理人・伊佐子の日記を書くブログです。

本サイトは

>Be My Barie

お人形とエッセイのサイトです。

アートのサイトも見てね

>Art Maniacs

最近頻繁に更新中↓

My Favorite Arts

My Favorite Artists

書評

展覧会評

映画評

フィギュアスケート

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:伊佐子
私はノービスではなく、シニアに上がってから羽生選手を知りました。

私もツイッターが出来ないので、羽生選手の情報は詳しい情報ブログ頼りです。
ランキングには羽生応援ブログが沢山あるので情報が欲しいなら自分に合う情報系ブログを見るのも一つの方法かもしれません。

>「誰かかばってあげる重鎮や先輩諸氏は…
新しいファンの方のようですが、彼がひどい叩かれ方をしていた事をご存知のようですね…。
それは酷いものでした。だからこそ応援したくなるのです。
(紫様
投稿者:紫
 伊佐子さん こんばんは やっと何とかスムーズに読めるようになりました。
私は平昌以降に彼の事を知り、何冊か本を読んでその生き方に感動して、もっと知りたいと今に至っています。信じられないとおもいますがそれまでフイギュアスケートの事全く知らず、五輪も対して興味なく、阪神の鳥谷が活躍した時のみスポーツ新聞を買いに行く程度でした。
 本もテレビも推理小説一辺倒の生活を送っていましたが、羽生君は知れば知るほど素晴らしいひとで、沼から抜けられなくなりました。なのでこの簿ログを見つけたときは、ノービスから書いてあるのかと一瞬小躍りしたのは以前書きましたね。
 今日の中で「誰かかばってあげる重鎮や先輩諸氏はいただろうか」というところで思わず涙が出てきました。
 SNSもツイッターも出来ず何人かのブログやネットの記事(これも検索してはいけないのがいくつもありますが)で彼を追っている日々です。
 知らなかったこともいくつかあり毎日楽しませていただいています。
 2,3日後の記事で拍手の事が書いてあり何のことかと調べたら(大げさ)「いいね」と同じようなものですね。今日の記事には私も拍手100回したいです。
 長々とスミマセン 今後とも楽しみに読ませていただきますので、よろしくお願いします。
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ